サービス

モバイルWi-Fi【使い放題】無制限プラン・ルーター比較!!


使い放題のモバイルWi-Fiルーター
「FUJI WiFi」「G-Call」「どんなときもWiFi」を比較した!

「フジワイファイ」は最高のモバイルWi-Fi!
でも“無制限プラン”ではどこがおすすめ?

 

僕はドコモを契約していますが、やっぱりキャリアの大容量プランって高いんですよね。

 

そこで、モバイルWi-Fiルーターのデータ通信サービス会社である、

FUJI WiFi(フジワイファイ)を使っています!

 

モバイルWi-Fi業者は、他にもたくさんあるのですが、フジワイファイはどの通信業者よりも圧倒的に最強なのです!

その理由は次の通り。

  • 月額料金が安い!
    (25GB:2,480円, 無制限:3,980円など)
  • 契約期間の縛り・違約金なし!
    (1ヵ月でやめてもOK)
  • 1日や3日間の容量制限なし!
    (3日で〇GBまでとか、なし)
  • ソフトバンク回線(もしくはドコモ, au, ソフトバンクのトリプルキャリア)なのでエリアが広い・安定!
    (WiMAXのように狭くて不安定ではない)

 

ハッキリ言って、これだけの好条件のそろったモバイルWi-Fi業者は他にありません!!

 

僕は50GBのプランを契約しているのですが、レンタルのWi-Fiルーター「FS030W」は、派手な機能こそないものの、バッテリーが20時間も持つので、1日中付けっぱなしでも問題ありません!

 

なので、Wi-Fiルーターを常時オンにしてカバンに入れて置き、メイン端末のiPhoneと常にWi-Fiでつながっている状態にしています。

 

こうすれば、基本的にはドコモのデータ回線を使う必要がないので、ドコモは安いプランにしておくことができます!

50GBでも足りなくなってきた、、、
「無制限・使い放題」のプランを調べてみた。

実は最初は25GBプランだったのですが、全然足りなくなってきて50GBのプランに変更しました。

 

ところが最近、50GBでも月末にはギリギリになってきました、、、。

考えられる原因は次の通りです。

  • 動画配信をたまに観る。
  • 通勤時間でストリーミング音楽を高音質で聴いている。
  • ノートPCで、出先でブログを書いている。
  • 休日に家族で出かけたとき、家族の端末を繋いでいる。

50GBも使ったことに驚いているのですが、意外と使ってしまうものですね。

 

もちろん、ストリーミング音楽の音質や動画の画質を落としたり、自宅のWi-Fiでダウンロードしておくなど、対策もあるでしょうが、そんなことをいちいちするのがメンドクサイし、通勤時間が長いのでできるだけ快適な環境が欲しいのです!

 

そこで最近、モバイルWi-Fi分野で話題となっている、

無制限・使い放題のプランに注目しました!

 

今回、「使い放題プラン」を比較したのは次の3社です。

 

無制限プランの比較

  • FUJI WiFi
    「快適!クラウドプラン」
  • G-Call
    「G-Call 使い放題Wi-Fi」
  • どんなときもWiFi
    「データ放題プラン」

 

 

使い放題には、格安SIMを使う方法や、WiMAXなどもあります。

しかし、格安SIMは通信品質が悪く、ルーターを自分で用意する必要があります。

WiMAXは、速度は速いですがエリアが狭く、建物の中もまだまだ弱いです。

 

今回の3社はどれもG-Callはソフトバンクの回線、FUJI WiFiとどんなときもWiFiはドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアを使っているので、速度・エリアともにスマホと同じなので、非常に使いやすいです!

 

今回、これら3社の使い放題プランとその端末(モバイルWi-Fiルーター)を比較しました!

3社のプランの比較と特徴

FUJI WiFi「快適!クラウドプラン」、G-Call「G-Call 使い放題プラン」、どんなときもWiFi「データ放題プラン」の比較一覧表を作成しました!

