タブレット

【どこが変わった!?】2018新型 Fire HD 8 タブレット 詳細レビュー!! 旧モデル、他モデル、iPad mimiと比較!! (第8世代)

高コスパタブレット「FireHD8」2018年NEWモデル登場!!

Amazonが発売している、超高コストパフォーマンスな「Fireタブレット」シリーズ。

その中でも、機能と価格のバランスが最もいい、8インチ液晶を搭載した「Fire HD 8 タブレット」のNEWモデル(2018年、第8世代)が登場しました!

Image: Amazon公式サイト

 

ご存知の方も多いと思いますが、FireタブレットはAmazon自身が開発・発売しているタブレットです。

その人気の秘密は、高いコストパフォーマンスにあり、普段でも安い価格がAmazonのセール時には3,000円引きなどがしょっちゅう行われるのです!

 

画面サイズで3モデルのラインナップがあり、7インチの「Fire 7」8インチ高解像度の「Fire HD 8」10インチ高解像度の「Fire HD 10」となっています。

 

その中でも、FireHD8は、持ち運ぶのに丁度いい大きさ、高解像度ディスプレイで人気のあるモデルです!

そのFire HD 8に、ついに2018年NEWモデルが登場しました!

Image: Amazon公式サイト

 

早速購入したので、開封から使用感、旧モデル(第7世代)との違い・比較Google Playのインストールなどをレビューしていきます!

 

【誰でも簡単にGoogle Playをインストールできる方法はコチラ ↓】

あわせて読みたい
【2018年 最新版・更に簡単になった!】Fire HDタブレットにGoogle Playをインストール!!(2018・Newモデル)【コスパ最高!】FireHDタブレットにGoogle Playをインストールする方法を、更に簡単にしました! 通常のAndroidタブレットのように、...

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

【注目!!】新型 Fire HD 8(2018、第8世代)がついに発売!

 

Fire HD 8 (2018 NEWモデル) のスペック比較

新型Fire HD 8タブレットのスペックを旧モデル(2017、第7世代)や他の大きさのモデルと比較しました!

 

さすがにiPad mini 4と比較すると、解像度やCPUで負けてしまいますが、税込で5倍以上の価格差なので、むしろiPad mini 4が高すぎるとも言えます。

また低価格とはいえ、音質はFire HD 8の方が圧倒的によいです。

Image: Amazon公式サイト

 

2017年モデルとの違いは?

今回の新型Fire HD 8は、旧モデルと外観や基本スペックもそっくりで、「いったいどこが変わったの?」と思う人も多いと思います!

2017年モデルとの違いは次の通りです!

 

  • フロントカメラ(前面カメラ)が30万画素から200万画素に高画素化。
  • SDカードの対応する容量が256GBから400GBに変更。
  • Fire OSのバージョンが5から6にバージョンアップ。
  • 発売初期の価格が3,000円安くなった(2017年モデルは16GBが11,980円、32GBが13,980円だった)

 

まあ、なんというか微妙なモデルチェンジという印象は否めないですね、、、。

フロントカメラはむしろ旧モデルの30万画素に驚きです!

30万画素って今時なかなか探してもないですよ、、、。

新モデルの200万画素でもかなり低いですよね。

 

価格は3,000円安くなったとのことですが、2017年モデルも最近は3,000円安い価格(16GB:8,980円、32GB:10,980円)で販売されていたので、安くなった!という感覚は薄いです。

ただ、基本価格が8,980円なので、セール時には3,000円引きで、5,000円台になる可能性はあります!!

 

SoC(CPU、GPU)やメモリ(RAM)、その他の基本スペックはすべて2017年(第7世代)と同じになっています!

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

【注目!!】新型 Fire HD 8(2018、第8世代)がついに発売!

 

Fire HD 8 (2018年、第8世代)開封レビュー!

外箱・開封

さあ、開封です!

やっぱりこの瞬間が一番たまりませんね!

 

Amazonのダンボールをバカっと開けます!

 

いつものfireタブレットのパッケージです。

フックに引っかけられるようになってますが、日本の店では引っかけて売ってるのを見たことないですね。

 

さあ、間違い探しです!

左は新型(第8世代)、右は旧型(第7世代)、違いはどこでしょう!

旧モデルとほとんど同じパッケージですね~。

 

裏側は、新型は日本語表記のみになっています!旧型は数か国語で書かれていますね。

 

本当の開封です!

お菓子の箱のように、ピリピリと剥がしていきます。

前にも書いたんですが、この開け方好きじゃないんですよね。

いかにも開けましたって跡が残るので、、、(ヤフオクで売るときに、、)。

 

さあ、出てこい!Fire HD 8!

 

本体と付属品です。

いつも通り、充電用のUSBケーブル(microUSB)と、アダプター、説明書類です。

まだmicroUSBってところが、コストを抑えたって感じがしますね~。

 

海外ガジェットに多い、イラストでの説明書と、多国語で書かれた注意書きです。

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

【注目!!】新型 Fire HD 8(2018、第8世代)がついに発売!

