[simulation]
ドコモ おすすめ

【ドコモおすすめスマホ】[2020春夏 5G]現行全モデル紹介!

【2020年4月21日 更新】

注目!!

新型 iPhone SE(第2世代,2020)が、
ドコモで発売されます!

最高性能のA13 Bionicを搭載しながら、お手頃価格の超ハイコスパスマホです!

【2020年3月19日 更新】

注目!!

ドコモの2020年春 5Gモデルが発表されました!

今回も、注目の機種、ハイスペックモデル盛沢山です!

発表されたのは、5G対応スマホが7機種

従来の4Gスマホが4機種です!

モデル名をクリックorタップすると解説に飛びます!

 

5Gモデル

機種名 発売時期 価格
(スマホお返しプログラム適用時)
Xperia 1 II SO-51A 4月下旬 12万3552円
(8万2368円)
AQUOS R5G SH-51A 3月25日 11万1672円
(7万4448円)
arrows 5G F-51 6月下旬 未発表
Galaxy S20+ SC-52A 5月下旬 11万4840円
(7万6560円)
Galaxy S20 SC-51A
3月25日 10万2960円
(6万8640円)
Galaxy S20+ Olympic Games Edition
6月下旬 未発表
LG V60 ThinQ 5G L-51A
4月下旬以降 11万8008円
(7万8672円)

 

スタンダード(4G)モデル

機種名 発売時期 価格
(スマホお返しプログラム適用時)
Xperia 10 II SO-41A 6月以降 未発表
Galaxy A41 SC-41A 6月以降 未発表
arrows Be4 F-41A 6月以降 未発表
LG style3 LG-41A 6月以降 未発表

 

 

ドコモのスマホは機種が多くて悩んでしまう、、、
選び方は簡単!質問形式で選択!

 

ドコモは3大キャリアの中でもトップキャリアだけあり、扱っているスマホは30モデル近くにもおよびます!

これだけ充実してしまうと、「どのスマホを選んだらいいの?」と選び方に迷ってしまいますね。

 

そこでこの記事では、

質問に「はい」か「いいえ」で答えていくだけで、

あなたにおすすめの機種を選ぶことができます!

 

【注目!!】2020年最新の

おすすめスマホ ランキングを知りたい人は、コチラからどうぞ!

 

docomoおすすめスマホ選択の「質問開始」!

ここから始まる質問に答えていくと、おすすめの最新スマホにたどり着きます!

とても簡単な選び方です!

 

質問の答え方は次の通りです。

  1. 質問にははいいいえを選択
  2. 指示された番号に進んで(番号をクリックして)質問に答えていく

これだけです!
それでは始めて下さい!

スターーーーーート!

 

Q1.「iPhone(アイフォン)」シリーズがいい。

はい ⇒ Q2
いいえ (Androdスマホ) ⇒ Q6

Q2. これまでのiPhoneとは違う、最新デザイン、高性能のiPhoneがいい。

はい (全画面モデル) ⇒ Q3
いいえ(ホームボタンモデル) ⇒ Q5

Q3. 画面サイズはとにかく大型がいい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone 11 Pro Max」です!
いいえ ⇒ Q4

Q4. 最新機種でも価格を抑えたい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone 11」です!
いいえ ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone 11 Pro」です!

Q5. 以前のデザインで、高性能・低価格のiPhoneがいい。

はい ⇒  あなたへのおすすめは「iPhone SE (第2世代)」です!
いいえ(旧モデルでも低価格) ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone 7」です!

Q6. らくらくホン シリーズがよい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは、「らくらくホン シリーズ」です!
いいえ ⇒ Q7

Q7. 次世代通信5G対応がよい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは、「5G対応スマホ」です!
いいえ ⇒ Q8

Q8. とにかく最新の高性能なスマホがいい。または3Dグラフィックを多用した高画質なゲームをプレイする。

はい ⇒ あなたへのおすすめは、「ハイスペックスマホ」です!
いいえ ⇒ Q9

Q9. 最新機種でなくてもいいが、高性能なスマホがいい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは、「ミドルハイスペックスマホ」です!
いいえ ⇒ Q10

Q10. 格安でネットやLINE、SNSには十分なスマホがいい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは、「【低価格】ミドルスペックスマホ」です!
いいえ ⇒ 人と違ったスマホが似合うあなたには「キャラクター&トリッキースマホ」がおすすめです!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

2020年 おすすめランキング

2020年 春 5G対応モデルが発表され、更に充実したドコモスマートフォン!

iPhoneも含めると、約30種類以上にもなります!

