イヤホン・ヘッドホン

【Shure 初の完全ワイヤレスイヤホン】「AONIC 215」が登場!!

シュアーから超高性能な完全ワイヤレスイヤホンが登場!
モジュール式で有線を無線にもできる!?

 

Shure(シュア)がブランド初の完全ワイヤレスイヤホン

AONIC215を発売開始しました!

 

Shureといえば、マイクやヘッドホン、イヤーモニター(イヤホン)などをプロ向けに生産しているオーディオ界の中でも高級ブランドに入るメーカーです。

 

そんなShureの完全ワイヤレスイヤホンと聞いて、気になってしょうがないオーディオマニアは多いハズ。

 

AONIC215は、Shureの高音質はもちろん、ワイレスユニットがモジュール式になっており、既存の有線イヤホンを完全ワイヤレスイヤにすることができます!

 

今回は、AONIC215の特徴やスペックをご紹介します!

 

SORA
SORA

音響のプロフェッショナルメーカー「Shure」の完全ワイヤレスイヤホン!

これは気になるでしょー!!

Shure AONIC215プロ音響機器メーカーの完全ワイヤレスイヤホン!!こちらをチェック!



AONIC215 のスペック

項目 スペック
対応コーデック aptX、AAC、SBCなど
連続再生時間 最大8時間
キャリングケース使用で合計32時間
Bluetooth Bluetooth5.0対応
ノイズキャンセリング 不明
付属品 充電ケース
RMCE-TW1ワイヤレス・アダプターセット x 1
Micro-USB-C充電ケーブル
ソフト・フレックス・スリーブ(S、M、L)x 1
フォームスリーブ(S、M、L)x 1

 

AONIC215の最大の特徴は、イヤフォン部分とワイヤレスユニット部分が分離できることです!

 

後述しますが、イヤホン部分を取り換えることで、MMCXコネクターに対応した有線イヤホンをワイヤレス化できます

 

イヤホンとワイヤレス部分が分離する完全ワイヤレスイヤホンは非常に珍しく、自由度とShureらしさを感じさせてくれます。

 

イヤホン部分は、有線イヤホンとして発売されているSE215と全く同じです。

 

 

対応コーデックには、完全ワイヤレスイヤホンには珍しいaptX(SBCの欠点を補ったプロ用の高音質コーデック。特許・技術はクアルコムが所有)に対応しているのも渋いですね!

 

また連続再生時間も割と長め。AppleのAirPodsは最大5時間、キャリングケースを利用して24時間となっているため、バッテリーのタフさは全然違います。

 

ノイズキャンセリング機能については発表されていませんが、遮音性はあり最大37dBまで遮断出来るとのことなので、周囲の音に邪魔されることはあまりなさそうです。

 

移動中の時は、外音取り込みモードを利用することで周りの音もしっかりと聞き取れます。

 

SORA
SORA

イヤホン部分が交換式なのは新しい!

そして完全ワイヤレスには珍しい、aptX対応なのはかなりそそる!

Shure AONIC215プロ音響機器メーカーの完全ワイヤレスイヤホン!!こちらをチェック!



AONIC215 の特徴

モジュール式で有線イヤホンを無線にできる!

 

AONIC215の最大の特徴は、モジュール式でイヤホン部分が交換可能なことでしょう!

 

ワイヤレスモジュール部分は、MMCXコネクターを装備しているので、MMCXコネクターに対応した既存の有線イヤホンを完全ワイヤレスイヤホンにすることができます!

 

音にこだわりをもって使ってきた有線イヤフォンを、完全ワイヤレスイヤホンにできるというのは素晴らしい発想ですね。

 

Bluetoothのコーデックは、aptX、AAC、SBCに対応しているので、Androidスマホであれば高音質なaptXで接続可能です。

完全ワイヤレスイヤホンでaptXに対応しているのはかなり珍しいので、これだけでも買う価値はあるでしょう。

 

また、ワイヤレスモジュール部分は「RMCE-TW1 完全ワイヤレス・セキュアフィット・アダプター」として単体で発売される予定もあるので、イヤホン部分は必要ないという人も、価格を押さえて購入できます!

 

SORA
SORA

MMCXに対応したイヤホンを取り付け可能!

