iPhone

【ここが残念!!】5G対応 iPhone12シリーズ発売!!

ついに発売!
iPhone12 / 12 mini /12 Pro / Max 全機種をチェック!
期待通り? 期待外れ!?

 

2020年10月14日午前2時(日本時間)に行われたアップルの新作発表会にて、注目の新型

iPhone12シリーズの詳細がリリースされました!

 

今回は、

iPhone 12iPhone 12 mini

iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max

の4種類がラインナップ!

 

iPhoneシリーズ初となる5G対応をはじめ、デザインの刷新やコンパクトモデルの追加など、新しいコンセプトを盛り込んだことも話題を集めました。

 

そして、シリーズ最高のスペックにも注目で、ディスプレイ、カメラ、CPUなど見所が盛り沢山となっています。

 

ただ、期待外れで残念なところもいろいろと見られました、、、💧

 

今回は発表されたばかりのiPhone12シリーズ全機種を徹底的に紹介していきます!

 

SORA
SORA

コロナでちょっと延期されて、ついに発表!

いったいどんなところが進化したのか!?

最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

最新 iPhone を[au]でチェック

最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック



iPhone12シリーズのスペック

今回発表されたiPhone12シリーズは全4機種のラインナップとなっています。

 

  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

それぞれのスペックは次の通りです。

旧モデルのiPhone11/11 Proとも比較しました!

 

iPhone 12 シリーズは、デザインが大きく変わりました

今まで丸みを帯びた側面が、平面になり、昔のiPhoneに戻ったようなデザインとなりました!

 

それぞれのモデルに最新のCPU「A14 Boinic」が搭載されるなど、最新モデルとして充実したスペックを有しているが、各モデルで細部は異なります。

 

まず、ディスプレイサイズはそれぞれのモデルで5.4インチ(mini)〜6.7インチ(Pro Max)と幅広いのが特徴です。

 

ディスプレイに合わせても全体のサイズも異なっており、最も小さい iPhone12miniは手の小さい方でも持ちやすい大きさになっています。



ハイエンドモデルのiPhone 12 Pro Maxは、シリーズ内でも最大の6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しています。

 

さらに、ストレージのラインナップも異なり、Pro/Pro Maxは最大512GBの容量にも対応しています。

 

カメラは12/12miniはデュアルレンズに対して、Pro/Pro Maxはトリプルレンズを採用。

 

さらに、Pro/Pro MaxはLiDARスキャナに対応するなど、ハイエンド限定の機能も搭載されています。

 

SORA
SORA

4モデルあるけど、上手く棲み分けできてる印象だね

SoCはどのモデルでも最高スペックなのがうれしい!

最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

最新 iPhone を[au]でチェック

最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック

iPhone12 Proの特徴

 

ハイエンドシリーズのiPhone 12 Pro/Pro Maxの特徴についてご紹介していきます。

 

最新かつ最高のスペックを搭載した新型iPhoneの凄さを1つずつ紐解いていきましょう。

最新CPU「A14 Bionic」を搭載

iPhone12シリーズ全機種には、最新CPU「A14 Bionic」が搭載されています。

 

業界初の5ナノメートルという小ささに、先進的な技術を盛り込み、トランジスタの数が40%アップしたことで、さらなる高速化を実現しました。



他のスマホよりも最大50%の高速化を実現し、電力効率も向上したため、より長くバッテリーが持ちます!

 

学習機能やカメラ、通信機能など、最高スペックを搭載した機能を円滑に動かす上で必要となるパワーを備えています。

 

SORA
SORA
業界初の5ナノメートルのA14 Bionicの性能はすごい!

最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

最新 iPhone を[au]でチェック

最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック

ディスプレイはシリーズ最大の6.7インチまで対応

 

iPhone Pro Maxには、シリーズ最大となる6.7インチのディスプレイが搭載されています。

 

全機種に有機ELディスプレイ(OLED)の「Super Retine XDRディスプレイ」が採用されており、HDR表示・True Tone、高色域(P3)、触覚タッチ、コントラスト比(2,000,000:1)など、充実したスペックを誇っています。

 

今まで以上の細かな色、明るさ、コントラストを実現しています。

 

SORA
SORA

6.7インチはかなり大きいね!

もちろん有機EL!