選ぶのに迷いたくないという人のための、おすすめランキングベストです!

 

👑【第5位】Galaxy S20+

Galaxy S20+は、サムスンの5G対応ハイスペックスマホです!

Galaxy Sシリーズといえば、モンスタースペックで有名ですが、S20も当然素晴らしいスペックを持っています。

カメラは超広角(12MP)、広角(12MP)、望遠カメラ(64MP)のトリプルカメラに、深度用のToFカメラを加えて、非常に幅広い撮影が可能。

最大30倍の「スペースズーム」により、遠くの被写体も撮影できます。

8K動画の撮影にも対応しており、AIがベストシーンをセレクトし、決定的瞬間をとらえて8Kの写真として保存可能です。

また、5G通信に対応ですが、sub6だけでなくミリ波にも対応しているので、sub6のみのスマホと違い、将来的により高速な5G通信を行うことが可能です!

とにかく隙のない、最先端のハイスペックモデル「Galaxy S20+」は、ハイスペックを求める方におすすめです!

👑【第4位】Xperia 1 II

Xperia 1 II(マークツー)は、ソニーのエクスペリアシリーズ最新モデルにして、ハイスペック。

そしてなんといっても5G対応です!

6.5インチ、アスペクト比21:9の超ワイド有機ELディスプレイ!
90Hz相当のフレームレートでなめらかな動きも実現です。

ツァイスレンズのトリプルカメラに、深度センサーカメラも搭載して、高画質で幅広いシーンを撮影可能。

写真や動画のマニュアル操作は一眼カメラ「α」の操作を受け継ぐプロ並みの細かな設定が可能。

音質にもこだわり、3.5mmイヤホン端子もあえて装備しています。

高いレベルでコンテンツの消費だけでなく、クリエイティブにも使えるたXperia 1 II(マークツー)はこだわりのスマホです!

👑【第3位】AQUOS sense3

スマホが10万円を超えるのがあたりまえになり、3~5万万円台のミドルスペックスマホが注目されています!

AQUOS sense3は、3万円台のミドルスペックながら、機能も充実しています。

その人気もすさまじく、スマホ売り上げ上位がiPhoneシリーズに独占される中、Androidで唯一2位という快挙を成し遂げました!

価格とスペックのバランスがよく、日本製のシャープ、老若男女だれでも似合うデザインがすばらしいです。

価格を抑えて、安心感のあるスマホなら「AQUOS sense3」です!

👑【第2位】iPhone 11

なんだかんだで、おすすめ2位はやはりiPhone 11ですね!

とにかく迷ったら、ぶっちゃけiPhoneで間違いないです!

2019年のiPhoneは、昨年のモデルより1万円ほど安くなったのもポイントです。

2019年の新型iPhoneの中で、最も安いモデルですが、SoCは上位機種と同じなので、ハイスペックです!

カメラはデュアルカメラですが、超広角カメラが追加されているので、上位モデルと同じようにワイドな写真が撮れます!

もちろん、ナイトモードでフラッシュなしでも明るい写真が撮影可能!

最新モデルのiPhoneのハイスペックモデルなら、3年以上は当たり前に使い続けることができます。

最近のAndroidは確かに、斬新で先進的な機能をiPhoneよりも先に搭載してくることが多くなりました。

しかし、iPhoneの動きの安定性の高さや、操作性、さわったときの質感などは、やはり完成されたものがあります。

また、長く使える上に、機種変更のときにドコモでの下取り価格が非常に高いです。

なんだかんだで、iPhoneはまだまだ強いですね!

iPhone 11」、間違いないです!

👑【第1位】iPhone SE (第2世代)

ついに登場した、新型 iPhoneSE !!

とにかく、コスパが半端なくいいです!

SoC(CPU)は、上位モデルのiPhone 11シリーズと同じ、A13 Bionicを搭載しているので、Androidを含めたスマホの中でもトップレベルの処理能力です!

それでいて、ドコモで5万7,000円、スマホお返しプログラム適用で3万8,000円!!

