レビュー 評判

【買うべき!?】新型ウォークマンNW-A105音質比較&点数評価!

新型 ストリーミング音楽対応ウォークマン
NW-A100シリーズの音質をiPhoneやXperiaと比較・採点!!

 

Android OSを搭載することで、Apple musicやAmazon Music、Spotifyなどのストリーミング音楽サービスにも対応した、新型ウォークマン

NW-ZX500」「NW-A100シリーズ

が発売されました!

 

僕自身待ち焦がれていた商品だったので、NW-A105を購入しました!

👇ストリーミング音楽対応ウォークマンNW-A105のレビューはコチラ!!

ウォークマンNW-A105レビュー!【買わない方がいい理由】ストリーミング対応ウォークマン NW-A105のレビューです! ストリーミング音楽が高音質で聴けるとあって、ものすごく期待したのですが...

 

しかし気になるところがあります。

「Android搭載なら、スマホと音質はどう違うの?

ということです!

 

Androidにすることで、バッテリーの持ち時間はこれまでのウォークマンとは比較にならないくらい短く、犠牲になっています。

 

スマホで音楽を聴かずに、わざわざ別に(スマホのような)ウォークマンを持つ意味があるのか?

 

そういったことも含めて、今回、ウォークマンNW-A105のヘッドフォンを有線接続での音質Bluetooth接続での音質比較して、採点しました!

 

ぜひ、ウォークマンを購入する際の参考にしていただければと思います!

 

SORA
SORA

本当にウォークマンはスマホより音がいいの?

わざわざスマホと別に持つ意味はあるのかな?

【ウォークマン】音楽ストリーミング対応!!ストリーミングウォークマンをチェック!!

一番安いiOS端末!!【Apple iPod touch】最新モデルをチェック!!



音質比較

比較した機器など

皆さんも気になっていると思いますが、

新型ウォークマンNW-A105の音質について比較・評価しました!

 

僕自身、耳が肥えている訳ではありませんが、一応バンドで楽器もしていたので、多少は音の違いは判るのではと思っています。

 

今回、音質の比較には、手元にあったiPhoneおよびAndroidスマホを使って比較しました。

 

比較に使った機器や配信サービス、曲は次の通りです。

項目 詳細
再生機器
  • NW-A105(ソニー)
  • iPhone XS Max(アップル)
  • Xperia XZ(ソニー)
  • Zenfone 2 Laser(ASUS)
ヘッドフォン
  • ソニー MDR-1000X
    (ハイレゾ対応、ノイズキャンセリング、LDAC、有線接続可能)
接続形式
  • 有線接続
    (3.5mm端子アンバランス)
    ※iPhoneは、Lightning-3.5mm変換アダプタを使用
  • 無線接続(Bluetooth)
    (コーデック: LDAC、AAC、aptX)
配信サービス
  • Amaozn Music HD
  • YouTube Music
サンプル曲
(アーティスト)
  • Can You Keep A Secret?(宇多田ヒカル)
  • Pretender(Official髭男dism)
音質
(bitrate/kHz)
  • Amazon Music HD
    Ultra HD: 24bit/96kHz
    アプリからの出力:24bit/48kHz
  • YouTube Music
    高音質:256kbps

 

再生機器には、今回のメインであるウォークマンNW-A105の他に、iPhone XS Max、同じソニーのXperia XZ、格安スマホからASUS Zenfone 2 Lazerです。

 

Androidは古めの機種になってしまいましたが、ご了承ください💧

 

ヘッドフォンはMDR-1000Xで、シリーズの初期型ですが音質は今でも上位クラスです!(もちろんハイレゾ対応)。

MDR-1000X

 

配信サービスとして、現在最も高音質なハイレゾで音楽が聴けるAmazon Music HDから、Ultra HD配信(24bit/98kHz)で配信されている曲を選びました!

CDの音質を超えるハイレゾのストリーミングが聴ける!!

