アプリ

iPhoneやiPadの写真などのデータを復元!!EaseUS MobiSaverレビュー!![無料版,Android版あり]


「iPhoneの大切な写真を削除してしまった!!」
でも大丈夫です!

今や、スマホは一人1台が当たり前です。

そして、デジカメを使う人も激減し、写真や動画、電話帳など日常の大切なデータはすべてiPhoneなどのスマホに保存している人が多いと思います!

 

そして、次のようなことはいつでも起こりえるのです!

 

  • もし、なんらかの操作ミスでデータを消去してしまったら?
  • 液晶画面が割れてしまって、操作できなくなったら?
  • なんらかの原因でiPhoneがiPhoneにアクセスできなくなったら?
  • iPhoneを破損や水没、紛失してしまったら?

 

考えただけでも、ゾッとしますね。

しかし、このようなことが起こってしまっても、データをあきらめてはいけません!

 

データ復旧ソフト
EaseUS MobiSaver 7.6
(イーザス モビセイバー)

を使えば、失われたデータを復旧することができます!

 

データ復旧、バックアップ、パーティション操作などで有名なEaseUS(イーザス)の製品なので信頼性は抜群です!

 

今回、iOS用のEaseUS MobiSaver 7.6をご提供いただいたので、実際に使ってレビューしました!

(製品としてはAndroid用もあります!)

 

動作を確認するための無料版(EaseUS MobiSaver Free)がありますので、まずは無料版で試してから、製品版を購入することができます!

[無料版はコチラ]
※無料版では1回の復元に付き、1つのメディアファイルまたは5つの連絡先しか復元できません。

 

 

EaseUS MobiSaver 7.6 (iOS用) の特徴

さまざまな厳しい状況からデータを復旧

EaseUS MobiSaverは、iPhoneやiPadのiOS端末から、さまざまな状況で失われたり削除されたデータを復旧することができます!

 

  1. iPhoneやiPadの端末から削除してしまったデータの復旧
  2. iOSのアップグレード、工場出荷状態へのリセット(初期化)、ウイルス攻撃などによって消失したデータの復旧
  3. iPhoneにアクセスできなくなった場合やパスワードを忘れてしまったときなどのデータの復旧
  4. 液晶画面の破損、水没、クラッシュなどによるデータの紛失の際でも、iCloud/iTunesバックアップから紛失したデータを復元可能

 

 

たったの3ステップでデータを復元

データの復元方法は簡単です。

次に示す、たったの3ステップで操作は完了です!

 

例えば、iPhoneから直接データを復元する場合は次の通りです。

ステップ1:iOS端末とPCを接続する。

 

ステップ2:スキャンを開始する。

 

ステップ3:復元したいデータを選択して、保存する。

 

 

3つのモードでデータを復元

データの復元方法も3つのモードから状況に応じて選択できます!

復元方法も、最初のステップ1が違うだけで、ステップ2とステップ3はどれも同じで、簡単に操作できます!

 

iPhoneやiPadから直接復元

iPhoneやiPadの端末自身をスキャンすることで、データを復元することができます。

PCのデータ復元と同じように、一般的な復元方法です。

 

ステップ1は次の通りです。

 

iTunesに保存したiPhoneのバックアップからデータを復元

iPhoneなどのiOS端末は、PCに“iTunes”をインストールすることで、音楽ライブライを作ったり、iPhoneのバックアップを作成することができます。

 

もし、iPhoneやiPadを紛失したり盗難にあったとき、iTunesにバックアップしていれば、EaseUS MobiSaverにより、必要なデータを抽出することができます!

 

ステップ1は次の通りです。

 

iTunesの標準機能では、バックアップからiPhone全体を復元することはできますが、個別にデータを抽出する機能は標準では搭載されていません。

 

しかしEaseUS MobiSaverなら、バックアップから画像1枚でもデータを抽出・復元できます!

