iPhone

【全iPhone解説】“はい”“いいえ”で自分に合ったiPhoneが見つかる!選び方!2018年版【ドコモ, au, ソフトバンク,Y!モバイル,UQモバイル】 [iPhone XS / XS Max / XR]

新型iPhone発売開始!自分に合ったiPhoneの選び方

 

ついに2018年新型iPhone、iPhone XSiPhone XS MaxiPhone XRが発表されました!

それに伴い、旧モデルのiPhoneが値下がり、新型にこだわらなければ安くて高性能のiPhoneを選ぶこともできます!

 

新型は高い!でもiPhoneは欲しい!

 

そんな方たちに、自分に合ったiPhoneの選び方をお伝えします!

質問に「はい」か「いいえ」で答えていくだけです!

 

ドコモauソフトバンクUQモバイルY!モバイル 対応です!!

 

「質問開始!!」自分にあったiPhoneを見つける!

ここから始まる質問に答えていくと、自分にあったiPhoneを見つけることができます!

とても簡単です!

 

質問の答え方は次の通りです。

  1. 質問には「はい」「いいえ」を選択
  2. 指示された番号に進んで(番号をクリックして)質問に答えていく

たったこれだけ!
それでは、

スターーーーーート!

 

Q1. 今までとは違う、最新デザイン、高性能のiPhoneがいい。

はい ⇒ Q2
いいえ ⇒ Q4

Q2. 大画面サイズのiPhoneがいい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone XS Max」です!
いいえ ⇒ Q3

Q3. 最新機種がいい。だけど、価格は抑えたい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone XR」です!
いいえ ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone XS」です!

Q4. 手のひらサイズのiPhoneがいい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone SE」です!
いいえ ⇒ Q5

Q5. 安く購入できれば古いモデルのiPhoneでもいい。

はい ⇒ あなたへのおすすめはあなたへのおすすめは「iPhone 6s」です!
いいえ ⇒ Q6

Q6. 画面サイズが大、中のうち、中(標準的な大きさ)のiPhoneがいい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone 8」です!
いいえ ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone 8 Plus」です!

 

iPhone 現行全モデル紹介

直接、各モデルの解説を見たい場合は、次の一覧から選んでください!

 

 

iPhone XS Max

2018年iPhone最新モデル!

最もハイスペックなモデルがiPhone XS Maxです!

 

これまでのiPhoneの象徴でもあった「丸いホームボタン」がなくなり、前面がすべてディスプレイとなり、世界中を驚かせた昨年のiPhone Xのデザインを受け継いで、6.5インチというスマホ史上最大サイズのディスプレイを搭載しています!

 

未来の続き」がここにあります!

【ドコモ】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【au】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【ソフトバンク】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【SIMフリー】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

 

iPhone XS Max のスペック

項目 スペック
SoC A12 Bionic
ディスプレイ 6.5インチ(有機EL)
解像度 2,688×1,242(456ppi)
メモリ(RAM) 不明(4GB?)
ストレージ(ROM) 64GB、256GB、512GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素 デュアルカメラ
カメラ(イン) 700万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約157.5×77.4×7.7mm
重量 208g
防水 IP68
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

iPhone XS Maxはアップルの最新SoC(CPUやGPUを統合したチップ)A12 Bionicを搭載し、現在最高の処理能力を持っています!

 

A12 Bionicチップは先進の技術で造られています!

 

チップの製造には、“プロセスルール”というものがあり、回路の線幅を示しており、これが細いほど高性能化させやすいのです。

モバイル用チップでは最高性能であるQualcomm(クアルコム)社のSnapdragon 845は、10nmのプロセスルールで製造されています。

 

しかしiPhone XS Maxに搭載されるA12 Bionicチップは、10nmよりも更に微細な7nmのプロセスルールで製造されているのです!

このことからも、いかにA12 Bionicチップが高い処理能力を有するかが分かると思います!

当然、最近の3Dグラフィックを多様した高負荷なゲームもスムーズにプレイできます!