 

また、宇多田ヒカルのCan You Keep A Secret?は、僕自身、聴きなれた曲であること、宇多田ヒカルの歌唱力からも音質の比較にちょうどいいと感じました。

宇多田ヒカル – Can You Keep A Secret? (Official)

 

ヒゲダンもボーカルが中心で、ロックほどノイジーじゃないので、比較しやすいと考えました。

Official髭男dism – Pretender[Official Video]

 

YouTube Musicは、従来の圧縮音源によるストリーミング音楽と、ハイレゾのAmazon Music HDとの比較として選択しました。

 

SORA
SORA

iPhone、Xperia、その他のAndroidで比較!!

ヘッドフォンもいいやつ使ったヨ!

【ウォークマン】音楽ストリーミング対応!!ストリーミングウォークマンをチェック!!

一番安いiOS端末!!【Apple iPod touch】最新モデルをチェック!!



音質比較の結果

 

音質の比較結果は次の通りです!

いくつかの条件ごとに比較しました。

 

ハッキリ言って、点数はかなり僕の主観ですので、その辺を踏まえた上でお読みください!

 

検証1:ヘッドフォンは“有線接続”で
ハイレゾ(Ultra HD)音源の聴き比べ

 

ヘッドフォンを有線で接続し、ハイレゾ音源(Ultra HD)を聴き比べました。

採点して点数も付けました(ウォークマンを10点とした)。

モデル 感想 点数
NW-A105
(ソニー)
聴いた瞬間になめらかだと分かる。

他の再生機がざらついているのに対して、絹のような感じ

ClearAudio+“をオンにすると、音の広がりと透明度が増し、かなり素晴らしくなる。

10
(基準)
iPhone XS Max
(アップル)
音圧はあるが、少し音の粒が粗い 8
Xperia XZ
(ソニー)
少し音の粒があらくざらついているがiPhoneほどトゲトゲしくはない。

Amazon Musicアプリでは、“ClearAudio+”が有効にならない

9
Zenfone 2 Laser
(ASUS)
Xperia XZと似た傾向。粗くざらついている感じ。 8

 

やはり音楽専用プレイヤーのウォークマンだけあって、聴き比べた瞬間に音の違いを感じました!

 

正直、僕の耳で違いは分からないのではと思いましたが、ちゃんと分かったので一安心ですw

 

表にも書いた通り、スマホではざらついているというか、トゲトゲしているというかそういった感じですが、ウォークマンで聴くと、明らかになめらか耳に優しい感じになりました。

 

また、”ClearAudio+“をオンにすると、さらに透明感が増し、音に広がりがでます。

かといって、よくあるバーチャルサラウンドのような違和感のある感じではなく、確実に音がよくなったと感じました。

 

ClearAudio+すごいですね!

さすがソニー!

 

Xperia XZにもClearAudio+の設定項目があるのですが、オンにしても音に変化はありませんでした。

ひょっとしたら純正のプレイヤー以外では効果がないのかもしれません。

これは残念ですね。

(最近のXperiaではどうなのかは分かりません)

 

ただ、iPhoneや他のAndroidスマホが悪い音かというと、そういうわけでもありません

僕の耳的には十分いい音を出していました。

 

SORA
SORA

やはりウォークマンはいい音だった!!

ClearAudio+を使えば、さらに素晴らしい音になる!

【ウォークマン】音楽ストリーミング対応!!ストリーミングウォークマンをチェック!!

一番安いiOS端末!!【Apple iPod touch】最新モデルをチェック!!