カメラはシングルですが、高い画像処理能力で背景ボケの写真など十分高画質な写真が撮影できます。

防水性能、ApplePay(おサイフケータイ)、ワイヤレス充電、WiFi6など最新機能もてんこ盛り!

iPhoneは、OSのアップデートもAndroidより圧倒的に長くサポートされるので、長く使えるのも大きなメリットです。

はっきり言って格安Androidを駆逐する勢いのすごいiPhoneが登場しました!

iPhone SE (第2世代)」、間違いなくおすすめです!

 

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

ドコモ スマートフォン全機種紹介

直接、目的の機種を見たい場合は、次の一覧からクリックしてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッズケータイ

 

 

ドコモケータイ(ガラケー)

 

モバイルWi-Fiルーター

 

 

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhoneシリーズ

ついに2019年の最新モデル

が発表されました!

 

言わずと知れた、Appleの大人気スマートフォンです!

日本国内ではAndroidも含めたすべてのスマホでアップルのiPhoneシリーズがトップシェアです!

 

何を選べばいいかわからなかったら、とにかくiPhoneで問題ないです
ただし基本的に価格は高めになります。

 

どのキャリアのiPhoneが一番安く使えるのか!?

こちらをどうぞ!↓

【ドコモ,au,ソフトバンク】iPhone11価格と料金プラン比較!!2019年新型iPhoneは、どのキャリアで契約するのが一番安くてお得なのでしょうか? 料金プランも含めた、維持費、総支払い額を徹底比...

 

 

iPhone 11 Pro Max

2019年の9月11日、iPhoneの最新機種が発表されました!

発表されたのは3機種

です!

 

その中で最もハイスペックなモデルといえるのが、

iPhone 11 Pro MAXです!

【ドコモ】2019年トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

 

本機種はiPhone XS Maxの後継機でり、6.5インチ有機ELディスプレイを装備しています。

 

iPhone 11 ProシリーズはiPhoneとしては初のトリプルカメラを搭載しており、写真や動画の表現の幅が一気に広がりました!

 

他にもいくつもパワーアップしていますが、iPhone 11 Proシリーズの目玉はトリプルカメラといって良いでしょう。

 

下位モデルのiPhone 11はデュアルカメラなので、カメラにこだわりたい方はiPhone 11 ProiPhone 11 Pro MAXを選びましょう。

画面が大きい方が良いならiPhone 11 Pro MAXです!

【ドコモ】2019年トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro MAXのスペック

項目 スペック
SoC A13 Bionic
ディスプレイ 6.5インチ(有機EL)
解像度 2,688 x 1,242
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ(ROM) 64GB、256GB、512GB
OS iOS 13
カメラ(アウト) 1200万画素 トリプルカメラ
カメラ(イン) 1200万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約158×77.8×8.1mm
重量 226g
防水 IP68
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

 

iPhone 11 Pro MAXはトリプルカメラが目玉ですが、それ以外もパワーアップしています。

 

まずSoCが前機種(iPhone XS MAX)がA12だったのにたいし、A13 Bionicにランクアップしました!

そしてメモリ(RAM)も4GBから6GBに増量されています!

 

AppleはiPhone 11 Pro MAXの発売日と同日にApple Arcade(アップルアーケード)というゲームコンテンツ配信サービスも開始するので、Apple Arcadeにあわせてスケールアップしたようですね!

 

Apple Arcadeは日本でも9月20日から開始されます!

月額600円で遊び放題となるらしく、これからおおきなゲームストリームになりそうです!

 

また、はっきりとしたバッテリー容量は発表されていませんが、iPhone 11 Pro(6.5)はiPhone XS MAXより最大5時間長いバッテリー駆動を実現しているとの事です!

 

iPhone 11 Proシリーズに搭載されているディスプレイは高画質な有機ELディスプレイであるSuper Retina XDRを搭載しています!

 

また、前面背面ともに今までより更に丈夫な強化ガラスを使用しているとのことなので、ケース無し派の人が増えるかも知れませんね!

【ドコモ】2019年トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro MAXのトリプルカメラは何が凄い?

iPhone 11 Pro MAXのトリプルカメラは、望遠カメラ広角カメラ超広角カメラで構成されています。

 

超広角カメラのおかげで、撮影出来る範囲がぐっと広がりました。

 

広角カメラではこの程度の範囲ですが・・・

 

超広角カメラでこのくらいまで広がります!

かなり大きな差ですよね!

風景写真だけでなく、集合写真を撮る時にも活躍しそうです!