 

本体外観

本体外観を見ていきます。

真っ黒な板」ですね、、、。

プラスチック製ですが、剛性はしっかりしています

プラスチックのおかげで、見た目よりも軽く感じます。

 

正面です(電源が入った状態)。

 

背面です。

安っぽいといえばそうですが、マットな手触りで悪くはないです。

上述したように剛性もしっかりしています。

Amazonのロゴに好き嫌いがあるようですが、目立たないように刻印されていますし、僕は嫌いではないですね。

 

5.2インチのスマホ(Xperia XZ)と並べてみました。

 

間違い探し、第2問!

左が第8世代、右が第7世代です。壁紙まで同じですね~。

 

背面もほとんど同じですが、技適などの印字が新型ではかなり薄くなっています。

こんなに薄く書いていていいのかな?

 

設定画面に入ると、かなり違っています。

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

【注目!!】新型 Fire HD 8(2018、第8世代)がついに発売!

 

本体の上側面には各種端子がそろっています。

左から、電源ボタン、microUSB端子、マイク穴、音量ボタン、です。

 

実は旧モデル(第7世代)との一番のデザインの違いは、本体上部なのです。

電源ボタンと音量ボタンが、旧モデルでは銀色(メッキ?)ですが、新型では本体と同じ黒です。

こういうところのコストも削っているんでしょうね。

左:新型(第8世代)、右:旧型(第7世代)

 

下側面には、なーんにもありません。

 

左側面には、スピーカーが二つあり、横向きで動画を見る時にステレオになります。

 

右側面には、microSDカードのスロットがあります。

写真は蓋された状態です。

 

前面(画面側)の上には、フロントカメラがあります。

 

背面の左上には、リアカメラがあります。

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

【注目!!】新型 Fire HD 8(2018、第8世代)がついに発売!

 

起動と初期設定

電源を入れます!

電源ボタンを長押しー!

 

Amazonのロゴが現れます。

 

言語を設定します。

初期設定は、画面の指示通りに行っていくので、迷うことはないと思います。

 

Wi-Fiを設定します。

 

Amazon製の商品のいいところで、購入したときのアカウントがすでに設定されています!

もちろん、他のアカウントに変更することもできます。

 

あとはいろいろ指示通りにすすんで、、、

チュートリアルがはじまって、初期設定は終了です!

簡単ですね。

自動的に、Amazonのアカウントで購入したKindle本が同期されます。

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

【注目!!】新型 Fire HD 8(2018、第8世代)がついに発売!

 

Fire HD 8 (2018)使用感レビュー

Fire HD 8の操作感 旧モデルとの比較(動画あり)

Fire HD 8の操作感を試しました。

ホーム画面をスワイプしてみると、相変わらず、スペックと価格以上のなめらかな動きです!

🎞 新型(第8世代)と旧型(第7世代)では動きに違いはありませんでした。

左:NEWモデル(第8世代)、右:旧モデル(第7世代)

 

中国製のタブレット(いわゆる中華Pad)だと、スペックはものすごく高いのに、動きがカクカクすることはしょっちゅうあります。

 

Fireタブレットは、Amazonのチューニングが上手いのか、非常になめらかに動きます!

これは、最も低価格のFire 7でも同じく、ヌルヌル動くので驚きです!

 

🎞 3モデルのFireタブレットの動きを比較した動画をご覧ください!(Fire HD 8は第7世代)

左からFire HD 10、Fire HD 8(第7世代)、Fire 7

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

【注目!!】新型 Fire HD 8(2018、第8世代)がついに発売!

 

動画再生(Amazonビデオ)(動画あり)

動画再生(Amazonビデオ)を確認しました。

十分な解像度なので、非常にキレイに動画を見ることができます!

低価格のFire 7でもそれなりに見れましたが、やはりFire HD 8はきれいですね。

【激安!!高コスパ!!】「Amazon Fire 7 タブレット」開封&超詳細レビュー!これ以上に激安で高コスパのタブレットはない!

 

旧モデルのFire HD 8(第7世代)と比較したところ、違いは全くわかりませんでした。

新型(第8世代)も旧モデルと同じ液晶を使っていると思われます。

 

しかし、スペック表ではわからなかった違いがありました!

音を聴き比べると、音圧が新モデル(第8世代)の方が明らかに大きいのです!

 

🎞 動画をアップしましたので、聴き比べて下さい。

動画だと音の違いが分かりにくいかもしれませんが、実際に聴くとかなり音圧に違いがあります。

左:新型(第8世代)、右旧型(第7世代)。どちらも音量設定は最大

 

これは意外でした。

どうやらスピーカーは旧モデルよりいいものを使っているようです。

音量最大にしたとき、旧モデルなら音割れしてしまうセリフも、新モデルでは音割れせずに、しかもより大きな音で聴くことができました。

 

これは公式のウリにもした方がいいんじゃないでしょうか、、、。

 

サラウンド感は、第8世代も第7世代も非常にすばらしいです!