検証2:ヘッドフォンは“Bluetooth接続”で
ハイレゾ(Ultra HD)音源の聴き比べ

 

次に、ヘッドフォンを再生機器と無線接続(Bluetooth接続)して、音質を聴き比べました。

 

音源は同じく、ハイレゾ音源(Ultra HD)です。

伝送するコーデックは、端末によって異なります。

 

同様に点数も付けました(有線接続のウォークマンを10点としたときの点数)。

モデル /
コーデック
感想 点数
NW-A105
(ソニー)
/ LDAC
有線接続のなめらかさは失われている

XperiaXZの有線接続に近い音質。

8.2
iPhone XS Max
(アップル)
/ AAC
有線接続より若干情報量が減った(密度が減った)感じ。 7.8
Xperia XZ
(ソニー)
/ LDAC
有線接続より若干情報量が減った感じ。 8.2
Zenfone 2 Laser
(ASUS)
/ aptX
有線接続より若干情報量が減った感じ。 7.8


コーデックとは?
Bluetoothで音声を無線伝送するときのデータ圧縮方式のこと。

音楽再生では主に、SBCAACaptXLDAC の4種類がある。
SBCはBluetoothの標準圧縮方式だが、音質は高くない。

AACとaptXはSBCよりも高音質(AACはiPhoneで採用されている)。

LDACはソニーが開発した方式で、ハイレゾ相当の高音質を無線伝送できる。

 

全体的に有線接続に比べて、情報量が減った(厚みがなくなった)感じがしました。

 

特にウォークマン NW-A105は顕著で、あのなめらかで音の密度が高い感じが、かなり無くなってしまいました💧

 

点数としては、8.2や7.8などと採点していますが、

結論としては、

Bluetooth(無線)接続では、再生機器による

違いはほとんど感じられませんでした!

 

LDAC、AAC、aptXと、コーデックによる音質の違いがあるはずで、特にLDACはハイレゾ相当の音質を伝送するのですが、

正直、違いは分かりませんでした💧

 

この原因としては、音源の品質(音質)が、24bit/96kHzの高音質データだったため、コーデックによる音質劣化の差があまり出なかったのではと考えられます(データでの証明はできませんが、、、)。

 

SORA
SORA

同じBlu-ray(フルHD)の映画でも、

元のデータが4Kだと、

普通のBlu-rayよりキレイに見えるっていうしね~

また、Bluetooth接続の場合、アナログな回路を介さずにデータがダイレクトに送られるので、再生機器による差が出にくくなります!

 

つまり、ウォークマンの売りである高音質化回路が、全く意味をなさないのです、、、(ClearAudio+も無効化されます)。

 

これはウォークマンに限ったことではなく、デジタルオーディオプレーヤーすべてにおいての大きなポイントでもあるのですが、

つまり、

どれだけ高音質回路を使った高級なプレイヤーを買っても、

Bluetooth(無線)で聴けば、格安スマホと音質の違いはほぼなくなるのです!

 

SORA
SORA

つまり、Bluetoothのイヤフォンで聴くなら、

高級プレイヤーの意味がないってことか💦

これ知らなかったらヤバイじゃん!

【ウォークマン】音楽ストリーミング対応!!ストリーミングウォークマンをチェック!!

一番安いiOS端末!!【Apple iPod touch】最新モデルをチェック!!



検証3:ヘッドフォンは“有線接続”で
ハイレゾと圧縮音源の聴き比べ

 

最後の比較として、ヘッドフォンは有線接続にして、音源(曲)をハイレゾと圧縮音源で聴き比べました!

 

ハイレゾはこれまでと同じで、Amazon Music HDUltra HD、圧縮音源は、YouTube Musicの高音質(256kbps)としました。

 

曲も今までと同じで、Can You Keep A Secret?(宇多田ヒカル)とPretender(Official髭男dism)です。

どちらの曲もYouTube Musicにもあります。

 

ウォークマンNW-A105を使って、Amazon MusicとYouTube Musicを切り替えて聴き比べました。

 

結果は次の通りです。

音源 感想 点数
ハイレゾ
(24bit/98kHz)
高音質でなめらか密度が高い感じ。 10
圧縮音源
(256 kbps)
「さ行」や「た行」で、圧縮ノイズがわずかに発生する(高音域が耳に刺さる)。 9

 

ハイレゾと圧縮音源を聴き比べた時、一番の違いは高音域のノイズです!

