iPhone

【iPhoneの選び方】質問に答えるだけ!!おすすめが見つかる!!


新型iPhone発売開始!
自分に合ったiPhoneの選び方

 

ついに2019年新型iPhone

iPhone 11 Pro Max」、「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11」が発表されました!

それに伴い、旧モデルのiPhoneが値下がり、新型にこだわらなければ安くて高性能のiPhoneを選ぶこともできます!

 

新型は高い!でもiPhoneは欲しい!

 

そんな方たちに、自分に合ったiPhoneの選び方をお伝えします!

質問に「はい」か「いいえ」で答えていくだけです!

 

ドコモauソフトバンクUQモバイルY!モバイル 対応です!!

 

 

どのキャリアの新型iPhoneが一番安く使えるのか!?

こちらをどうぞ!↓

【ドコモ,au,ソフトバンク】iPhone11価格と料金プラン比較!!2019年新型iPhoneは、どのキャリアで契約するのが一番安くてお得なのでしょうか? 料金プランも含めた、維持費、総支払い額を徹底比...

 

自分にあったiPhoneを見つける「質問開始」!

ここから始まる質問に答えていくと、自分にあったiPhoneを見つけることができます!

とても簡単です!

 

質問の答え方は次の通りです。

  1. 質問には「はい」「いいえ」を選択
  2. 指示された番号に進んで(番号をクリックして)質問に答えていく

たったこれだけ!
それでは、

スターーーーーート!

 

Q1. 今までとは違う、最新デザイン、高性能のiPhoneがいい。

はい ⇒ Q2
いいえ ⇒ Q4

Q2. 大画面サイズのiPhoneがいい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone 11 Pro Max」です!
いいえ ⇒ Q3

Q3. 最新機種がいい。だけど、価格は抑えたい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone 11」です!
いいえ ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone 11 Pro」です!

Q4. 安く購入できれば古いモデルのiPhoneでもいい。

はい ⇒ あなたへのおすすめはあなたへのおすすめは「ホームボタン搭載iPhone」です!
いいえ ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone 2018モデル」です!

➤ 最新 iPhone を[ドコモ]でチェック

➤ 最新 iPhone を[au]でチェック

➤ 最新 iPhone を[ソフトバンク]でチェック

 

iPhone 11 Pro Max

2019年の最新iPhoneがついに発表されました!

発表されたのは3機種

です!

 

2019年度版最新モデルの中でもiPhone 11 Pro MAXは最も画面が大きく高性能な機種です。

6.5インチ有機ELディスプレイを採用しており、iPhone XS Maxの後継機ですね!

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

 

前々から噂されていた、トリプルカメラがついに実装され、カメラの表現力が格段に上昇しました!

 

iPhone XS Maxにくらべ様々な点がパワーアップしましたが、今回の目玉はトリプルカメラで間違い有りません。

 

iPhoneでは初のトリプルカメラなので、革命が起きたと言っても過言ではないかも!

iPhone 11 Proにもトリプルカメラは実装されていますが、画面が大きい方がいいなら、iPhone 11 Pro MAXでキマリ!

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro MAXのスペック

項目 スペック
SoC A13 Bionic
ディスプレイ 6.5インチ(有機EL)
解像度 2,688 x 1,242
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ(ROM) 64GB、256GB、512GB
OS iOS 13
カメラ(アウト) 1200万画素 トリプルカメラ
カメラ(イン) 1200万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約158×77.8×8.1mm
重量

226g

防水 IP68
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

 

前機種のiPhone XS MAXと比べるとSoCやメモリがランクアップしています。

 

SoCはA13 Bionicとなり、よりグラフィカルな処理に強くなり、メモリも1.5倍の6GBなっているので、かなり高性能になりましたね。

 

Appleは2019年9月20日よりApple Arcadeというゲームコンテンツのサービス開始を予定しており、よりゲームの表現をしやすいコアやメモリ容量にかえたようです。

 

Apple Arcadeは日本でも9月20日から開始されます!

月額600円で遊び放題となるらしく、これからおおきなゲームストリームになりそうです!

またiPhone 11 ProはiPhone XS MAXより最大5時間長いバッテリー駆動となっており、ゲームで遊びすぎても十分なバッテリーとなっています!!

