iPhone 比較

【ドコモ,au,ソフトバンク】iPhone11価格と料金プラン比較!!


2019年 新型「iPhone 11」維持費はどこが一番安いのか?
ドコモ, au, ソフトバンクで支払い総額の比較!!

 

2019年9月、ついに新型iPhoneが発表されました!

今回は、iPhone11iPhone11 ProiPhone11 Pro Maxの3モデルが発売されます!

 

もちろん、ドコモauソフトバンクの3大キャリアで発売されます!

しかし、総務省指示による料金プランの突然の変更もあり、いったいどのキャリアが一番安く、お得にiPhoneを買えるのか、維持費はいくらなのか分かりにくくなりました。

 

そこで今回は、最も売れるであろう低価格モデルの「iPhone 11 64GB」を基本として、3社のiPhoneの価格と料金プランから、

2年間の総支払額を徹底比較しました!

 

ぜひ、iPhone購入の参考にしていただければと思います!

➤ 最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

➤ 最新 iPhone を[au]でチェック

➤ 最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック

 

新型 iPhone の購入価格の比較

まずは、iPhone単体での購入価格を各社一覧表にしました!

 

新型iPhone 3モデルと各容量について、一括払いの本体価格、割引プログラム(割引サポート)を受けた場合の実質負担額を表にしましたのでご覧ください。

各キャリアの新型iPhoneの価格

 

各キャリアの新型iPhoneを割引サポートで購入した場合の価格

 

割引サポートなしで普通に購入した場合は、すべてのモデルでドコモが最も安くなっています。

 

しかし、割引サポートを受けた場合の実質負担額は、ドコモが最も高くなっています。

これは、ドコモは36回払いの最大12ヵ月免除によって、最大33%安くなるのに対して、auとソフトバンクは、48回払いの最大24ヵ月免除で、最大50%(半額)安くなるからです!

 

割引サポートを受けた場合(ほとんどの人が受けると思います)、iPhone本体の購入価格はドコモが高くなります。

 

しかし実際には基本料金やデータ通信料金も必要なので、次の項目ではトータルの支払い総額で比較しました!

 

 

スマホの「割引プログラム(割引サポート)」とは?

 

最近のiPhoneやハイスペックAndroidは、10万円を超える高額なものになっています。

そこで各キャリアは、ユーザーが高額なスマホを購入しやすいように、スマホの返却機種変更をすることを条件に、分割払いの一部を免除するプログラムを提供しています!

ドコモ「スマホおかえしプログラム」のイメージ

 

ドコモ:スマホおかえしプログラム

36回の分割払いで購入し、25回目の支払い以降にスマホをドコモに返却すると、残り最大12回分の支払が免除される。

[特徴]
返却するだけでよい機種変更をする必要はない

ドコモ「スマホおかえしプログラム」をau, ソフトバンクと比較!!

 

au:アップグレードプログラムDX

48回の分割払いで購入し、25回目の支払以降にスマホをauに返却すると、残り最大24回分の支払が免除される。

[特徴]
最大で半額になる。auが販売するスマホに買い替える必要があるauと契約している必要はない

 

ソフトバンク:半額サポート+

48回の分割払いで購入し、25回目の支払以降にスマホをソフトバンクに返却すると、残り最大24回分の支払が免除される。

[特徴]
最大で半額になる。ソフトバンクが販売するスマホに買い替える必要があるソフトバンクと契約している必要はない

 

➤ 最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

➤ 最新 iPhone を[au]でチェック

➤ 最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック

 

iPhone11と料金プランの総支払額での比較

実際にキャリアでiPhoneを購入する場合は、iPhone本体の価格と基本料やデータ通信料も含めた料金を支払います。

 

そこで、今回の新型iPhoneで最も低価格で売れ筋になる「iPhone 11(64GB)」モデルを各キャリアの大容量プラン低容量プラン(1GB/月)で2年間使用した場合の総支払額を比較しました!

 

大容量プランの比較

 

各キャリアの大容量プラン家族3人以上で契約した場合の、ひとり当たりの2年間の支払い総額を比較しました!