 

そしてその巨大な画面は、なんと6.5型と、スマホ史上最大サイズを誇ります!

解像度は456ppiと高解像度、しかも有機ELディスプレイで、美しくリアルな映像表現が可能です!

 

アウトカメラ(メインカメラ)は1,200万画素のデュアルカメラで、光学ズームも可能です。
インカメラ(自撮り用カメラ)は700万画素で十分な画素数です。

カメラのハードとしてはiPhone Xと同じですが、内部処理が大幅に進化し、一瞬にして非常に多くの画像解析・処理をこなし、従来モデルよりも美しく、背景ボケなどもより高度な処理で行われます!

 

↓内部処理の進化により、一眼レフのような背景ボケが、これまでよりも自然に作り出せる。

 

顔認証(Face ID)は、前モデルのiPhone Xで初めて搭載され、従来の顔認証と次元の違うハイテクノロジーの塊に世界中が驚きました。

 

顔を立体的に認識するため、認識率は非常に高いのですが、サングラスやマスクを着けた顔では認証できないなどの欠点がありました。

しかし新型iPhoneに搭載されたFace IDは、サングラスやマスクをつけた顔を複数登録することで違ったパターンの顔も認証でき、その欠点を克服しました!

【ドコモ】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【au】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【ソフトバンク】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【SIMフリー】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

 

iPhone XS Max のデザイン

iPhone XS Maxは、6.5型というiPhone史上過去最大サイズです!

サムスンの大画面スマホで有名なGalaxy Noteシリーズの最新モデルGalaxy Note9ですら6.4インチなので、もはやスマホ史上最大サイズと言っていいでしょう!

 

大きなディスプレイで話題になった前モデルのiPhone Xと比較してみると、iPhone XS Maxの大きさがよく分かります! 

 

表側のほとんどを画面が占領している「全面ディスプレイ」もiPhone Xから受け継いでいます。

 

またiPhone Xと同様に、画面上部には「ノッチ」(切り欠き)があり、そこにインカメラや顔認証のセンサーなどが詰め込まれています。
このノッチが、ホームボタンがなくなったiPhone の新たな象徴的デザインになっています。

 

本体のフレームは医療機器グレードのステンレスで、これまでにない非常に美しい仕上げとなっています!

カラーは3色(ゴールド、シルバー、スペースグレイ)で、特にゴールドはこれまでのものとは違う、高級感あふれる質感になっており、所有感を満たしてくれそうです。

【ドコモ】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【au】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【ソフトバンク】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【SIMフリー】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

 

iPhone XS Max の価格

代表してドコモでの価格を載せました。

一括価格は他のキャリアでも大きな違いはありません。

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 141,912円
256GB: 160,056円
512GB: 184,680円
実質負担金 64G: 82,944円
256GB: 101,088円
512GB: 125,712円

iPhone XS Maxは新型で最高スペックなので、価格も高くなっています。

 

また大容量の512GBモデルも用意されました!

iPhoneはAndroidスマホと違い、内蔵ストレージをSDカードで増やすことができないので、たくさんの動画や音楽を保存するひとは容量の多いモデルを検討してください。

 

2018年iPhone、最新最先端、そしてiPhone史上最大サイズのディスプレイに魅力を感じる人は、iPhone XS Maxが最もおすすめです!

 

 

新型iPhoneの詳細なスペックや比較、価格の記事はこちら!↓

あわせて読みたい
ついにキタ!!新型「iPhone XS / XS Max / XR」!!6.5型!スペック比較! iPhone X, iPhone 8 / 8 Plus, Galaxy Note9 / S9 / Plus, Xperia XZ2 Premium 2018ついに発表されました2018年新型iPhone!スマホ史上最大の6.5型画面、3機種すべてホームボタン廃止など、驚きのスマホとなっていま...

 

iPhone XS

2018年最新のiPhone!

ハイスペックモデル前モデルiPhone Xの大きさを引き継いでいるのがiPhone XSです!