 

ディスプレイも超高画質なSuper Retina XDRを装備しており、Play Station Portable(PSP)も真っ青のゲーム機になりそう。

ちなみに本体の強化ガラスは前面背面ともに更に硬くなり、丈夫さもウリにしています!

踏みつけても大丈夫!とは言いませんが、ケース無しでも問題無さそうです。

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro MAXのトリプルカメラは何が凄い?

iPhone 11 Pro MAXのトリプルカメラは以下の3つのカメラで構成されています。

  • 望遠カメラ
  • 広角カメラ
  • 超広角カメラ

今回追加されたのは超広角カメラで、撮影出来る範囲がかなり広くなりました。

広角カメラだとこれくらいの範囲ですが、

 

超広角カメラでこのくらいまで広がります!

集合写真や風景写真撮るには超便利そうですね。

 

またA13 Bionicと新しいソフトウェアによってナイトモードが高品質に実装され、かなりくらい場所でもくっきり綺麗に撮影できるとのこと。

 

無理にフラッシュを炊かなくてもいいので、自然な夜景や暗がりでの記念撮影が撮れそうです。

 

トリプルカメラの凄いところはまだまだあります。

強力に進化したのがポートレードモードです。

 

ポートレートモードはデュアルカメラを搭載しているiPhoneでも実装されていますが、iPhone 11 Pro MAXでは、スタジオ風のモノクロ写真が撮れる「ハイキー証明」が追加されました。

 

単なる白黒写真と思うかも知れませんが、白黒写真は光の調節が命です。

Phone 11 Pro MAXのカメラは微細な光を調節できるので、プロのカメラマンが撮ったような風合いで白黒写真が撮れるようになったわけですね!

 

写真撮影だけでなく、動画編集も格段にパワーアップしました。

編集機能が使いやすく、それでいて簡単なのがiPhoneのメリットです。

 

iPhone 11 Pro Maxでは、動画編集も画像編集と同じソフトウェアで操作出来るため、自分だけのオリジナル動画もプロ並みに格好良くつくれちゃいます。

 

一般的なスマホの動画編集機能は使いにくかったり、編集機能が少なくて使えないものが多いので、これはiPhone 11 Pro Maxの大きなアドバンテージとなりそう。

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro MAXとiPhone 11 Proの違いは?

iPhone 11 Pro MAXとiPhone 11 Proの違いは以下の点です。

  • 画面のサイズと解像度
  • 重量
  • バッテリーの容量
  • 価格

一番の違いはやはり、画面のサイズ(解像度)と価格ですね!

特にサイズ感は大きく違うので、とにかく大きな画面にしたい人はiPhone 11 Pro MAXがオススメです。

 

老眼の方や老眼の両親に勧めたい場合もiPhone 11 Pro Maxが最適です。

小さいiPhoneでもフォントを大きくすることはできますが、画面が小さいのにフォントを大きくしても見にくいだけです。

 

サイズ感はiPhone XS MaxやiPhone 8 Plus、iPhone 7 Plusとほぼ一緒なので前機種が大きい場合もこちらでキマリ!

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro Max の価格・発売日(ドコモの場合)

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 126,000円
  (3,500円/月 36回)
256GB: 144,000円
  (4,000円/月 36回)
512GB: 165,600円
  (4,600円/月 36回)
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
64G: 84,000円
  (3,500円/月 24回)
256GB: 96,000円
  (4,000円/月 24回)
512GB: 110,400円
  (4,600円/月 24回)

iPhone 11 Pro MAXの容量は64GB256GB512GBの3タイプです。

iPhoneはSDカードなどが刺せないので、写真をよく撮る方は256GB以上をオススメします。

 

前モデルのiPhone XS Maxより5,000~1万円ほど安いのでお得感が増しましたね!

iPhone 11 Pro MAXの予約開始日は9月13日からで、発売日は9月20日となっているので、狙っている方は早めに行動しましょう!

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!トリプルカメラで最もハイスペックな「iPhone 11 Pro Max」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

 

どのキャリアの新型iPhoneが一番安く使えるのか!?

こちらをどうぞ!↓

【ドコモ,au,ソフトバンク】iPhone11価格と料金プラン比較!!2019年新型iPhoneは、どのキャリアで契約するのが一番安くてお得なのでしょうか? 料金プランも含めた、維持費、総支払い額を徹底比...