 

各キャリアの大容量プランは次の通りです。

キャリア 料金プラン データ容量/月 料金(税別) 特徴
ドコモ ギガホ
(2年契約あり)
30GB 6,980円 30GBを超えても1Mbpsの速度
au auデータMAXプランNetflixパック
(2年契約あり)
上限なし 7,880円 データ上限なし
Netflixがセット
ソフトバンク ウルトラギガモンスター+
(2年契約なし)
50GB 7,480円 YouTubeやTwitterなど指定の動画サイトやSNSは容量ノーカウント

 

容量が最も少ない30GBのドコモが一番安く、容量無制限のauが最も高くなっており、容量と料金が相関してますね。

 

そして、iPhone 11(64GB)と料金プランとの2年間での総支払額は次の通りです!

※各キャリアの「割引プログラム」を適応してiPhone11を安く購入しています。

※家族割として、家族3人が同じキャリアで契約した場合としています。

詳細な内訳はコチラをご覧ください。

 

「大容量プラン2年間の総支払額」の比較結果

👑 1位:au
    約18万1,000円

👑 2位:ソフトバンク
    約19万9,000円

👑 3位:ドコモ
    約20万4,000円

 

大容量プランで2年間の総支払い額は、auが最も安い結果となりました!

続いて、ソフトバンク、ドコモとなります。

 

 

auの料金について

auは、データプランの料金としては最も高かったですが、総額では安くなりました。

しかも、容量の上限なし(使い放題)で、Netflixまでセットなのでかなりコスパは高いですね!

 

ただし、テザリングでは2GBまでしか使うことができないので、タブレットやPCを使う人は別にモバイルWi-Fiルーターを持った方がいいですね。

➤ 最新 iPhone を[au]でチェック

 

ソフトバンクの料金について

ソフトバンクはYouTubeやTwitterなど有名どころの動画サイトやSNSは使い放題で、データを消費しません!

 

しかし、auならば容量無制限で、ソフトバンクより安いのでメリットとなりにくいですね。

 

テザリングは50GBまで制限なしで使えますが、月額500円(税別)が必要となります。

テザリングを使う場合、550円(税込)×24ヵ月=13,200円 必要となるので、総額は21万1,872円となり、ドコモ(20万4,072円)より高くなってしまいます!

 

ソフトバンクの大きなメリットとして、2年契約がなくりました!

いつ解約しても解約金は無料です!

※ドコモとauは2年契約はありますが、総務省の指示により解約金は1,000円(税別)と安くなりました。

➤ 最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック

 

ドコモの料金について

ドコモは最も高くなりましたが、ドコモのメリットとして、12ヵ月分の価格免除を受けるのに「スマホをドコモに返却するだけでいい」というところです!

auとソフトバンクは、スマホを返却して、更に新しいスマホを購入する必要があります

 

また、テザリングでも30GBと制限はありません。

➤ 最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

 

このように、スマホだけで大容量を使うのなら、auが最も安く使うことができます!

しかし、テザリングでタブレットやPCも繋げて使うことが多い場合は、ドコモが最もいいですね!

 

価格だけではなく、自分の使用条件にあったキャリアを選択するのがベストです!

 

 

【ドコモ新プラン!!】“ギガホ” “ギガライト” 旧プランと比較!! 安いのか!?

au【データ無制限+Netflix】「auデータMAXプラン Netflixパック」をドコモ、ソフトバンクと比較!!

 

料金計算の詳細な内訳

料金の詳細な内訳は次の通りです。

結果はすでに上記に書きましたので、詳細が必要ない方は読み飛ばしてもらって結構です。

➤ 最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

➤ 最新 iPhone を[au]でチェック

➤ 最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック

 

低容量プラン(1GB, 5GB/月)の比較

 

各キャリアの低容量プラン(~1GB、~5GB)家族3人以上で契約した場合の、ひとり当たりの2年間の支払い総額を比較しました!