 

またナイトモードではかなり低い光量でも綺麗に撮影できるとのこと。

これもすごいです!

A13 Bionicと新しいソフトウェアによって実現した装備なので、暗いところでの撮影が多い人は、かなり恩恵が大きいでしょう!

 

そしてさらに強力に進化したのがポーレードモードです。

 

デュアルカメラのiPhoneでも搭載済の機能ですが、トリプルカメラを搭載したiPhone 11 Pro MAXでは、スタジオ風のモノクロ写真が撮れる「ハイキー証明」のエフェクトが追加され、光の強さを微細にコントロールしながら撮影できるようになりました!

 

動画編集もプロ並みの動画を作成できます!

一般的なスマホでは、カメラの画像編集機能は豊富ですが、動画の場合は機能が少ないことが多いです。

 

しかし、iPhone 11 Pro Maxは、動画編集でも画像編集と同じ機能を使うことができるので、非常に編集の凝った作品を作ることができるのです!

【ドコモ】2019年トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro MAXとiPhone 11 Proの違いは?

iPhone 11 Pro MAXとiPhone 11 Proの違いは以下の点です。

 

  • 画面のサイズと解像度
  • 重量
  • バッテリーの容量
  • 価格

重量やバッテリーの容量さは大したこと無いので、やはりポイントは画面のサイズ解像度、そして価格です。

 

大きな画面を使いたい人はiPhone 11 Pro MAXを選びましょう!

 

本体のサイズ感は前機種のiPhone XS MaxやiPhone 8 Plus、iPhone 7 Plusと一緒なので、現在PlusやiPhone XS Maxを使っていて、同じように使いたい方もこちらがオススメです。

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro Max の価格・発売日

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 13万8600円
(3,850円/月 36回)
256GB: 158,400円
(4,400円/月 36回)
512GB: 182,160円
(5,060円/月 36回)
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
64G: 92,400円
(3,850円/月 24回)
256GB: 105,600円
(4,400円/月 24回)
512GB: 121,440円
(5,060円/月 24回)

iPhone 11 Pro MAXの容量は前機種とおなじく64GB256GB512GBの3タイプです。

前モデルのiPhone XS Maxより5,000~1万円ほど安くなっています!

 

予約開始日は9月13日からとなっており、発売日は9月20日を予定しています!

【ドコモ】2019年トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

 

iPhone 11 Pro

2019年の9月11日、iPhoneの最新機種が発表されました!

発表されたのは3機種

です!

 

 

その中で最もハイスペックなモデルといえるのが、iPhone 11 ProシリーズのiPhone 11 ProとiPhone 11 Pro MAXで、iPhone 11 Proは画面が手頃なサイズ感となっています!

 

iPhone 11 Pro MAXが6.1インチなのにたいし、iPhone 11 Proは5.8インチとなっており、一回り小さな印象です(どちらも有機ELディスプレイ)。

iPhone 11 Proシリーズの目立であるトリプルカメラiPhone 11 Proにも搭載されているのでご安心を!

 

とにかく最新のiPhoneが使いたいけど、「コンパクトなモデルが良い!」という方や「少しでも価格を抑えたい」方は、iPhone 11 Proで決まりです!

【ドコモ】2019年トリプルカメラでハイスペック・コンパクト「iPhone 11 Pro」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Proのスペック

項目 スペック
SoC A13 Bionic Bionic
ディスプレイ 5.8インチ(有機EL)
解像度 2,436 x 1,125
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ(ROM) 64GB、256GB、512GB
OS iOS 13
カメラ(アウト) 1200万画素 トリプルカメラ
カメラ(イン) 1200万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約144×71.4×8.1mm
重量 188g
防水 IP68
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

 

iPhone 11 Proはディスプレイサイズと解像度、本体サイズと重量以外殆どiPhone 11 Pro MAXと一緒です。

 

前機種のiPhone XSと比べた場合、SoCがA13 Bionicにパワーアップし、メモリも4GBから6GBに増量されました!

 

Appleが9月20日から開始するApple Arcadeというゲーム・コンテンツ配信サービスもこのスペックであれば問題なしです!

 

Apple Arcadeは日本でも9月20日から開始されます!

月額600円で遊び放題となるらしく、これからおおきなゲームストリームになりそうです!

