レビュー 評判

ソニーの低価格 完全ワイヤレスイヤホン WF-C500音質レビュー!!

実売1,1000円でソニークオリティ
WF-C500とWF-1000XM4と違いを比較!!

画像:SONY公式サイト

 

完全ワイヤレスイヤホンも超低価格の時代になり、Amazonを見ればめちゃくちゃたくさんのメーカーが発売しています。

一方、有名メーカーのものを選べば2~3万円台になり、音質と品質を求めるとまだまだ価格が高いとも言えます。

 

そんな中、ソニー実売11,000円というお値ごろ価格の完全ワイヤレスイヤホン
WF-C500を2021年10月8日に発売しました!

ソニーが低価格イヤホンがひしめく1万円前後のゾーンに参入したのは注目です。

 

Amazonでは10%のポイントが付きますし、これからも価格がさらに下がるのでコスパもどんどんよくなるでしょう!

画像:SONY公式サイト

 

WF-C500はノイズキャンセリングは搭載されていませんが、圧縮音源をCD音質相当の音質に向上させるDSEEを搭載しており、低価格ながらソニーの音質へのこだわりを備えています。

 

WF-1000XM4が人気のソニーですが、価格が3万円以上もします。

その音質のノウハウを低価格モデルに持ってきたWF-C500はなかなか期待できるのではないでしょうか。

 

今回、WF-C500を購入したので、その音質や使い勝手などをWF-1000XM4とも比較しながらガッツリとレビューします!

 

SORA
SORA

ソニーが低価格の完全ワイヤレスイヤホンを発売!

その音質がヒジョーに気になるところ!

ソニー クオリティ】実売11,000円の完全ワイヤレスイヤホンをチェック!!

 

👇 【購入レビュー音質比較!!】ソニー WF-1000XM4とAirPods Pro,1000XM3

【購入レビュー音質比較!!】ソニー WF-1000XM4とAirPods Pro,1000XM3ソニーのノイキャン搭載 完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」購入レビュー! 音質やノイキャン性能を旧モデルM3やAirPods...



「WF-C500」のスペックと特徴

スペック

項目 WF-C500
メーカー
ソニー
型番 WF-C500
発売時期
2021/10/8
価格(税込)
11,000円
(Amazon)
タイプ カナル型
接続タイプ
ワイヤレス
装着方式 完全ワイヤレス
(左右分離型)
ドライバー ネオジウムダイナミック 5.8mm
充電端子 充電ケース:
USB Type-C
ワイヤレス Bluetooth
Bluetoothバージョン Ver.5.0
対応プロファイル
HSP、HFP、AVRCP、A2DP
対応コーデック SBC
AAC
送信距離 約10m
充電時間 未公表
10分で60分再生
連続再生時間
(充電ケース使用)
最大10時間(20時間)
バッテリー容量 未公表
NFC
マルチペアリング対応 未公表
ノイズキャンセリング
ノイキャン深度
マイク
外音取り込み
音質調整
自動電源ON機能
自動電源OFF機能
防水・防滴性能
IPX4
リモコン
(本体操作)

物理ボタン
再生/停止
曲送り/戻し
音量調節
電話応答/終了
など
カラー
アイスグリーン
コーラルオレンジ
ホワイト
ブラック
重量
約5.4g x2(本体)
ケースサイズ
未公表
その他
DSEE
左右同時伝送接続
360 Reality Audio設定モデル
音声アシスタント呼び出し

 

「WF-C500」は実売11,000円でソニークオリティというのが一番の売りです。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)は搭載していませんが、DSEE左右同時伝送接続を搭載しているのでソニーらしい音質へのこだわりが見えます。

画像:SONY公式サイト

 

またWF-1000XM4より小型軽量になっており、カラーバリエーションもカジュアルな4色が選べます。

IPX4の防水もあるので、気軽に使うのにもよさそうです。

画像:SONY公式サイト

 

WF-C500の特徴
  • ソニーブランドで11,000円のお手ごろ価格
  • 圧縮音源をCD音質相当にアップスケーリングするDSEE搭載
  • コンパクトで軽量
  • トレンドカラーの4色
  • 本体のみで10時間、ケースを使って合計20時間のロングバッテリー
  • 10分の充電で60分再生できる急速充電
  • Bluetoothを左右同時に伝送して音切れしにくい
  • IPX4相当の防水性能
  • 360 Reality Audio認定モデル
  • 専用アプリ「Headphones Connect」対応

 

個人的にはソニーだからこそ有利だと思うのが、専用アプリ「Headphone Connect」に対応していることですね。

低価格モデルを中心に発売しているメーカーは、アプリがなかったり、アプリの作りや機能がイマイチだったりしますが、ソニーのアプリはイコライザーなど機能がしっかりしています!