 

各キャリアの低容量プランは次の通りです。

キャリア 料金プラン データ容量/月 料金(税別) 特徴
ドコモ ギガライト
(2年契約あり)
~1GB
~5GB
2,980円
4,980円
au 新auピタットプランN
(2年契約あり)
~1GB
4GB
2,980円
4,480円
ソフトバンク ミニモンスター
(2年契約なし)
~1GB
~5GB
3,980円
7,480円
2年契約なしなので、解約金なし

 

各社の低容量プランは、使った容量によって料金が高くなっていきます。

今回、もっとも容量の少ない1ステップ目(~1GB)と実用的な~5GB(auは~4GB)で比較しました!

ソフトバンクが高くなっていますが、2年契約ではないので途中解約しても解約金はないのが特徴です。

 

そして、iPhone 11(64GB)と料金プランとの2年間での総支払額は次の通りです!

※各キャリアの「割引プログラム」を適応してiPhone11を安く購入しています。

※家族割として、家族3人が同じキャリアで契約した場合としています。

詳細な内訳はコチラをご覧ください。

 

「低容量1GB」2年間の総支払い額

👑 1位:ドコモ
    約10万5,000円

👑 2位:au
    約10万6,000円

👑 3位:ソフトバンク
    約14万6,000円

 

「低容量5GB」2年間の総支払い額

👑 1位:au (ただし4GB)
    約14万7,000円

👑 2位:ドコモ
    約15万8,000円

👑 3位:ソフトバンク
    約23万8,000円

 

低容量プランの1GBでは、2年間の総支払い額は、ドコモが最も安い結果となりました!

続いて、僅差でau、大差でソフトバンクとなります。

 

 

次に低容量プランの5GBでは、2年間の総支払い額は、auが最も安い結果となりました!

続いて、ドコモ、大差でソフトバンクとなります。

ただし、auは4GBで容量が少ないので完全な比較とは言えないですね。

 

 

ドコモの料金について

ドコモは、大容量プランの料金としては最も高かったですが、低容量プラン(1GB)では一番安くなりました!

 

5GBではauに負けましたが、auは4GBと少ないので、これを考慮すれば大差はないと考えられます。

 

auと比較した場合、ドコモの割引サポートは、ドコモの場合25ヵ月目以降にスマホを返却するだけで、新しい機種を購入する必要はないので柔軟性はあるでしょう。

 

また、家族割の対象も3親等まで、同居の必要なしなど、かなり広い範囲を家族グループに入れることができます!

 

auの家族割対象は、同居が必要など結構厳しい内容となっています。

➤ 最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

 

auの料金について

auは、低容量の1GBではドコモに負けましたが、2年間での差額はたったの1,000円程度なので、ほとんどドコモと同じと言っていいでしょう!

 

5GBでは最も安くなりましたが、データ容量が4GBと、ドコモ、ソフトバンクの5GBよりも少ないことに注意です!

 

しかし、1GBの違いなら気にせず、単純な支払い総額が安い方がいいというのであれば、auは選択肢としてかなりオススメです!

➤ 最新 iPhone を[au]でチェック

 

ソフトバンクの料金について

ソフトバンクは低容量プランの場合、1GBも5GBも、ドコモとauより圧倒的に高くなっています!!

 

この要因として、ソフトバンクは通話プランとデータプランが別になっていること、家族割引が低容量プランのミニモンスターには適用されないことが挙げられます。

 

1GBのプランでも2年間の総支払い額は、ドコモとauより4万円も高く、5GBではなんと7~8万円も高いのです!

 

もはや、低容量で使う場合ソフトバンクを選択するメリットはないと言えます!

 

さらに、5GBでは2年間の総額が23万8,000円であり、これは50GBのウルトラモンスター+(19万8,000円)よりもかなり高いのです!

 

この結果から、ソフトバンクは低容量プランよりも、大容量プランで使うことを大きく推奨していると考えられます!

低容量でスマホを使いたい場合は、ソフトバンクを選択するべきではないでしょう!