 

これまでのiPhoneの象徴でもあった「丸いホームボタン」がなくなり、前面がすべてディスプレイとなり、世界中を驚かせた前モデルiPhone Xのデザインを受け継ぎ、画面サイズも5.8インチと同じサイズになっています。

【ドコモ】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【au】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【ソフトバンク】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【SIMフリー】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

 

iPhone XS のスペック

項目 スペック
SoC A12 Bionic
ディスプレイ 5.8インチ(有機EL)
解像度 2,436×1,125(458ppi)
メモリ(RAM) 不明(4GB?)
ストレージ(ROM) 64GB、256GB、512GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素 デュアルカメラ
カメラ(イン) 700万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約143.6×70.9×7.7mm
重量 177g
防水 IP68
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

iPhone XS Maxはアップルの最新SoC(CPUやGPUを統合したチップ)A12 Bionicを搭載し、現在最高の処理能力を持っています!

 

A12 Bionicチップは先進の技術で造られています!

 

チップの製造には、“プロセスルール”というものがあり、回路の線幅を示しており、これが細いほど高性能化させやすいのです。

モバイル用チップでは最高性能であるQualcomm(クアルコム)社のSnapdragon 845は、10nmのプロセスルールで製造されています。

 

しかしiPhone XSに搭載されるA12 Bionicチップは、10nmよりも更に微細な7nmのプロセスルールで製造されているのです!

このことからも、いかにA12 Bionicチップが高い処理能力を有するかが分かると思います!

当然、最近の3Dグラフィックを多様した高負荷なゲームもスムーズにプレイできます!

 

解像度は456ppiと高解像度、しかも有機ELディスプレイで、美しくリアルな映像表現が可能です!

 

アウトカメラ(メインカメラ)は1,200万画素のデュアルカメラで、光学ズームも可能です。
インカメラ(自撮り用カメラ)は700万画素で十分な画素数です。

カメラのハードとしてはiPhone Xと同じですが、内部処理が大幅に進化し、一瞬にして非常に多くの画像解析・処理をこなし、従来モデルよりも美しく、背景ボケなどもより高度な処理で行われます!

 

↓内部処理の進化により、一眼レフのような背景ボケが、これまでよりも自然に作り出せる。

 

顔認証(Face ID)は、前モデルのiPhone Xで初めて搭載され、従来の顔認証と次元の違うハイテクノロジーの塊に世界中が驚きました。

 

顔を立体的に認識するため、認識率は非常に高いのですが、サングラスやマスクを着けた顔では認証できないなどの欠点がありました。

しかし新型iPhoneに搭載されたFace IDは、サングラスやマスクをつけた顔を複数登録することで違ったパターンの顔も認証でき、その欠点を克服しました!

【ドコモ】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【au】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【ソフトバンク】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【SIMフリー】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

 

iPhone XS のデザイン

iPhone XSは、前モデルiPhone Xと同じく、表側のほとんどを画面が占める「全面ディスプレイ」を最大の特徴としています!

従来のホームボタン搭載iPhone 8と比べたとき、本体の大きさはそれほど変わらないのに、ディスプレイサイズがかなり大きくなっているのがわかります!

 

表側のほとんどを画面が占領している「全面ディスプレイ」もiPhone Xから受け継いでいます。

 

またiPhone Xと同様に、画面上部には「ノッチ」(切り欠き)があり、そこにインカメラや顔認証のセンサーなどが詰め込まれています。
このノッチが、ホームボタンがなくなったiPhone の新たな象徴的デザインになっています。

 

本体のフレームは医療機器グレードのステンレスで、これまでにない非常に美しい仕上げとなっています!