 

また、立体音響技術の360 Reality Audio認定モデルなので、立体音響を個人の耳に最適化させることができます。

 

機能的には上位モデルには敵いませんが、最も気になるポイントは「音質」でしょう!

ソニーの低価格完全ワイヤレスイヤホンの音質はどうなのか、しっかりチェックしていきたいと思います!

 

SORA
SORA
低価格でもDSEEを搭載しているのはポイントが高い!

ソニー クオリティ】実売11,000円の完全ワイヤレスイヤホンをチェック!!



 

上位モデルWF-1000XM4との違い

WF-C500は11,000円と価格がおさえられていますが、では具体的に上位モデルのWF-1000XM4と比べて何が違うのでしょうか?

わかりやすく表にしました!

WF-C500とWF-1000XM4

 

項目 WF-C500 WF-1000XM4
価格(税込)
11,000円 33,000円
ノイズキャンセリング なし あり
大きさ コンパクト
5.4g
コンパクトだがWF-C500より大きい
7,3g
操作
物理ボタン式 タッチセンサー式
LDAC
非対応 対応
脱着センサー なし あり
防水
IPX4 IPX4
360 Reality Audio 認定モデル 認定モデル
ドライバー ネオジウム 5.8mm 高磁力ネオジウム 6mm
イヤーピース シリコン フォーム

 

主な違いはこんなところですね。

脱着センサーがなかったり、物理ボタン式になっていたりとコストがおさえられているところがありますが、そこが気になるかどうかは好みにもよるでしょう。

 

個人的には操作は物理ボタンの方がいいので、この点はWF-C500がいいですね。

LDAC対応はWF-1000XM4の大きな売りなのですが、僕的にはあまり重要ではないです。正直なところハイレゾ音質って違いが分からないので💦

 

SORA
SORA

違いを並べてみると、何で価格をおさえているのかよくわかる!

でもすべてが必要ではないよね。

ソニー クオリティ】実売11,000円の完全ワイヤレスイヤホンをチェック!!

 

👇 【購入レビュー音質比較!!】ソニー WF-1000XM4とAirPods Pro,1000XM3

【購入レビュー音質比較!!】ソニー WF-1000XM4とAirPods Pro,1000XM3ソニーのノイキャン搭載 完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」購入レビュー! 音質やノイキャン性能を旧モデルM3やAirPods...



開封・外観レビュー

開封!!

それでは開封していきましょう!

WF-1000XM4からソニーはプラスチックフリーのエコな再生紙製の箱になっています。

WF-1000XM4では本当に最小限の箱でしたが、WF-C500ではもう少し作りこまれていますね。

 

6.5インチのiPhone XS Maxと並べてみました。

小さめの箱ですね。

 

箱を開けると、「START」の文字と共に、セットアップ方法がイラストで描かれています。

世界市場向けっぽくなりましたね。

 

そして本体が登場!

 

付属品は、充電用ケーブル(USB Type-C)、イヤーピース(S、M、L)、取扱説明書類となっています。

 

充電ケーブル。本体側はUSB Type-Cです。

アダプターは付属しません。

 

サイズ別のイヤーピース。収納の仕方が面白いですね!

Mサイズは本体にデフォルトで装着してあります。

 

SORA
SORA

環境を意識したプラスチックフリーの箱!

イヤーピースの収納方法がめずらしい!

ソニー クオリティ】実売11,000円の完全ワイヤレスイヤホンをチェック!!



外観

それでは本体を見ていきましょう!

 

まずは充電ケース

WF-C500はカラフルな4色のバリエーションがありますが、僕はホワイトを購入しました。

なかなかオシャレな感じですね。

 

背面に充電用のUSB-C端子があります。

 

底面はフラットになっており、型番などが表記されています。

 

充電ケースのフタを開けるとこんな感じ。

触ってみて意外だったのが、フタのクリック感がしっかりしており、見かけほど安っぽさがないということ。

こういうところの作りを見るとソニーという感じがしますね。

 

充電ケースを上位モデルのWF-1000XM4と並べてみました。

横幅はWF-C500の方が長いですが、高さは低くなっています。

 

充電ケースはかなりコンパクトなので、女性の小さめのカバンにも入りますし、ズボンのポケットに入れても違和感ないですね。

ソニー クオリティ】実売11,000円の完全ワイヤレスイヤホンをチェック!!

 



本体のイヤホンを見ていきましょう。

デザインはWF-1000XM4を受け継いでおり、コンパクトです。

操作部分はタッチセンサー式ではなく、物理ボタン式となっています。

僕は物理ボタンの方が誤操作がなく好きですね。

 

これも写真では伝わりにくいのですが、格安イヤホンによくある安っぽいプラスチッキーな感じはなく、質感は高いです!

