PC

【ドンキ激安】一体型PC「MONIPA」発売!! 本当に激安か調べてみた!! [スペック比較, ドン・キホーテ]


ドンキホーテが格安の一体型デスクトップPC
「MONIPA(モニパ)」を発売

 

ドン・キホーテがまたまたやってくれました!

激安ノートPCにつづいて、今度は

激安の一体型パソコン「MONIPA」(モニパ)!!

 

そして気になる値段は

なんと、29,800円(税別)!!

ドンキホーテといえば、焼き芋から衣類までさまざまな物を安い値段で売っている便利なお店です。

そんなドンキホーテでは以前から家電にも力を入れており、「情熱価格」というブランドで自社製品の取り扱いもしています

 

今回は、そんな情熱価格ブランドで2019年10月11日から発売が始まった新製品、29,800円(税別)のデスクトップPC「MONIPA」をご紹介しましょう。

MONIPAの特徴

 

まずは、MONIPAがどういった製品なのか、特徴を解説します。

情熱価格では以前ノートPCを扱っていたことがありますが、今回のMONIPAは自宅などで据置で使うデスクトップタイプです。

 

構造はiMacのようなディスプレイとPCが一体になったスタイルで、フルHD21.5インチ液晶を搭載!

これだけ揃って、なんと29,800円(税別)という驚異的な安さを誇ります!

ちなみに、PC用のフルHDディスプレイは単体(PCなし)でも10,000円前後が相場といったところ。そう考えると、このMONIPAがいかに安いかお分かり頂けるでしょう。

内蔵ストレージはeMMCの64GBと価格相応ですが、それでもSSDなので、安いPCにありがちなHDD搭載モデルよりはアプリ起動速度などの面で有利でしょう。

また、増設スロットがあるのも特徴で、SSD/HDDを自分で増設することもできます!

そして、一番の特徴がHDMIの”入力”端子を持っていること!

これにより、MONIPAのディスプレイにゲーム機やBDレコーダーを接続して使う事も可能です!!

通常、一体型PCやノートPCはこうした機能をもっていないので、ワンルームなど物をあまり増やせない環境でも使いやすい製品と言えるでしょう。

スペックおよび他社の低価格PCとの比較

MONIPAはPCとしては非常に安い部類に入りますが、
果たして本当に最安なのでしょうか?

また、コストパフォーマンスの面でも、単純な安かろう悪かろうになっていないでしょうか?

そんな疑問に答えるため、まずは価格コムで最安値のPCと比較してみることにしました。

まず価格面ですが、MONIPAと同じ一体型のPCで同じ価格帯の物は存在せず、一体型に限定すればMONIPAは最安値でした!

↑一体型PCでは、最安値で39,800円とMONIPA並もものなはかった。

一体型では比較対象がなかったので、価格の安いスティックPCと液晶ディスプレイの組み合わせで、MONIPAと同じ価格帯になるものを考えました!

 

価格やスペックなどを考慮すると、

AUSUのスティックPC「VivoStick TS10」(32GB、64GBモデル)とBenQの21.5インチ液晶ディスプレイ「GW2283」との組み合わせがベストでした!

↑ASUS VivoStick

 

↑BenQ 21.5インチ液晶ディスプレイ GW2283

 

ドン・キホーテの「MONIPA」と「AUSU StickPC+BenQモニタ」とのスペックを比較して、表にしました!

 

まずPCの性能の根幹であるCPUですが、ドンキMONIPAはAMD A4-721(1.8GHz)に対して、StickPC+モニタは、Atom x5Z8350(1.44GHz)となっています。

 

クロック数がドンキの方が1.8GHzと高いことからも処理速度が速いと思われますが、実際のベンチマークテスト(PassMark社)でも、ドンキは2527点StickPCは1271点と大きな違いを見せています!

詳しい内容は表をご覧頂きたいのですが、CPU性能や本体の拡張性など、個々の部分の性能、総合的な性能を問わず、MONIPAの圧勝になりました。

特に差が付いたのが拡張性で、MONIPAはストレージの拡張スロットUSB端子の数microSDスロット・有線LANの搭載など、筐体の大きさをフル活用していることがわかります。

対するスティックPCは、どうしても小さなスティックに全てを収める関係上、拡張性はある程度犠牲にせざるを得ません。

本来、スティックPCはPC本体を出先のディスプレイに繋いで使うという設計思想ですから、この差は仕方のないことでしょう。

また、MONIPAはマウスとキーボードも付属しているので、買ってすぐに使う事ができます。

スティックPCでは別途揃えなければならないので、その点も不便です。

まとめると、一体型PCかどうかを問わず、MONIPAと同じ価格帯で近い性能の物はなく、コストパフォーマンスは圧倒的に高いと言えます!

 

現在発売されている一体型デスクトップPCで、MONIPAより安く、高コスパのパソコンないと考えてよいでしょう!

【まとめ】ドンキの激安一体型PC「MONIPA」は、やっぱり激安だった!

ドンキホーテのPCと聞くと、一見安かろう悪かろうに思えるかもしれません。

しかし、そうした予想に反して、今回のドンキPC「MONIPA」は非常にコストパフォーマンスが高く、ネットサーフィンや事務作業程度なら十分対応できる性能を持っています。

 

現在発売されている他社のPCで、MONIPAと同価格で同性能のものはありません!!

ハードな使い方をするなら高価なPCの方が良いことは事実ですが、簡単な作業に使う程度なら、MONIPAは良い選択肢ではないでしょうか?

 

おすすめ激安ノートパソコン超比較!!】ドンキPC他 1~3万円台 格安PCスペック比較!!

【おすすめ激安ノートパソコン超比較!!】ドンキPC他 1~3万円台 格安PCスペック比較・まとめ激安ノートPCのおすすめ、スペック比較です! ドン・キホーテのパソコンももちろんあります! 欲しい格安PCがきっと見つかります!...

 

【軽さは正義!!】1kg以下 超軽量ノートPC![2019年]おすすめ10機種!

【軽さは正義!!】1kg以下 超軽量ノートPC![2019年]おすすめ10機種!軽量・高性能・大画面ノートパソコン!MacBook !!ノマドワーカー、ブロガー必見!比較・まとめ(モバイルPC)軽さは正義!! 持ち歩くノートPCは重さが重要です! そして画面サイズとスペックも十分なければいけません。 1kg以下、12インチ...

 

Feedly

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です