 

iPhone 11 Pro

2019年の9月11日、iPhoneの最新機種が発表されました!

発表されたのは3機種

です!

 

 

iPhone 11 Proはハイエンドなスペックを誇るiPhone 11 Proシリーズのうち、画面が手頃なサイズ感となっている方です。

 

iPhone 11 Pro MAXの方はかなり画面が大きいので、見やすい反面片手で操作するには向いていないかも知れません。

 

SoCやメモリなどのスペックは全く同じですし、iPhone 11 ProもiPhone 11 Pro MAXと同じく有機ELディスプレイを採用しているので、コンパクトかつ高性能を求めるならiPhone 11 Proでキマリですね!

 

iPhone 11 Proシリーズの目立であるトリプルカメラ搭載されているのでご安心を!

 

iPhone7では大きいサイズのiPhone7Plusのみがデュアルカメラ搭載で、iPhone7はシングルカメラでしたが、iPhone 11 Proシリーズは本体が小さくてもカメラは高性能です!

 

なので最新のiPhoneでトリプルカメラを楽しみたいけど「コンパクトなモデルが良い!」という方や「少しでも価格を抑えたい」方は、iPhone 11 Proで問題なし!

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!トリプルカメラでハイスペック・コンパクト「iPhone 11 Pro」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Proのスペック

項目 スペック
SoC A13 Bionic Bionic
ディスプレイ 5.8インチ(有機EL)
解像度 2,436 x 1,125
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ(ROM) 64GB、256GB、512GB
OS iOS 13
カメラ(アウト) 1200万画素 トリプルカメラ
カメラ(イン) 1200万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約144×71.4×8.1mm
重量

188g

防水 IP68
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

 

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!トリプルカメラでハイスペック・コンパクト「iPhone 11 Pro」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

iPhone 11 Proは前機種のiPhone XSと比べて、SoCがA13 Bionicになり、メモリも1.5倍の6GBに増量されました!

 

Appleは9月20日からApple Arcade(アップルアーケード)という定額のゲーム配信コンテンツを開始する予定なので、最新の高画質なゲームも快適に遊べるようにチューンされたようです。

 

Apple Arcadeは日本でも9月20日から開始されます!

月額600円で遊び放題となるらしく、これからおおきなゲームストリームになりそうです!

 

バッテリーの容量もiPhone XSよりも最大4時間長くなっており、高速充電を使えば30分で50%チャージできるようになりました。

 

Apple Arcadeやゲームアプリで沢山遊んでも安心ですね!

 

ディスプレイは超高画質なSuper Retina XDRにランクアップしているので、これまで遊んでいたゲームも美しいグラフィックに早変わりです!

 

Super Retina XDRは以前よりもさらに明るくシャープな表現力をもっているので、明るい場所はもちろん、暗がりでもくっきり綺麗です!

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!トリプルカメラでハイスペック・コンパクト「iPhone 11 Pro」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro のトリプルカメラは何が凄い?

iPhone 11 Pro のトリプルカメラは、望遠カメラ広角カメラ超広角カメラで構成されています!

今回追加されたのは超広角カメラで撮影できる視覚が広くなっただけでなく、光量の調節がさらに繊細になり、更に美しい写真が撮れるようになりました。

 

またスローモーションモードでは、120fpsで撮影出来るようになり、より滑らかで自然なスロー動画が作れます。

ちょっとした瞬間を撮影するだけでも、かなりアーティスティックな動画になるので、撮影の楽しみが増しました。

 

ナイトモードでは、新しいSoCと最新のソフトウェアにより、光量が少ない暗い場所でもくっきりとした美しい写真を撮れるようになりました。

 

この最新のナイトモードは従来の機種をアップデートしても利用できないので、iPhone11 Proだけの強みです!