 

項目 FUJI WiFi
快適!クラウドプラン
G-Call
使い放題WiFi
どんなときもWiFi
データ放題プラン
容量/月 使い放題 使い放題 使い放題
回線
トリプルキャリア
(ドコモ, au, ソフトバンクの自動切換え)
ソフトバンク トリプルキャリア
(ドコモ, au, ソフトバンクの自動切換え)
通信速度 下り最大150Mbps、
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps、
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps、
上り最大50Mbps
3日間通信量制限 なし なし なし
その他の速度制限 著しくネットワークを占有をした場合に制限 著しくネットワークを占有をした場合に制限 著しくネットワークを占有をした場合に制限
月額料金
(税別)
3,980円 3,480円
(初月無料)

1~24ヵ月目
3,480円

25ヵ月目以降
3,980円
(クレジットカード払いの場合.口座払いは+500円)

事務手数料
(税別)
3,000円 なし 3,000円
契約期間 なし 24ヵ月
(25ヵ月目から月単位の自動更新)
2年
(自動更新)
違約金 なし 1~12ヵ月目:
25,000円

13~24ヵ月目:
20,000円

25ヵ月目以降:
なし

1~12ヵ月目:
19,000円

13~24ヵ月目:
14,000円

25ヵ月目以降:
9,500円

更新月:
0円

端末代金
0円
(レンタル)
0円 0円
(レンタル)
端末の返却 必要
(レンタル)
なし 必要
(レンタル)
クラウドSIM
(海外利用)
世界93ヵ国対応 未対応 世界131ヵ国対応
海外での料金 500MB/1日
980円
未対応 74ヵ国
1,280円/日
56ヵ国
1,880円/日
海外での速度
500MBまで高速?
超過後不明(128kbps?)
(1日でリセット)
未対応 1GBまで高速
超過後384kbps
(1日でリセット)
端末の機種 GlocalME G3 FS030W D1

料金は税別

3社のプランですが、G-Callはソフトバンクの回線ですが、FUJI WiFiと どんなときもWiFiは「トリプルキャリア」回線となっています!

ただ、トリプルキャリアといっても事実上はソフトバンク回線のみを使っているのとほとんど変わらないので、回線品質に3社の差はほとんどないでしょう。

(ルーターの性能の差はあるでしょうが)

 

そこでいくつかのポイントに分けて、3社の違いを見ていきました!

トリプルキャリアとは?

クラウドSIM(またはeSIM)技術により、ドコモ、au、ソフトバンクの回線すべてに対応できる夢のような仕組みです。

Image: 世界WiFi

3社を自動的に切り替えるため、ソフトバンクの電波が届かないときには、ドコモやauの回線を使うということができるため、エリアが広くります。

ただ、自分で回線を選ぶことはできず、トリプルキャリアをうたっている通信業者は基本的にはソフトバンク回線を使います

ソフトバンクも現在はほとんどのエリアをカバーしているため、実質的にはソフトバンクのみ(シングルキャリア)とあまり変わりません。

実際には、クラウドSIM技術により、海外へ行ったときに現地のSIMカードに入れ替えなくてもそのまま使えるというメリットがあります。

 

通信速度・品質など

通信の速度や品質ですが、上記で触れたように、3社とも基本的には「ソフトバンクの回線」です。

したがって、品質に差はないでしょう。

 

理論速度も3社とも上り下り150Mbpa、上り50Mbpsです。

通信制限も3社とも「3日間で○ギガ使うと低速になる」のような制限もありません

 

月額料金・違約金など

月額料金や違約金などの「料金関連」ですが、ここは各社の個性がでています!

 

単純に、月額料金が安いのは「G-Call」と「どんなときもWiFi」の3,480円です!

FUJI WiFiは、月額3,980円と他社より500円高く設定されています。

 

【FUJI WiFi】

 

上述のように月額は500円高くなるフジワイファイですが、2年縛りなどの契約期間や違約金がありません!

