iPhone

【iPhoneの選び方】質問に答えるだけ!!おすすめが見つかる!! iPhone12対応!!

新型iPhone発売開始!
自分に合ったiPhoneの選び方

 

ついに2020年新型iPhone

iPhone 12 Pro Max」「iPhone 12 Pro

iPhone 12」「iPhone 12 mini」が発表されました!

 

それに伴い、旧モデルのiPhoneが値下がり、新型にこだわらなければ安くて高性能のiPhoneを選ぶこともできます!

 

新型は高い!でもiPhoneは欲しい!

 

そんな方たちに、自分に合ったiPhoneの選び方をお伝えします!

質問に「はい」か「いいえ」で答えていくだけです!

 

ドコモauソフトバンクUQモバイルY!モバイル 対応です!!

 

 

自分にあったiPhoneを見つける「質問開始」!

ここから始まる質問に答えていくと、自分にあったiPhoneを見つけることができます!

とても簡単です!

 

質問の答え方は次の通りです。

  1. 質問には「はい」「いいえ」を選択
  2. 指示された番号に進んで(番号をクリックして)質問に答えていく

たったこれだけ!
それでは、

スターーーーーート!🎉

 

Q1. 今までとは違う、最新デザイン、高性能のiPhoneがいい。

はい ⇒ Q2
いいえ ⇒ Q4

Q2. 大画面サイズのiPhoneがいい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone 12 Pro Max」です!
いいえ ⇒ Q3

Q3. 最新機種がいい。だけど、価格は抑えたい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone 12 / 12 mini」です!
いいえ ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone 12 Pro」です!

Q4. 以前のデザインで、高性能・低価格のiPhoneがいい。

はい ⇒  あなたへのおすすめは「iPhone SE (第2世代)」です!
いいえ(旧モデルでも低価格) ⇒ Q5

Q5. 安く購入できれば古いモデルのiPhoneでもいい。

はい ⇒ あなたへのおすすめはあなたへのおすすめは「iホームボタン搭載iPhone」です!
いいえ ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone 2019モデル」です!

➤ 最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

➤ 最新 iPhone を[au]でチェック

➤ 最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック

 

iPhone 12 Pro / Pro Max

 

2020年10月に発表されたiPhone 12シリーズは、

すべて5G通信対応となりました!

 

一番目につく変化は、デザインが大幅に変わり、これまでの丸いラウンドエッジから、かつてのiPhone4や5を思い出す、角ばったデザインになりました。

 

また、すべてのモデルで最新のSoC A14 Bionicを搭載しています。

最高スペックの処理能力なので、高いグラフィックのゲームでもサクサク動作します。

 

iPhone12 ProとiPhone 12 Pro Maxの大きな違いはディスプレイサイズで、

iPhone 12 Proが6.1インチ、Pro Maxは6.7インチとiPhone史上最大サイズとなります。

 

また、カメラはどちらもトリプルカメラで、「広角」「超広角」「望遠」に対応ですが、iPhone Pro Maxはセンサーシフト式の手振れ補正機能を搭載しており、より強力な手振れ補正を行うことができます!

 

iPhone 12 Pro/Pro Maxの両者は、LiDARスキャナを搭載しており、暗い場所でも高速なAFが可能となり、ナイトモードでもポートレート撮影が可能になるなど、カメラ機能がかなりグレードアップしています。

 

他にも、「Apple ProRAW」というRAW撮影もついに可能となり、一眼カメラに近づきました。

 

動画はスマホ初の「Dolby Vision方式によるHDR撮影」が可能となり、7億色を超える高画質で撮影できます!

細かな設定による撮影も可能で、プロレベルのビデオ体験を可能としました!

 

また、全てのモデルで「MagSafe」と呼ばれる仕組みが搭載されました。

MagSafeは、iPhoneの背面のワイヤレス充電部分にマグネットが内蔵され、この仕組みを使ったオプションが多数用意されます。

 

マグネット式のワイヤレス充電器や、カードを入れるパスケースなど今後いろいろなことに利用されそうです。

 

iPhone 12シリーズについては、別の記事に詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください!

 

 

【ここが残念!!】5G対応 iPhone12シリーズ発売!!ついにiPhone12シリーズが発売!! 初の5G対応で、デザインが大きく変わり、進化したところも! しかし、期待外れで残念だったと...

iPhone 12 / 12 mini

 

iPhone 12/12 miniも含め、今回はデザインが大きく変わりました!

これまでの側面が丸いラウンドエッジから、iPhone4や5を思い出す、角ばった側面のデザインになりました。

 

iPhone 12 / 12 miniはPro/Pro Maxよりも低価格ですが、搭載しているSoCは同じ最新・最高性能のA14 Bionicであり、処理能力そのものは上位モデルと同じです!