 

動画編集もかなりパワーアップしました。

豊富な編集機能とシンプルな操作感を持ち、特に知識を必要とせずとも、美しい動画を作ることが出来ます。

 

しかも動画編集でも画像編集と同じソフトウェアなのでiPhoneユーザーなら間違いなくすぐに使いこなせるはず。

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!トリプルカメラでハイスペック・コンパクト「iPhone 11 Pro」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

カメラのスペックはiPhone 11 Pro MAXとほぼ同じなので、トリプルカメラが欲しいだけならiPhone 11 Proで十分です。

 

iPhone 11 Pro MAXとiPhone 11 Proの違いは?

iPhone 11 Pro MAXとiPhone 11 Proの違いは以下の点です。

  • 画面のサイズと解像度
  • 重量
  • バッテリーの容量
  • 価格

最も大きな違いは画面のサイズ(解像度)です。

iPhone 11 Pro MAXは6.5インチなのにたいし、iPhone 11 Proは5.8インチなので、一回り小型です。

 

その分軽くてコンパクトで、価格も少し下がるのがポイントです!

どうしても大きな画面が欲しいというわけでなければ、こちらの方がオススメです。

 

サイズ感はiPhone XS やiPhone 8、iPhone 7とほぼ一緒なので、現在iPhone 8やiPhone XSを使っていて不満がないなら、iPhone 11 Proにしましょう。

 

iPhone 8やiPhone 7から機種変更する場合、本体サイズは変わらずとも、画面サイズは4.7インチから5.8インチにアップするので、大画面になります。

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!トリプルカメラでハイスペック・コンパクト「iPhone 11 Pro」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 Pro の価格(ドコモの場合)

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 115,200円
  (3,200円/月 36回)
256GB: 129,600円
  (3,600円/月 36回)
512GB: 151,200円
  (4,200円/月 36回)
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
64G: 76,800円
  (3,600円/月 24回)
256GB:86,400円
  (3,200円/月 24回)
512GB: 100,800円
  (4,200円/月 24回)

iPhone 11 Pro の容量は前機種とおなじく64GB256GB512GBの3タイプです!

前モデルのiPhone XSより5,000~1万円ほど安いのでかなりお得ですね!

 

予約開始日は9月13日からとなっているので、発売日に欲しい人は注意しましょう。

iPhone 11 Pro の発売日は9月20日を予定しています。

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!トリプルカメラでハイスペック・コンパクト「iPhone 11 Pro」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

 

どのキャリアの新型iPhoneが一番安く使えるのか!?

こちらをどうぞ!↓

【ドコモ,au,ソフトバンク】iPhone11価格と料金プラン比較!!2019年新型iPhoneは、どのキャリアで契約するのが一番安くてお得なのでしょうか? 料金プランも含めた、維持費、総支払い額を徹底比...

 

iPhone 11

ついに登場した2019年最新のiPhone11。

さっそくどんな機種なのかをレビューしていきたいと思います!

今回発表されたのは3機種

です!

 

iPhone 11は、新機種の3タイプのうち、最も低価格なモデルとなっており、iPhoneXRの後継機となっています!

 

カラーバリエーションが豊富なのもポイントで、iPhoneの見た目にこだわりたい人は一見の価値アリです。

価格が控えめなのもメリットなので、ハイエンドスマホを欲していない方はこちらでしょう!

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!大画面・ハイスペック・低価格!「iPhone 11」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 のスペック

項目 スペック
SoC A13 Bionic
ディスプレイ 6.1インチ(Liquid Retina HDディスプレイ)
解像度 1,792 x 828(326ppi)
メモリ(RAM) 不明
ストレージ(ROM) 64GB、128GB、256GB
OS iOS 13
カメラ(アウト) 1,200万画素 デュアルカメラ
カメラ(イン) 1,200万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約150.9×75.7×8.3mm
重量 194g
防水 IP68
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

 

サイズ感はiPhone XRと全く同じで、見た目もおおきく変わっていませんが、中身は大きく違います。

 

まずSoCがA12からA13 Bionicになりグラフィック表現力や処理速度が格段にアップしました!

このSoCは、上位モデルのiPhone 11 Pro / Pro Maxと同じチップです。

 

Proシリーズとの違いは、ディスプレイの質、メモリの容量、そしてなによりカメラです。

iPhone11はデュアルカメラですが、Proシリーズはトリプルカメラとなっているので、カメラの機能が大きく違います。

 

とはいえ、別に激重のアプリなんか使わないし、カメラは超最新でなくても良いというなら、iPhone11で十分でしょう!