 

これは非常に画期的で、1ヵ月で解約しょうが、1年以内で解約しようが、解約にかかわる料金が発生しないのです!

これならば「とりあえず試ためしてみよう」と気楽な感覚で始められますね。

 

また、一定期間の利用金額をまとめ払いすることで、総額を安くすることができます。

3ヵ月、6ヵ月、12ヵ月のまとめ払いがあり、例えば12ヵ月のまとめ払いを選べば、41,760円なので、毎月500円安くなるのと同じになり、実質3,480円と他社と同じ料金になります!

※途中解約・プラン変更による返金はできません。

 

【G-Call】

 

G-Callは、24か月間の契約期間がありますが、25か月目からは1ヵ月更新となり、違約金がなくなります

つまり、2年経っていれば、いつやめても問題ないです。

 

また、事務手数料なし初月無料は大きいですね。

 

更に、端末(ルーター)はレンタルではなく、貰えるので返却する必要がありませんし、アダプターやケーブルを無くしてしまっていても問題ないです!

 

【どんなときもWiFi】

 

どんなときもWiFiは、月額料金は3,480円と押さえていますが、「2年契約の自動更新」、つまり更新月を逃すとまた2年契約になり、その期間の解約では違約金が発生性します

端末(ルーター本体)代金

 

端末代金は、3社とも無料(0円)となっています!

ただし、「フジワイファイ」と「どんなときもWiFi」はレンタルなので、解約時に返却する必要があります。

 

本体だけでなく、アダプターや充電ケーブルなどの付属品も返却する必要があるので注意です。

1年や2年使っていると、付属品を無くしてしまったということは普通にありえますからね。

もちろん、紛失した場合はその分の料金が請求されます。

 

G-Callは、レンタルではなくもらえるので、紛失しても大丈夫です。

0円でルーターがもらえるなんて、すごいですね!!

海外での利用(クラウドSIM対応)

 

モバイルWi-Fiルーターがよく使われる目的として「海外旅行」があります。

海外では日本のスマホをそのまま使うと、使えなかったり、ローミングで通信量が高額だったりします。

 

一般的には、SIMフリースマホに、現地のSIMを入れて使うか、海外対応のモバイルルーターをレンタルしてデータ通信をすることになります。

 

すでにモバイルWi-Fiルーターを持っているなら、わざわざ海外旅行のためにレンタルするのはもったいないし、海外SIMは知識がないと少しハードルが高いです。

 

そこで最近ではeSIMというSIM情報が書き換え可能な内蔵SIMを搭載し、外国へ行くと現地のSIM情報に自動で書き換えてくれて、そのまま使えるルーターやスマホが登場してきています!

 

【FUJI WiFi】

フジワイファイは、eSIM対応のルーターなので、海外(世界93か国)で使うことができます!

料金は、1日あたり500MBで、980円です。

 

500メガを超過した場合は通信速度が抑えられる(おそらく128kbps)と思いますが、詳細が公式サイトに載っていませんでした。

また、500MB上限は1日でリセットされます。

 

【G-Call】

G-Callのルーターは、eSIMに対応しておらず、海外での利用はできません

 

ただし、海外のSIMを購入してルーターに入れれば使うことはできると思われますが、メーカーの保証外となります。

 

【どんなときもWiFi】

どんなときもWiFiは、eSIM対応なので海外で使えます!

しかも、131ヶ国対応でFUJI WiFiよりも対応する国が多いです!

 

料金は、国によって2種類あり、1日あたり1,280円1,880円です。

容量も1GBまでとフジワイファイより多く使えます。

 

更に、1GBを超過しても通信速度は384kbpsと、一般的な低速モードよりも速いので使い勝手いがいいといえます!。

端末(モバイルWi-Fiルーター)の
スペック比較

各社のプラン内容は上記で比較したので、次に各社が提供する端末モバイルWi-Fiルーター)を比較しました!