最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

最新 iPhone を[au]でチェック

最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック



トリプルレンズ搭載の高性能カメラ

 

iPhone 12 Pro/Pro Maxには、「広角」「超広角」「望遠」の3つのカメラが搭載されています。

 

最大10倍(Pro)・12倍(Pro Max)のデジタルズームを備え、光学式手ぶれ補正に加えて、Pro Maxにはセンサーシフト方式の光学式手ぶれ補正が搭載されています。

 

センサーの大型化を図っており、暗い場所で撮影するビデオの画質を87%も向上させました。

 

SORA
SORA

カメラは4眼にはならずに、3眼のまま。

でも、性能が大幅アップ!

光学式手振れ補正はいいね!

最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

最新 iPhone を[au]でチェック

最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック



ProシリーズにはLiDARスキャナを搭載

 

Pro/Pro Maxのカメラには、「LiDARスキャナ」が搭載されています。

 

より精度の高い深度計測が可能となるため、高速かつリアルなAR体験を実現しており、暗いシーンでのオートフォーカスも6倍向上させました。

 

ナイトモードでもポートレート撮影が可能になっているため、背景をボカすなど一眼レフのような写真を撮ることができます。

 

SORA
SORA
暗いシーンでの撮影の幅が増えたのは、かなりうれしい!



6つのエフェクトを備えたポートレートライティング

 

ポートレートライティングには、「自然光」「スタジオ照明」「輪郭強調照明」「ステージ照明」「ステージ照明:モノ」「ハイキー照明:モノ」の6つのエフェクトが搭載されています。

 

質感の異なるエフェクトを使い分けることで、ハイエンドなカメラにも負けない撮影機能を実現しました。



RAW撮影を進化させた「Apple ProRAW」

 

静止画撮影では、RAW撮影を進化させた「Apple ProRAW」が新機能として採用されました。

 

標準的なRAW情報を内包しながら、色や細部の描写、ダイナミックレンジを細かく設定できるようになり、画像編集の自由度がグッと高まりました。

 

SORA
SORA

ついにiPhoneでRAW撮影が可能に!

これは一眼レフに大きな影響を与えそう、、、💦

最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

最新 iPhone を[au]でチェック

最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック



動画撮影は最大4K/60fpsにまで対応

 

動画撮影機能では最大4K/60fpsにまで対応し、Dolby Vision方式によるHDR撮影も可能になりました。

 

動画撮影の性能が8bitから10bitにアップし、7億色を捉えることでより現実に近い高画質な映像を撮影できます。

 

映画スタジオでも使われているDolby Visionによるビデオ撮影は、iPhone上で編集も可能です。

 

SORA
SORA

7億色とか、もう意味が分からん、、、

Dolby Visionで撮影できる機器って、ビデオカメラ含めて、初めてじゃないのか、、?



バッテリーはPro Maxのみ大容量

バッテリー容量については、「Pro:2,775mAh」「Pro Max:3,687mAh」と言われており、Pro Maxのみ大容量化が図られています。

 

Proのバッテリーは前作よりも小型化されているため、充電持ちなどを懸念する声もあります。

優れた耐久性と防水性能

iPhone12シリーズのカバーガラスには、ナノセラミッククリスタルを取り入れた「Ceramic Shield」を採用。

 

金属よりも硬いといわれる素材を使用することで、かつてない強度も実現しています。

 

さらに、IP68の防水性能や前作よりも4倍向上した耐落下性能など、耐久性についても充実ぶりが伺えます。

 

SORA
SORA
強度も防水もバッチリ!

最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

最新 iPhone を[au]でチェック

最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック



MagSafeアクセサリが新登場

 

iPhone12シリーズで新たにMagSafeという専用アクセサリが追加されました。

カードケースを裏面にマグネットで貼り付けられるようになっており、ワイヤレス充電にも対応しています。

 

カラーやデザインのバリエーションも豊富で、さまざまな組み合わせの中から自由なコーディネートを楽しめます。

 

iPhoneと一緒に身分証明書やクレジットカードを持ち歩きたい方におすすめです。

 

SORA
SORA
MagSafeはケースだけじゃなく、マグネットでピタッとくっつく充電器なんかもある!

