Fireタブレット

【圧倒的性能アップ!!】2019新型 FireHD10タブレット 購入レビュー!! 2017と比較!!


高コスパタブレット「FireHD10」2019年 第9世代 NEWモデル登場!!
旧モデル(2017,第7世代)と比較してみた!!

 

Fireタブレットと言えば、Amazonが開発、発売している高コスパタブレットです!

 

超低価格7インチのFire7、高性能・高解像度のFireHD8(8インチ)、そして大画面・高解像度のFireHD10(10.1インチ)があります!

 

今回、10.1インチモデルに、ついに待望の

新型Fire HD 10(2019, 第9世代)が発売されました!

旧モデル(2017、第7世代)よりも

  • CPU性能がアップ(クアッドコア→オクタコア
  • USB Type-C搭載
  • 3色展開(ブラック、ホワイト、ブルー)

とかなりモデルチェンジしています!

 

販売もかなり好調で、初回販売分は売り切れてしまったようです。

 

僕は、発表されてすぐに予約したので、発売日(2019年10月30日)に入手することができました。

 

そこで今回、開封実際に触って操作旧モデルとの比較などのレビューを行ったので、報告したいと思います!

 

レビューでは、動きを比べた動画もアップしているので、ご覧ください!

 

また、Google Playのインストールも試してみました!

これもバッチリ成功しました!

【新登場!!】高コスパ 10インチタブレット「Fire HD 10」スペックアップ!!

 

↓NEW Fire HD 10(2019、第9世代)の紹介記事は過去記事へ!↓

【スペックUP!!】新型Fire HD10(2019)発売!! iPadや2017モデルと比較!! [Amazon]高コスパな Fire HD 10タブレットに新モデル(2019, 第9世代)が登場しました! 今回は基本スペックもアップしています! ...

 

↓【誰でも簡単にGoogle Playをインストールできる方法はコチラ ↓】

FireタブレットにGoogle Playをインストール!!【2019年 最新版】[FireHD10,FireHD8,Fire7]FireHDタブレットにGoogle Playをインストールする方法を、更に簡単にしました! 通常のAndroidタブレットのように、...

Fire HD 10 (2019年、第9世代)開封レビュー!

外箱・開封

さあ、開封です!

新しいガジェットを開封する瞬間はいつもワクワクしますね!

 

いつものfireタブレットのパッケージです、、、と思いきや、今回のパッケージは箱タイプに変わっています!

 

旧モデル(2017、第7世代)のパッケージと並べてみました。

パッケージの大きさ自体は同じですね。

左が新型、右が旧モデルの箱

これまではパッケージの側面から見ると三角形になっている、封筒型でした。

それが完全な箱型になって、若干高級感が出たような気もします。

 

箱型になっても、フックに引っかけられるようになってますが、やはり日本の店では引っかけて売ってるのは見ないですね~。

【新登場!!】高コスパ 10インチタブレット「Fire HD 10」スペックアップ!!

 

さあ開封です!

箱型になっても、お菓子の箱のようなシーリングは同じですね。

ピリピリと剥がしていきます。

この開け方は、旧パッケージだと一度開封すると元に戻せないですが、新型の箱型ならば、箱のふたを簡単に閉じれるので(メルカリなどで売るときにも)見栄えがよくていいですね^^

 

さあ、出てこい!Fire HD 10!

 

本体と付属品です。

いつも通り、電源アダプター、説明書類は同じですが、今回はケーブルがUSB-TypeCになっています!(ただし中身はUSB2.0)

【新登場!!】高コスパ 10インチタブレット「Fire HD 10」スペックアップ!!

 

本体外観

次に、タブレット本体の外観をチェックしましょう!