 

項目 GlocalME G3 FS030W D1
製造元
uCloudLink 富士ソフト uCloudlink
発売時期 2017年7月 2016年12月 2018年8月
通信速度
下り最大
150Mbps 150Mbps 150Mbps
通信速度
上り最大
50Mbps 50Mbps 50Mbps
Bluetooth
通信速度
なし 最大3Mbps なし
無線LAN 2.4/5.0GHz 2.4/5.0GHz 2.4/5.0GHz
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11b/g/n
同時接続台数 5台 15台 5台
ディスプレイ 4インチタッチスクリーン 詳細なし
(タッチなし)
詳細なし
(タッチなし)
SIMスロット クラウドSIM(内蔵)
nano SIM×2
micro SIM×1 クラウドSIM(内蔵)
Standard SIM×1
micro SIM×1
周波数帯
(外付けSIM含む)
LTE-FDD Band: 1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20
:LTE-TDD Band: 38/39/40/41
:WCDMA Band: 1/2/4/5/6/8/9/19
:GSM: 850/900/1800/1900 MHz
:CDMA/EVDO: BC0/BC1
[LTE]
docomo
バンド1:2.1GHz / バンド3:1.7GHz /
バンド8:900MHz /
バンド11:1.5GHz / バンド18:800MHzバンド19:800MHz / バンド21:1.5GHz
[3G]
バンド1:2.1GHz / バンド6:800MHz / バンド19:800MHz
バンド1:2.1GHz / バンド3:1.7GHz /
バンド8:900MHz /
バンド11:1.5GHz /
バンド18:800MHz
バンド19:800MHz / バンド21:1.5GHz
インターフェース USB2.0/
microUSB2.0
USB2.0/
microUSB2.0
USB2.0/
microUSB2.0
サイズ 65×126.5×19mm 74.0×74.0×17.3mm 65.7×127×14.2mm
重さ 240g 128g 151g
バッテリー 5,350mAh 3,060mAh 3,500 mAh
連続通信時間 約15時間 約20時間(LTE) 12時間
連続待受時間 約600時間
その他 モバイルバッテリー機能 アクセスポイントモード
(別途クレードル必要)
2.1A対応急速充電

 

単純に発売時期だけを見ると、D1 (2018)GlocalME G3 (2017)FS030W (2016)となり、一番新しいD1がよさそうに思えます。

しかし、モバイルWi-Fiルーターの場合スマホのように新しい方が必ずいいとも限りません

 

それぞれの特徴を見ていきましょう!

 

GlocalME G3 (FUJI WiFi)

 

GlocalME G3は、2017年にモバイルWi-Fiルーターで有名なuCloudLinkから発売されました。

 

D1 (2018)よりも前(2017)に発売されていますが、今回の3機種の中では一番高機能でしょう!

 

タッチスクリーンディスプレイ、eSIM以外にnano SIMカードを2枚使えるモバイルバッテリー機能搭載などです。

 

バッテリーは5,350mAhと大容量の割には、連続接続時間が15時間と、3,060mAhしかないFS030Wの20時間より短いですので、高機能故の弊害と言ったところでしょうか。

 

常時スマホと接続する使い方をしている僕が、モバイルWi-Fiルーターの最も重視するところは、連続接続時間です。

 

僕はフジWi-Fiの50GBプランを契約していますが、提供されたルーターはFS030Wです。

常にスマホと接続しているので20時間というのは非常にありがたいのですが、使い放題のプランにすると15時間のGlocalME G3になってしまうことを考えると、ちょっと悩んでしまいますね。

 

また、重さも240gとモバイルWi-Fiルーターではかなりのヘビー級といえるでしょう。

 

FS030W (G-Call)

 

FS030Wは、G-Callだけでなく、FUJI WiFiなど多くのモバイルWi-Fi業者で使われている人気モデルです。

 

2016年発売で、機能もシンプルなのですが、その最大の魅力は

連続接続時間が20時間もあるとうことです!

