ガジェット

【激安!!高コスパ!!】「Amazon Fire 7 タブレット」開封&超詳細レビュー!これ以上に激安で高コスパのタブレットはない!(2017年 最新モデル)iPad mini 4、Proと比較!!YouTubeの画質設定方法!!

これ以上安いタブレットはない!!

今回、今更ながらではありますが、Amazon Fireタブレットシリーズの最安値、「Fire 7 タブレット(最新版 2017年 NEWモデル)」をレビューします!

f:id:sora-no-color:20180709224121j:plain
Image: Amazon(https://amzn.to/2m2A20f)

 

実は数カ月前のセールの時に、購入していたのですが、なかなか機会がなかったので今更ですが紹介したいと思います!

 

知っている方も多いと思いますが、「Amazon Fire タブレット」シリーズは、Amazon自身が開発して、販売している高コストパフォーマンスのタブレットです。

 

現在は、7インチの「Fire 7」、8インチ高解像度の「Fire HD 8」、10インチ高解像度の「Fire HD 10」の3種類が発売されており、それぞれ、ディスプレイサイズやスペック、価格が異なります。

 

その中でも今回紹介する「Fire 7」(最新版 2017年 NEWモデル)は最も低価格で、通常価格5,980円という驚きの価格です!

しかも、セールの時には更に値引きされ、3,000円台ということもめずらしくありません!!

 

いわゆる“中華パッド”と呼ばれる、格安だけどもちょっと怪しいメーカーのものと比べてもそん色ない価格の上に、品質もしっかりしており、なんといってもAmazonという安心感があります!

 

 

 

Fireタブレットシリーズの注意点

知っておかなければならないのは、Fireタブレットシリーズは、Amazonの電子書籍Kindleや、Amazonビデオ、Amazonミュージックなど、Amazonのサービスを使うために作られたタブレットなのです。

f:id:sora-no-color:20180709224313j:plain
Image: Amazon(https://amzn.to/2m2A20f)

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

 

厳密にはAndroidタブレットではなく、“Fire OS”というAmazon独自のAndroidベースのカスタマイズOSで動いています。

Amazonによるカスタマイズは素晴らしく、スワイプやスクロールの動きは、低価格ながらiPadを彷彿させるヌルヌルな滑らかな動きです。

f:id:sora-no-color:20180709232657j:plain
Image: Amazon(https://amzn.to/2m2A20f)

 

しかしFire OSであるため、Fireタブレットは、Amazonのアプリストアにあるアプリしかインストールできません!

これがクセ者で、アプリの種類が非常に少ないのです!

 

もちろん、ネットブラウジングや、メールなど基本的なことはできますが、Google Playにあるゲームなどの豊富なアプリはほぼ全滅といっていいでしょう。

 

Amazonのサービスを使うには、これ以上ないタブレットですが、普通のAndroidタブレットとして使うにはかなり制限があります。

 

Google Playをインストールして、真の高コスパタブレットに! 

アプリが少ないなら、

「じゃあ、安くても意味ないじゃん?」

ってなるのですが、そこは様々な腕利きたちがGoogle Playをインストールできるようにしてくれており、あくまで自己責任になりますが、通常のAndroidタブレットとしても使うことができるのです!!

 

【誰でも簡単にGoogle Playをインストールできる方法はコチラ ↓】

 

Google Playをインストールすれば、はっきりってこれほど高品質で、低価格なタブレットは他にありません!

 

それでは、Fireタブレットシリーズで最も低価格な「Fire 7」の紹介&レビューです!

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

 

 

 

Fire 7のスペック

Fire 7を含め、Fireタブレットシリーズのスペック表です。

 

Fire 7Fire HD 8が大きさも似ており、比較対象になりやすいと思います。

画面の解像度、スピーカー(モノラルorステレオ)、ストレージなどに違いがあります。

 

しかし、Fire HD 8よりも3,000円も安いというのはかなり大きいといえます!

 

iPad mini 4と比較すると、当然ながら全体的なスペックは劣ります。

しかし、電子書籍を読んだり、動画を見る、といった目的が決まった使い方を考えた場合に、iPad mini 4の約5万円(税込)との価格差をどう考えるかですね!!

 

f:id:sora-no-color:20180709232045p:plain

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

 

Fire 7 レビュー!

外箱・開封

それでは、開封・レビューを行います!

Amazonのシリーズによくある、簡易梱包ですね!

