/* バリューコマースおまかせ広告 */ /* バリューコマースLinkSwitch */ /* アドセンス自動広告 */ /* SNSアイコン紐づけ */

デジアニゲー日記

デジタルガジェット、ゲーム、アニメ、マンガを中心に好きなことを書いていきたいと思います!


Apple Pencil対応「iPad(第6世代、2018)」よりも「iPad Pro 9.7インチ(中古)」を買った方がいい、おすすめする5つの理由!比較・まとめ!

第6世代 iPadは本当に“買い”なのか?

これまでiPad Proシリーズの特権だった「Apple Pencil(アップルペンシル)」に対応した、新型iPad(第6世代)が発売されました!

f:id:sora-no-color:20180410163141j:plain

Image: Apple公式サイト(https://apple.co/2H55JlN)

 

価格は据え置きで、37,800円(税抜)~となり、Apple Pencil対応、CPUにA10搭載ということを考えれば、高コスパなiPadと言えます!

 

このブログでもその特徴とiPad Proとの比較を記事にしました。

 

新型iPadはApple Pencilを使いたかった人には朗報です。

しかし、本当にその価格で飛びついてもよいのでしょうか?

 

結論からいいますと、新型iPadを購入するのなら、中古のiPad Pro 9.7インチを購入するべきです!!

*10.5インチのiPad Proではありません。

 

その理由を書いていきたいと思います!

新型iPadの購入を検討している方は、一度読んで見ていただければと思います!!

 

iPad(第6世代)とiPad Pro 9.7インチのスペック比較

まずは、新型iPad(第6世代)iPad Pro 9.7インチのスペック比較表です。

スペックの高い項目を赤字にしました。

f:id:sora-no-color:20180428022546p:plain

 

iPad Pro 9.7の発売は2016年3月であり、2年も前のモデルとなります。
しかしそこはiPad Pro。多くの機能で新型iPadを上回っていることがわかります。

 

新型iPad(第6世代)より中古のiPad Pro 9.7インチを選んだ方がいい、5つの理由!

1.価格がほぼ同じ

iPad Pro 9.7インチ、32GB、Wi-Fiモデル」の中古品は、現在(2018年4月)、ヤフオクメルカリなどで、約35,000~40,000円程度で落札されています!

 

新型iPadの32GB、Wi-Fiモデルは、37,800円(税抜)で、税込だと40,824円ですので、ほぼ同程度の価格となります!!

f:id:sora-no-color:20180410150937p:plain

ヤフオクでの落札相場(2018年4月10日現在)

 

f:id:sora-no-color:20180410153212p:plain

メルカリの購入価格(2018年4月10日)

 

ただし中古品ですので、傷がついていたりするものもありますが、それは落札する際に出品情報をよく見て、納得できるものを選べば大丈夫です。

 

また、9.7インチのiPadは外で使うことも少なく、特にiPad Proは元の価格も高いので乱雑な使い方をされているものは少ない印象ですので、「美品」などと書かれているものを選べば、かなり綺麗な状態のものを購入することができると思います。

 

2.フルラミネーションディスプレイ

フルラミネーションディスプレイ」とは、次のように解説されています。

フルララミネーション加工は、液晶ディスプレイから(タッチパネルを挟んで)カバーガラスまでを圧着して一体化させる加工技術である。ディスプレイとカバーガラスの間にあった隙間を無くすことで、光の余分な反射が抑えられる。画面はより全面に近づき、迫力が増すと共に、タッチディスプレイでは直接画面に触れているような操作感が実現される。

 

引用:フルラミネーションディスプレイとは - IT用語辞典 Weblio辞書

 

要するに液晶画面にタッチで触れたときに、指と画面の隙間が少なく直接画面を触っているような感覚を得られるディスプレイです!!

これがないものは、指と液晶の間に、ガラスを1枚挟んだような隙間ができます。

 

そして、iPad Proがこのフルラミネーションディスプレイを採用している理由は、Apple Pencilのペン先が直接液晶に触れているようにすることで、より実際の紙とペンの感覚に近づけるためです!!

 

ち密な絵や文字を書くには、フルラミネーションディスプレイであることが重要であり、ペン先と液晶に隙間ができてしまう新型iPadは不向きなのです!!

せっかくApple Pencilが使えるなら、その性能を100%発揮したいですよね!


参考:PC Watch(【山口真弘の電子書籍タッチアンドトライ】Apple Pencil対応で3万円台の第6世代iPadを電子書籍で試す - PC Watch)

 

3.4スピーカー及び高音質

実は、iPadとiPad Proの大きな違いの一つが「スピーカーの数と、その配置」なのです!

 

iPadのスピーカーはステレオで2つあるのですが、なぜか初代iPadのころから、「縦向きにしたときの、下側の左右」にスピーカーが配置されているのです。

次の図はApple公式サイトのiPad mini 4のものですが、スピーカーの配置は新型iPadでも同じです!
スピーカーの位置を確認してください。

f:id:sora-no-color:20180407201024p:plain

Image: Apple公式サイト(https://apple.co/29L7Glp) ※一部加筆あり

 

普通、動画を見るときは本体を横向きにすると思いますが、このスピーカーの配置だと、横向きにしたとき、右か左のどちらか一方からしか音が鳴らないのです!

 

このスピーカーの問題は初代からずっと気になっていました。

それをやっと改善したのが、iPad Proシリーズなのです!