最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

最新 iPhone を[au]でチェック

最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック



iPhone12の特徴

iPhone12/12 miniの特徴を見ていきましょう。

 

Pro/Pro Maxとは異なる部分について把握しながら、どのモデルを選ぶか決めてみてください。

iPhone 12/12 miniはミリ波非対応

 

iPhone12シリーズは全機種で5Gに対応しているものの、「Pro/Pro Max」と「12/12mini」で仕様が異なります。

 

「Pro/Pro Max」では、「Sub 6(6GHz)」に加えて、より高速な通信を可能にする「ミリ波」に対応していますが、「12/12mini」は「Sub 6」のみで「ミリ波」には非対応となっています。



5Gらしい大容量・高速通信を体感するためには「ミリ波」に対応している必要があるため、それに対応していない「12/12mini」は少し見劣りしてしまうでしょう。

米国モデルの「Pro/Pro Max」はミリ波に対応ですが、日本のドコモ、au、ソフトバンクが発売するモデルは、ミリ波に非対応(Sub6のみ)のようです。

最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

最新 iPhone を[au]でチェック

最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック

カラーバリエーションが異なる

 

「12/12mini」と「Pro/Pro Max」では、カラーバリエーションが異なります。

 

  • 12/12mini:ブラック、ホワイト、、グリーン、ブルー
  • Pro/ProMax:シルバー、グラファイト、ゴールド、パシフィックブルー

 

「12/12mini」の方がポップなカラーなのに対して、「Pro/Pro Max」には、落ち着いた高級感のあるカラーが採用されています。

 

SORA
SORA
12/12 miniは、ライトなイメージだね



手の小さい人におすすめのコンパクトモデル

 

iPhone 12 miniはディスプレイサイズが5.4インチと小さく、本体サイズはiPhone SE(第2世代)よりもコンパクトになっています。

 

全体を通じてサイズの幅が広くなり、手の小さい方でも使いやすいコンパクトなモデルがラインナップされました。

 

SORA
SORA
まだまだ大型化するスマホで、コンパクトで高性能なモデルは貴重な存在!

最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

最新 iPhone を[au]でチェック

最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック

カメラはデュアルレンズ

 

iPhone 12/12miniのカメラには、デュアルレンズが搭載され、光学式手ぶれ補正に対応しています。

 

最大5倍のデジタルズームやナイトモード、ポートレートライティングなど、機能性も充実しており、細部を鮮明に捉える「Deep Fusion」やホワイトバランスの調整が可能な「スマートHDR3」も搭載されています。



動画撮影も最大4K/60fpsに対応し、暗い場所での撮影性能も向上しています。

 

最大30fpsのDolby Vision対応HDRビデオの撮影も可能で、iPhone上での編集にも対応しています。

 

SORA
SORA
デュアルカメラでも、普通に使うには十分な機能と性能!

最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

最新 iPhone を[au]でチェック

最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック

[残念なところ]
搭載されなかった機能について

いろいろとパワーアップしたiPhone12シリーズですが、最新のiPhone12シリーズが発表されるまでに、リーク情報を含めてさまざまな憶測が飛び交いました。

 

これらの中には、Androidスマホではすでに採用されている機能も結構あり、今回のiPhoneにぜひとも搭載して欲しかったものがあります。

 

今回の発表で残念ながら搭載されることがなかった機能についても触れていきます。

ProMotionディスプレイ

 

最新のiPhone 12には、リフレッシュレート120Hzに対応した「ProMotionディスプレイ」が搭載されるという噂が広がっていました。

 

iPad Proにも導入されたことから、新型iPhoneでの搭載も期待されたのですが、今回の発表で搭載されないことが明らかとなりました。

 

より速いレスポンスやゲームパフォーマンスの向上が期待されたのですが、バッテリー消費などの問題が搭載を見送った原因として指摘されています。



Androidスマホでは、ゲーミングスマホを中心に120Hzを超えるリフレッシュレートも当たり前になってきています。

ゲーミングスマホを触ったことがありますが、かつてのAndroidからは想像できない、なめらかでサクサクした操作性でした!

 

なめらかな動きといえばiPhoneだったので、ぜひともProMotionディスプレイは搭載して欲しかったですね。

 

SORA
SORA

120Hzのなめらかな操作性は、一度味わったらやめられない!

これはぜひとも搭載して欲しかった!

 

最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

最新 iPhone を[au]でチェック

最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック

ノッチの小型化

 

iPhone12シリーズでは、ノッチの小型化または廃止が採用されるのではないかという噂もありました。

 

しかし、iPhone12でもノッチデザインは継続されることになっています。

ノッチの小型化に関しては、次のiPhone13で検討される見込みです。



ノッチについてもAndroidでは小型化は当然ながら、Galaxyのようにピンホールカメラにすることでノッチのない画面を実現しています。

Galaxyではノッチはなく、カメラの丸い部分だけになっている

 

また、最新のAndroidでは画面にカメラを埋め込み完全な全画面ディスプレイを実現したもの登場しています!

