イヤホン・ヘッドホン

ノイキャン搭載で1万円切り! Mpow X3 ANCをAirPods Proと比較

低価格でノイズキャンセル搭載の完全ワイヤレスイヤフォン
Mpow 「X3 ANC」発売!!

 

「高品質なワイヤレスイヤフォンが欲しいけど、高いものだと買いにくい…」

そんな方におすすめのワイヤレスイヤフォンが発売されます!

 

ヘッドフォン・イヤフォンメーカーのMpow Japanから、
9,880円(税込)という低価格で、ANC(アクティブノイズキャンセリング機能)を搭載した完全ワイヤレスイヤフォン
X3 ANC
が2020年夏季に発売されます!

(Amazonでは7月17日発売になっています!)

 

このANCは、人気の完全ワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」にも搭載されているノイズキャンセリング機能です。

 

メーカーであるMpowは今までにもANC搭載のワイヤレスワイヤレスイヤフォンをリリースしていますが、そのMpowの日本法人にあたるMpow Japanが自信を持って日本のユーザーに向けにリリースされます。

 

この「X3 ANC」はアメリカをはじめとする各国で先行ローンチされたのですが、ユーザーからの要望やフィードバックを受けてそれを日本のユーザーのニーズに合うように改良が重ねられています。

 

前置きはここまでにして早速「X3 ANC」をレビューしていきます!

低価格でノイキャン搭載!!完全ワイヤレスイヤホン「Mpow X3 ANC」をチェック!!



AirPods Proと比較

 

今回比較する「X3 ANC」はその名前の通り、ANC(アクティブノイズキャンセリング機能)を搭載している完全ワイヤレスイヤフォンです。

 

完全ワイヤレスイヤフォンで人気の「AirPods Pro」もANCを搭載していますが、今回はどのような違いがあるのか比較してみました。

項目 X3 ANC AirPods Pro
メーカー Mpow Japan Apple
発売時期 2020年夏季 2019/10/31
価格(税込) 9,880円
(Amazon)
30,580円
タイプ カナル型 カナル型
接続タイプ ワイヤレス ワイヤレス
装着方式 完全ワイヤレス

(左右分離型)

完全ワイヤレス

(左右分離型)

構造
駆動方式 ダイナミック型
ドライバサイズ 10mm
充電端子 充電ケース:

USB Type-C

充電ケース:

Lightning/Qi(ワイヤレス充電器別売)

ワイヤレス Bluetooth Bluetooth
Bluetoothバージョン Ver.5.0 Ver.5.0
連続再生時間 6 時間 (アクティブノイズキャンセリングモード時) 

7 時間 (アクティブノイズキャンセリングモードオフ時)

最大4.5時間

(ノイズキャンセリングモード時)

最大5時間

(ノイズキャンセリングと外音取込モードオフ時)

充電時間 約 2 時間
対応コーデック SBC
AAC
SBC
AAC
NFC
マルチペアリング対応
ノイズキャンセリング

フィードフォワード(FF)式

マイク
外音取り込み
音質調整
自動電源ON機能
自動電源OFF機能
防水・防滴性能 IPX4 IPX4
リモコン
カラー ブラック系 ホワイト系
重量 約 6 g (片耳) 5.4g

 

「AirPods Pro」と比べるとBluetoothの規格や対応コーデックは同じですが、連続再生時間とその値段では「X3 ANC」に分がありますね!

 

税込で9,880円という値段は人気の「AirPods Pro」の約3分の1です。

 

バッテリーの持ちもよく、ANC使用時でもイヤホン単体で6時間充電ケースも合わせるとANCオン時で24時間、ANCオフ時で27時間とかなり長時間の利用にも応えてくれます!

 

またIPX4等級の生活防水なので急な雨に降られて濡れた手で操作したり、ランニングなど汗をかくワークアウトでも安心して使えますね。

 

コストパフォーマンスも申し分なく、比較しても遜色ないことが窺えます。

 

SORA
SORA
低価格ながら、防水や長時間バッテリーなど、機能も充実!

低価格でノイキャン搭載!!完全ワイヤレスイヤホン「Mpow X3 ANC」をチェック!!



「X3 ANC」の特徴

 

高価な完全ワイヤレスイヤフォンが多い中、その驚きの安さリリースされる「X3 ANC」ですが、音質にもこだわっているので紹介していきます。

低価格でノイキャン搭載!!完全ワイヤレスイヤホン「Mpow X3 ANC」をチェック!!

 

アクティブノイズキャンセリング機能(ANC)搭載

 

Mpow X3 ANCの最大の特徴は、1万円を切る低価格ながら、アクティブノイズキャンセル機能(ANC)を搭載していることです!

 

ANCは、周囲の雑音(ノイズ)と逆の波長をぶつけることでノイズを消してしまう技術です。

ある音の波形に逆相の波形をぶつけると、打ち消しあって音が消える
画像:DENON公式ブログ

 

ソニーやBOSEが有名で、最近ではAppleのAirPods Proにも搭載されて話題になりました。

 

ただ、ANC搭載のイヤホン/ヘッドホンは高額なモデルが多く、X3 ANCが9,880円という低価格でANCを搭載したのは驚異的と言えるでしょう!

