スマートフォン

【144Hzでヌルサク】ZTE Nubia RedMagic 5G登場! ROG Phone2と比較

注目!!

RedMagic 5Gの実機をお借りすることができたので、
レビューしました!!

低価格ゲーミングスマホとは思えない、質感の高さと動きのなめらかさに驚きです!!

【低価格で超ハイスペック】ZTE RedMagic 5G 実機レビュー!!144Hzのディスプレイ採用!! 低価格で超ハイスペックなゲーミングスマホ Nubia「RedMagic 5G」の実機レビューです!...

SoCもリフレッシュレートも爆速!超高性能なゲーミングスマホ「RedMagic 5G」が安くてすごい!!

 

ZTEの傘下のNubia Technologyが5Gを搭載したハイスペックなゲーミングスマホ
RedMagic 5Gを発売開始しました!

 

このスマホの最大の特徴はリフレッシュレートが144Hzと高く、高性能なSnapdragon 865を搭載していることです。

 

リアルアイムで対戦するようなFPSやアクションゲームでは大活躍すること間違いなしのスペックなので、ゲーム好きならチェックしておきたい機種です。

 

そこで今回はRedMagic 5のスペックや、同じくゲーミングスマホの代表モデルであるRazer Phone 2との比較などをご紹介したいとおもいます。

 

SORA
SORA

144Hzの滑らかディスプレイ!!

いったいどんなゲーミングスマホなのか!?

【なめらかな144Hz】低価格で超ハイスペックゲーミングスマホ「RedMagic5」をチェック!!



RedMagic 5G のスペック

RedMagic 5のスペックです。

ゲーミングスマホの中でも有名なASUSのROG PHone 2と比較しました!

 

項目 RedMagic 5G ROG Phone II
発売日 2020年3月
(日本 7月)
2019年7月
(日本 11月)
SoC Qualcomm
Snapdragon 865 5G
Qualcomm
Snapdragon 855 Plus
ディスプレイ 6.65インチ AMOLED 6.59インチ, AMOLED
解像度 1080 x 2340px (FHD+) 1080 x 2340px (FHD+)
リフレッシュレート 144Hz 120Hz
メモリ
(RAM)
8/12 GB 12GB
ストレージ
(ROM)
128/256 512GB/1TB
外部ストレージ MicroSD なし
OS Android Android 9.0 (Pie)
カメラ
(アウト)
64MP+8MP+2MP
トリプルカメラ
48MP+13MP(広角)
デュアルカメラ
カメラ
(イン)
約8MP 24MP , F値/1.79
生体認証 指紋認証 指紋認証
サイズ 幅78mmx高168.56mmx厚9.75mm 170.99 x 77.6 x 9.78mm
重量 約218g 250g
バッテリー
4500mAh 6000mAh
ワイヤレス
充電
なし なし
防水 IP65/68 なし
ハイレゾ
おサイフケータイ NFC搭載 / Felica非搭載 NFC搭載 / Felica非搭載
テレビ
価格 6万8,000円(税込)~ 10万5,500円(税別)~
11万6,050円(税込)~

 

CPUはSnapdragonシリーズで最新の高性能チップであるSnapdragon 865 5Gを搭載しており、高画質なゲームでも問題なくプレイできます。

 

ディスプレイはリフレッシュレートが144Hzとなる有機ELディスプレイを搭載しています!

 

モンスタースペックで注目されたROG PhoneIIでも、120Hzですから驚異的と言えます。

 

リフレッシュレートが高ければ高いほど、高速な描写でも処理落ちしにくいため、スピード感が必要なゲームでは超重要な項目となります。

【なめらかな144Hz】低価格で超ハイスペックゲーミングスマホ「RedMagic5」をチェック!!

 

144Hzともなれば、ゲーミングPC用のディスプレイ並みに速いので、コレまでのスマホと大きな差を感じる事ができるかもしれません。

(そもそも144hzとなるスマホディスプレイは世界初!)

 

メモリ(RAM)に関しては8GBと12GBタイプがあります。8GBでも十分高性能ですが、どうせなら12GBのほうがハイスペックさを目指すなら良いかと思います。

 

ROG Phone 2と比べた場合、モンスタースペックと言われただけあって、ストレージやバッテリー容量は負けていますが、基本スペックはさすがに新型だけあってROG PhoneIIより勝っています。

 

それでいて、ROG PhoneIIの税込11万円越えよりもかなり安い、6万8,000円というのが驚きです!