 

なので、高いグラフィックのゲームのサクサク動作するので、低価格モデルだからといって、心配する必要はありません。

 

ディスプレイサイズは、iPhone12が6.1インチでiPhone 12 Proと同じです。

iPhone 12 miniは、5.4インチと最近のスマホとしてはかなりコンパクトになっています!

 

小さいiPhoneといえば、4.9インチのiPhone SE(第2世代)がありますが、ベゼルやホームボタンがあるため、本体の大きさはiPhone 12 miniの方がコンパクトなのです!

コンパクトなのに、画面サイズが大きいというのはかなり魅力的ですね。

 

iPhone 12と12 miniのカメラはデュアルカメラで、光学式の手振れ補正に対応しています。

 

デジタルズーム(5倍)、ナイトモード、ポートレートライティングなど、十分な機能を備えています。

動画撮影も最大4K/60fpsに対応で、Dolby Vision対応のHDR撮影が可能です(30fps)。

 

iPhone 12 / 12 miniは、カラーバリエーションが豊富なのも特徴ですね。

 

もちろん新規格のMagSafeにも対応しています!

 

iPhone 12シリーズについては、別の記事に詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください!

 

【ここが残念!!】5G対応 iPhone12シリーズ発売!!ついにiPhone12シリーズが発売!! 初の5G対応で、デザインが大きく変わり、進化したところも! しかし、期待外れで残念だったと...

 

iPhone SE(第2世代)

 

コンパクトで高性能な、大人気の
iPhone SE(第2世代)がついに発売されます!

 

4.7インチ Retina HDを搭載し、iPhone 8と同じ本体サイズ。

SoCは、iPhone 11 Proと同じ、高性能なA13 Bionicチップを搭載。

 

指紋認証Apple Pay防水防塵に対応し、生活に活躍できる機能も満載。

 

第1世代ほどのコンパクトさ失われていますが、スペックがとても強化されているので、動作は快適です。

 

価格は、廉価モデルのiPhone 11より安く、コスパの高い高性能なiPhoneとなっています!

ドコモ】高性能で低価格の高コスパ「iPhone SE」をチェック!!

 

iPhone SE(第2世代)のスペック

項目 スペック
SoC A13 Bionic(ヘキサコア)2.65GHz/2+1.8GHz/4
ディスプレイ 4.7インチ(液晶)
解像度 Retina HD(1334×750ドット)
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 64/128/256GB
外部ストレージ なし
OS iOS 13
カメラ(アウト) 約1200万画素
カメラ(イン) 約700万画素
生体認証 指紋認証
サイズ 約67.3×138.4×7.3mm
重量 約148g
バッテリー
1,821mAh
ワイヤレス充電
防水 IP67
ハイレゾ
おサイフケータイ
テレビ

 

iPhone SE(第2世代)のSoCは、A13 Bionicチップを搭載!

 

RAMは3GBでiPhone 8よりも1GB増えていて、動作もサクサクです。

 

iPhone 11 Proと同じSoCなので、ゲーム、動画視聴、Webブラウジングも高速処理で快適に楽しめます。

 

ディスプレイはiPhone 8と同じ、4.7インチ Retina HD(液晶)を搭載。

 

第1世代よりも大きなディスプレイで、一度にたくさんの情報を表示できます。

 

アウトカメラは、約1200万画素のシングルカメラ。

 

インカメラは約700万画素にアップし、セルフィー、ビデオ通話の画質が綺麗になっています。

 

生体認証は、Touch ID(指紋認証)が使えるので、手元で簡単にロックを解除可能。

 

コロナウイルスで日常的にマスクを着けている現在では、顔認証よりもマスクを着けたまま使える指紋認証の方が便利ですね。

 

第1世代にはなかった、IP67の防水防塵Apple Payといった生活機能も搭載されているので、普段使いにも最適な1台です。

 

また、高速に無線LAN接続できる最新規格のWiFi6も搭載しています!

ドコモ】高性能で低価格の高コスパ「iPhone SE」をチェック!!

 

Apple最新の高性能SoC

 

iPhone SE(第2世代)のSoCは、A13 Bionicチップを搭載。

 

iPhone 11 Proにも搭載されている高性能なSoCで、現在のスマホの中でもトップレベルの処理性能を持っています!

もちろんゲーム、動画、Webブラウジングなどいろんな作業が快適にできます。

 

A13 Bionicチップは、従来チップよりも処理性能アップはもちろんのこと、グラフィック性能アップ、消費電力も大幅ダウン。

 

さらに、機械学習「Neural Engine」がCPUとGPUの協調動作を支援し、処理を向上させています。

 

RAMも3GB搭載で、iPhone 8よりも高性能。

Androidスマホと比較するとメモリが少ないように思えますが、iPhoneはメモリ効率が高いので、3GBでも十分快適に動作します!