カラーは3色(ゴールド、シルバー、スペースグレイ)で、特にゴールドはこれまでのものとは違う、高級感あふれる質感になっており、所有感を満たしてくれそうです。

【ドコモ】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【au】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【ソフトバンク】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【SIMフリー】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

 

iPhone XS の価格

代表してドコモでの価格を載せました。

一括価格は他のキャリアでも大きな違いはありません。

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 128,952円
256GB: 147,096円
512GB: 171,720円
実質負担金 64G: 69,984円
256GB: 88,128円
512GB: 112,752円

iPhone XSは新型iPhoneのハイスペックモデルであり、高価格に設定されています。

6.5インチのiPhone XS Maxよりは安くなっています。

 

また大容量の512GBモデルも用意されました!

iPhoneはAndroidスマホと違い、内蔵ストレージをSDカードで増やすことができないので、たくさんの動画や音楽を保存するひとは容量の多いモデルを検討してください。

 

2018年iPhone、最新最先端モデルに興味のある人は、iPhone XSが最もおすすめです!

 

 

新型iPhoneの詳細なスペックや比較、価格の記事はこちら!↓

あわせて読みたい
ついにキタ!!新型「iPhone XS / XS Max / XR」!!6.5型!スペック比較! iPhone X, iPhone 8 / 8 Plus, Galaxy Note9 / S9 / Plus, Xperia XZ2 Premium 2018ついに発表されました2018年新型iPhone!スマホ史上最大の6.5型画面、3機種すべてホームボタン廃止など、驚きのスマホとなっていま...

 

iPhone XR

2018年最新のiPhone!

その中でも最も低価格で購入できるモデルiPhone XRです!

カラーバリエーションは全6色で鮮やかなラインナップとなりました!

 

iPhoneの象徴とも言えた「丸いホームボタン」は、前モデルではiPhone Xでは廃止されたものの、iPhone 8 / 8 Plusにはありました。

 

しかしは今回はすべてのモデルでホームボタンが廃止されました!

新モデルでは最も低価格のiPhone XRにおいてもホームボタンがなくなり、世界中を驚かせた前モデルiPhone Xのデザインを受け継いだ全面ディスプレイとなっています!

 

iPhone XRは、2018年新モデルの中ではもっとも低価格ですが、iPhone XRは6.1型ディスプレイで、iPhone XSの5.8インチより大きくなっています。

【ドコモ】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【au】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【ソフトバンク】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【SIMフリー】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

 

iPhone XR のスペック

項目 スペック
SoC A12 Bionic
ディスプレイ 6.1インチ(液晶)
解像度 1,792×828(324ppi)
メモリ(RAM) 不明(3GB?)
ストレージ(ROM) 64GB、128GB、256GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素
カメラ(イン) 700万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約150×70.9×75.7mm
重量 194g
防水 IP67
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

iPhone XRは新型モデルの中では最も低価格ですが、チップはiPhone XS /XS Maxと同じ、アップルの最新SoC(CPUやGPUを統合したチップ)A12 Bionicを搭載し、現在最高の処理能力を持っています!

 

A12 Bionicチップは先進の技術で造られています!

 

チップの製造には、“プロセスルール”というものがあり、回路の線幅を示しており、これが細いほど高性能化させやすいのです。

モバイル用チップでは最高性能であるQualcomm(クアルコム)社のSnapdragon 845は、10nmのプロセスルールで製造されています。

 

しかしiPhone XRに搭載されるA12 Bionicチップは、10nmよりも更に微細な7nmのプロセスルールで製造されているのです!

このことからも、いかにA12 Bionicチップが高い処理能力を有するかが分かると思います!

当然、最近の3Dグラフィックを多様した高負荷なゲームもスムーズにプレイできます!