今回のモデルから、ブラック、ブルー、ホワイトの3色がラインナップされました。

 

僕ははブルーを選びましたが、正面からはほぼ同じ「真っ黒な板」ですね。

材質はやはりプラスチック製ですが、しっかりとた作りです。

 

剛性も悪くなく、プラスチックなので見た目よりも軽く感じます。

 

旧モデル(2017,第7世代)と並べて比較していきます。

正面です。

正面からだと、新旧の違いは全く分かりませんね。

左が新型、右が旧型です

背面です。

色を除くとほとんど同じですね。

 

Amazonの刻印が、新型ではロゴだけになっています。

ナイキのようにロゴだけで分かるほど知名度が上がったのでしょう!

確かFire7(2019 第9世代)もロゴだけになっていました。

 

iPhone XS MaxiPad PRO(9.7インチ)と並べて、大きさを比較しました。

アスペクト比が違うので、iPad Pro(9.7)より縦は長くなっています。

【新登場!!】高コスパ 10インチタブレット「Fire HD 10」スペックアップ!!

 

側面を見ていきましょう。

旧モデル(2017)と重ねました。

上が新型(2019)、下が旧モデル(2017)です。

 

本体の上側面には、電源ボタン、充電用USB端子、マイク穴、音量調節ボタンがあります。

USB端子が、新型ではType-Cになっているのは今回の大きな変更点の一つです!(中身はUSB 2.0)。

 

下側面には、端子やボタン類は何もありません。

 

左側面には、スピーカーが二つあり、ステレオになっています。

 

右側面には、microSDカードのスロットがあります。

写真ではふたを閉じています。

 

前面(画面側)の上には、200万画素のフロントカメラがあります。

 

背面の左上には、200万画素のリアカメラがあります。

【新登場!!】高コスパ 10インチタブレット「Fire HD 10」スペックアップ!!

 

起動と初期設定

電源ボタンを長押しすれば、起動します。

 

Amazonのロゴが現れた後、まず言語の設定をします。

これ以降も、画面の指示に従っていくだけなので迷うことはありません

 

Wi-Fiを設定した後、アカウントの設定になります。

のAmazon機器は、購入時のアカウントがすでに登録されており、設定が楽でしたが、Echo Spotあたりから、自分でアカウントを設定するようになりました。

セキュリティ的な問題でしょうか?

 

また指示通りに選択していき、紹介動画が始まって、初期設定は終了です!

ハッキリ言って、かなり簡単です!

 

購入したキンドル本などは自動的に同期されます。

【新登場!!】高コスパ 10インチタブレット「Fire HD 10」スペックアップ!!

Fire HD 10 (2019)使用感レビュー

Fire HD 10の操作感 旧モデルとの比較(動画あり)

Fire HD 10の操作感を試しました。

新型(2019)と旧モデル(2017)で、動きを比べました。

 

動きの比較

  • ホーム画面の動き
  • Silkブラウザでのサイトの表示速度、動き
  • ゲーム(荒野行動)での動き

 

🎞 驚くことに、ネット閲覧でサイトの表示速度、スクロールのなめらかさが全然違いました!!

新型(2019)の方が、圧倒的に速くてなめらかでした!!

左:NEWモデル(2019第9世代)、右:旧モデル(2017第7世代)

 

しかし、ホーム画面ゲーム(荒野行動)では大きな差は見られませんでした。

今回発売された新型Fire HD 10は、CPUがこれまでのクアッドコアからオクタコアにスペックアップされています。

それにしても、ここまで動きに差がでるとは驚きです!

 

ちなみにネット接続の速度を比較しましたが、どちらも同じ速度でしたので、単純に処理能力の差だと思われます。

【新登場!!】高コスパ 10インチタブレット「Fire HD 10」スペックアップ!!

 

Google Playのインストール

 

Fireタブレットシリーズは、「Fire OS」という独自のOSを使っています。

しかしこれはAndroidをカスタマイズしたものであり、Androidのアプリ(apkファイル)は基本的には動作します。

 

Fireタブレットは、そのままでは「Amazonアプリストア」からしかアプリをインストールすることができません。

しかも、このストアはかなりアプリの数が少ないのです!

そこで非公式ですが、FireタブレットにGoogle Playをインストールすれば、豊富なAndroidアプリをインストールできるようになります!