 

 

バッテリーの容量も詳しい数値は発表されていませんが、iPhone XSよりも最大4時間長く駆動出来るとの事なので、増量されている様子です。

 

またiPhone 11 Proシリーズに搭載されているディスプレイは高画質な有機ELディスプレイであるSuper Retina XDRを搭載しています!

 

前機種よりも明るくてシャープな表現力をもち、日光の下でも暗がりでも最適な明るさをで美しく表現できるとのことです!

【ドコモ】2019年トリプルカメラでハイスペック・コンパクト「iPhone 11 Pro」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro のトリプルカメラは何が凄い?

iPhone 11 Pro のトリプルカメラは、望遠カメラ広角カメラ超広角カメラで構成されています!

 

超広角カメラの搭載により、撮影できる視覚野が大幅に広くなったほか、光量の調節が微細になったことで、より表現力が増しました。

 

またスローモーションが120fpsで撮影出来るようになったので、以前よりもっとなめらかに細かくて美しいスロー動画が撮れるので、SNSでスロー動画が流行るかもしれません!

 

ナイトモードでかなり光量が少なくても撮影出来るようになったので、写真の表現力が格段にアップしたのは間違いなしです!

 

動画編集もこれまでのスマホにはない高機能となっています!

一般的なスマホでは、カメラの画像編集機能は豊富ですが、動画の場合は機能が少ないことが多いです。

 

しかし、iPhone 11 Pro Maxは、動画編集でも画像編集と同じ機能を使うことができるので、非常に編集の凝った作品を作ることができるのです!

【ドコモ】2019年トリプルカメラでハイスペック・コンパクト「iPhone 11 Pro」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

カメラのスペックはiPhone 11 Pro MAXとほぼ同じなので、カメラ重視の方はiPhone 11 Proで全く問題有りません。

 

iPhone 11 Pro MAXとiPhone 11 Proの違いは?

iPhone 11 Pro MAXとiPhone 11 Proの違いは以下の点です。

 

  • 画面のサイズと解像度
  • 重量
  • バッテリーの容量
  • 価格

iPhone 11 ProはiPhone 11 Pro MAXよりも軽くてコンパクトで、価格も少し低価格です。

 

大きな画面が欲しいというわけでなければ、こちらの方が携帯性がよくお財布にも優しいですね。

 

本体のサイズ感は前機種のiPhone XS やiPhone 8、iPhone 7と同じなので、現在iPhone 8やiPhone XSを使っていて、同じサイズでいいならこちらで十分です。

 

ちなみにiPhone 8やiPhone 7から機種変更する場合、本体サイズはほぼ一緒でも、画面サイズは4.7インチから5.8インチにアップするので、画面は大きく感じるはず!

【ドコモ】2019年トリプルカメラでハイスペック・コンパクト「iPhone 11 Pro」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro の価格

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 126,720円
(3,520円/月 36回)
256GB: 142,560円
(3,960円/月 36回)
512GB: 166,320円
(4,620円/月 36回)
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
64G: 84,480円
(3,520円/月 24回)
256GB:95,040円
(3,960円/月 24回)
512GB: 110,880円
(4,620円/月 24回)

 

iPhone 11 Pro の容量は前機種とおなじく64GB256GB512GBの3タイプです!

前モデルのiPhone XSより5,000~1万円ほど安くなっています!

 

予約開始日は9月13日からとなっており、発売日は9月20日を予定しています。

【ドコモ】2019年トリプルカメラでハイスペック・コンパクト「iPhone 11 Pro」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

 

iPhone 11

ついに登場した2019年最新のiPhone!

待ちに待った期待の最新モデルにワクワクが止まりません!

 

今回発表されたのは3機種

です!

 

iPhone 11は、前機種のiPhoneXRの後継機種として位置づけられたおり、3機種の中で最も低価格となります。

前のモデルからどのような進化を遂げたのでしょうか。

【ドコモ】2019年 大画面・ハイスペック・低価格!「iPhone 11」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 のスペック

項目 スペック
SoC A13 Bionic
ディスプレイ 6.1インチ(Liquid Retina HDディスプレイ)
解像度 1,792 x 828(326ppi)
メモリ(RAM) 不明
ストレージ(ROM) 64GB、128GB、256GB
OS iOS 13
カメラ(アウト) 1,200万画素 デュアルカメラ
カメラ(イン) 1,200万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約150.9×75.7×8.3mm
重量 194g
防水 IP68
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

 

見た目やサイズに関しては「iPhone XR」と全く同じです。

6.1インチのディスプレイ(液晶)や本体サイズ、いずれもiPhone XRと見分けがつきません。

しかし、進化を遂げた部分はたくさんあります!