 

画面は6.1インチので有機ELではなく液晶ディスプレイとなっていますが、非常にキレイな液晶を採用しています。

 

iPhone XS / XS Maxとの大きな違いとして、アウトカメラは1,200万画素のシングルカメラです。
インカメラ(自撮り用カメラ)はiPhone XS / XS Maxと同じ、700万画素で十分な画素数です。

 

カメラの内部処理が進化し、iPhone XRはシングルカメラにもかかわらず、高度な処理により一眼レフのような背景ボケ処理も後から可能です(ただし人物の撮影時のみ。XS / XS Maxは人物以外でも可能)。

 

シングルカメラにもかかわらず、内部処理の進化により、ここまでキレイな背景ボケが可能。

 

顔認証(Face ID)は、前モデルのiPhone Xで初めて搭載され、従来の顔認証と次元の違うハイテクノロジーの塊に世界中が驚きました。

 

顔を立体的に認識するため、認識率は非常に高いのですが、サングラスやマスクを着けた顔では認証できないなどの欠点がありました。

しかし新型iPhoneに搭載されたFace IDは、サングラスやマスクをつけた顔を複数登録することで違ったパターンの顔も認証でき、その欠点を克服しました!

【ドコモ】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【au】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【ソフトバンク】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【SIMフリー】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

 

iPhone XR のデザイン

iPhone XRは、前モデルiPhone Xと同じく、表側のほとんどを画面が占める「全面ディスプレイ」を最大の特徴としています!

前モデルのiPhone 8 Plusと本体はほとんど同じ大きさながら、ディスプレイサイズは大きいことが分かります。

 

またiPhone Xと同様に、画面上部には「ノッチ」(切り欠き)があり、そこにインカメラや顔認証のセンサーなどが詰め込まれています。
このノッチが、ホームボタンがなくなったiPhone の新たな象徴的デザインになっています。

 

iPhone XRは、なんと6色の豊富なカラーがラインナップされました((PRODUCT)REDイエローホワイトコーラルブラックブルー)。

 

かつて豊富なカラーバリエーションで話題になった、iPhone 5Cを思い出させます。iPhone 5Cではかなりポップなカラーリングでしたが、iPhone XRはポップすぎず、クールな仕上がりになっています。

【ドコモ】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【au】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【ソフトバンク】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【SIMフリー】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

 

↓かつて豊富なカラーリングで話題になった「iPhone 5c」

 

iPhone XR の価格

代表してドコモでの価格を載せました。

一括価格は他のキャリアでも大きな違いはありません。

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 98,496円
128GB: 104,976円
256GB: 116,640円
実質負担金 64G: 39,528円
128GB: 46,008円
256GB: 57,672円

iPhone XRは今回発表された3モデルの中では最も低価格な機種となっています!

iPhone XS / XS Maxはかなり高価でしたが、iPhone XRでは10万円を切る価格になっています(それでも高いですが)。

 

大容量の256GBモデルも用意されています!

iPhoneはAndroidスマホと違い、内蔵ストレージをSDカードで増やすことができないので、たくさんの動画や音楽を保存するひとは容量の多いモデルを検討してください。

 

iPhoneの最新型低価格で欲しい人には、iPhone XRが最もおすすめです!

※iPhone XRの予約開始日は、2018年10月19日(金曜)からです。

 

 

新型iPhoneの詳細なスペックや比較、価格の記事はこちら!↓

あわせて読みたい
ついにキタ!!新型「iPhone XS / XS Max / XR」!!6.5型!スペック比較! iPhone X, iPhone 8 / 8 Plus, Galaxy Note9 / S9 / Plus, Xperia XZ2 Premium 2018ついに発表されました2018年新型iPhone!スマホ史上最大の6.5型画面、3機種すべてホームボタン廃止など、驚きのスマホとなっていま...

 

iPhone 8 / 8 Plus

 

iPhone 8 / 8 Plusは、これまでのiPhoneのデザインを引き継いでおり、特徴的な「丸いホームボタン」もあります!