デュアルカメラでもかなりきれいな写真を撮れるのは確かですし、なによりiPhone11は安いです!

 

またカラーバリエーションが豊富なのも魅力で、iPod感覚で使うならこちらのほうが、オシャレで良いかも。

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!大画面・ハイスペック・低価格!「iPhone 11」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone11は新しいSoCとソフトウェアのおかげで、60fpsの4Kビデオ撮影を可能としており、3Dグラフィックを多用するゲームでも、サクサクと動きます

iPhone 11 Proより劣るといっても、スマホ業界全体でみればiPhone11はハイエンドクラスに入るでしょう!

 

アップルが開始するゲームプラットフォーム「Apple Arcade(アップルアーケード)」も余裕でプレイすることができます!

Apple Arcadeは日本でも9月20日から開始されます!

月額600円で遊び放題となるらしく、これから大きなゲームストリームになりそうです!

 

 

ディスプレイに関しては、iPhone XRとおなじくLiquid Retina HDディスプレイ採用しています。

iPhone品質の美しい画面を楽しみましょう!

 

前機種にくらべ、最も進化したのはカメラです!

以前とは全く違う新しいデュアルカメラシステムを搭載し、超広角モードが追加されました。

視覚野がかなりひろくなったので、風景や集合写真を撮る時には大活躍するでしょう。

 

このアウトカメラの画素数は1,200万画素、最大60fpsもの4Kビデオが撮影できます。

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!大画面・ハイスペック・低価格!「iPhone 11」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

またiPhone11では「ナイトモード」が追加されました。

最新のチップによる微細な光量コントロールにより、暗い場所でも自然と美しい写真がとれるようになったので、かなり便利です。

 

フラッシュを炊くのではなく、そのまま撮影できるので自然なショットを撮れるのもポイントです。

 

さらに、iPhone11は以前よりもっと硬い頑丈なガラスを前面と背面に搭載、二重のイオン交換プロセスによって堅牢さを維持しています。

 

防水性iPhone XRの2倍の水深に耐えることができるようになり、上位機種のiPhone 11 Pro / Pro Maxと同じIP68の防水性能をもっています!

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!大画面・ハイスペック・低価格!「iPhone 11」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 のデザイン

iPhone 11の全体的なデザインとしては前機種と大きな変化はありません。

ただ背面のデュアルカメラは配置やサイズ感が変わっているので、iPhone11なのかiPhone XRなのかはすぐにわかります。

マホおかえしプログラムスマホおかえしプログラム

カラーバリエーションは「ブラック」「グリーン」「イエロー」「パープル」「レッド」「ホワイト」の6色展開となり、選択肢は多めです。

上位機種のiPhone 11 Pro / Pro Maxよりも豊富なので、色にこだわりたいならコチラ!

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!大画面・ハイスペック・低価格!「iPhone 11」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

iPhone 11 の価格(ドコモの場合)

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 79,200円
  (2,200円/月 36回)
128GB: 86,400円
  (2,400円/月 36回)
256GB: 97,200円
  (2,700円/月 36回)
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
64G: 52,800円
  (2,200円/月 24回)
128GB:57,600円
  (2,400円/月 24回)
256GB: 64,800円
  (2,700円/月 24回)

 

容量は64GB128GB256GBの3つがラインナップしており、それぞれ価格が違います。

 

前機種のiPhone XRより価格が5,000円〜10,000円ほど安くなっており、より手頃な価格帯となりました!

 

iPhone 11の予約開始は9月13日発売日は9月20日となっているので、いち早くゲットしたい方はこまめにチェックしておきましょう!

 

 

【ドコモ】2019年最新iPhone登場!!大画面・ハイスペック・低価格!「iPhone 11」をチェック!

ドコモの月額料金から「10%還元!!」 絶対オトク!!【dカード GOLD】をチェック!

 

どのキャリアの新型iPhoneが一番安く使えるのか!?

こちらをどうぞ!↓

【ドコモ,au,ソフトバンク】iPhone11価格と料金プラン比較!!2019年新型iPhoneは、どのキャリアで契約するのが一番安くてお得なのでしょうか? 料金プランも含めた、維持費、総支払い額を徹底比...