 

 

A13 BionicはiPhoneシリーズの中でも最新のチップで、他社のスマホと比べても最も速く、パワフルです!

これは上位機種のiPhone 11 Pro / Pro Maxと同じチップです!

 

全ての動作が流れるように、しかも効率的に動くので快適かつ長時間楽しめるようになりました。

【ドコモ】2019年 大画面・ハイスペック・低価格!「iPhone 11」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

進化した処理能力を持つiPhoneによって、より高度な機械学習機能や60fpsの4Kビデオ撮影など、あらゆる面でハイパフォーマンスになっています。

3Dグラフィックを多用するゲームでも、当然のようにプレイできてしまいます。

 

アップルが開始するゲームプラットフォーム「Apple Arcade(アップルアーケード)」も十分楽しめるスペックです!

Apple Arcadeは日本でも9月20日から開始されます!

月額600円で遊び放題となるらしく、これからおおきなゲームストリームになりそうです!

 

 

ディスプレイに関しては、iPhone XRを踏襲する形となりました。

Liquid Retina HDディスプレイを搭載した6.1インチの大画面は臨場感あふれる表現を可能にします!

 

そして、注目なのは最も進化したといわれるカメラです!

 

全く新しいデュアルカメラシステムを搭載し、「広角」モードだけではなく、超広角モードを実現。

これまでの4倍広く撮影ができるので、風景や集合写真などに最適です!

 

アウトカメラの画素数は1,200万画素、最大60fpsもの4Kビデオが撮影できます。

【ドコモ】2019年 大画面・ハイスペック・低価格!「iPhone 11」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

さらには「ナイトモード」が登場。

暗い場所でも、自動的に美しい写真が撮影できます。

フラッシュを炊くのではなく、自動的に明るさを足してくれるので、より自然な色で明るい写真となります!

これはいいですね!

 

スペックだけではなく、耐久性も向上しています!

 

スマホの中でも最も頑丈なガラスを前面と背面に搭載、二重のイオン交換プロセスによって強化されています。

 

防水性ではiPhone XRの2倍の水深に耐えることができ、最大水深2mで30分間入れても大丈夫になっています。

これは、上位機種のiPhone 11 Pro / Pro Maxと同じIP68の防水性能です!

【ドコモ】2019年 大画面・ハイスペック・低価格!「iPhone 11」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 のデザイン

iPhone 11の全体的なデザインとしては過去機種を踏襲する形になっています。

前モデルiPhone XRと同じく、表側のほとんどを画面が占める「全面ディスプレイ」を採用。

 

背面のデュアルカメラがより際立つようなデザインになっています。

スマホおかえしプログラムスマホおかえしプログラム

異なるのはカラーバリエーションです。

iPhone 11では「ブラック」「グリーン」「イエロー」「パープル」「レッド」「ホワイト」の6色展開。色もiPhone XRとは異なるカラーが登場しています。

 

iPhone 11 の価格

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 87,120円
(2,420円/月 36回)
128GB: 95,040円
(2,640円/月 36回)
256GB: 106,920円
(2,970円/月 36回)
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
64G: 58,080円
(2,420円/月 24回)
128GB:63,360円
(2,640円/月 24回)
256GB: 71,280円
(2,970円/月 24回)

 

前モデルのiPhone XRと比べると、全体的に5,000円〜10,000円ほど安くなっており、進化したiPhoneをお得な価格で手に入れるチャンスです。

容量は64GB128GB256GBの3つがラインナップしています。

 

ついに登場した新型モデルiPhone 11

予約開始は9月13日発売は9月20日となるので気になっている方は早めに予約しておきましょう!

 

 

【ドコモ】2019年 大画面・ハイスペック・低価格!「iPhone 11」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone SE(第2世代)

 

コンパクトなスマホを求めるユーザー待望の
iPhone SE(第2世代)がドコモから発売されます。

 

本体は、iPhone 8ベースで、4.7インチ Retina HDを搭載。

SoCは、iPhone 11 Proに搭載されている、A13 Bionicチップ

 

指紋認証Apple Pay防水防塵に対応。

 

これだけの機能を搭載していながら廉価モデルのiPhone 11より安い、高コスパなiPhoneとなっています!

