タブレット

【新型 iPad mini (2019)】ついに発売!! 折りたたみスマホに対抗!? iPad mini 4と比較!! iPad Airも復活!!


待望の新 iPad mini(2019)登場!iPad Airも復活!

アップルが、新型iPadを発表しました!

 

今回発表されたのは、次の2機種です。

7.9インチの

iPad mini(2019)」

 

10.5インチの

iPad Air(2019)」

 

特に注目なのはiPad miniで、なんと2015年のiPad mini 4以来、4年ぶりの新型となります!

やっと、ついに発売か!という感じですね。

 

また、ラインナップから消えていたiPad Airも復活しました!

iPad Proと同じ10.5インチになって復活で、位置づけとしては、高価なiPad Proと低価格な9.7インチiPadの中間となります。

 

 

新 iPad miniは、折りたたみスマホキラー!?

7.9インチで持ち運ぶのにも絶妙な大きさのiPad miniは、たくさんのファンがいたにもかかわらず、これまで新型が登場していませんでした。

 

では、なぜこのタイミングで新型iPad miniを出してきたのか!?

 

僕の個人的に思うのは、アップルがこのタイミングで出してきたのは、次世代のスマホとして注目されている「折り畳みスマホ」を意識してのものかなと思います!

サムスンの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」

 

折りたたみスマホの代表である、サムスンの“Galaxy Fold”や、ファーウェイの“Mate X

などの折りたたみスマホは広げると7~8インチサイズのタブレットになります。

まだまだ高い価格ではありますが、注目されていることは間違いなく、折り畳みスマホはこれからのトレンドになる可能性も秘めています。

 

そこへ同じサイズで低価格、根強い人気のあるiPad miniの新型をぶつけることで、折り畳みスマホの出鼻をくじこうとしているのではないでしょうか?

 

もちろん、昨年のiPhoneの売り上げ低迷を改善する目的もあるでしょうが、このタイミングというのは折りたたみスマホの発売と無関係とは思えないですね!

 

【折りたたみスマホ】ついに発売!!"Galaxy Fold"は世界最強!現在考えられる最高のスペックをすべて搭載!ついに発表された、“折りたたみスマホ” Galaxy Fold ! 発売も決定し、スマホは新時代を迎えるのでしょうか!?...

 

 

iPad mini(2019)の特徴

新型iPad miniは、ディスプレイサイズなどの外観は前モデルのiPad mini 4とほとんど変わりませんが、SoCには最新世代の「A12 Bionic」を搭載しています!

 

処理性能は5年前のiPad mini 4とは比較にならないほどパワーアップしているので、もはや別モノと言ってもいいでしょう!

(iPad mini比で処理性能3倍、グラフィック性能9倍!!)

 

外観やサイズは、iPad mini 4と同じ7.9インチのディスプレイで、解像度も2,048×1,536ドット(326ppi)と同じです。

発色に関しては広域対応のTrue Toneディスプレイとなっています!

 

 

大きさも同じですが、重さは298.8gから300.5gとわずかだけ重くなっていますが、誤差範囲といっていいでしょう。(セルラーモデルは304gから308.2g)

 

指紋認証のTouch IDも引き続き搭載しています(顔認証のFace IDには非対応)。

 

そして新iPad miniのもうひとつの特徴は、Apple Pencilに対応したことです!

7.9インチのお手軽サイズのiPad miniで、アップルペンシルが使えるというのは、嬉しいですね。

 

ただし注意すべきは、第一世代のApple Pencilのみに対応ということです!

アップルペンシルは無線充電ができる第二世代が発売されていますが、iPad mini(iPad Airも)では使えません。

 

 

iPad Air(2019)の特徴

ラインナップから消えていたiPad Airが復活しました!

画面サイズが従来の9.7インチから10.5インチとなり、ひと世代前のiPad Pro 10.5と非常に似た外観となっています。

(ちなみに、新型iPad Airの発売とともに、iPad Pro 10.5は販売が終了されます)

 

iPad Airの位置づけとしては、11インチのiPad Proと9.7インチのiPadとの間を埋めるものとなります。

 

SoCは、最新世代の「A12 Bionic」と搭載しているので処理性能は非常に高いです!

 

またApple Pencil(アップルペンシル)にも対応しています。ただし新型iPad miniと同じく、第一世代のApple Pencilのみに対応なので注意が必要です。

 

更に、iPad Proと同様に、専用の端子で接続するキーボードの「Smart Keyboard(スマートキーボード)」に対応しました!

Bluetoothのようにペアリングの手間や電池切れの心配がありません。

 

iPad Pro 10.5インチと外観など似ている部分も多いですが、スピーカーは4スピーカーではなかったり、なめらかな120Hz表示でない点などが違います。

 

 

iPad mini、iPad Air スペック比較

新型のiPad mini、iPad Airのスペックを表にしました!

 

iPad miniは、前モデルのiPad mini 4と比較し、iPad Airは入れ替わりでラインナップから外れ、外観がそっくりなiPad Pro 10.5(2017)と比較しました!

 

iPad miniは、SoCが最新のA12 Bionicになり、処理性能が劇的にパワーアップしたことと、Apple Pencilに対応したのが大きいですね。

 

iPad Airは、iPad Pro 10.5よりもSoCが高性能になったのがポイントです!

しかしProのみの機能である4スピーカーや120Hz表示がないことに注意です。

 

 

 

【まとめ】新型 iPad mini、iPad Air 発売!

今でも根強い人気で売れているという7.9インチのiPad miniの後継機

新 iPad mini (2019)

が発売されます!

 

また、iPad Air10.5インチとなって復活しました!

 

どちらもSoCは、最新世代のA12 Bionicを搭載し、処理能力は最高性能といっていいでしょう。

更に、Apple Pencilにも対応したのもポイントですね(ただし第一世代のアップルペンシルのみ)

 

このタイミングでの満を持しての9.7インチであるiPad miniの登場は、何かと話題ふっとう中の折りたたみスマホに対抗しているような気がします(折りたたみスマホは広げると7~8インチ)。

 

多くの人が待ち望んだ新型iPad mini!

即買いの人も多いのではないでしょうか?

 

 

Apple Pencil対応「iPad(第6世代、2018)」よりも「iPad Pro 9.7インチ(中古)」を買った方がいい、おすすめする5つの理由!比較・まとめ!Apple Pencilに対応、A10搭載の高コスパ「第6世代 iPad」が発売されました! しかし、ほぼすべてのスペックが勝っている...
【どこが変わった!?】2018新型 Fire HD 8 タブレット 詳細レビュー!! 旧モデル、他モデル、iPad mimiと比較!! (第8世代)新型 Fire HD 8 (2018、第8世代)が発売されました!購入したので超詳細にレビューしました! 旧モデルとの意外な違いもあり...
マイクロソフト 10インチPC「Surface Go」発表!! 399ドルの激安!?(日本では一般向け64,800円から) 日本でも発売決定!iPad Pro 10.5、iPad(2018,第6世代)と完全比較! (サーフェス ゴー)マイクロソフトのブランドPC「Surface」に399ドルの激安モデル「Surface Go」が登場! その性能は?iPadとも比較し...

 

Fire HD 8 (NEWモデル、2018、第8世代)発売開始!

 

Feedly

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です