外見はこれまでのiPhoneと同じですが、スペックはiPhone Xとほぼ同じで、高い性能を持っています。

 

iPhone 8とiPhone 8 Plusの主な違いは、ディスプレイが4.7インチと5.5インチの違いカメラがシングルとデュアルの違いです。

【ドコモ】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【au】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【ソフトバンク】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【SIMフリー】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

 

iPhone 8 / 8 Plusのスペック

項目 スペック
iPhone 8
スペック
iPhone 8 Plus
SoC A11 Biionic(2+4=6コア) A11 Bionic(2+4=6コア)
ディスプレイ 4.7インチ(液晶) 5.5インチ(液晶)
解像度 1,334×750(326ppi) 1,920×1,080(401ppi)
メモリ(RAM) 不明(2GB?) 不明(3GB?)
ストレージ(ROM) 64GB、256GB 64GB、256GB
OS iOS 12 iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素 1200万画素
デュアルカメラ
カメラ(イン) 700万画素 700万画素
生体認証 Touch ID(指紋認証) Touch ID(指紋認証)
サイズ 約138.4×67.3×7.3mm 約158.4×78.1×7.5mm
重量 148g 202g
防水機能 防水防塵 防水防塵
Apple Pay 対応 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi) 対応(Qi)

SoC(CPUとGPUなどを統合したチップ)はA11 Bionicを搭載し、高い処理能力を持っています!
最近の3Dグラフィックを多様したゲームもストレスなくプレイできます!

 

iPhone 8とiPhone 8 Plusとの大きな違いの一つは、ディスプレイサイズです。
iPhone 8は4.7型iPhone 8 Plusは5.5型で、メモリ(RAM)も2GB3GBとなっています。

 

カメラにも違いがあり、iPhone 8 Plusは標準と望遠のデュアルカメラとなっており、一眼レフのような背景をぼかした撮影や、光学ズーム機能など、iPhone 8に比べて高機能なカメラとなっています。

 

↓iPhone 8 Plusはデュアルカメラで、一眼レフカメラのような背景ボケのある写真が撮れる。

【ドコモ】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【au】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【ソフトバンク】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【SIMフリー】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

 

iPhone 8 / 8 Plusのデザイン

iPhone8 /8 Plusは、下側のベゼルに、丸いホームボタンのある、見慣れたiPhoneのデザインを引き継いでいます。

また、前面と背面ともにガラスで、非常に美しいデザインとなっています!

 

カラーバリエーションは、3色(シルバー、スペースグレイ、ゴールド)に加え、鮮烈な赤のPRODUCT REDがあります。

【ドコモ】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【au】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【ソフトバンク】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【SIMフリー】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

 

iPhone 8の価格

代表してドコモでの価格を載せました。

一括価格は他のキャリアでも大きな違いはありません。

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 88,776円
256GB: 106,920円
実質負担金 64G: 19,440円
256GB: 38,232円

 

iPhone 8 Plusの価格

代表してドコモでの価格を載せました。

一括価格は他のキャリアでも大きな違いはありません。

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 100,440円
256GB: 118,584円
実質負担金 64G: 31,752円
256GB: 49,896円

 

高画質高機能カメラが欲しい人画面が大きい方がいい人はiPhone 8 Plusがいいです。

256GBの大容量ストレージもありますが、動画をたくさん撮らないのであれば、通常の使用では64GBで問題ないですね。

 

iPhone XS/XRのような大きく変わったデザインに抵抗がある方、やっぱりホームボタンが忘れられない方などは、iPhone 8 / 8 Plusをおすすめします!

 

 

iPhone SE

 

iPhone SEは、2016年3月に発売され、今でも売れ続けている人気モデルです!

 

その理由は、5インチのディスプレイサイズが当たり前の現在のスマホの中では非常にめずらしい、4インチという片手にすっぽり収まる非常にコンパクトなサイズです!

 

また、他のiPhoneに比べて価格が安いというのも人気の秘密です!

32GBモデルでは3~4万円台と格安スマホなみの価格です!