 

表に書きましたように、「さ行」「た行」を発声する瞬間が一番分かり易く、ハイレゾに比べて圧縮音源では、圧縮特有の耳に刺さるようなノイズが発生しています。

 

ドラムのシンバルやハイハットの音なんかも分かり易いですね。

 

ただ、圧縮音源とはいえ、256kbpsは結構な高音質の部類です。

宇多田ヒカルのような、ボーカルを主体に置いた曲で、よく聴かなければ正直分からないでしょう

 

音の激しいロック系やアニソンなどでは更に分かりにくく、ウォークマンで街の中で聴けば分からないレベルですね💧

 

SORA
SORA

ハイレゾと圧縮、確実に違いはある!

しかし、外で聴いて分かるレベルではないってことね!

【ウォークマン】音楽ストリーミング対応!!ストリーミングウォークマンをチェック!!

一番安いiOS端末!!【Apple iPod touch】最新モデルをチェック!!



【まとめ】ストリーミング音楽対応ウォークマン
NW-A100シリーズの音質を比較・採点!

 

待望のAndroid搭載&ストリーミング音楽対応のウォークマンが発売されました!

 

低価格版のNW-A105を購入したので、その音質をiPhoneやAndroidスマホと比較・採点しました!

 

結果をまとめると次の通りです。

(採点はあくまでも、おもいっきり僕の主観です

 

  • 検証1:ヘッドフォンは有線接続、ハイレゾ音源の聴き比べ
モデル 点数
NW-A105
(ソニー)
10
(基準)
iPhone XS Max
(アップル)
8
Xperia XZ
(ソニー)
9
Zenfone 2 Laser
(ASUS)
8

 

  • 検証2:ヘッドフォンはBluetooth接続、ハイレゾ音源の聴き比べ
モデル
(コーデック)
点数
NW-A105
(ソニー)
/ LDAC
8.2
iPhone XS Max
(アップル)
/ AAC
7.8
Xperia XZ
(ソニー)
/ LDAC
8.2
Zenfone 2 Laser
(ASUS)
/ aptX
7.8

 

  • 検証3:ヘッドフォンは有線接続、ハイレゾと圧縮音源の聴き比べ
音源 点数
ハイレゾ
(24bit/98kHz)
10
圧縮音源
(256 kbps)
9

 

NW-A105聴き比べまとめ
  • 有線接続で聴けば、やはりウォークマンの音質はよい!
    (CrearAudio+をオンにすれば、更に最高に!!)
  • Bluetooth接続だとスマホとの音質差はほぼない!
  • ハイレゾと圧縮音源の違いは、外で聴くなら分からない!

 

つまり、、、音質だけを考えた場合、

ヘッドフォン/イヤホンを有線接続で聴くなら、ウォークマンは買う価値がありますが、

Bluetooth接続(無線)で聴くなら、スマホで十分ということです!

 

もちろん、スマホと別に音楽再生専用機を持つことで、スマホのバッテリーの消費を抑えるなど、そういった別のメリットはあります。

 

いかがでしょうか?

皆さんのウォークマンやポータブルオーディオプレイヤーを購入するときの参考にしていただければと思います!

 

SORA
SORA

最近流行りの、完全ワイヤレスイヤホンを使うなら、

音質的にはスマホで十分ってことなんだよなぁ~

ウォークマンは、有線接続で聴いてこそ

本領を発揮するのだ!!

👇ストリーミング音楽対応ウォークマンNW-A105のレビューはコチラ!!

ウォークマンNW-A105レビュー!【買わない方がいい理由】ストリーミング対応ウォークマン NW-A105のレビューです! ストリーミング音楽が高音質で聴けるとあって、ものすごく期待したのですが...

【ウォークマン】音楽ストリーミング対応!!ストリーミングウォークマンをチェック!!

一番安いiOS端末!!【Apple iPod touch】最新モデルをチェック!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です