 

iCloudに保存したバックアップからデータを復元

iPhoneやiPadは、アップルのクラウドストレージ“iCloud”に、データをバックアップすることができます。

 

iPhoneやiPadを紛失したり盗難にあったとき、iCloudにバックアップしていれば、EaseUS MobiSaverにより、必要なデータを抽出することができます!

 

ステップ1は次の通りです。

 

iOSの標準機能では、iCloudのバックアップiPhone全体を復元することはできますが、個別にデータを抽出する機能は標準では搭載されていません。

 

EaseUS MobiSaverなら、必要なデータを写真1枚だけでも抽出・復元することができます!

 

 

対応するデバイス、ファイル

EaseUS MobiSaver 7.6は、これまでに発売されたiPhone、iPad、iPod touchのほぼすべてに対応しています!

 

また、12種類ものデータの復元が可能です。

 

 

EaseUS MobiSaver 7.6の動作環境

EaseUS MobiSaver 7.6は、Windows XP から Windows 10まで幅広いバージョンにインストール可能です!

Windowsの対応バージョン

 

また、MacOSにインストールできる、「MobiSaver for Mac」もあります!

MacOSの対応バージョン

 

 

無料版と有料版(Pro版)の違い

EaseUS MobiSaver 7.6は、「無料版」と「有料版」の2種類があります!

Windows用、MacOS用それぞれに用意されています。

 

無料版では、1回の復元に付き、1つのメディアファイルまたは5つの連絡先しか復元できません。

2つ以上の複数のファイルを復元するのにも、1回で復元できないので、実質は動作確認のお試し用と考えた方がいいでしょう。

 

無料版と有料版の機能などの違いは次の通りです。

 

 

 

EaseUS MobiSaver レビュー

それではEaseUS MobiSaver 7.6を実際に使ってみます!

今回、Windows版有料版(Pro版)を使って、iPhone XS Maxのデータの復元を試してみます!

 

ダウンロードとインストール

公式サイトからダウンロードします。

無料版で試す場合は、「無料体験」の方からダウンロードします。

 

今回、無料版をインストールしてから、ライセンスコードを入力する方法で行います。

 

ファイルがダウンロードされるので、ダブルクリックで開きます。

 

 

一般的なソフトウェアのインストールと同じなので、何も迷うところはないです。

あっという間にインストールが完了します。

 

インストール後に簡単な使い方(チュートリアルが表示されます)

ちなみに、MobiSaverの有料版購入で、PCのOSごとバックアップ/ファイルバックアップができる「Todo Backup Home」が無料になるセール情報が表示されました。

これはかなりお得ですね!

 

 

ソフトウェアの起動

デスクトップにショートカットが出現しているので、MobiSaverを起動します。

 

ライセンスコードの入力画面が表示されます。

後で」を選択すると、無料版のまま使うことができます。

今回は、ライセンスコードを入力してつかいます。

 

EaseUS MobiSaverが起動しました!

 

 

データの復元

テスト用画像の用意と削除

テスト用に、写真を撮影しました。

 

iPhoneのカメラロールにも写真が確認できます。

 

 

きちんと復元できたかを確認するために、それぞれの画像ファイルのサイズを確認しておきます。

(今回のテストのための確認であり、実際の復元では必要ありません)

 

画像サイズは、3.72 MB (3,904,471 バイト)でした。

 

この画像をiPhoneから削除します。

 

 

復元操作

PCとiPhoneをUSBで接続します。

すると、私のiPhoneがMobiSaverに表示されました。

 

スキャン」をクリックすると、「デバイス上で「信頼する」をクリックしてください」と表示されます。

 

iPhone側には「このコンピュータを信頼しますか?」と表示されているので、「信頼」をタップします。

iPhoneのパスコードが求められるので、入力します。

 

その後、MobiSaverで「信頼する」をクリックします。

 

iPhoneのデータのスキャンが始まります。

データの容量によると思いますが、今回は65.9GB使用で、5分ほどかかりました。

最初は残り時間9分と表示されていましたが、最終的には5分くらいで終わりました。

 

 

スキャンが完了し、ファイルの一覧が表示されました。

 

ここから、先ほど削除した画像ファイルを探します。

復元一覧のファイルは大量にあり、また作成時間などによるソートもできないので、ここから目的の画像を探すのは、結構大変でした。

 

よく探した結果、ファイルが見つかりました!