この価格でiPhoneというブランドのスマホが手に入るというのも非常に魅力的です。

【ドコモ】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【au】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【ソフトバンク】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【SIMフリー】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

 

 

iPhone SEのスペック

項目 スペック
SoC A9チップ、M9コプロセッサ
ディスプレイ 4インチ(液晶)
解像度 1,136×640(326ppi)
メモリ(RAM) 不明(2GB?)
ストレージ(ROM) 16GB、32GB、64GB、128GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素
カメラ(イン) 120万画素
生体認証 Touch ID(指紋認証)
サイズ 約123.8×58.6×7.6mm
重量 113g
防水 なし
Apple Pay 一部対応(電子マネーは利用不可)
ワイヤレス充電 なし

発売から2年以上たっていますが、iPhoneは元々ハイスペックなスマホなので、今でもネット閲覧やSNS、YouTubeなどの動画視聴、音楽再生などには全く問題ない性能を持っています!

Androidスマホでいうところのミドルハイスペック(Snapdragon660くらい)の性能があるので、まだまだ現役でいけます!

 

アウトカメラ(メインカメラ)は1,200万画素で、十分キレイな写真が撮れます。

動画撮影も、なんと4K(30fps)に対応しており、価格から考えると素晴らしいです!

ただ、インカメラ(自撮り用カメラ)が120万画素というのは、かなり画素数が少ないので、Face Time(テレビ電話)には使えても、自撮り写真にはちょっと厳しいですね。

【ドコモ】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【au】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【ソフトバンク】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【SIMフリー】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

 

iPhone SEのデザイン

4インチというディスプレイサイズは、Androidも含めた現行のスマホの中でもかなり貴重です。

大型化が続くスマホにおいて、コンパクトな機種が欲しい人にはかなり魅力的です!

もちろん画面が小さいということは、文字も小さくなる、画面が狭くなるなどのデメリットもあります。

 

重さが113gで、これも現在のスマホでは考えられない軽さです!

ソニーの人気コンパクトモデル「Xperia XZ2 Compact」でも5インチ168gですから、いかにiPhone SEが軽くてコンパクトか分かりますね。

必要な人にとっては唯一無二の存在でしょう。

【ドコモ】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【au】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【ソフトバンク】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

【SIMフリー】ついに登場!2018年 最新iPhoneをチェック!

 

iPhone SEの価格

代表してY!mobile(ワイモバイル)での価格を載せました。

iPhone SEを扱っているキャリアは少なくなっており、今ではY!モバイルUQモバイル、ドコモとなっています(ドコモは在庫限りで販売終了)。

内容 価格
機種代金(一括) 32GB: 32,400円
128GB: 57,564円

 

32GBモデルで一括32,400円と非常に安くなっています!

iPhoneとしは破格の値段ですね。

 

iPhone SEの軽量コンパクトサイズは、iPhoneだけでなく、Androidも含めたすべてのスマホの中でも非常に貴重で、このサイズのスマホがどうしても欲しい!という人には、まさに唯一無二の存在といえます!

 

 

iPhone 6s

iPhone 6s(32GB)は、2015年9月発売のモデルで一旦現行モデルからなくなりましたが、Y!mobile(ワイモバイル)UQモバイルで取り扱い端末として復活しました。

その後、ドコモの月額割引サービス「docomo with」の対象端末に追加され、話題となりました!

 

Y!モバイルとUQモバイルは、いわゆる「格安SIM、格安スマホ」(MVNO)と呼ばれる通信業者に分類されます

※厳密には、Y!モバイルはソフトバンク、UQモバイルはauの別ブランドなので、mineo(マイネオ)や楽天モバイルなどの純粋なMVNOとは違います。

 

 

このようなMVNO業者は月額料金は安くなりますが、アップル、ソニー、サムスンなど有名メーカーの端末はほとんどなく、魅力に欠けていました。

そこへ旧モデルとはいえ、iPhoneが格安SIM業者で取り扱われることとなり、非常に魅力的で話題となったのです!

 

docomo withも同じ理由で、auやソフトバンクのように別ブランドにしていないだけで、対象機種は機種代金が安く、月額料金も1,500円割り引かれます

【ドコモ】ついにiPhone 6sがdocomo with対象機種に!こちらへ!

【Y!モバイル】iPhoneを格安で使いたい!こちらへ!