これは予想外で驚きました。

マットな感じというより、石のような感じなんですよね(ホワイトだから?)。

実際に見てもらわないと伝わらないですね💦

 

WF-1000XM4と並べました。

ノイキャンなど機能が少ない分、WF-C500の方が本体は更に小さくなっています。

 

SORA
SORA

思っていたより質感が高いのに驚いた!

やはりソニーだね

ソニー クオリティ】実売11,000円の完全ワイヤレスイヤホンをチェック!!



音質&機能 評価・採点!!
(WF-1000XM4とも比較)

画像:SONY公式サイト

 

それでは、WF-C500 を実際に使ってみて機能性のチェックや、音を実際に聴いた音質評価をしました!

 

やはり音質は一番気になりますよね。

価格は全く違いますが、上位モデルのWF-1000XM4とも比較しました!

価格差だけの音質の違いはあるのでしょうか?

ソニー クオリティ】実売11,000円の完全ワイヤレスイヤホンをチェック!!



外観・機能評価

画像:SONY公式サイト

 

外観や機能性について、僕自身が感じた評価を表にしました。

あくまでも僕一個人の主観であることをご理解くださいね。

 

項目 SONY
WF-C500
SONY
WF-1000XM4
デザイン マットな仕上がりで質感は高い。  マットな肌触りで高級感がある
フィット感 シリコン製のイヤーピースで密着感は高い。
WF-1000XM4と同様の耳の形にフィットするデザインでよくフィットする。
 M3より本体が小さくなり、フィット感は高くなり、安定している
遮音性 カナル型なので遮音性は高い フォームタイプのイヤーピースになり、密着性が高く遮音性は高い
音漏れ ほとんどない ほとんどない
携帯性 充電ケースが小さいので携帯性はよい。  充電ケースがコンパクトで、ズボンのポケットにも入れられる
操作性 物理ボタン式で誤操作が少なく、操作性はかなりよい。
ボタンの推し具合も硬くないので、操作時にイヤホン本体が押し込まれてしまうということもない。
 専用アプリでイコライザーを調整できる。
プリセットも豊富。
DSEE XTREMEによるハイレゾ変換、CLEAR BASSによる低音増強など可能。
どのプレイヤーアプリでもイコライザーは有効になる。
イコライザ ソニー共通のアプリ。
イコライザーの設定が豊富で、低音を強くしても音割れせずにキレイな低音が鳴る。
機能が非常に豊富
逆に使いたい機能を見つけるのに手間取る
すべてのイヤホン/ヘッドホン専用アプリで最も多機能と思われる。

 

もっと安いものがあるとはいえ、ソニーとしては1万円は低価格イヤホンですし、公式サイトの画像から「安っぽいだろうな」と思っていましたが、逆に意味で裏切られました!

 

イヤホン本体の質感はマットな仕上げで質感が高く、格安イヤホンのような安っぽさは見られません

 

充電ケースもかなりコストを抑えたような外観ですが、フタを開けるときのクリック感がしっかりしており、これもまた安っぽさはありませんでした。

こういったとことはやはりソニーですね。

 

操作は物理ボタン方式でコストを押さえていますが、僕としては物理ボタン式の方が好きです。

センサー式はどうしても装着するときにセンサーに指が触れて誤操作が起こってしまいますが、物理ボタン式では誤操作が起こりにくいです。

操作自体も、やはりクリック感のあるボタンの方がいいと思います。

 

ボタンの押す硬さも絶妙で、硬すぎるとイヤホン本体まで耳に押し込まれることになるのですが、そうならない程度のボタンの硬さになっています。

 

デザインはWF-1000XM4から受け継いだ耳の形にフィットするデザインになっているので、装着感はいいです。

 

11,000円ながらも、ソニーとしてのこだわりやノウハウが使われており、やはり他の格安イヤホンとは一線を画していますね

 

SORA
SORA

写真で見るより質感はいい!

ソニーのノウハウが詰め込まれている

ソニー クオリティ】実売11,000円の完全ワイヤレスイヤホンをチェック!!



 

音質評価

画像:SONY公式サイト

 

WF-C500 で実際に音楽を聴いての音質評価です!