ここで、実は同じサムネール画像が二つありました。

 

ファイルにチェックマークを入れて、「復元」をクリックすると、復元先(保存先)のフォルダを指定できます。

フォルダを指定すると、復元が始まります。

 

復元先のフォルダを確認すると、ファイルが復元されていました!

同じ画像が二つあったのは、ひとつはサムネール用の画像でした。

 

プロパティを確認すると、どちらも3.72 MB (3,904,471 バイト)で、

サイズが元のファイルと完全に一致しました!

 

 

【まとめ】iPhoneやiPadのデータを復元!
EaseUS MobiSaver 7.6 レビュー!

今や、写真や動画、電話帳などの大切なデータはすべてiPhoneなどのスマホに保存している人が多いと思います!

 

しかし、間違ってデータを削除初期化してしまったり、iPhoneを紛失したり、故障して動かなくなってしまったらと思うと、ゾッとしますね。

しかし、このようなことが起こってしまっても、データをあきらめてはいけません!

 

データ復旧ソフト
EaseUS MobiSaver 7.6
(イーザス モビセイバー)

を使えば、失われたデータを復旧することができます!

 

EaseUS Mobisaver 7.6は、次のように削除・紛失してしまったデータを復元できます。

 

  1. iPhoneやiPadの端末から削除してしまったデータの復旧
  2. iOSのアップグレード、工場出荷状態へのリセット(初期化)、ウイルス攻撃などによって消失したデータの復旧
  3. iPhoneにアクセスできなくなった場合やパスワードを忘れてしまったときなどのデータの復旧
  4. 液晶画面の破損、水没、クラッシュなどによるデータの紛失の際でも、iCloud/iTunesバックアップから紛失したデータを復元可能

 

【ここがイイ!ポイント】

  • iPhoneiPadのデータを復元できる!
  • iPhone本体を初期化したり、故障で動かなくなったときでも、iTunes / iCloudのバックアップデータから必要なデータを抽出・復元できる!
  • 復元率に定評のある有名メーカー製!
  • たったの3ステップで操作が簡単!

 

【ここがイマイチ!ポイント】

  • 目的のファイルを探しにくい

 

【こんな人にオススメ!】

  • iPhoneやiPadに写真動画住所録などのデータをたくさん保存している人。
  • 復元率の高いリカバリーソフトを使いたい人。
  • iTunes / iCloudのバックアップデータから必要なデータを抽出・復元したい人。
  • 簡単な操作で復元したい人。

 

EaseUS Mobisaver 7.6は、iPhoneやiPadなどのiOS端末のデータを復旧する復元ソフトです!

データ復旧、バックアップ、パーティション操作などで有名なEaseUS(イーザス)の製品なので信頼性は抜群です。

 

iPhoneなどの端末そのものからの復元はもちろん、端末を初期化したり、故障で動かなくなった時に、iTunesとiCloudのバックアップデータから、必要なデータを選んで抽出・復元することができます!

 

大切なデータの復元なので、定評のある有名なソフトメーカーのものを使いたいですね!

そういった意味でも「EaseUS Mobisaver 7.6」は安心して使えるソフトといえるでしょう!

 

まずは、無料版でお試しください!

無料版はコチラ

【EaseUS公式サイト:https://jp.easeus.com/iphone-data-recovery-software/pro.html

 

大事なデータを削除してしまった!!大丈夫!簡単に無料で復元!!EaseUS データ リカバリー ウィザードでもう安心!!【レビュー】空にしたゴミ箱や誤操作フォーマットからも簡単復元!! EaseUS(イーザス)「データリカバリーウィザード フリー」(Dat...

 

 

Feedly

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です