ドコモ】高性能で低価格の高コスパ「iPhone SE」をチェック!!

 

新機能に対応したカメラ

 

アウトカメラは、1200万画素のシングルカメラ構成

 

iPhone 8では非搭載だった、ポートレートモードに対応

 

ポートレートモードは、背景をぼかし、被写体を際立せた写真を撮影することができます。

 

最近のスマホはデュアルカメラやトリプルカメラが多いですが、iPhone SEはA13 Bionicの高性能な画像処理により、シングルカメラでもキレイな背景ぼかしが可能です!

 

また、スマートHDRに対応し、白飛びのしにくいキレイな撮影も可能です。

 

動画は、QuickTakeビデオ機能を使うと、写真モードからすぐにビデオ撮影を開始できます。

 

アウトカメラは、最大4K60fpsの動画撮影が可能。

 

映画レベルのビデオ手ブレ補正と、ステレオでの録音で臨場感のある撮影ができます。

 

第1世代とは、アウトカメラの画素数は同じですが、F値が1.8になったほか、インカメラは700万画素になり、カメラ性能も進化しています。

ドコモ】高性能で低価格の高コスパ「iPhone SE」をチェック!!

 

iPhone SE(第2世代)のデザイン

 

カラーは、ホワイト、ブラック、PRODUCT REDの3色展開。

 

iPhone 8にはあったゴールドはなくなっています。

 

本体デザインは、iPhone 8とほぼ同じですが、背面のロゴは中央の配置に変更になっています。

 

さらに、フロントパネルの色はブラックで統一されています。

細かく見てみると、iPhone 8と見分けが付きますね。

ドコモ】高性能で低価格の高コスパ「iPhone SE」をチェック!!

 

iPhone SE(第2世代)の価格(ドコモの場合)

内容 価格
機種代金(一括/分割) 64GB:5万7,024円
(1,584円×36回)
128GB:6万2,568円
(1,738円×36回)
256GB:7万5,240円
(2,090円×36回)
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
64GB:3万8,016円
(1,584円×24回)
128GB:4万1,712円
(1,738円×24回)
256GB:5万0,160円
(2,090円×24回)

 

iPhone SE(第2世代)の発売日は、2020年5月11日

 

ちょうど良い中間の128GBモデルがあるのも良いですね。

価格はドコモで5万7,024円~ととても安いです。

 

ドコモ、au、ソフトバンクにはスマホを安く購入できるプログラムが用意されているので、それを適用すれば3万円台で購入することができます!

 

高性能なiPhoneがこの価格で手に入るなんて、とてもコスパが高いです。

 

コンパクトで高性能な、大人気のiPhone SE(第2世代)がauから発売されます。

 

iPhone 8と同サイズで、4.7インチ Retina HDを搭載。

SoCは、iPhone 11 Proと同じ、高性能なA13 Bionicチップを搭載。

 

ポートレートスマートHDR最大4K60fpsの動画撮影に対応。

指紋認証Apple Pay防水防塵の生活機能も搭載で普段使いにも最適。

 

各キャリアのお得プログラムを適用すると、3万円台で購入可能

高性能なiPhoneを安く買えるので、とてもおすすめです!

ドコモ】高性能で低価格の高コスパ「iPhone SE」をチェック!!

 

 

iPhone 11 (2019年モデル)

iPhone12が発売されましたが、正直言って、iPhone11シリーズでも十分すぎるスペックです。

価格を抑えて、高性能なiPhoneが欲しいのなら、iPhone11シリーズがねらい目でしょう!

iPhone 11 Pro Max

2019年のiPhoneは

です!

 

 

2019年モデルの中でもiPhone 11 Pro MAXは最も画面が大きく高性能な機種です。

6.5インチ有機ELディスプレイを採用しており、iPhone XS Maxの後継機ですね!

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

 

前々から噂されていた、トリプルカメラがついに実装され、カメラの表現力が格段に上昇しました!

 

iPhone XS Maxにくらべ様々な点がパワーアップしましたが、今回の目玉はトリプルカメラで間違い有りません。

 

iPhoneでは初のトリプルカメラなので、革命が起きたと言っても過言ではないかも!

iPhone 11 Proにもトリプルカメラは実装されていますが、画面が大きい方がいいなら、iPhone 11 Pro MAXでキマリ!