 

iPhoneを初めて使ってみたいという人にもとてもおすすめです。

ドコモ】高性能で低価格の高コスパ「iPhone SE」をチェック!!



iPhone SE(第2世代)のスペック

項目 スペック
SoC A13 Bionic(ヘキサコア)2.65GHz/2+1.8GHz/4
ディスプレイ 4.7インチ(液晶)
解像度 Retina HD(1334×750ドット)
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 64/128/256GB
外部ストレージ なし
OS iOS 13
カメラ(アウト) 約1200万画素
カメラ(イン) 約700万画素
生体認証 指紋認証
サイズ 約67.3×138.4×7.3mm
重量 約148g
防水 IP67
ハイレゾ
おサイフケータイ
テレビ
バッテリー 1,821mAh
ワイヤレス充電

 

iPhone SE(第2世代)のSoCは、iPhone 11 Proと同じA13 Bionicチップを搭載!

 

第1世代から大きなスペックアップで、ゲームやWebブラウジングも動作サクサクで楽しめます。

 

RAMは3GBで少ないようにみえますが、iPhoneはメモリ効率が高いので十分快適です。

 

ディスプレイは4.7インチ Retina HD(液晶)を搭載。

最近は、6インチディスプレイのスマホが主流なので、4.7インチでもすごくコンパクトに感じますね。

 

アウトカメラは、約1200万画素のシングルカメラと、約700万画素にアップしたインカメラ。

セルフィー、ビデオ通話の画質が良くなっています。

 

生体認証は、iPhone 11シリーズにはない、Touch ID(指紋認証)が搭載。

 

顔認証は、マスクや、サングラスを着用していると使えませんが、指紋認証であれば問題ないです。

 

他にも、IP67の防水防塵、Apple Pay(おサイフケータイ)に対応しており、ほぼiPhone 8がベースとなっています。

ドコモ】高性能で低価格の高コスパ「iPhone SE」をチェック!!



iPhone SE(第2世代)の特徴

iPhone 11 Proと同じ最高のSoCを搭載

 

SoCは、iPhone 11 Proにも搭載されているA13 Bionicを搭載。

第1世代から比べものにならないほど進化しています。

 

A13 Bionicは、ヘキサコア搭載のApple最新のSoCです。

処理性能は、もちろん歴代最速で動作もサクサク快適です。

 

ちなみにですが、ドコモのiPhone11 Pro(64GB)の価格は、11万5,720円となっています。

 

それに対して、iPhone SE 第2世代(64GB)は、5万7,024円で同じSoC搭載なのに、約6万円ほど安いです!
(スマホおかえしプログラム適用で、3万8,016円!)

 

SoCだけで比べるとiPhone SE(第2世代)はコスパ最強です!

ドコモ】高性能で低価格の高コスパ「iPhone SE」をチェック!!

 

4K60fpsも撮影可能なカメラ

 

アウトカメラは、約1200万画素のシングルカメラを搭載。

 

最近主流の複眼カメラではないですが、システムの支援が素晴らしくシングルカメラでも綺麗な撮影が可能です。

 

iPhone 8にはなかったポートレートモードに対応。

 

さらに、スマートHDRと併用することで、被写体に当たる光を補正し、明るい部分と暗い部分を明確に判別することで、より自然な写真を撮影できます。

 

動画撮影は最大4K60fpsに対応。

 

背面、前面のカメラに映画レベルのビデオ手ブレ補正を搭載し、臨場感のある撮影が可能。

 

さらに、QuickTakeを使うと、写真モードから簡単にビデオ撮影を開始できます。

ドコモ】高性能で低価格の高コスパ「iPhone SE」をチェック!!



iPhone SE(第2世代)のデザイン

 

カラーは、ホワイト、ブラック、PRODUCT REDの3色展開。

 

どれも人気のあるカラーですね。

 

見た目はiPhone 8と変わらずですが、ホワイトでもフロントパネルはブラックとなる部分が異なっています。

 

ボデイは、航空宇宙産業で使われている同じグレードのアルミニウム耐久性の高いガラスが使われており頑丈です。

ドコモ】高性能で低価格の高コスパ「iPhone SE」をチェック!!



iPhone SE(第2世代)の価格

内容 価格
機種代金(一括/分割) 64GB:5万7,024円
(1,584円×36回)
128GB:6万2,568円
(1,738円×36回)
256GB:7万5,240円
(2,090円×36回)
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
64GB:3万8,016円
(1,584円×24回)
128GB:4万1,712円
(1,738円×24回)
256GB:5万0,160円
(2,090円×24回)

 

iPhone SE(第2世代)の価格は5万7,024円~となっています!

