PC パソコン

【世界初】折りたたみ有機ELノートPC ThinkPad X1 Fold

レノボから新登場!折りたたみノートPC
「ThinkPad X1 Fold」!

 

レノボから世界初となるディスプレイが折りたためるノートPC

ThinkPad X1 Foldが発表されました。

 

これまでディスプレイとキーボードが360°回転する「2in1」タイプのノートPCはありましたが、ディスプレイ自体が折りたためるのは世界初です!



ディスプレイの開閉によって、多様なシーンに対応し、使い方が広がる新しいコンセプトが心惹かれますね!

 

今回は2020年10月13日の発売を控えるレノボの折りたたみノートPC「ThinkPad X1 Fold」のスペックや特徴、発売日・価格をご紹介します!

 

SORA
SORA

折りたたみディスプレイが、ついにPCでも登場!!

いったいどんなPCなのか?

 

ThinkPad X1 Foldのスペック

ThinkPad X1 Foldのスペックは次の通りです。

 

項目 スペック
発売
2020年10月13日
型番 ThinkPad X1 Fold
メーカー レノボ・ジャパン
PCタイプ ノート
OS Windows 10 64bit
CPU Intel Core i5 with Intel Hybrid Technology
GPU ?
画面サイズ オープン:13.3インチ 有機ディスプレイ
クローズ:?
解像度 オープン:2,048×1,536
クローズ:?
タッチ機能
メモリ 8GB
ストレージ 512GB SSD
無線LAN
インターフェイス USB 3.0 Type-C×2、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.0、IRカメラ
Bluetooth
Webカメラ
Office ?
バッテリー ?
駆動時間 約11.7時間
サイズ 約W158.2×D236×H27.8mm
重量 約973g
カラー ブラック?
価格 363,000円(税抜)

 

「ThinkPad X1 Fold」は、世界初の折りたためるディスプレイを搭載したノートPCとして、際立った個性に加え、抜群のスペック性も魅力です。



ディスプレイサイズは、オープン時13.3インチと多彩なシーンに対応できる大きさながら、重量は1kg未満と持ち運びにも適しています。

 

メモリは8GB、ストレージは512GB SDDを搭載し、Wi-Fi 6に対応するなど、最新スペックのノートPCとしても不足はありません。

 

SORA
SORA

重量は1kgを切る軽さ!

スペックも充実しているね

 

ThinkPad X1 Foldの特徴

「ThinkPad X1 Fold」の特徴を1つずつみていきましょう。

 

ディスプレイが折りたためる」という世界初のコンセプトが、何を可能にするのか注目です!

世界初!折りたためる有機ELディスプレイ搭載!

 

これまでディスプレイが折りたためる「スマホ」や、ディスプレイとキーボードが折りたためる「2in1PC」などがありました。



「ThinkPad X1 Fold」は、世界初となる「ディスプレイが折りたためるノートPC」で、しかも有機ELが採用されています。

 

素材にピッチ系カーボンを採用することで、ディスプレイを折り曲げたときでもシワができず、耐久性とコンパクト性を両立したデザインも魅力的です。

 

SORA
SORA
ディスプレイの素材もこだわっている!

 

畳めばコンパクト!広げれば13.3インチの使いやすいノートPC!

 

「ThinkPad X1 Fold」のディスプレイサイズは、オープン時13.3インチと、ノートPCとして十分な大きさを実現しています。

 

オープン時には、ディスプレイ背面に搭載されたキックスタンドで自立させることができ、無線キーボードと分離させた形で利用可能です。

 

書類作成やプレゼンテーション、ビデオ会議など、ビジネスシーンでも活用できますし、ディスプレイを折りたためば、画面の上下で表示を分割といった使い方もできます。

 

折りたたんだ状態で、ディスプレイのした部分に専用の物理キーボードを設置すると、コンパクトPCとしても利用可能です。

 

キーボードを載せるだけで自動的にディスプレイの下半分が消えるので、バッテリー消費も抑えられますし、キーボードを挟んだ状態での持ち運びにも対応します。



本体サイズも畳むとW158.2×D236×H27.8mmと非常にコンパクトで、重量も1kg未満と持ち運びにも適しています。

 

SORA
SORA

キーボードを載せて小型ノートPCとして、

無線キーボードで13.3インチのPCとして使える!

折りたたみ機構はLGと共同開発!開閉を3万回繰り返しても平気な耐久性!

 

「ThinkPad X1 Fold」のコンセプトで気になるのが「折りたたみ機構」です。

 

折りたたみディスプレイを搭載すると、耐久性に関する問題点が生じることが多く、利便性とのトレードオフになってしまうケースも多くみられます。



「ThinkPad X1 Fold」では、5年もの時間をかけてLGと共同開発した独自の折りたたみ機構が採用されています。

 

3万回開閉を繰り返しても平気な耐久性を実現し、日本の三軸織物からヒントを得たヒンジを搭載することで、折りたたみ部分のディスプレイもフルフラットにできています。

 

SORA
SORA

LGと5年もかけて実現した折りたたみ機構!

3万回開閉の耐久性がすごい!

 

 

タッチペンも利用可能

 

「ThinkPad X1 Fold」は、付属のタッチペンによる操作にも対応しています。

 

ワコムの技術を応用し、追従性に優れたタッチペンになっており、ビジネス資料に手書きで情報を書き加えるといった使い方が可能です。

 

折りたたんだ状態でも、抜群の入力性能を示してくれます。

ThinkPad X1 Foldの発売日・価格

 

「ThinkPad X1 Fold」の発売日・価格は以下の通りです。

 

  • 発売日:2020年10月13日
  • 価格:363,000円(税別)

 

国内向けの発売は2020年10月13日とメディアなどで発表されています。

 

世界初の「折りたたみディスプレイ搭載ノートPC」ということもあり、価格は少しお高めですが、最新ガジェットが好きな方にとっては、注目の新商品といえるでしょう。

SORA
SORA

やはり価格は高い!

こればかりは初物だから仕方ないね



【まとめ】使い方無限大!折りたたみディスプレイの
「ThinkPad X1 Fold」!

 

Echo Show 10のまとめ
  • 世界初の折りたたみ有機ELディスプレイ搭載のノートPC
  • オープン時は13.3インチの大画面で自立スタンドを搭載
  • 畳めばコンパクトで重量は1kg未満!
  • 折りたたみ機構は3万回の開閉耐久性
  • タッチペンにも対応で多彩なシーンで使える

 

レノボから発表された世界初の折りたたみディスプレイ搭載ノートPC

「ThinkPad X1 Fold」を紹介しました。

 

価格は税別363,000円とお高いですが、最新ガジェットに目がない人にとっては、手が出せる範囲かもしれません。



折りたたみスマホのように、発売から1〜2年後に改善版の新モデルが登場するかもしれませんが、世界初の新製品をいち早く手にしたい方は、発売間近の「ThinkPad X1 Fold」に注目してみましょう!

 

SORA
SORA

世界初の折りたたみPC!

初物が好きなガジェットマニアにはチェック!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です