 

これだけのスペックで、この価格のゲーミングスマホはなかなかないでしょう!

 

また、5G通信にも対応していますが、日本の格安SIMは5Gに対応していないので、3大キャリアのSIMを使う必要があります。

 

SORA
SORA

スナドラ865高性能ディスプレイで、

この価格のゲーミングスマホはすごすぎる!!

【なめらかな144Hz】低価格で超ハイスペックゲーミングスマホ「RedMagic5」をチェック!!



RedMagic 5G の特徴

ショルダートリガーボタン搭載

スマホを横持ちにした場合、ショルダートリガーボタンが利用できます。

 

このボタンは入力遅延速度が2ms程度となっており、FPSにおいては大きなアドバンテージを持つことができそう。

 

巷では、スマホに強引にアタッチメントをつけてトリガーボタンもどきを付けられるパーツが売っていますが、標準搭載している本機には勝てないでしょう!

 

冷却もバッチリ!

 

RedMagic 5Gは冷却のために最大16,000rpmの高回転ファン水冷を組み合わせた「アクティブリキッドクーリング3.0」を搭載しています。

 

スペックを求めるゲームでは熱暴走を起こしやすいため、冷却対策は必須と言って良い項目です。その点、本機は安心できますね!

 

スマホで水冷っていうのがすごいです💦

それに、ファンを搭載ってのもすごいですね。

 

ファンの最大回転数が16,000rpmともなると、超高回転なので、(負荷が大きいときは)ファンの音が多少大きいかもしれませんが、熱暴走でシャットダウンしたり、チップにダメージが蓄積されるよりは良いと思います。

 

長時間ゲームをプレイする上では必ず役に立つ冷却機構でしょう!

 

SORA
SORA

スマホなのに、ファンと水冷で冷却!!

まさにゲーミングスマホにふさわしい!!

【なめらかな144Hz】低価格で超ハイスペックゲーミングスマホ「RedMagic5」をチェック!!



トリプルカメラ搭載!

 

ゲーミングスマホとしての性能が光るRedMagic 5ですが、カメラも高性能!

 

ソニー製のトリプルカメラを搭載しており、メインカメラは6400万画素とかなりハイクオリティ!

 

きれいな写真もバシバシとれるし、スマホとして他のハイスペック機に劣るところは殆どみられません!

 

SORA
SORA

ゲーミングスマホといっても、普段はスマホとして使うよね。

だからカメラがしっかりしているのは嬉しい!!

【なめらかな144Hz】低価格で超ハイスペックゲーミングスマホ「RedMagic5」をチェック!!



対応バンド(4G, 5G)

RedMagic 5G は、SIMフリー版(グローバル版)で発売されます。

また、5G通信にも対応しています!

 

SIMフリー版における国内3大キャリア+楽天が対応するバンドについては次の通りです。

 

バンド名 周波数
(4G)
RedMagic 5G ドコモ au ソフト
バンク
楽天
Band1 2.0GHz OK
Band3 1.7GHz OK
Band8 900MHz OK
Band11 1.5GHz
Band18/26 800MHz OK
Band19 800MHz OK
Band21 1.5GHz
Band28 700MHz
Band41 3.5GHz OK
Band42 3.5GHz

◎=必須 ○=そこそこ重要 △=あれば便利
※ 主に東名阪で使われているバンド。

 

バンド名 周波数
(5G Sub6)
RedMagic 5G ドコモ au ソフト
バンク
楽天
n77
3.6~3.7GHz
n77
3.7~3.8GHz
n77
3.8~3.9GHz
n77
3.9~4.0GHz
n77
4.0~4.1GHz
n78
3.3~3.8GHz
OK
n79
4.5~4.6GHz

 

バンド名 周波数
(5G ミリ波)
RedMagic 5G ドコモ au ソフト
バンク
楽天
n257
27.00~27.40GHz
n257
27.40~27.80GHz
n257
27.80~28.20GHz
n257
29.10~29.50GHz

 