 

➤ 最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

➤ 最新 iPhone を[au]でチェック

 

このように、1GBや5GBなどの低容量で使うのなら、ドコモかauを使うべきです

 

30GBや50GBも必要ないという人でソフトバンクを使っている人は、一度料金を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

【ドコモ新プラン!!】“ギガホ” “ギガライト” 旧プランと比較!! 安いのか!?

au【データ無制限+Netflix】「auデータMAXプラン Netflixパック」をドコモ、ソフトバンクと比較!!

 

料金計算の詳細な内訳

料金の詳細な内訳は次の通りです。

結果はすでに上記に書きましたので、詳細が必要ない方は読み飛ばしてもらって結構です。

 

低容量(1GB)の料金の詳細内訳。

 

低容量(5GB、auは4GB)の料金の詳細内訳。

➤ 最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

➤ 最新 iPhone を[au]でチェック

➤ 最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック

 

【まとめ】2019年 新型「iPhone 11」はどこが一番安いのか?
ドコモ, au, ソフトバンクで”支払い総額”徹底比較!!

 

2019年新型iPhoneが発売されました!

もちろん、ドコモ、au、ソフトバンクで取り扱いされますが、いったいどのキャリアが一番安いのでしょうか?

 

iPhone本体だけでなく、料金プランも考慮した2年間の総支払い額を徹底比較しました!

もっとも低価格で売れるであろう「iPhone 11 (64GB)」で比較しました。

 

その結果、大容量プラン、低容量プラン(1GB、5GB)のときの結果は次の通りになりました!

 

大容量プランでは、2年間の支払い額はauが最も安くなりました!

しかもauは、データ容量の上限なしNetflixがセットと非常にコスパが高くなっています!

➤ 最新 iPhone を[au]でチェック

 

ただし、テザリングは2GBしか使えないので、テザリングも使う方はドコモかソフトバンクがおススメです。

※ソフトバンクはテザリングに月額500円必要なので、それを考慮するとドコモよりも高くなります。

➤ 最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

➤ 最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック

 

低容量プランでは、ソフトバンクが圧倒的に高くなってしまいました。

しかも5GBの場合、50GBの大容量プランの方が安くなってしまうほどです!

 

1GBや5GBなどの低容量で使いたい場合は、ドコモかauを選択するべきでしょう!

➤ 最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

➤ 最新 iPhone を[au]でチェック

 

今回、iPhone本体の販売価格の違いだけでなく、料金プランも合わせた支払い額を調べたところ、意外な結果がでて驚きました!

 

iPhoneそのものはどのキャリアで購入しても同じなので、自分にあった各キャリアのプランをしっかりと選ぶべきですね!

ぜひ参考に下ください!!

 

 

全iPhone解説】2019新型対応!!“はい”“いいえ”で自分に合ったiPhoneが見つかる!選び方!

【iPhoneの選び方】質問に答えるだけ!!おすすめが見つかる!!2019年新型iPhone11シリーズが発売されました! 自分に合ったiPhoneを「はい」「いいえ」に答えていくだけで見つけることが...

 

ドコモのスマホ全モデル】新作スマホのおすすめ&紹介はコチラ↓

【docomoおすすめスマホ】[2019-2020冬春]現行全モデル紹介!iPhone、Androidのドコモのスマホ全機種紹介&ランキング! 2019-2020冬春モデル登場! 質問に「はい」「いいえ」で...

 

【au 2019夏モデル】スマホ全機種おすすめランキング!!

【au 2019年秋冬春モデル】スマホ全機種おすすめランキング!auの2019年 秋冬春モデルが発表されました! 折りたたみのGalaxy Fold、Xperia 5、AQUOS zero2など話題...

 

【ソフトバンク 2019夏モデル】スマホ全機種おすすめランキング!!

[ソフトバンク2019-2020秋冬]スマホ全機種おすすめランキングソフトバンクの2019-2020秋冬モデルが発表されました! スマホは4機種で、Pixel4、Xperia5などどれも注目度の高い機種...
Feedly

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です