【UQモバイル】iPhoneを格安で使いたい!こちらへ!

 

 

docomo withの詳しい記事はこちら↓

あわせて読みたい
【docomo withに絶対しなきゃ損!】3つの条件をチェック!プランを解説【月額280円!!】ドコモを安くする 格安スマホ,SIM(MVNO)と比較! 新規, 乗り換え, 機種変更!!ドコモは高くないです!格安SIMより安くもなります!! そして最高の通信品質(速度、繋がりやすさ、安心感)を持っています! 3つの条件...

 

iPhone 6s のスペック

項目 スペック
SoC A9 デュアルコア
ディスプレイ 4.7インチ(液晶)
解像度 1,334×750(326ppi)
メモリ(RAM) 2GB
ストレージ(ROM) 32GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素 デュアルカメラ
カメラ(イン) 500万画素
生体認証 Touch ID(指紋認証)
サイズ 約138.3×67.1×7.1mm
重量 143g
防水 なし
Apple Pay 一部対応(電子マネーは利用不可)
ワイヤレス充電 なし

iPhone 6sは、2015年に発売されたモデルですが、スペック的には今でもまだまだ使える性能であり、むしろ価格が安く高いコストパフォーマンスが魅力となっています!

iPhone 6sの特徴(魅力)は次の通りです。

  1. OSに最新のiOS12が使える。
  2. iPhone自体が、その当時のハイスペックスマホなので、現在でもミドルスペック並みの性能を持っている。
  3. iPhoneはハードとソフトの両方をAppleが開発しており、スペック以上になめらかで速い動きを実現している。
  4. 4.7インチと大型化の進む今のスマホよりもコンパクトで、片手操作など、むしろ使いやすい
  5. 4K動画の撮影など、ミドルスペックスマホと比較しても高性能なところがある。
  6. 価格が42,768円(ドコモの場合)とお手頃な低価格でiPhoneを使うことができる。

 

2015年発売とはいえ、4K動画の撮影ができます!

当時、4K動画撮影に最も早く対応したのはiPhone 6sでした。

【ドコモ】ついにiPhone 6sがdocomo with対象機種に!こちらへ!

【Y!モバイル】iPhoneを格安で使いたい!こちらへ!

【UQモバイル】iPhoneを格安で使いたい!こちらへ!

 

iPhone 6s のデザイン

iPhone 6sは、5インチ以上が当たり前となった今のスマホにおいて、4.7インチのコンパクトサイズとなっています!

 

iPhone SEは4インチで更にコンパクトですが、かなり小さいので、iPhone 6sの4.7インチは丁度よいサイズでもあります。

【ドコモ】ついにiPhone 6sがdocomo with対象機種に!こちらへ!

【Y!モバイル】iPhoneを格安で使いたい!こちらへ!

【UQモバイル】iPhoneを格安で使いたい!こちらへ!

 

iPhone 6s(32GB)価格

代表してドコモでの価格を載せました。

iPhone 6sを扱っているキャリアは、ドコモY!モバイルUQモバイルとなっています。

内容 価格
機種代金(一括) 32GB: 42,768円

iPhone 6s(32GB)の価格は、ドコモで一括42,768円で、iPhoneの中ではiPhone SEに次いで安いモデルとなります!

 

単純に端末の価格だけならドコモが最も安いです。

基本料金を含めた月額料金になると、ひとりで契約か家族も契約するかなど、条件でかなり価格が変わってきます。

 

とにかくiPhoneがいい!iPhoneを安く使いたい!という人には、iPhone 6sがおすすめです!

【ドコモ】ついにiPhone 6sがdocomo with対象機種に!こちらへ!

【Y!モバイル】iPhoneを格安で使いたい!こちらへ!

【UQモバイル】iPhoneを格安で使いたい!こちらへ!

 

 

オンラインショップで最新モデルの情報をチェック!
ドコモ au ソフトバンク

 

 

Feedly

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です