【ドコモ】2019年!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro MAXのスペック

項目 スペック
SoC A13 Bionic
ディスプレイ 6.5インチ(有機EL)
解像度 2,688 x 1,242
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ(ROM) 64GB、256GB、512GB
OS iOS 13
カメラ(アウト) 1200万画素 トリプルカメラ
カメラ(イン) 1200万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約158×77.8×8.1mm
重量 226g
防水 IP68
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

 

前機種のiPhone XS MAXと比べるとSoCやメモリがランクアップしています。

 

SoCはA13 Bionicとなり、よりグラフィカルな処理に強くなり、メモリも1.5倍の6GBなっているので、かなり高性能になりましたね。

 

Appleは2019年9月20日よりApple Arcadeというゲームコンテンツのサービス開始を予定しており、よりゲームの表現をしやすいコアやメモリ容量にかえたようです。

 

Apple Arcadeは日本でも9月20日から開始されます!

月額600円で遊び放題となるらしく、これからおおきなゲームストリームになりそうです!

またiPhone 11 ProはiPhone XS MAXより最大5時間長いバッテリー駆動となっており、ゲームで遊びすぎても十分なバッテリーとなっています!!

 

ディスプレイも超高画質なSuper Retina XDRを装備しており、Play Station Portable(PSP)も真っ青のゲーム機になりそう。

ちなみに本体の強化ガラスは前面背面ともに更に硬くなり、丈夫さもウリにしています!

踏みつけても大丈夫!とは言いませんが、ケース無しでも問題無さそうです。

【ドコモ】2019年!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro MAXのトリプルカメラは何が凄い?

iPhone 11 Pro MAXのトリプルカメラは以下の3つのカメラで構成されています。

  • 望遠カメラ
  • 広角カメラ
  • 超広角カメラ

今回追加されたのは超広角カメラで、撮影出来る範囲がかなり広くなりました。

広角カメラだとこれくらいの範囲ですが、

 

超広角カメラでこのくらいまで広がります!

集合写真や風景写真撮るには超便利そうですね。

 

またA13 Bionicと新しいソフトウェアによってナイトモードが高品質に実装され、かなりくらい場所でもくっきり綺麗に撮影できるとのこと。

 

無理にフラッシュを炊かなくてもいいので、自然な夜景や暗がりでの記念撮影が撮れそうです。

 

トリプルカメラの凄いところはまだまだあります。

強力に進化したのがポートレードモードです。

 

ポートレートモードはデュアルカメラを搭載しているiPhoneでも実装されていますが、iPhone 11 Pro MAXでは、スタジオ風のモノクロ写真が撮れる「ハイキー証明」が追加されました。

 

単なる白黒写真と思うかも知れませんが、白黒写真は光の調節が命です。

Phone 11 Pro MAXのカメラは微細な光を調節できるので、プロのカメラマンが撮ったような風合いで白黒写真が撮れるようになったわけですね!

 

写真撮影だけでなく、動画編集も格段にパワーアップしました。

編集機能が使いやすく、それでいて簡単なのがiPhoneのメリットです。

 

iPhone 11 Pro Maxでは、動画編集も画像編集と同じソフトウェアで操作出来るため、自分だけのオリジナル動画もプロ並みに格好良くつくれちゃいます。

 

一般的なスマホの動画編集機能は使いにくかったり、編集機能が少なくて使えないものが多いので、これはiPhone 11 Pro Maxの大きなアドバンテージとなりそう。

【ドコモ】2019年!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro MAXとiPhone 11 Proの違いは?

iPhone 11 Pro MAXとiPhone 11 Proの違いは以下の点です。

  • 画面のサイズと解像度
  • 重量
  • バッテリーの容量
  • 価格

一番の違いはやはり、画面のサイズ(解像度)と価格ですね!

特にサイズ感は大きく違うので、とにかく大きな画面にしたい人はiPhone 11 Pro MAXがオススメです。

 

老眼の方や老眼の両親に勧めたい場合もiPhone 11 Pro Maxが最適です。

小さいiPhoneでもフォントを大きくすることはできますが、画面が小さいのにフォントを大きくしても見にくいだけです。

 

サイズ感はiPhone XS MaxやiPhone 8 Plus、iPhone 7 Plusとほぼ一緒なので前機種が大きい場合もこちらでキマリ!

【ドコモ】2019年!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro Max の価格・発売日(ドコモの場合)

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 126,000円
(3,500円/月 36回)
256GB: 144,000円
(4,000円/月 36回)
512GB: 165,600円
(4,600円/月 36回)
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
64G: 84,000円
(3,500円/月 24回)
256GB: 96,000円
(4,000円/月 24回)
512GB: 110,400円
(4,600円/月 24回)

iPhone 11 Pro MAXの容量は64GB256GB512GBの3タイプです。

iPhoneはSDカードなどが刺せないので、写真をよく撮る方は256GB以上をオススメします。

 

前モデルのiPhone XS Maxより5,000~1万円ほど安いのでお得感が増しましたね!

iPhone 11 Pro MAXの予約開始日は9月13日からで、発売日は9月20日となっているので、狙っている方は早めに行動しましょう!