 

「X3 ANC」では、このノイズキャンセリング技術にフィードフォワード(FF)式ノイズキャンセリング技術を採用しています。

 

ワイヤレスイヤフォンをより軽量・コンパクトにするために採用されるのがこのフィードフォワード式なのですが、これによって一般的なノイズキャンセリング製品にありがちな圧迫感を抑えて快適な装着感を実現しています

 

SORA
SORA

1万円を切る価格でANC搭載!!

しかも、圧迫感を抑えるというのだから、試してみたいね!

低価格でノイキャン搭載!!完全ワイヤレスイヤホン「Mpow X3 ANC」をチェック!!



10mmダイナミックドライバーを搭載

 

X3 ANCは、10mmダイナミックドライバーが搭載されています。

これによって心地よくしっかりと響く低音域と、伸びやかで自然な中高音域がバランスよく調和したサウンドを実現しています。

 

AirPods Proのドライバーユニットのサイズは公式には発表されていませんが、分解したサイトでは縦4ミリ、横3ミリと言われています。

また、ANC搭載の完全ワイヤレスイヤホンで大ヒットしたソニー WF-1000XM3でも6mmです。

 

これらと比較してもX3 ANCのダイナミックドライバーが10mmというのは大型であり、迫力ある音圧と高音質が期待できそうですね!

 

SORA
SORA

大型のダイナミックドライバーを搭載!!

これは音質も期待できるかも!?

低価格でノイキャン搭載!!完全ワイヤレスイヤホン「Mpow X3 ANC」をチェック!!



Bluetoothはバージョン5.0
コーデックはSBC/AACに対応

 

ワイヤレスイヤフォンでストレスなく音楽を聴いたり通話をするには通信規格であるBluetoothと、音声の遅延・音質に関わるコーデックが重要になります。

 

ワイヤレスイヤフォンはBluetoothによって通信が行われていますが、「X3 ANC」では最新規格であるバージョン5.0に対応しています。

 

この規格のバージョンが上がるのに伴ってデータの転送速度も上がるので、音が途切れにくく安定した通信が行えます

 

コーデックではSBC/AACに対応していて、SBCは記載がない限りすべてのワイヤレスイヤフォンがこのSBCに対応しています。

最もベーシックな規格なのですべてのBluetooth端末とペアリングできます。

 

AACはiPhoneで主に対応している規格で、SBCより遅延が少なく高音質な規格です。

 

まだリリースされていないので実際の音質はわかりませんが、今回比較対象とした「AirPods Pro」も同じコーデックですので、コーデック自体で差がつくことはないでしょう。

 

せっかくAACも対応しているので、音質にこだわるならAAC対応の端末とペアリングすると良いでしょう。

 

SORA
SORA
高音質コーデックのAACに対応しているのは、ポイント高い!

低価格でノイキャン搭載!!完全ワイヤレスイヤホン「Mpow X3 ANC」をチェック!!



発売日と価格

Mpow X3 ANC の発売日と価格は次の通りです。

 

  • 発売日(予定):2020年夏季
    (Amazonでは7月17日
  • 店頭予想価格:9,880円(税込)

 

コスパに優れる「X3 ANC」ですが、発売は2020年夏季となっています。

Amazonやネットショップでは7月17日発売となっています!

 

「AirPods Pro」が税込み30,580円に対して税込み9,880円ですから、手が届きやすい価格です。改めてこの値段はすごいですね!

 

SORA
SORA

税込で1万円を切る価格!

これは安い!

低価格でノイキャン搭載!!完全ワイヤレスイヤホン「Mpow X3 ANC」をチェック!!



【まとめ】コスパに優れる完全ワイヤレスイヤフォン
Mpow「X3 ANC」発売!!

 

Mpow X3 ANCのまとめ
  • ANC搭載で「AirPods Pro」の約3分の1の値段
  • 「AirPods Pro」を上回る連続再生時間
  • 大型の10㎜ダイナミックドライバー搭載でこだわりの音質
  • ノイズキャンセリング機能にFF式を採用し、快適な装着感を実現
  • コーデックは「AirPods Pro」と同じSBC/AAC対応
  • Bluetooth5.0に対応しているため、安定した通信が可能

 

この商品の一番の魅力はやはり、値段に対するスペックの高さが挙げられるでしょう。

 

ANC搭載のワイヤレスイヤフォンは「AirPods Pro」やソニー「WF-1000XM3」など、2~3万円台のものばかりです。

それが税込み9,880円で買えるというのは凄いことです!

 

ANC搭載のワイヤレスイヤフォンが欲しいけど高くてちょっと二の足を踏んでいる方は、チェックしてみてください!

 

SORA
SORA

ANC搭載で9,880円!

大型のドライバーに、防水などスペックも高い!

低価格でノイキャン搭載!!完全ワイヤレスイヤホン「Mpow X3 ANC」をチェック!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です