Google Playが使えれば、一般的なAndroidタブレットと同じようにFireタブレットを使うことができるのです!

これで、真に高コスパなタブレットになるのです!

 

Google Playのインストール方法は非常に簡単で、下記の記事に詳しく書いてますのでご覧ください。

ただし、Amazonが認める公式な方法ではないため、

すべて自己責任でお願いします!

 

注目!!

新型 Fire HD 10 (2019、第9世代)でも下記の記事通りにして、Google Playをインストールすることができました!

 

Google Playのインストール方法は、別の記事に詳細に書いていますのでそちらをご覧ください!とても簡単です!↓

FireタブレットにGoogle Playをインストール!!【2019年 最新版】[FireHD10,FireHD8,Fire7]FireHDタブレットにGoogle Playをインストールする方法を、更に簡単にしました! 通常のAndroidタブレットのように、...

【まとめ】Fire HD 10(2019,第9世代)使用レビュー
旧モデルより圧倒的に優れていた!

高いコストパフォーマンスで知られる、Amazonが開発・発売している「Fireタブレット」シリーズの高解像度10インチモデル「Fire HD 10」にNEWモデル(2019、第9世代)が登場しました!

Image: Amazon公式サイト

 

初回ロットは売り切れてしまったほどの人気のようですが、

発売日に予約購入できたので、早速レビューしました。

旧モデル(2017、第7世代)とも比較しました!

 

【ここがイイ!ポイント】

  • 10.1インチの高解像度・大画面!
  • CPUがクアッドコアで、動作がサクサクになった!
  • 電子書籍Kindleやプライムビデオなど、Amazonのサービスが使いやすい!
  • USB Type-Cになった!
  • 1万5,980円という安さ!

 

【ここがイマイチ!ポイント】

  • Amazonサービスに特化しているため、汎用タブレットしては使いにくい。
  • Google Playをインストールできるが、非公式。

 

【こんな人にオススメ!】

  • 安くて高画質・高音質の大画面タブレットが欲しい人。
  • KindleなどAmazonのサービスをメインに使う人。
  • 非公式でもGoogle Playを使いたい人。

 

旧モデルと比べて、CPUがオクタコアにスペックアップしたのがかなり大きいですね!

ブラウザでのネット閲覧の快適さが全く違います!

 

10インチのタブレットは、マンガを読んだり、映画やYoutubeを大画面で見れるので、家でリラックスして使うのにはかなり便利です!

 

今回のモデルチェンジは、旧モデルを持っている人も買い替えるべきでしょう!!

実際にレビューして実感しましたし、初回分が売り切れたというのも、その人気を物語っています

 

新型「Fire HD 10 タブレット」、かなり注目です!!

【新登場!!】高コスパ 10インチタブレット「Fire HD 10」スペックアップ!!

 

最も安いタブレット「Fire 7」のレビューはこちら↓

【激安!!高コスパ!!】「Amazon Fire 7 タブレット」開封&超詳細レビュー!これ以上に激安で高コスパのタブレットはない!(2017年 最新モデル)iPad mini 4、Proと比較!!YouTubeの画質設定方法!!これ以上激安で、高コスパのタブレットはないでしょう! Amazonの「Fire 7」を超詳細にレビューしました! 他のFireやiP...

 

高コスパの人気モデル「Fire HD8」のレビューはこちら↓

【どこが変わった!?】2018新型 Fire HD 8 タブレット 詳細レビュー!! 旧モデル、他モデル、iPad mimiと比較!! (第8世代)新型 Fire HD 8 (2018、第8世代)が発売されました!購入したので超詳細にレビューしました! 旧モデルとの意外な違いもあり...

 

Feedly

POSTED COMMENT

  1. 茶道 より:

    まだRoot化が試しましたができませんでした・・・
    mtk-suが開けない状態です。

    追加更新お待ちしております。

    • SORA より:

      茶道 様

      コメントありがとうございます!

      root化については記事にもしておりませんので、分かりません。
      よろしくお願いいたします。

      SORA

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です