【ドコモ】2019年!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

 

どのキャリアの新型iPhoneが一番安く使えるのか!?

こちらをどうぞ!↓

【ドコモ,au,ソフトバンク】iPhone11価格と料金プラン比較!!2019年新型iPhoneは、どのキャリアで契約するのが一番安くてお得なのでしょうか? 料金プランも含めた、維持費、総支払い額を徹底比...

 

iPhone 11 Pro

2019年のiPhoneは

です!

 

 

iPhone 11 Proはハイエンドなスペックを誇るiPhone 11 Proシリーズのうち、画面が手頃なサイズ感となっている方です。

 

iPhone 11 Pro MAXの方はかなり画面が大きいので、見やすい反面片手で操作するには向いていないかも知れません。

 

SoCやメモリなどのスペックは全く同じですし、iPhone 11 ProもiPhone 11 Pro MAXと同じく有機ELディスプレイを採用しているので、コンパクトかつ高性能を求めるならiPhone 11 Proでキマリですね!

 

iPhone 11 Proシリーズの目立であるトリプルカメラ搭載されているのでご安心を!

 

iPhone7では大きいサイズのiPhone7Plusのみがデュアルカメラ搭載で、iPhone7はシングルカメラでしたが、iPhone 11 Proシリーズは本体が小さくてもカメラは高性能です!

 

なので最新のiPhoneでトリプルカメラを楽しみたいけど「コンパクトなモデルが良い!」という方や「少しでも価格を抑えたい」方は、iPhone 11 Proで問題なし!

【ドコモ】2019年!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Proのスペック

項目 スペック
SoC A13 Bionic Bionic
ディスプレイ 5.8インチ(有機EL)
解像度 2,436 x 1,125
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ(ROM) 64GB、256GB、512GB
OS iOS 13
カメラ(アウト) 1200万画素 トリプルカメラ
カメラ(イン) 1200万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約144×71.4×8.1mm
重量 188g
防水 IP68
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

 

【ドコモ】2019年!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

iPhone 11 Proは前機種のiPhone XSと比べて、SoCがA13 Bionicになり、メモリも1.5倍の6GBに増量されました!

 

Appleは9月20日からApple Arcade(アップルアーケード)という定額のゲーム配信コンテンツを開始する予定なので、最新の高画質なゲームも快適に遊べるようにチューンされたようです。

 

Apple Arcadeは日本でも9月20日から開始されます!

月額600円で遊び放題となるらしく、これからおおきなゲームストリームになりそうです!

 

バッテリーの容量もiPhone XSよりも最大4時間長くなっており、高速充電を使えば30分で50%チャージできるようになりました。

 

Apple Arcadeやゲームアプリで沢山遊んでも安心ですね!

 

ディスプレイは超高画質なSuper Retina XDRにランクアップしているので、これまで遊んでいたゲームも美しいグラフィックに早変わりです!

 

Super Retina XDRは以前よりもさらに明るくシャープな表現力をもっているので、明るい場所はもちろん、暗がりでもくっきり綺麗です!

【ドコモ】2019年!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro のトリプルカメラは何が凄い?

iPhone 11 Pro のトリプルカメラは、望遠カメラ広角カメラ超広角カメラで構成されています!

今回追加されたのは超広角カメラで撮影できる視覚が広くなっただけでなく、光量の調節がさらに繊細になり、更に美しい写真が撮れるようになりました。

 

またスローモーションモードでは、120fpsで撮影出来るようになり、より滑らかで自然なスロー動画が作れます。

ちょっとした瞬間を撮影するだけでも、かなりアーティスティックな動画になるので、撮影の楽しみが増しました。

 

ナイトモードでは、新しいSoCと最新のソフトウェアにより、光量が少ない暗い場所でもくっきりとした美しい写真を撮れるようになりました。

 

この最新のナイトモードは従来の機種をアップデートしても利用できないので、iPhone11 Proだけの強みです!

 

動画編集もかなりパワーアップしました。

豊富な編集機能とシンプルな操作感を持ち、特に知識を必要とせずとも、美しい動画を作ることが出来ます。

 

しかも動画編集でも画像編集と同じソフトウェアなのでiPhoneユーザーなら間違いなくすぐに使いこなせるはず。

【ドコモ】2019年!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

カメラのスペックはiPhone 11 Pro MAXとほぼ同じなので、トリプルカメラが欲しいだけならiPhone 11 Proで十分です。

 

iPhone 11 Pro MAXとiPhone 11 Proの違いは?

iPhone 11 Pro MAXとiPhone 11 Proの違いは以下の点です。

  • 画面のサイズと解像度
  • 重量
  • バッテリーの容量
  • 価格

最も大きな違いは画面のサイズ(解像度)です。

iPhone 11 Pro MAXは6.5インチなのにたいし、iPhone 11 Proは5.8インチなので、一回り小型です。

 

その分軽くてコンパクトで、価格も少し下がるのがポイントです!