 

最新のSoCを搭載していてこの価格は、コスパが高いです。

 

「スマホお返しプログラム」を利用すると4万円を切った価格になるので、もう格安スマホといってもおかしくないですね。

 

SEユーザー待望のiPhone SE(第2世代)が発売されます。

 

本体は、iPhone 8がベースで、4.7インチ Retina HDを搭載。

SoCは、iPhone 11 Proに搭載されているA13 Bionicチップ

 

スマートHDRでシングルカメラでも綺麗な撮影ができる。

最大4K60fpsのビデオ撮影がも可能。

 

指紋認証、防水防塵、Apple Payにもしっかり対応。

 

廉価モデルのiPhone 11よりも安く、コスパの高いiPhoneです!

高性能なiPhoneを安く欲しい人には、うってつけの最高モデルです!

 

 

ドコモ】高性能で低価格の高コスパ「iPhone SE」をチェック!!

iPhone 7

 

iPhone 7はついにdocomo with対象機種に追加されました!

iPhone7は2016年発売のモデルですが、もともとハイスペックなスマホなので、今でも十分快適に使うことができます!
また、OSのアップデートもアップルはかなり古いiPhoneまで対応してくれるので、安心です。

【iPhone 7】まだまだ十分なパフォーマンス。ホームボタンを持つiPhone。コチラ!! [ドコモ]

 

iPhone 7 のスペック

項目 スペック
SoC A10 Fusion(2+2=4コア)
ディスプレイ 4.7インチ(液晶)
解像度 1,334×750(326ppi)
メモリ(RAM) 不明(2GB?)
ストレージ(ROM) 32GB、128GB、256GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素
カメラ(イン) 700万画素
生体認証 Touch ID(指紋認証)
サイズ 138.3×67.1×7.1mm
重量 138g
防水機能 あり
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 なし

SoCは2世代前のA10 Fusionですが、iPhoneはそのときの最高スペックのSoCを搭載しているので、今でも十分快適に使うことができます。

 

また、処理能力以外ではiPhone 8 / 8 Plusと比べて、ワイヤレス充電に対応していないということくらいです。
むしろiPhone 8に比べて重量は10g程度軽いです。

 

スペックに表れない、カメラの画質はiPhone 8 / 8 Plusの方がいいということですが、どこまで画質を必要とするかですね。

 

iPhone 7では、ステレオスピーカーになっており、音質、音量が向上しています。

【iPhone 7】まだまだ十分なパフォーマンス。ホームボタンを持つiPhone。コチラ!! [ドコモ]

 

iPhone 7 のデザイン

ボタンの配置など表側、側面はiPhone 8と全く同じといっていいくらいです。

 

ただし背面は、ワイヤレス充電に対応させるためにiPhone 8 / 8 Plusがガラス素材になっているのに対して、iPhone 7はこれまでのiPhoneと同じくアルミニウム素材となっているのが大きな違いです。

 

ワイヤレス充電が必要ないのであれば、カバーを付ける派の人は、背面が隠れるのでiPhone 7もiPhone 8も同じですね。

 

カラーはブラックシルバーゴールドローズゴールドの4色に加えて、美しい光沢のある黒のジェットブラックがあります。

【iPhone 7】まだまだ十分なパフォーマンス。ホームボタンを持つiPhone。コチラ!! [ドコモ]

 

iPhone 7の価格

内容 価格
機種代金(一括) 32GB: 42,768円
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
対象外

iPhone 7は、月々サポートを受けた実質負担額が3,888円かなりの格安となります!

しかもdocomo withの1,500円引きは、機種代金の完済後の3年目以降もずっと続くのです!

古いモデルでも問題ないという方には、iPhone 7はコストパフォーマンスも高くかなりおすすめです!

【iPhone 7】まだまだ十分なパフォーマンス。ホームボタンを持つiPhone。コチラ!! [ドコモ]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッズケータイ

 

 

ドコモケータイ(ガラケー)

 

モバイルWi-Fiルーター

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です