 

これっていつも思うんですけど、アメリカなどでは、店頭でフックに引っかけて売ってるんでしょうね。

f:id:sora-no-color:20180714220429j:plain

 

裏には、簡単なスペックが書かれています。

f:id:sora-no-color:20180714220600j:plain

 

開封は、ペリペリっと剥がしていくやつです。

これって、開封しちゃうと戻せないから好きじゃないんですよね~。

ヤフオクのときなどに見栄えが、、、。

f:id:sora-no-color:20180714220830j:plain

 

ツマミ」があるので、引っ張って出します!

出てこい!Fire 7!!

f:id:sora-no-color:20180714220931j:plain f:id:sora-no-color:20180714220947j:plain

 

内容物(付属品)は、充電用アダプター充電用USBケーブル(micro USB)、簡単な説明書類だけです!

シンプル!

f:id:sora-no-color:20180714221144j:plain

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

 

Fire 7本体外観

本体の外観です。

本体上部に、電源ボタン、充電用microUSB端子、3.5mmイヤフォン端子、音量調節ボタンと、ほとんどの端子類が集まっています。

 本体右側にはSDカードスロットがあります。

 

本体裏側の下部には、モノラルスピーカーがあります。

後述しますが、やはり動画再生時などでは、このモノラルスピーカーの力不足を感じてしまいますね。

 

材質はプラスチックですが、剛性がしっかりとしており、それほどチープという印象はありません。

もちろん、iPadのようなアルミ素材とは比べられませんが。

 

というか、5,980円、セール時に3,000円台のタブレットと考えれば、値段以上の質感だと言えます!!

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

f:id:sora-no-color:20180714221620j:plain
f:id:sora-no-color:20180714221623j:plain
本体表、本体裏

 

f:id:sora-no-color:20180714221402j:plain
本体上側:左から電源ボタン、microUSB端子、マイクの穴?、3.5mmイヤフォン端子、音量調節ボタン

 

f:id:sora-no-color:20180714221715j:plain
本体右側:SDカードスロットがあります(フタが閉じた状態)

 

f:id:sora-no-color:20180714221809j:plain
f:id:sora-no-color:20180714221813j:plain
本体下側と左側は何もありません

 

f:id:sora-no-color:20180714222508j:plain
本体裏の下部:モノラルスピーカー

 

 

 

本体を持った感じとしては、「軽い!」ですね。

スペック的に295gということもありますが、材質がプラスチックというのも軽く感じさせていると思います!

 

また、僕の手は、男性としては大きくも小さくもない標準くらいだと思いますが、片手でしっかりと握れる大きさです

f:id:sora-no-color:20180714223330j:plain
片手でしっかりと握れる

 

起動と初期設定

電源ボタンを長押しして起動すると、言語選択画面から始まります。

続いて、Wi-Fiの設定があり、すぐにアップデートが始まります!

f:id:sora-no-color:20180714223659j:plain
f:id:sora-no-color:20180714223702j:plain
f:id:sora-no-color:20180714223705j:plain
f:id:sora-no-color:20180714223709j:plain

そして、Amazonのデバイス(Kindle、Fireタブレット、Fire TV、Echoなど)では定番ですが、購入したときのアカウントがすでに設定されています。

 

これは意外と便利で、アカウントの入力の手間を飛ばすことができます!

もちろん、違うアカウントを解除して違うアカウントに変更することもできます。

f:id:sora-no-color:20180714224206j:plain

 

後は、自動保存などの設定や、SNSの設定、最初にインストールしておきたいアプリを選んで設定が終わると、簡単なチュートリアルが始まります。

 

これで、設定は終了です!

文章にすると長いですが、特に難しいところはありません!

f:id:sora-no-color:20180714224357j:plain
f:id:sora-no-color:20180714224400j:plain

 

f:id:sora-no-color:20180714224403j:plain
f:id:sora-no-color:20180714224406j:plain

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

 

 

 

Fire 7 使用感レビュー!

大きさの比較(Fireタブレットシリーズ、iPad)

他のFireタブレットシリーズ(Fire HD 8、Fire HD 10)、iPad Pro 9.7インチiPad Pro 12.9インチとの大きさを比較しました!

また、5.2インチのスマホ(Xperia XZ)も並べました。

 

Fire 7やFire HD 8は、スマホより大きく、気軽に持ち運べる大きさというのがよく分かります。

 

iPad 9.7より大きくなると、どちらかというと、宅内で使用する感じですね。

f:id:sora-no-color:20180715000056j:plain
左から、Fire 7、Fire HD 8、Fire HD 10

 

f:id:sora-no-color:20180715000133j:plain
左から、XperiaXZ(5.2型)、Fire 7、Fire HD 8、iPad Pro 9.7、Fire HD 10、iPad Pro 12.9

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

 

Fire 7の操作感(動画あり)

すでに何度も書いている通り、Fire 7は5,980円(セール時3,000円台)の超激安タブレットです!