どうしても大きな画面が欲しいというわけでなければ、こちらの方がオススメです。

 

サイズ感はiPhone XS やiPhone 8、iPhone 7とほぼ一緒なので、現在iPhone 8やiPhone XSを使っていて不満がないなら、iPhone 11 Proにしましょう。

 

iPhone 8やiPhone 7から機種変更する場合、本体サイズは変わらずとも、画面サイズは4.7インチから5.8インチにアップするので、大画面になります。

【ドコモ】2019年!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro の価格(ドコモの場合)

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 115,200円
(3,200円/月 36回)
256GB: 129,600円
(3,600円/月 36回)
512GB: 151,200円
(4,200円/月 36回)
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
64G: 76,800円
(3,600円/月 24回)
256GB:86,400円
(3,200円/月 24回)
512GB: 100,800円
(4,200円/月 24回)

iPhone 11 Pro の容量は前機種とおなじく64GB256GB512GBの3タイプです!

前モデルのiPhone XSより5,000~1万円ほど安いのでかなりお得ですね!

 

予約開始日は9月13日からとなっているので、発売日に欲しい人は注意しましょう。

iPhone 11 Pro の発売日は9月20日を予定しています。

【ドコモ】2019年!!トリプルカメラでハイスペック・コンパクト「iPhone 11 Pro」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

 

iPhone 11

2019年のiPhoneは

です!

 

iPhone 11は、新機種の3タイプのうち、最も低価格なモデルとなっており、iPhoneXRの後継機となっています!

 

カラーバリエーションが豊富なのもポイントで、iPhoneの見た目にこだわりたい人は一見の価値アリです。

価格が控えめなのもメリットなので、ハイエンドスマホを欲していない方はこちらでしょう!

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!大画面・ハイスペック・低価格!「iPhone 11」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 のスペック

項目 スペック
SoC A13 Bionic
ディスプレイ 6.1インチ(Liquid Retina HDディスプレイ)
解像度 1,792 x 828(326ppi)
メモリ(RAM) 不明
ストレージ(ROM) 64GB、128GB、256GB
OS iOS 13
カメラ(アウト) 1,200万画素 デュアルカメラ
カメラ(イン) 1,200万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約150.9×75.7×8.3mm
重量 194g
防水 IP68
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

 

サイズ感はiPhone XRと全く同じで、見た目もおおきく変わっていませんが、中身は大きく違います。

 

まずSoCがA12からA13 Bionicになりグラフィック表現力や処理速度が格段にアップしました!

このSoCは、上位モデルのiPhone 11 Pro / Pro Maxと同じチップです。

 

Proシリーズとの違いは、ディスプレイの質、メモリの容量、そしてなによりカメラです。

iPhone11はデュアルカメラですが、Proシリーズはトリプルカメラとなっているので、カメラの機能が大きく違います。

 

とはいえ、別に激重のアプリなんか使わないし、カメラは超最新でなくても良いというなら、iPhone11で十分でしょう!

デュアルカメラでもかなりきれいな写真を撮れるのは確かですし、なによりiPhone11は安いです!

 

またカラーバリエーションが豊富なのも魅力で、iPod感覚で使うならこちらのほうが、オシャレで良いかも。

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!大画面・ハイスペック・低価格!「iPhone 11」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone11は新しいSoCとソフトウェアのおかげで、60fpsの4Kビデオ撮影を可能としており、3Dグラフィックを多用するゲームでも、サクサクと動きます

iPhone 11 Proより劣るといっても、スマホ業界全体でみればiPhone11はハイエンドクラスに入るでしょう!

 

アップルが開始するゲームプラットフォーム「Apple Arcade(アップルアーケード)」も余裕でプレイすることができます!

Apple Arcadeは日本でも9月20日から開始されます!

月額600円で遊び放題となるらしく、これから大きなゲームストリームになりそうです!

 

 

ディスプレイに関しては、iPhone XRとおなじくLiquid Retina HDディスプレイ採用しています。

iPhone品質の美しい画面を楽しみましょう!

 

前機種にくらべ、最も進化したのはカメラです!

以前とは全く違う新しいデュアルカメラシステムを搭載し、超広角モードが追加されました。

視覚野がかなりひろくなったので、風景や集合写真を撮る時には大活躍するでしょう。

 

このアウトカメラの画素数は1,200万画素、最大60fpsもの4Kビデオが撮影できます。

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!大画面・ハイスペック・低価格!「iPhone 11」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

またiPhone11では「ナイトモード」が追加されました。

最新のチップによる微細な光量コントロールにより、暗い場所でも自然と美しい写真がとれるようになったので、かなり便利です。

 

フラッシュを炊くのではなく、そのまま撮影できるので自然なショットを撮れるのもポイントです。

 

さらに、iPhone11は以前よりもっと硬い頑丈なガラスを前面と背面に搭載、二重のイオン交換プロセスによって堅牢さを維持しています。

 

防水性iPhone XRの2倍の水深に耐えることができるようになり、上位機種のiPhone 11 Pro / Pro Maxと同じIP68の防水性能をもっています!