 

iPhone 2018年モデル

2018年の3モデル、

は、2019年モデルがついに発売され、1年前のモデルになってしまいましたが、それでもまだまだ十分すぎるほどのスペックを持っています!

 

むしろ、価格が安くなるこれからがねらい目ではないでしょうか!?

【ドコモ】お買い得なiPhoneをドコモでチェック!

iPhone XS Max

ついに登場した2018年最新のiPhone!

その中でももっともハイスペックなのがiPhone XS Maxです!

 

ホームボタンがなくなり、全面ディスプレイとなって世界中を驚かせた前モデルiPhone Xのデザインを受け継ぎながら、画面サイズは6.5インチというスマホ史上最大サイズとなっています!

 

未来の続き」がここにあります!

【iPhone XS Max】6.5インチ 最大サイズのiPhone登場。次の未来へ。コチラから [ドコモ]

 

iPhone XS Max のスペック

項目 スペック
SoC A12 Bionic
ディスプレイ 6.5インチ(有機EL)
解像度 2,688×1,242(456ppi)
メモリ(RAM) 不明(4GB?)
ストレージ(ROM) 64GB、256GB、512GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素 デュアルカメラ
カメラ(イン) 700万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約157.5×77.4×7.7mm
重量 208g
防水 IP68
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

iPhone XS Maxはアップルの最新SoCであるA12 Bionicを搭載しており、最高の処理能力を持っています!

 

A12 Bionicチップは先進の技術を投入されて造られたプロセッサチップであり、現在最高性能といわれているQualcomm(クアルコム)社のSnapdragon 845は、10nmのプロセスルールで製造されています。

プロセスルールとは、回路の線幅を示し、細いほど高性能化させやすいのです。

 

そしてiPhone XS Maxに搭載されるA12 Bionicチップは、更に微細である7nmプロセスルールなのです!

これだけでもiPhone XS Maxがいかに高い処理能力を持っているかがわかると思います!

当然3Dグラフィックを多様したゲームもスムーズにプレイすることができます。

 

そしてひときわ目立つその大きなディスプレイは、なんと6.5インチと、スマホ史上最大サイズです!

456ppiの高解像度の有機ELディスプレイで、美しい映像を映しだします!

 

アウトカメラは1,200万画素のデュアルカメラで、光学ズームにも対応しています。
インカメラは700万画素で、高画素ではないですが十分な画素数です。

カメラそのもののスペックはiPhone Xと変わらないですが、内部処理が進化したようで、これまでよりも美しく、背景ボケなども、より高度な処理で行われるようです!

 

↓内部処理の進化により、一眼レフのような背景ボケが、よりキレイに作り出せる。

 

前モデルのiPhone Xで初めて搭載された顔認証(Face ID)は、サングラスやマスクを着けていると認証できないなど、欠点がありましたが、複数の顔を登録できるようになったので、サングラスやマスクを着けた顔を複数登録することで欠点を克服しました!

 

iPhone XS Max のデザイン

iPhone XS Maxは、6.5インチというiPhone史上過去最大サイズです!

サムスンの最新スマホGalaxy Note9ですら6.4インチなので、スマホ史上最大サイズと言っていいかもしれません。

前モデルで最も大きかったiPhone Xと比較すると、iPhone XS Maxがいかに大きいかが分かります。

 

前モデルiPhone Xと同じく、表側のほとんどを画面が占める「全面ディスプレイ」を最大の特徴としています!

 

また、画面上部には「ノッチ」(切り欠き)と呼ばれる部分があり、そこにインカメラやセンサーを搭載しています。
このノッチがiPhone Xから引き継いだ特徴的なデザインにもなっています。

 

本体のフレームは医療機器グレードのステンレスとなっており、非常に美しい仕上げとなっています!

カラーは、ゴールド、シルバー、スペースグレイの3色で、ゴールドは過去にあったゴールドとはまた違う、高級感あふれる質感になっています!