トランスフォーマーのオープニングから、立体的に音が聴こえ、音に包まれた不思議な感覚になります!

これはモノラルスピーカーのFire 7にはない性能ですね!

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

【注目!!】新型 Fire HD 8(2018、第8世代)がついに発売!

 

その他の比較(漫画の見え方、YouTubeの画質)

次の内容は、別記事に詳しく書いていますのでご覧ください!

 

ぜひご覧ください!

あわせて読みたい
【激安!!高コスパ!!】「Amazon Fire 7 タブレット」開封&超詳細レビュー!これ以上に激安で高コスパのタブレットはない!(2017年 最新モデル)iPad mini 4、Proと比較!!YouTubeの画質設定方法!!これ以上激安で、高コスパのタブレットはないでしょう! Amazonの「Fire 7」を超詳細にレビューしました! 他のFireやiP...

5,980円!これ以上の激安・高コスパタブレットはない!【Amazon Fire 7】

【注目!!】新型 Fire HD 8(2018、第8世代)がついに発売!

 

Google Playのインストール

Fireタブレットシリーズは、非常に高コストパフォーマンスなタブレットですが、OSにはAndroidをカスタマイズした独自のFire OSを使っています。

 

このため、アプリはAmazonが提供する「Amazonアプリストア」にあるアプリしかインストールできません!

そしてこのストアは非常にアプリの種類が少ないのです。

 

しかし非公式ですが、FireタブレットにGoogle Playをインストールすれば、豊富なAndroidアプリをインストールできるようになります!

 

Google Playをインストールすれば、普通のタブレットとしてFireタブレットを使うことができるようになり、真の高コストパフォーマンスタブレットとなるのです!

 

注目!!

新型 Fire HD 8 (2018、第8世代)でも下記の記事通りにして、Google Playをインストールすることができました!

 

 

Google Playのインストール方法は、別の記事に詳細に書いていますのでそちらをご覧ください!とても簡単です!↓

あわせて読みたい
【2018年 最新版・更に簡単になった!】Fire HDタブレットにGoogle Playをインストール!!(2018・Newモデル)【コスパ最高!】FireHDタブレットにGoogle Playをインストールする方法を、更に簡単にしました! 通常のAndroidタブレットのように、...

 

【まとめ】Fire HD 8(2018,第8世代)レビュー

高いコストパフォーマンスで知られる、Amazonが開発・発売している「Fireタブレット」シリーズの高解像度8インチモデル「Fire HD 8」にNEWモデル(2018、第8世代)が登場しました!

Image: Amazon公式サイト

 

発売日に予約購入したので、早速レビューしました。

旧モデル(2017、第7世代)とも比較しました!

 

【ここがイイ!ポイント】

  • 9,000円を切る低価格なのに、画質と音がすばらしい!
  • 低価格なのに、動きは滑らか!
  • 電子書籍Kindleやプライムビデオなど、Amazonのサービスが使いやすい!
  • セール時には、5,000円台になる可能性がある!

 

【ここがイマイチ!ポイント】

  • Amazonサービスに特化しているため、汎用タブレットしては使いにくい。
  • Google Playをインストールできるが、非公式。

 

【こんな人にオススメ!】

  • 安くて高画質・高音質のタブレットが欲しい人。
  • KindleなどAmazonのサービスをメインに使う人。
  • 非公式でもGoogle Playを使いたい人。

 

旧モデルと外見、基本スペックはほとんど同じなので、今回のモデルチェンジはコストダウンのためのマイナーチェンジと言えます。

 

Fireタブレットシリーズの中でも、8インチのFire HD 8は、大きさと画質・音質、価格のバランスが特に優れており、かなりおすすめのモデルです!

 

旧モデルを持っている方の買い替えには向いていませんが、まだFire HD 8を持っていない方は、低価格・高画質・高音質で満足度は高いです!

 

最も安いタブレット「Fire 7」のレビューはこちら↓

あわせて読みたい
【激安!!高コスパ!!】「Amazon Fire 7 タブレット」開封&超詳細レビュー!これ以上に激安で高コスパのタブレットはない!(2017年 最新モデル)iPad mini 4、Proと比較!!YouTubeの画質設定方法!!これ以上激安で、高コスパのタブレットはないでしょう! Amazonの「Fire 7」を超詳細にレビューしました! 他のFireやiP...

10インチの大画面で楽しめる!「Fire HD 10」のレビューはこちら↓

あわせて読みたい
【高コスパ!!】Amazon Fire HD 10 タブレット (Newモデル) 開封レビュー!iPadと比較!YouTubeの画質、見る方法は!?...

 

Feedly

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です