【ドコモ】2019年!!大画面・ハイスペック・低価格!「iPhone 11」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 のデザイン

iPhone 11の全体的なデザインとしては前機種と大きな変化はありません。

ただ背面のデュアルカメラは配置やサイズ感が変わっているので、iPhone11なのかiPhone XRなのかはすぐにわかります。

マホおかえしプログラムスマホおかえしプログラム

カラーバリエーションは「ブラック」「グリーン」「イエロー」「パープル」「レッド」「ホワイト」の6色展開となり、選択肢は多めです。

上位機種のiPhone 11 Pro / Pro Maxよりも豊富なので、色にこだわりたいならコチラ!

【ドコモ】2019年!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 の価格(ドコモの場合)

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 79,200円
(2,200円/月 36回)
128GB: 86,400円
(2,400円/月 36回)
256GB: 97,200円
(2,700円/月 36回)
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
64G: 52,800円
(2,200円/月 24回)
128GB:57,600円
(2,400円/月 24回)
256GB: 64,800円
(2,700円/月 24回)

 

容量は64GB128GB256GBの3つがラインナップしており、それぞれ価格が違います。

 

前機種のiPhone XRより価格が5,000円〜10,000円ほど安くなっており、より手頃な価格帯となりました!

 

iPhone 11の予約開始は9月13日発売日は9月20日となっているので、いち早くゲットしたい方はこまめにチェックしておきましょう!

 

 

【ドコモ】2019年!!大画面・ハイスペック・低価格!「iPhone 11」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

ホームボタン搭載 iPhone

iPhoneは、2017年のiPhone Xから、象徴的であった丸いホームボタンをなくし、全面ディスプレイのデザインに変わりました!

 

それでも、今でもホームボタンの人気は根強く、これを求める人も多いです。

ホームボタン搭載のiPhoneで、現在キャリアから購入できるのは、

iPhone 8、iPhone7、そして2019年に発売されたiPhone SE(第2世代)です!

 

価格も安くなっているので、狙い目のモデルでもあります!

 

ホームボタン搭載のモデルは、現在次のものが発売されています。

【ドコモ】お買い得なiPhoneをドコモでチェック!

 

iPhone SE(第2世代)

こちらで詳しく解説しています!

iPhone 8 / 8 Plus

 

iPhone 8 / 8 Plusは、iPhone Xとほぼ同時に発売されましたが、iPhone Xが革新的な方向性を示したのに対し、iPhone 8 / 8 Plusは従来のiPhoneのスタイルを保ったまま、高機能化しました!

 

iPhone 8とiPhone 8 Plusの大きな違いは、ディスプレイの大きさ、つまり本体の大きさと、カメラが1つか2つ(デュアルカメラ)の違いです。

【iPhone 8】超格安でiPhoneを!UQモバイルでチェック!!

 

iPhone 8 / 8 Plusのスペック

項目 スペック
iPhone 8
スペック
iPhone 8 Plus
SoC A11 Biionic(2+4=6コア) A11 Bionic(2+4=6コア)
ディスプレイ 4.7インチ(液晶) 5.5インチ(液晶)
解像度 1,334×750(326ppi) 1,920×1,080(401ppi)
メモリ(RAM) 不明(2GB?) 不明(3GB?)
ストレージ(ROM) 64GB、256GB 64GB、256GB
OS iOS 12 iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素 1200万画素
デュアルカメラ
カメラ(イン) 700万画素 700万画素
生体認証 Touch ID(指紋認証) Touch ID(指紋認証)
サイズ 約138.4×67.3×7.3mm 約158.4×78.1×7.5mm
重量 148g 202g
防水機能 防水防塵 防水防塵
Apple Pay 対応 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi) 対応(Qi)

SoCは高性能なA11 Bionicを搭載しており、高い処理能力を持っています!
3Dグラフィックを多様したゲームもスムーズにプレイすることができます。

 

iPhone 8とiPhone 8 Plusとの一番の違いは、ディスプレイの大きさです。
iPhone8は4.7インチiPhone8 Plusは5.5インチとなっており、メモリも2GB3GBの違いがあります。

 

もう一点大きな違いは、カメラ性能で、iPhone 8 Plusはデュアルカメラであり、背景ボケや望遠機能など、高機能なカメラ機能を使うことができます!