 

しかしその操作感は、低価格タブレットとは思えないほど、サクサク、ヌルヌルと動いてくれます!

また、バッテリーの持ちもかなりいい印象です。特にスタンバイで放っておいても、電池の減りがiPad並みに少ないです!

 

これは、Androidをカスタマイズした「Fire OS」のおかげだと思います。

 

僕は、格安から3~4万円台の中華タブレット(中国製のあまり有名ではないタブレット)を何台も購入したことはありますが、スペックが高くても動きがカクついていたり、電池持ちが非常に悪かったりすることが多々ありました。

 

しかし、Fire 7含め、Fireタブレットシリーズはそういったところは、かなり安心感があり、さすが超一流メーカーのAmazonだなと思います!

 

Fireタブレットシリーズ3機種(Fire 7Fire HD 8Fire HD 10)の動きを並べて比べた動画をアップしました!

Fire 7は3機種の中でもスペックが劣っているにもかかわらず、HD 8、HD 10と見劣りしないことがわかります!!


Fireタブレットシリーズの操作感・動きの比較動画

 

電子書籍(漫画)での見え方の比較

僕はタブレットで電子書籍(漫画)を読むことが多いので、漫画や文字の見え方を比較しました! 

 

単ページ表示では、Fire7でも十分読みやすいです。

というより、むしろ大きさ的にはFire7が最も持ちやすく、読みやすいです!

f:id:sora-no-color:20180715001119j:plain
単ページでの大きさ比較(左から、Fire 7、Fire HD 8、Fire HD 10)

 

見開き表示では、当然ながら7インチのFire 7はかなり小さくなります。

大きさ的に読めないこともないですが、後述する文字の解像感からも、見開きは少し厳しいですね。 

f:id:sora-no-color:20180715001209j:plain
見開き表示での大きさ比較(上から、Fire HD 10、Fire HD 8、Fire 7)

 

次に、セリフの文字を拡大してみました。

あえて小さめの文字を選びました。

 

単ページ表示では、Fire HD 10はさすがに高解像度ですが、Fire 7でも十分に文字を読むことができるレベルです!

f:id:sora-no-color:20180715002643j:plain

 

一方、見開き表示では、Fire 7では文字がつぶれてしまい、かなり読みづらくなっています

Fire HD 10は見開きでも十分キレイで、Fire HD 8でも解像度は保たれています。

f:id:sora-no-color:20180715003650j:plain

 

以上の比較から、Fire 7の解像度では、漫画を単ページ表示で読むには十分ですが、見開き表示には向いていないことが分かりました!

見開き表示を重視する方は、Fire HD 8かFire HD 10を購入すべきですね。

 

「Fire HD 10」のレビューはコチラ!↓

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

 

動画再生(Amazonビデオ)

Amazon Fireタブレットシリーズは、Amazonビデオの視聴にも最適化されています(もちろんYouTubeや他の動画も視聴できます)!

そこで、Fire 7でAmazonビデオを視聴してみました。

 

映画「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」と「ガンダムユニコーン RE:0096」を視聴してみました。

解像度はスペック的に低いはずですが、動画では特に解像度不足とは感じませんでした。

 

トランスフォーマーは、シネマスコープサイズなので上下に黒帯ができます。これは仕方がないですね。

ガンダムユニコーンはアスペクト比16:9ですので、液晶画面いっぱいに表示されます。

f:id:sora-no-color:20180715004820j:plain f:id:sora-no-color:20180715005438j:plain

 

しかし、音声がモノラルスピーカーで、更に本体の片側にしかないので、違和感がありました。

また、スピーカーも低コストなものだと思われ、迫力のない薄っぺらい音声でした。

 

しかしイヤフォンを使って聴くと、しっかりとした力強い音声になりましたので、アンプ的には悪くないと思います。

Fire 7で動画を見る場合には、イヤフォンやヘッドフォンで音声を聞くことをおすすめします!

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

 


YouTubeの画質設定の注意点!

Fire 7は、当然ながらYouTubeなどの動画も再生できます!

 

ただし、YouTubeのGoogle公式アプリはありません!

