ドコモ

ドコモ「スマホおかえしプログラム」をau, ソフトバンクと比較!!「12ヵ月無料!!」iPhone XR, Xperia 1はいくら?[新プログラム]


新しいスマホの買い方
「スマホお返しプログラム」

 

ドコモは6月1日より新しい端末代金の支払い方法「スマホおかえしプログラム」を開始することを発表しました。

 

「スマホおかえしプログラム」は、対象のスマートフォンを36回分割で購入し、購入したスマートフォンをドコモに返却(お返し)することで、最大12ヵ月分の端末代金を免除(無料)してもらえる新プログラムです!

 

こんな人にぴったり!!

  • 2年毎に機種変更をする
  • 最新機種を安く使いたい

 

そんな人にとってはお得なプログラムとなっています!

 

ということで、今回は「スマホおかえしプログラム」ついて解説していきます。

 

↓【ドコモ】2019夏モデル&販売中「全機種」スマホを紹介・ランキング!!

【ドコモ 2019夏モデル】おすすめスマホ!!「質問形式」で選ぶ! 全機種紹介! 最新ランキング!!スペック比較!まとめ [iPhone XS / XS Max / XR, Android]iPhone、Androidのドコモのスマホ全機種紹介&ランキング! 質問に「はい」「いいえ」で答えていくだけで、ドコモのスマホ全機種...

 

手数料完全【無料】!! 店舗での【待ち時間なし】!![ドコモオンラインショップ]はこちら! 

 

 

「スマホおかえしプログラム」とは?

「スマホお返しプログラム」とは36回の分割で購入したスマートフォンをドコモに返却すると最大12ヶ月分の支払いが免除(無料)になるというプログラムになっています!!

 

イメージで表すと、下図のような感じです!

 

auやソフトバンクにも、似たようなプログラムはありますが、ドコモの「スマホおかえしプログラム」は、その条件が非常にシンプルです!

 

プログラム適応条件は次の2つだけです!

 

プログラム定期王条件

  1. 対象のスマホを36回分割支払いにて購入
  2. スマホを返却するだけ!

 

 

「スマホおかえしプログラム」のプログラム適応条件は「対象の端末を36回払いで購入する」「端末を返却する」という2つだけで、特定のプランやオプションに加入する必要はありません!

 

プログラムの申し込みは無料なので利用しやすいプログラムとなっています!

手数料完全【無料】!! 店舗での【待ち時間なし】!![ドコモオンラインショップ]はこちら! 

 

 

分割支払いの免除の受け方

では、実際にどのようにして分割支払い額の免除を受けるのか、解説します。

 

例として、10万8000円のスマホを購入した場合、次のような流れとなります。

  1. 機種代金10,8000円の端末を36回の分割払いで購入。
  2. 24回目までは支払いを行う。
  3. 24回目の支払後に購入したスマートフォンをドコモに返却する。
  4. すると、残り12回分(36,000円)の支払いが免除支払い不要になる!

auやソフトバンクにも、同様のプログラム(48回払いで24ヵ月目にスマホ返却で24ヵ月分免除)があります。

しかし他社に比べて「スマホおかえしプログラム」は次のようなメリットがあります!

 

他社に対するメリット

  • プログラムの申し込みは無料
  • スマホを返却するだけで、分割残金が免除される!
  • ドコモで機種変する必要がない
    つまりスマホを返却すれば、解約しようが、SIMフリースマホを使おうが免除を受けられる。
  • 返却後に加入する必要のある料金プランなどはない

 

つまり、

「スマホさえドコモに返却」すれば、
他には何も条件なく、
最大12ヵ月分の支払額が免除される

のです!

これは、ハッキリ言って、めちゃくちゃ分かりやすくていいです!!