 

↓iPhone 8 Plusはデュアルカメラにより、一眼レフカメラのような背景ボケのある写真が撮れる。

【iPhone 8】超格安でiPhoneを!UQモバイルでチェック!!

 

iPhone 8 / 8 Plusのデザイン

iPhone8 /8 Plusは、ディスプレイ下部に、丸いホームボタンを搭載する、これまでのiPhoneのデザインを踏襲しています。

また、背面もガラスで、非常に美しいボディに仕上がっています!これはiPhone 7 / 7 Plusとの最も大きなデザインの違いです。

 

カラーは、シルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色に加え、鮮烈な赤のPRODUCT REDがあります。

【iPhone 8】超格安でiPhoneを!UQモバイルでチェック!!

 

iPhone 8の価格(UQモバイルの場合)

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 23,760円
(660 円×36回)

 

画面サイズが大きくデュアルカメラのiPhone 8 Plusでも64GBモデルなら、現在は実質負担額が31,752円と安くなっているので、高画質高機能カメラが欲しい人画面が大きい方がいい人はiPhone 8 Plusの選択がよいでしょう!

 

ストレージ容量は、動画を撮りまくる人には256GB必要ですが、通常の使用では64GBで問題ないと思います。

 

iPhone XS/XRのように大幅に変化したデザインに抵抗がある方や、慣れ親しんだ操作感がいい人には、iPhone XよりもiPhone 8 / 8 Plusをおすすめします!

【iPhone 8】超格安でiPhoneを!UQモバイルでチェック!!

 

iPhone 7

 

iPhone 7は2016年9月に発売されたiPhoneです(iPhone 7 Plusは販売終了)。

2016年とはいっても、iPhoneはもともとハイスペックなスマホなので、今でも十分快適に使うことができます!
また、OSのアップデートもアップルはかなり古いiPhoneまで対応してくれるので、安心です。

【iPhone 7】まだまだ十分なパフォーマンス。ホームボタンを持つiPhone。コチラから [Y!モバイル]

 

iPhone 7 のスペック

項目 スペック
SoC A10 Fusion(2+2=4コア)
ディスプレイ 4.7インチ(液晶)
解像度 1,334×750(326ppi)
メモリ(RAM) 不明(2GB?)
ストレージ(ROM) 32GB、128GB、256GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素
カメラ(イン) 700万画素
生体認証 Touch ID(指紋認証)
サイズ 138.3×67.1×7.1mm
重量 138g
防水機能 あり
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 なし

SoCはひとつ前のA10 Fusionですが、iPhoneはそのときの最高スペックのSoCを搭載しているので、今でも十分快適に使うことができます。

 

また、処理能力以外ではiPhone 8 / 8 Plusと比べて、ワイヤレス充電に対応していないということくらいです。
むしろiPhone 8に比べて重量は10g程度軽いです。

 

スペックに表れない、カメラの画質はiPhone 8 / 8 Plusの方がいいということですが、どこまで画質を必要とするかですね。

 

iPhone 7では、ステレオスピーカーになっており、音質、音量が向上しています。

【iPhone 7】まだまだ十分なパフォーマンス。ホームボタンを持つiPhone。コチラから [Y!モバイル]

 

iPhone 7 のデザイン

ボタンの配置など表側、側面はiPhone 8と全く同じといっていいくらいです。

 

ただし背面は、ワイヤレス充電に対応させるためにiPhone 8 / 8 Plusがガラス素材になっているのに対して、iPhone 7はこれまでのiPhoneと同じくアルミニウム素材となっているのが大きな違いです。

 

ワイヤレス充電が必要ないのであれば、カバーを付ける派の人は、背面が隠れるのでiPhone 7もiPhone 8も同じですね。

 

カラーはブラックシルバーゴールドローズゴールドの4色に加えて、美しい光沢のある黒のジェットブラックがあります。

【iPhone 7】まだまだ十分なパフォーマンス。ホームボタンを持つiPhone。コチラから [Y!モバイル]

 

iPhone 7の価格(ドコモの場合)

内容 価格
機種代金(一括) 32GB: 24,480円
(680円/月 36回)
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
対応なし

iPhone 7は、月々サポートを受けた実質負担額が10,368円かなりの格安となります!

古いモデルでも問題ないという方には、iPhone 7はコストパフォーマンスも高くかなりおすすめです!

【iPhone 7】まだまだ十分なパフォーマンス。ホームボタンを持つiPhone。コチラから [Y!モバイル]

 

 

 

ドコモの新作スマホのおすすめ&紹介はコチラ↓

【ドコモおすすめスマホ】[2020年9月]ランキング!2020年最新版!!ドコモ全機種、最新おすすめランキングです! 現在発売しているドコモのスマホを大紹介します! どの機種を選んだらい...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です