 

ノッチによる大画面を最初に採用したのはiPhoneですが、そこからの進化が止まっており、やはりノッチの小型化は急務といえるでしょう!

 

SORA
SORA
iPhoneも、そろそろ大きなノッチをなんとかしないといけないと思います!

最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

最新 iPhone を[au]でチェック

最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック

画面内蔵指紋認証

iPhone 12の認証システムは「Face ID」のみで、指紋認証は搭載されませんでした。

 

Androidでは一般的になっている画面内指紋認証についても搭載は見送られており、引き続き顔認証のみの仕様となりました。

Galaxyに搭載の画面内指紋認証

 

今回、Face IDのみというのは個人的にはショックが大きいです。

コロナ禍により、マスクをする生活が当たり前になり、顔認証より指紋認証の方が使いやすくなってしまいました。

 

もちろん顔認証も便利なので、両方搭載されるのがベストですね。



何より、Androidではかなり多くの機種に採用されている「ディスプレイ内蔵型指紋認証」を搭載しなかったのは残念です。

 

SORA
SORA
ディスプレイ内蔵型指紋認証は、認証速度に問題ありともいわれていて、その辺がアップルの基準を満たさないのかもしれないね

最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

最新 iPhone を[au]でチェック

最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック

物理端子の廃止

iPhoneでイヤホンジャックが無くなり、最終的にはLightningやUSB-Cを廃止し、全てをワイヤレスで行うという噂がありました。

 

今回のiPhone12シリーズでは、USB-C・Lightningケーブル共に継続して採用されています。

 

これは逆に採用されなくてよかったです!

物理端子がなく、すべてワイヤレスというのは、絶対トラブルが起こった時に困りそうですよね。

 

SORA
SORA
完全ワイヤレス化は進めていきそうだけど、ほんとに大丈夫か?

最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

最新 iPhone を[au]でチェック

最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック



iPhone12シリーズの発売日・価格

iPhone12シリーズの予約開始日と価格は下記の通りです。

 

  • 予約開始日:
    iPhone 12/Pro:2020年10月16日
    iPhone 12 Mini/Pro Max:2020年11月6日

 

機種 価格(税別)
iPhone 12 64GB:85,800円
128GB:90,800円
256GB:101,800円
iPhone 12 mini 64GB:74,800円
128GB:79,800円
256GB:90,800円
iPhone 12 Pro 128GB:106,800円
256GB:117,800円
512GB:139,800円
iPhone 12 Pro Max 128GB:117,800円
256GB:128,800円
512GB:150,800円

 

「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」は、2020年10月16日からの予約開始。

 

「iPhone 12 Mini」「iPhone 12 Pro Max」は、2020年11月6日からの予約開始とモデルによってずれているので注意してください。

 

SORA
SORA

最安値がiPhone 12 mini 64GBで、74,800円

最近の低価格な5G Androidに対抗できる値段だね!

最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

最新 iPhone を[au]でチェック

最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック



【まとめ】ついに登場!! iPhone12シリーズ
その進化と残念なところ

 

iPhone12シリーズのまとめ
  • iPhoneシリーズ初となる5G対応
  • 最新CPU「A14 Bionic」を搭載
  • ディスプレイサイズは5.4〜6.7インチまでラインナップ
  • Pro/Pro Maxはトリプルカメラで「LiDARスキャナ」を搭載
  • 動画撮影は最大4K/60fps、Dolby Vision方式のHDR撮影にも対応
  • iPhone12/12 Miniは「ミリ波」非対応

Appleファンが待ち望んだ新型iPhone12シリーズが発表されました。

 

iPhone初の5G対応モデルとなり、多くのスペックアップもありましたが、残念ながら採用されなかったところもありました。



2020年10月16日から「iPhone12」と「iPhone12 Pro」の予約がスタートするので、気になっている方は、今すぐに準備を進めておきましょう。

 

シリーズ最高のスペックと幅広いラインナップなど、見所の多いiPhone12シリーズが実際に手に入るまで待ち遠しいですね!

 

SORA
SORA

ついに5G対応のiPhone!!

今買うなら、5G対応のモデルを買った方がいいでしょう!

最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

最新 iPhone を[au]でチェック

最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です