 

しかし返却の際には注意点があります。

返却したスマートフォンはドコモで査定が行われます。

故障、水漏れ、激しい外装破損、画面割れ等がある場合は、故障時利用料を支払えば返却できます。

 

故障時利用料は「ケータイ補償サービス」へ加入していれば2000円と安いですが、未加入の場合は2万円の費用が発生しますので注意が必要です。

なので返却までは端末を大切に扱う必要があるので注意しましょう。

 

「スマホおかえしプログラム」の返却の査定は、下取りプログラムと同じ査定基準のようです。
参考:ケータイウォッチ

 

ドコモの下取りプログラムでは、一般の中古買取業者よりも査定がかなり甘く、多少の傷程度なら問題ないようです(画面割れは絶対にダメなようですが)。

⇒ 過去記事参照

 

つまり「スマホおかえしプログラム」の返却も、かなり査定は甘い可能性が高いので、そこまで神経質になる必要はないかもしれません。

手数料完全【無料】!! 店舗での【待ち時間なし】!![ドコモオンラインショップ]はこちら! 

 

 

普通に買うよりどのくらいお得?

新規契約で「スマホおかえしプログラム」を利用した場合としなかった場合を比較しました!

従来の方法で購入した場合

従来通りにiPhone XS(64GBモデル)を24回の分割払いで購入します。

24回目の支払いでの総支払額は、

5157円×24ヵ月=12万3768円

「スマホおかえしプログラム」を利用した場合

iPhone XS(64GBモデル)を36回の分割払いで購入します。

24回目の支払いで総支払額は、

3438円×24ヵ月= 8万2512円

 

24ヵ月目でiPhone XSを返却します。

残りの12ヵ月分

3438円×12ヵ月= 4万1256円免除(無料)になります!!

 

 

端末を返却することが条件ですが通常の24回払いと比べると1/3もお得です!

もし端末を返却したくないという場合は、返却をせず36回の支払いをすれば手元に残すことも可能です。

手数料完全【無料】!! 店舗での【待ち時間なし】!![ドコモオンラインショップ]はこちら! 

 

 

対象機種はどれ?

「ドコモおかえしプログラム」は、対象となる機種が決まっています。

5/17現在では以下の機種が対象です。

iPhone
iPhone XS  iPhone XS Max iPhone XR iPhone X
iPhone 8 iPhone 8 Plus    
ドコモスマートフォン
Xperia 1 SO-03L Galaxy S10 SC-03L Galaxy S10+ SC-04L Galaxy S10+ (Olympic Games Edition) SC-05L
AQUOS R3 SH-04L AQUOS R3 SH-04L Xperia XZ3 SO-01L Galaxy Note9 SC-01L
Xperia XZ2 SO-03K Xperia XZ2 Premium SO-04K Xperia XZ2 Compact SO-05K Galaxy S9 SC-02K
Galaxy S9+ SC-03K HUAWEI P20 Pro HW-01K AQUOS R2 SH-03K arrows NX F-01K
V30+ L-01K JOJO L-02K Xperia XZ1 SO-01K Xperia XZ1 Compact SO-02K
Galaxy Note8 SC-01K M Z-01K    
Google Pixel
Google Pixel 3 Google Pixel 3X    

 

「スマホおかえしプログラム」の対象機種はハイスペックなモデルが多いです。

価格としては約5万円以上の機種が対象となっている印象ですね。

 

例えば、4万6000円の“Google Pixel 3a”は対象機種ではないです。

手数料完全【無料】!! 店舗での【待ち時間なし】!![ドコモオンラインショップ]はこちら! 

 

 

プログラム利用時の注意点

「スマホおかえしプログラム」利用時の注意点をまとめました!

  1. ドコモが指定した対象のスマートフォンの購入に限られるので好きな機種を選ぶことができません。
  2. 支払いの免除を受けるためには端末を返却しなければいけません。
  3. スマートフォンの返却時に、破損などで査定基準を満たさない場合、故障時利用料として、「ケータイ補償サービス」加入の場合は2,000円、未加入の場合は2万円を支払えば返却できる。

条件と言っても、auやソフトバンクと比較すれば、かなりゆるいですね。

auやソフトバンクでは、同じキャリアでの機種変更が必要、特定のデータ通信プランに加入が必要、など条件が多いです。

手数料完全【無料】!! 店舗での【待ち時間なし】!![ドコモオンラインショップ]はこちら! 