お気に入りの高級イヤホンを完全ワイヤレス化できるのは素晴らしい!

Shure AONIC215プロ音響機器メーカーの完全ワイヤレスイヤホン!!こちらをチェック!



より高性能なワイヤレスモジュール

 

完全ワイヤレスイヤホンの最大の欠点は、混線や音途切れの多さと言われており、安価なワイヤレスイヤホンを買って後悔した人も多いはず。

 

一方AONIC215は、Shureのトップレベルのエンジニアが監修した超高品質な回路を搭載しており、電波障害は最小限に抑えられているとの事です。

 

また完全ワイヤレスだからといって音質には妥協がなく、プロ用のオーディオ機器でも利用されているShurePlus Play APPによって音質を自在にチューニングできるようになっています。

 

 

SORA
SORA

さすがプロ用機器のShure!

ワイヤレス技術も高い!

Shure AONIC215プロ音響機器メーカーの完全ワイヤレスイヤホン!!こちらをチェック!



Shureらしいデザイン

AONIC215のイヤホン部分は、有線モデルのSE215と全く同じなので、当然デザインも一緒です。

 

そのためオーディオ好きならひと目見ただけで、「Shureのイヤホンだ!」とわかるはず。

 

AirPodsよりずっと音楽にこだわりのある人間だとアピール出来ることでしょう!

 

SORA
SORA

なんだかんだ言っても、ブランドも大事!

音楽に詳しい人なら「Shure」ブランドは魅力的だよね!

Shure AONIC215プロ音響機器メーカーの完全ワイヤレスイヤホン!!こちらをチェック!



兄弟機も続々登場!

 

Shureは今後、SE215だけでなく、SE846やSE535、SE425など既存の有線モデルのイヤホンにも接続するだけで完全ワイヤレス化できるセキュア・フィット・アダプター「RMCE-TW1」を発売する予定です。

 

すでにいずれかのイヤホンを持っている人は、そのままワイヤレスにも出来るのでかなり嬉しいですね!

 

RMCE-TW1は予想価格2万円台となる見込みです。

 



AONIC215の価格

  • 発売日(予定):2020年4月3日(金)
  • 店頭予想価格:実売価格32,780円(税込)

 

発売日は2020年4月3日となっており、実売価格は32,780円程度。

 

完全ワイヤレスイヤホンのなかでもハイエンドな高級機となっており、Shureらしさは健在です。

 

AirPods Proの30,580円(税込)よりも少し高いですが、Shureだけに音質が期待できることや、モジュール交換式などを考えると十分購入候補にあがるのではないでしょうか?

 

ちなみにAONIC215のカラーはトランスルーセントブラック、クリア、トランスルーセントブルー、ホワイトの4色です。

 

Shureらしいと言えば、「トランスルーセントブルー」や「クリア」なので、カラー選択に迷う場合はオススメ!特にトランスルーセントブルーが人気となりそうですね!

 

SORA
SORA

AirPods Proより少し価格は高いけど、

性能を考えると十分アリだと思う!

Shure AONIC215プロ音響機器メーカーの完全ワイヤレスイヤホン!!こちらをチェック!



【まとめ】AONIC215はShure初完全ワイヤレスイヤホン!

 

Shure AONIC215のまとめ
  • Shure初の完全ワイヤレスイヤホン
  • イヤホン部分はSE215と同じ
  • イヤホン部分が着脱式で既存の有線イヤホンを完全ワイヤレスイヤホンにできる
  • aptXに対応する高音質設計
  • 音途切れ、混線が少ない

 

イヤホン好きなら知らぬものはいないほどの高級ブランドSHURE

その完全ワイヤレスイヤホンが登場したことで、同業界の争いは激しくなりそうです。

 

特に音にこだわりのある人は、AirPodsから乗り換える人も続出するかもしれません!

個人的には、かなり魅力的な完全ワイヤレスイヤホンだと感じました!

 

SORA
SORA

満を持してShureが完全ワイヤレスイヤホンを発売!

音質はもちろん、モジュール式のシステムは素晴らしい!

音にこだわりのある人には、超魅力的だよね!

Shure AONIC215プロ音響機器メーカーの完全ワイヤレスイヤホン!!こちらをチェック!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です