4Gは国内3大キャリアの必須バンドの多くをサポートしています

 

1.5HzのBand11と21は、地方都市で高速通信できるもので、あれば便利です(なくても問題ないともいえます)。

しかし海外SIMフリースマホのほとんどは対応していません。

 

特にBand21は、iPhoneでは7/7 Plusから対応し、実質「iPhone専用帯域」となっているようです。

 

ソフトバンクのBand11はほとんど整備されていないようです。

 

auで使えるWiMAX2+のBand41に対応していますね。

 

Band42は、CA(キャリアアグリゲーション)で高速化に使う帯域で、対応していれば、ドコモでは294 Mbps、auでは279 Mbps、ソフトバンクでは110 Mbpsの高速通信が可能となります(国内キャリア版では対応する可能性あり)。

 

RedMagic 5Gは、5GバンドはSub6ではバンドn78のみ対応なので、ソフトバンクの5Gは使えません

ドコモauのn77とn79にも対応していないので、5Gでつながるエリアは限られるでしょう。

 

また、ミリ波には対応していません

ただ、ミリ波に関してはまだまだ使えるエリアも少なく、今は対応していなくても全く問題ないでしょう

 

バンドなどがよくわからない方は「4Gでは問題なく使えるが、5Gはドコモとauのみで、しかもエリアが狭い」と思っておけば大丈夫です。

 

ちなみに5Gが使えるかどうかは、スマホだけでなく利用しているキャリアのプランの選択が重要です。

もしすぐに5Gを使いたいなら、プランも5G用のものに変更しましょう

【なめらかな144Hz】低価格で超ハイスペックゲーミングスマホ「RedMagic5」をチェック!!



 

RedMagic 5G の価格

 

  • 発売日(予定):2020年7月1日
  • 店頭予想価格:
    Eclipse Black(RAM 12GB+ROM 128GB)
    629米ドル(約6万8000円)(税込)
    Hot Rod Red(RAM 8GB+ROM 128GB)
    649米ドル(約7万円)(税込)

 

RedMagic 5は2つのモデルがあり、それぞれROMとRAMの容量、そしてカラーが違います。

 

ロースペックモデルの方で629ドル、日本円で約6,8000円税込、送料込みです。

スペックを考えるとかなりコスパが高いですね!

 

SORA
SORA

6万8,000円はかなりコスパ高い!!

上位モデルでも7万円だからほとんど価格は変わらないので、上位モデルがおすすめ!!

【なめらかな144Hz】低価格で超ハイスペックゲーミングスマホ「RedMagic5」をチェック!!



【まとめ】RedMagic 5Gはコスパも最高!5G世代のおすすめゲーミングスマホ

 

RedMagic 5のまとめ
  • リフレッシュレートが144Hz
  • SoCはSnapdragon 865
  • 遅延の少ないトリガーボタン装備
  • 高回転ファンと水冷を組み合わせた冷却機構搭載
  • アウトカメラはソニー製のトリプルカメラ
  • ハイスペックなのに6万8,000円~の低価格

 

RedMagic 5はSoCとリフレッシュレートが非常によく、ゲーミングスマホとしては最高峰の性能を誇ります。

 

これだけ性能が良いのに629ドル(約6万8000円)程度から販売しているコスパの良さには驚きです!

 

SORA
SORA

高性能なゲーミングスマホ!!

それなのに安い!! これは注目!!

注目!!

RedMagic 5Gの実機をお借りすることができたので、
レビューしました!!

低価格ゲーミングスマホとは思えない、質感の高さと動きのなめらかさに驚きです!!

【低価格で超ハイスペック】ZTE RedMagic 5G 実機レビュー!!144Hzのディスプレイ採用!! 低価格で超ハイスペックなゲーミングスマホ Nubia「RedMagic 5G」の実機レビューです!...

👇スマホ料金1分で比較】ドコモや格安SIM 8社のプラン[2020]

【スマホ料金1分で比較】ドコモや格安SIM 8社のプラン[2020]ドコモ、au、ソフトバンクに、格安SIM5社の計8社の月額料金が、同時に1分でシミュレーションできます! 自分に合った条件を選択してい...

【なめらかな144Hz】低価格で超ハイスペックゲーミングスマホ「RedMagic5」をチェック!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です