また、Bluetoothでネット接続もでき、その場合は24時間接続できます!

 

その割にはバッテリー容量は3,060mAhと小さいので、本体重量も128gと非常に軽量のも魅力です。

 

海外で使う予定がないならい、非常におすすめのモバイルWi-Fiルーターです!

 

また、G-Callでは提供されていませんが、別途専用のクレードルを用意すれば、アクセスポイントモードとして使うこともできるので、ホテルの有線LANにつないで据え置きのWi-Fiルーターとして使うことも可能です。

 

接続数も15台と他の2機種の5台よりもかなり多くの機器を接続できるのも特徴です。

 

D1 (どんなときもWiFi)

 

D1は、GlocalME G3と同じuCloudLink製です(海外での名称はGlocalMe U2S)。

 

GlocalME G3と同様にeSIM搭載です。また、標準サイズのSIMカード、micro SIMカードを1枚ずつ使うことができます。

 

2018年発売で今回の3機種では最も新しいですが、無線LANはacに非対応、接続台数5台、タッチパネルなしなど、eSIM以外の機能は非常にシンプルです。

 

連続通信時間は12時間と最も短いのがちょっと残念です。

 

【まとめ】「無制限・使い放題」の
モバイルWi-Fiサービス おすすめは!?

モバイルWi-Fiルーターで「無制限・使い放題」プランに注目して、

FUJI WiFi」「G-Call」「どんなときもWiFi」の

3社の料金プラン、端末(ルーター)を比較しました!

 

その結果、それぞれに特徴があり、自分の目的に合った会社を選ぶことがいいと分かりました。

 

それぞれの会社の特徴や選ぶべきポイントは次の通りです。

 

【FUJI WiFi (快適!クラウドプラン)】

月額:3,980円

[イイところ]

  • 契約期間(縛り)、違約金なし
  • 海外93か国で使える
  • 高機能ルーター
  • 12ヵ月のまとめ払いなら、実質3,480円

[イマイチなところ]

  • 3,980円で他社より500円高い
  • ルーターが240gと思い

こんな人におすすめ!

  • 手軽に使って、必要なくなったら解約したい人
  • 海外でも使いたい人

 

【G-Call (使い放題WiFi)】

月額:3,480円

[イイいところ]

  • 初月無料、事務手数料無料
  • 24ヵ月契約だが、25ヵ月目以降は違約金なし
  • 軽量、20時間の長時間接続ルーター
  • 端末の返却必要なし

[イマイチなところ]

  • 海外での利用は非対応

こんな人におすすめ!

  • 初期費用を安くおさえたい
  • 2年間使用すると決めている
  • 日本でしか使わない
  • 長時間連続接続できるルーターが使いたい
  • 端末の返却が面倒

 

【どんなときもWiFi】

月額:3,480円

[イイところ]

  • 世界131か国対応
  • 海外での上限容量1GB/日
  • 海外で上限超えても384kbps

[イマイチなところ]

  • 2年契約(自動更新)なので解約しにくい
  • ルーターの連続説時間が12時間

こんな人におすすめ!

  • 海外でよく使う人

モバイルWi-Fiルーター比較 まとめ

以上のような結果となりました。

 

気軽に契約して、辞めたいときにサクッと解約したい

海外でも使う

という人にはFUJI WiFiがいいですね!

日本でしか使わない。2年間は少なくとも使う。

という人にはG-Callがピッタリです!

海外でガッツリ使う。2年は使う。

という人にはどんなときもWiFiがいいでしょう!

 

一昔前では考えられなかったほどに、無制限・使い放題プランが安くなりました!

僕のように、スマホに常時接続しておけば、キャリアの料金もグッと安くすることができます!

 

無制限・使い放題のモバイルWi-Fiルーター、おすすめです!

Feedly

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です