これは、YouTubeの母体であるGoogleとAmazonのケンカによるもので、ユーザーが完全にとばっちりを受けています。

 

「え?AmazonアプリストアにYouTubeアプリあるよ?」

という人もいると思いますが、あれは実はGoogle公式ではないのです。

つまり非公式です。

アプリのアイコンの色も青いでしょ?(公式は赤色ですよね)

f:id:sora-no-color:20180715051359j:plain
f:id:sora-no-color:20180715051357j:plain
左がGoogle公式YouTubeアプリのアイコン、右がAmazonストアのYouTubeアプリのアイコン

 

そして、この非公式のアプリは、画質が悪いのです!!

正確には、480pの画質で固定で、HD以上の高画質(720p、1080p、4K)で再生してくれません。というか、画質の設定項目がありません。

 

Fire 7のディスプレイは、1024×600ドットなので、HD画質の1280×720ドット以下の解像度です。

それでも、非公式のアプリでは明らかに画質が悪いのはすぐに分かります!

 

これを解決するためには2つの方法があります!

 

方法1.ブラウザでYouTubeを視聴する

アプリではなく、ネットサーフィン用のブラウザ(標準ではSilkブラウザ)からYouTubeを見ます。

 

ブラウザの検索から、普通にYouTubeのサイトを開きます。この状態では、モバイル用のYouTubeサイトになっています。

このままでは画質設定はありません。

 

そして重要なのが、ブラウザの右上にある設定から、“デスクトップサイト”をタップします。

f:id:sora-no-color:20180715053823j:plain f:id:sora-no-color:20180715053831j:plain

 

デスクトップ表示(PCと同じ表示)にすると、動画再生画面の右下に、歯車のマークが表示されるようになるので、これで画質設定を行うことができます!

f:id:sora-no-color:20180715054112j:plain f:id:sora-no-color:20180715054115j:plain

 

方法2.Google Playをインストールして、YouTube公式アプリをインストールする

非公式ですが、FireタブレットにGoogle Playをインストールすることができます!

Google Playをインストールすれば、そこからAndroidの豊富なアプリをインストールできるようになるので、当然、YouTube公式アプリもインストールできます!

 

この方法はYouTubeだけでなく、様々なアプリがインストールできるので、Fireタブレットを普通のAndroidタブレットとして使うことができるのです!

 

方法は別記事に詳細に書いているので、そちらをご覧ください! ↓

 5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

 

 

 

 

激安!高コスパ!!  Amazon Fire 7  レビュー まとめ

今更ながらですが、Amazonの激安、高コスパタブレット「Fire 7」をレビューしました!

 

Fireタブレットシリーズは、Amazonのサービスを使うために作られたタブレットであり、コストパフォーマンスは高いながらも、Androidをカスタマイズした「Fire OS」で動いています。

 

そのため、普通のAndroidタブレットとして使うには、アプリが非常に少ないのが欠点となります。

しかし、そこは自己責任になりますが、Google Playをインストールすることで、通常の豊富なAndroidアプリも使うことができるようになり、真の高コスパタブレットとなります! 


Fireタブレットシリーズの中でも最も低価格な「Fire 7」は、税込価格で5,980円と驚くほどの激安です!

しかもセールの時には、3,000円台になることもあり、Amazonの安心感と品質を考えると、本当にコストパフォーマンスが高いタブレットです!

 

電子書籍(漫画)の単ページ表示なら十分読むことができますし、映画やアニメもキレイに映ります!

ただ、モノラルスピーカーなので音声に迫力がないため、動画視聴にはイヤフォンやヘッドフォンをおすすめします。

 

これだけ安いと、荒っぽく使うことができますし、子供用にもピッタリです!

iPadだったら高いので、大事に使いますし、子供に渡して傷だらけになるのも嫌ですよね。

 

【ここがイイ!ポイント】

・とにかく激安!高コストパフォーマンス!

・安いため荒っぽく使えるので、お手軽。子供用などにピッタリ。

Amazonのサービスをよく使う人には最適。

持ち歩くには最適なサイズ。

 

【ここがイマイチ!ポイント】

・ハイスペックタブレットに比べると解像度が低い。

・本格的にAndroidタブレットとして使うには、非公式でGoogle Playのインストールが必要。

 

【こんな人にオススメ!】

・とにかく安くて品質のいいタブレットが欲しい人。

子供用など家族用に複数台タブレットをそろえたい人。

Amazonのサービスをよく使う人。

 

コスパの高いFireタブレットシリーズの中でも、最も低価格なタブレット「Fire 7」!

本当に気軽に購入できて、使うことができる、素晴らしいタブレットです!

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

 

 

 

 

Amazonプライムの30日間 無料体験はコチラ


Feedly