 

 

au、ソフトバンクとの比較

 

端末を返却して、残りの割賦金を免除するプログラムは、auとソフトバンクではすでに実施しています。

 

ここでは、新規契約で3大キャリアの端末代金支払いプログラムを利用してiPhone Xs(64GBモデル)購入した場合の比較をしてみました!

手数料完全【無料】!! 店舗での【待ち時間なし】!![ドコモオンラインショップ]はこちら! 

 

 

加入条件・適用条件の比較

各キャリアのプログラムの加入条件、適用条件を見ると、詳しく読まなくてもドコモの「スマホおかえしプログラム」がいかにシンプルが分かると思います!

キャリア ドコモ au ソフトバンク
プログラム名 スマホおかえし
プログラム
アップグレード
プログラムEX/EX(a)
EX:iPhone,Android
EX(a):iPnone
半額サポート
特徴 36回分割払いで購入し、ドコモに返却すると12ヵ月分が免除される 48回分割払いで購入し、auに返却、機種変更すると24ヵ月分が免除される 48回分割払いで購入し、ソフトバンクに返却、機種変更すると24ヵ月分が免除される
プログラム料 無料 EX:390円/月
EX(a):無料
無料
加入条件 対象機種を36回分割支払いで購入し、購入時に申し込む

①対象機種をEXは48回、EX(a)は24回の分割支払いで購入し、購入時に申し込む

 

②「auピタットプラン」「auフラットプラン」に加入する

①対象機種を48回の分割支払いで購入し、購入時に申し込む

 

②「通話基本プラン」、「スマ放題/スマ放題ライト」、「ホワイトプラン」のいずれかに加入すること

 

③ ②のプランと指定のデータ定額プランを組み合わせること

適用条件 機種を返却すること

①購入した対象機種をEXは12ヶ月間以上、EX(a)は6ヵ月以上利用し、機種変更する

 

②機種の返却をすること

①購入した対象機種をEXは12ヶ月間以上利用し、機種変更する

 

②機種変更は「半額サポート」または「機種変更先取りプログラム」のいずれかの指定機種

 

③機種の返却をすること

短期間での返却

可能

(期間の制限なし、残額も分割払い)

可能

(ただし以下の条件)

 

①EX: 13~24ヵ月目の返却は可能
EX(a): 7~12ヵ月目の返却は可能

 

②25(13)ヵ月目までを一括で支払うこと

 

利用料390円×25ヵ月目までの残月数を支払うこと(Exaは無料)

 

26ヵ月目以降(EX(a)13ヵ月以降)の支払い(最大24(12)ヵ月)が免除になる

 

可能

(ただし以下の条件)

 

13~24ヵ月目の返却は可能

24ヵ月分を一括で支払うこと

26ヵ月目以降の支払い(最大24ヵ月)が免除になる

 

 

au、ソフトバンクは、自社キャリアで機種変更しなければ、適用されません。

さらにソフトバンクは、指定された機種にしか機種変更できません。

 

早期の返却についても、auとソフトバンクは24ヵ月分を一括で払う必要があります。

 

ドコモは、スマホの返却さえすれば、機種変更の必要もなく、解約したとしても適用されます!

早期返却で、まとまったお金を支払うなどのわずらわしさがありあません!

手数料完全【無料】!! 店舗での【待ち時間なし】!![ドコモオンラインショップ]はこちら! 

 

 

支払い総額と免除額の比較

では実際に、スマホを購入した場合のスマホ代金の支払い総額免除される金額を比較しました!