 

iPad Proでは4つの角すべてにスピーカーが配置されています。

そして、横向きのときには、右二つと左二つがそれぞれ同じ音を出すことでステレオとなります!

縦向きにすると、ちゃんと同じように右二つと左二つが同じ音になり、ステレオとなるので、縦でも横でもステレオ音声になるのです!!

f:id:sora-no-color:20180407201909p:plain

Image: Apple公式サイト(https://apple.co/29L7Glp) ※一部加筆あり

 

更にiPad Proは本体の中の空間をバスのように使うことで、あの薄い本体から、低音の効いた厚みのある音を奏でます!

 

僕が使ってきたタブレットの中でもiPad Proが一番いい音を鳴らしてくれました!!

 

もちろん、普通のiPadでも外付けのスピーカーを優先やBluetoothで繋げれば、いい音で聴くことはできますが、手軽とはいきません。

やはりそのままで、いい音が鳴るというのはかなり大きなポイントです!

 

4.高スペックカメラ

iPadなどのタブレットで写真を撮る人は少ないかもしれませんが、それでもiPadのインカメラが120万画素というのは心もとないです。

 

iPad Pro 9.7インチなら、インカメラが500万画素、アウトカメラが1,200万画素なので、写真撮影も問題なくこなせます!

動画撮影も4Kに対応しています!!

 

5.薄くて軽い

iPad Pro 9.7インチは、新型iPadと縦と横の長さは全く同じですが、厚みがiPad Pro方が1.4mmも薄くなっています!

 

重さも、iPad(第6世代)が469gなのに対して、iPad Pro 9.7は437gと30g以上軽いのです!

iPad Proの方が高機能なのにもかかわらず、薄くて軽いのです!!

 

新型iPadが勝っている点

エントリーモデルとはいえ、発売に2年間の差があるので、新型iPadが勝っている点ももちろんあります。

 

CPUがiPad Pro 9.7インチより1世代新しい

唯一、新型iPadが勝っているのが、CPUです。

iPad Pro 9.7インチがA9XチップとM9コプロセッサを搭載しているのに対し、新型iPadは最新のA10 FusionM10コプロセッサを搭載しています。

 

ベンチマークテスト(Antutu)を掲載しているサイトを見ると、やはり処理能力は新型iPad(第6世代)が高いことが分かります。

f:id:sora-no-color:20180410160205p:plain

Antutuベンチマーク結果

 

f:id:sora-no-color:20180410155854p:plain
f:id:sora-no-color:20180410155858j:plain
Antutuベンチマーク結果:左, 第6世代iPad、右, iPad Pro 9.7インチ

参考:

新型iPad(2018)レビュー。使い心地とAntutuのスコア比較。実測17万4552点:適当に買ったガジェットblog

iPad Pro 9.7(Apple A9X)の実機AnTuTuベンチマークスコア - ガルマックス

 

悩むとすれば、このCPUの性能差を許容できるかどうかです。

しかし、メモリはどちらも2GBであり、iPadはカメラの性能も高くなく、4K動画も撮影できないので、そこまで高負荷な処理を使うことはないと思います。

 

また、私自身iPad Pro 9.7インチを所有していますが、通常の操作(アプリの起動やネットブラウジング)で特に不満はありません。

たしかにCPUは、コンピュータの処理の基幹となるものですが、それ以上にiPad Pro 9.7インチが高機能であることも事実です。

 

新型iPad(第6世代)よりも中古のiPad Pro 9.7インチをかった結論・まとめ

新しく発売された、Apple Pencil対応の第6世代iPadですが、中古のiPad Pro 9.7インチを購入する方がいいという5つの理由を上げました!!

 

1.価格がほぼ同じ

2.フルラミネーションディスプレイ

3.4スピーカー及び高音質

4.高スペックカメラ

5.薄くて軽い

 

Apple Pencil対応で低価格というところに注目されがちですが、Apple Pencilをしっかりと使いこなしたいなら、それこそiPad Pro 9.7(中古)を検討するべきです!!

 

価格はほぼ同じにもかかわらず、Apple Pencilでち密な絵を描くことができ、高品質な液晶、高品質なスピーカー、使えるカメラなど、2年前のモデルとはいえども機能的には圧倒しています!!

 

以下の項目に当てはまる人は、iPad(第6世代)ではなく、iPad Pro 9.7インチ(中古)を選んだ方がいいと思います!!

 

Apple Pencilを(将来的に)使いこなしたい人

・iPadで動画や音楽を手軽にいい音で楽しみたい人

カメラ機能を使う人

・中古品であっても問題ない人。

・1世代前のCPUで問題ない

 

新しく発売された「第6世代 iPad」は、Apple Pencil対応A10チップ搭載ということから、高コストパフォーマンスなiPadであることは確かです。

 

しかし、ヤフオクやメルカリなどの中古品で問題がなければ、「iPad Pro 9.7インチ」は、価格が同程度にもかかわらず、CPUを除くすべてのスペックで勝っています!!

個人的には、動画視聴の際のスピーカーの配置と音質の差はかなり大きいです!!

 

特に、Apple Pencilを使いたいのであれば、なおさらフルラミネーションディスプレイを搭載し、緻密な絵を描くことのできるiPad Proを選ぶ方がよいと思います!!

 

第6世代iPadの購入を考えている方は、一度、iPad Pro 9.7インチ(中古品)を検討してみてはいかがでしょうか!?