音質について採点しました。

 

やはりこれが一番気になるところですね。

音質もWF-1000XM4と比較しました。

音質評価に使った曲・条件

・Silent Jealousy(2014 Remaster)(X Japan)
・Bohemian Rhapsody (2011 Mix)(QUEEN)
・Can You Keep A Secret? (2018 Remastered)(宇多田ヒカル)
すべてFLAC 96kHz/24bit

どちらのイヤホンもiPhone XS MaxにAACコーデックで無線接続



項目 SONY
WF-C500
SONY
WF-1000XM4
バランス 好みがあるので採点なし 好みがあるので採点なし
低音寄り。
傾向としてはWF-1000XM4に近い。
かなり低音寄り
高音の音質 7 8
高音はよくでており、耳に刺さる様な刺々しさもなく聴きやすい。 高音はよく出ており、音圧もある
中音の音質 6 8
若干中音域が弱い。
そのためか全体的に音の厚みはWF-1000XM4に比べると薄く感じる。
バランス的に低音のゲインが高いが、中音域もよく出ている
M3より音圧があり、音が前に出てくる感じ
低音の音質 7 9
低音はWF-1000XM4より弱い。
ボワボワした感じはなく、キレはいい。
ただ強いだけではなくキレイな低音
輪郭もはっきりしており、いい感じ
解像感 7 8
解像感はWF-1000XM4に劣るが高い。
特にDSEEをオンにすると音のざらつきが少なくなる。
ただ音の厚みは全体的に薄く感じる。
アプリで調節することで低音の厚みはキレイに増す。
音に厚みがあり、解像感も高い
合計
(100点換算)
27/40点
(67.5/100点)
33/40点
(82.5/100点)

採点は10点満点

 

 

結果から書きますと、
音質は良くも悪くもないといった感じです。

 

やはり3万円する上位モデルのWF-1000XM4にはおよびませんが、一般的な完全ワイヤレスイヤホンとしては音質はいいです。

そこはやはりソニーですね。

 

ただこの音質で例えば6,000円とかなら驚きですが、1万円という価格を考えると納得かなといったところです。

 

ただ、本体のハードウェア的な音質と直接関係ないですが、ソニーのアプリの出来がいいのでイコライザーによる調節やClear Bassによる低音の強調、DSEEによる音質アップが強みです。

 

他社の格安イヤホンではこれより安くて音質が同等であっても、アプリがなかったり、イコライザーで調節すると音が割れたりしますが、WF-C500ではそういったことがありません。

 

音の傾向としてはSONらしく、低音寄りではありますがWF-1000XM4ほど強い低音ではないです。

また、中音域が弱いのか全体的に音が薄く感じます

 

WF-1000XM4のように耳の形にフィットするデザインなので、装着感はよいです。

 

SORA
SORA

音質はいい方だけど、価格相応といった感じ!

ただ、ソニーのアプリは出来がいいので、それは大きなメリット。

ソニー クオリティ】実売11,000円の完全ワイヤレスイヤホンをチェック!!



【まとめ】実売11,000円でソニークオリティ!!
WF-C500購入&音質レビュー

画像:SONY公式サイト

 

ソニーが1万円前後の低価格帯の完全ワイヤレスイヤホンに参入!!

 

実売11,000円(税込)の

WF-C500を購入したのでレビューしました!

 

ノイズキャンセリングは非搭載ですが、DSEEや左右独立伝送などソニーらしく音質にこだわったモデルです。



【ここがイイ!ポイント】

  • SONYクオリティで11,000円の完全ワイヤレスイヤホン
  • CD音質相当の音質にアップスケーリングするDSEE機能
  • コンパクト&軽量
  • カラフルな4色ラインナップ
  • IPX4の防水性能
  • 物理ボタン式で誤操作しにくい
  • ソニーの専用アプリでイコライザー機能などが使える

 

【ここがイマイチ!ポイント】

  • もう少し音の厚みが欲しいところ

 

【こんな人にオススメ!】

  • 有名メーカーで低価格、音質のよい完全ワイヤレスイヤホンが欲しい人
  • ノイズキャンセリングは必要ない人
  • 軽量コンパクトでカジュアルに使いたい人

 

ソニー、アップル、BOSEなどの有名どころの完全ワイヤレスイヤホンは、3万円以上と高価格です。

そこでソニーは11,000円の低価格帯に参入しました!

Amazonでは10%のポイントが付きますし、これからも価格がさらに下がるのでコスパもどんどんよくなるでしょう!

 

人気モデルのWF-1000XM4のノウハウを持っているだけあって、質感はよく音質も悪くないです。

大きさもコンパクトでカラーも豊富なので、もっとカジュアルなソニーの完全ワイヤレスイヤホンが欲しいという人にもピッタリといえるでしょう!

 

今までソニーの完全ワイヤレスイヤホンはちょっと高いと思っていた人は検討してもいいでしょう。

 

SORA
SORA

11,000円でもソニークオリティ!

中国製の格安イヤホンはちょっと、、、という人におすすめ!

ソニー クオリティ】実売11,000円の完全ワイヤレスイヤホンをチェック!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です