 

もちろんこの金額に、基本料金(通話料金、通信料金)がプラスされますが、今回は割引プログラムだけの比較を行いました。

 

【iPhone XR(64GB)を購入した場合】

キャリア ドコモ au ソフトバンク
プログラム名 スマホおかえし
プログラム
アップグレード
プログラムEX
半額サポート
iPhone XR
(64GB)の価格
9万8,496円 9万8,400円 10万6,560円
分割回数 36回 48回 48回
プログラム料 無料 390×24
=9,360円
無料
月々の支払額 2,736円 2,050円 2,220円
免除額 3万2,832円 4万9,200円 5万3,280円
24回までの
支払い総額
6万5,664円 5万8,560円 5万3,280円

 

【Xperia 1を購入した場合】

キャリア ドコモ au ソフトバンク
プログラム名 スマホおかえし
プログラム
アップグレード
プログラムEX
半額サポート
iPhone XS
(64GB)の価格
10万3,032円 11万2,320円 13万6,320円
分割回数 36回 48回 48回
プログラム料 無料 390×24
=9,360円
無料
月々の支払額 2,862円 2,340円 2,840円
免除額 3万4,344円 5万6,160円 6万8,160円
24回までの
支払い総額
6万8,688円 6万5,520円 6万8,160円

 

他社と免除額を比べると、auソフトバンクは48回中の24回を免除することで、半額を免除しています。

ドコモは36回中の12回を免除することで、1/3を免除をしています。

 

ドコモと他社を比べると36回払いなので、免除を受けるまでの自己負担額が多いです。

今回比較した2機種では、特にiPhoneでは差がありましたが、Xperia 1では3社の総支払額に大きな差はありませんでした

 

総支払額はドコモが高い傾向にありますが、機種によってその差は大きく異なるようです!

手数料完全【無料】!! 店舗での【待ち時間なし】!![ドコモオンラインショップ]はこちら! 

 

 

【まとめ】「スマホおかえしプログラム」とは?
au、ソフトバンクと比較!

 

ドコモが2019年夏モデルの発表と同時に、新しいスマホ購入プログラム

スマホおかえしプログラム

を発表しました!

 

スマホおかえしプログラムは、36回の分割で購入したスマートフォンをドコモに返却すると最大12ヶ月分の支払いが免除(無料)になるというプログラムになっています!!

 

auソフトバンクにも同様のプログラムがありますが、自社キャリアで機種変更したり、特定の料金プランの契約が必要だったりと、何かと条件が多いです。

 

しかしドコモの条件は、次のたったの2つで、非常にシンプルです!

 

プログラム定期王条件

  1. 対象のスマホを36回分割支払いにて購入
  2. スマホを返却するだけ!

 

 

ドコモの「スマホおかえしプログラム」は、加入条件に特定のプランへの加入や、適応条件に機種変更が必要といった面倒がないので、とても利用しやすいプログラムになっています。

 

ただし、単純にスマホの機種代金を他社と比較した場合は、他社の48回払いに比べて、36回払いの分、24ヵ月間(2年間)の総支払額は高くなってしまいます。

(機種によってその差は大きく異なりますが)

 

それでも、条件がほとんどなくて、スマホを安く使えるのはかなりのメリットです!

 

ドコモで「2年毎に機種変更をしている」「最新機種を安く使いたい」という人は検討する価値は十分にあります!

手数料完全【無料】!! 店舗での【待ち時間なし】!![ドコモオンラインショップ]はこちら! 

 

 

↓【全機種紹介】「はい」「いいえ」に答えていくだけで、自分に合ったスマホが選べます!

【ドコモ 2019夏モデル】おすすめスマホ!!「質問形式」で選ぶ! 全機種紹介! 最新ランキング!!スペック比較!まとめ [iPhone XS / XS Max / XR, Android]iPhone、Androidのドコモのスマホ全機種紹介&ランキング! 質問に「はい」「いいえ」で答えていくだけで、ドコモのスマホ全機種...
Feedly

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です