【iPhone XS Max】6.5インチ 最大サイズのiPhone登場。次の未来へ。コチラから [ドコモ]

 

iPhone XS Max の価格

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 141,912円
  (3,942円/月×36回)
256GB: 161,352円
  (4,482円/月×36回)
512GB: 161,352円
  (4,482円/月×36回)
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
64G: 94,608円
  (3,942円/月×24回)
256GB: 107,568円
  (4,482円/月×24回)
512GB: 107,568円
  (4,482円/月×24回)

iPhone XS Maxは新型iPhoneの中でも最高スペックだけあり、価格も高めに設定されています。

 

今回から大容量の512GBモデルもラインナップされました!

iPhoneはストレージ容量をSDカードで増やすことができないので、動画をたくさん撮る人は容量の多いモデルを考えた方がよいです。

 

最も有名なスマホであるiPhoneの、最新最先端、そして類を見ない大型ディスプレイのスマホを選びたい人には、iPhone XS Maxが最もおすすめです!

 

 

手数料完全【無料】!! 店舗での【待ち時間なし】!! ドコモオンラインショップはこちら!

 

新型iPhoneの詳細なスペックや比較、価格の記事はこちら!↓

ついにキタ!!新型「iPhone XS / XS Max / XR」!!6.5型!スペック比較! iPhone X, iPhone 8 / 8 Plus, Galaxy Note9 / S9 / Plus, Xperia XZ2 Premium 2018ついに発表されました2018年新型iPhone!スマホ史上最大の6.5型画面、3機種すべてホームボタン廃止など、驚きのスマホとなっていま...

 

iPhone XS

ついに登場した2018年最新のiPhone!

その中でもハイスペック前モデルの大きさを引き継いでいるのがiPhone XSです!

 

ホームボタンがなくなり、全面ディスプレイとなって世界中を驚かせた前モデルiPhone Xのデザインを受け継ぎ、画面サイズも5.8インチと同じサイズになっています。

【iPhone XS】新世代のiPhone登場。次の未来へ。コチラから [ドコモ]

 

iPhone XS のスペック

項目 スペック
SoC A12 Bionic
ディスプレイ 5.8インチ(有機EL)
解像度 2,436×1,125(458ppi)
メモリ(RAM) 不明(4GB?)
ストレージ(ROM) 64GB、256GB、512GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素 デュアルカメラ
カメラ(イン) 700万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約143.6×70.9×7.7mm
重量 177g
防水 IP68
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

iPhone XSはアップルの最新SoCであるA12 Bionicを搭載しており、最高の処理能力を持っています!

 

A12 Bionicチップは先進の技術を投入されて造られたプロセッサチップであり、現在最高性能といわれているQualcomm(クアルコム)社のSnapdragon 845は、10nmのプロセスルールで製造されています。

プロセスルールとは、回路の線幅を示し、細いほど高性能化しやすいのです。

 

そしてiPhone XSに搭載されるA12 Bionicチップは、更に微細である7nmプロセスルールなのです!

これだけでもiPhone Xsがいかに高い処理能力を持っているかがわかると思います!

当然3Dグラフィックを多様したゲームもスムーズにプレイすることができます。

 

画面は458ppiの高解像度の有機ELディスプレイで、美しい映像を映しだします!

 

アウトカメラは1,200万画素のデュアルカメラで、光学ズームにも対応しています。
インカメラは700万画素で、高画素ではないですが十分な画素数です。

カメラそのもののスペックはiPhone Xと変わらないですが、内部処理が進化したようで、これまでよりも美しく、背景ボケなども、より高度な処理で行われるようです!

 

↓内部処理の進化により、一眼レフのような背景ボケが、よりキレイに作り出せる。

 

前モデルのiPhone Xで初めて搭載された顔認証(Face ID)は、サングラスやマスクを着けていると認証できないなど、欠点がありましたが、複数の顔を登録できるようになったので、サングラスやマスクを着けた顔を複数登録することで欠点を克服しました!

【iPhone XS】新世代のiPhone登場。次の未来へ。コチラから [ドコモ]

 

iPhone XS のデザイン

iPhone XSは、前モデルiPhone Xと同じく、表側のほとんどを画面が占める「全面ディスプレイ」を最大の特徴としています!

iPhone 8と比べたとき、本体の大きさはそれほど変わらないのにもかかわらず、ディスプレイサイズがかなり大きくなっています。

 

また、画面上部には「ノッチ」(切り欠き)と呼ばれる部分があり、そこにインカメラやセンサーを搭載しています。
このノッチがiPhone Xから引き継いだ特徴的なデザインにもなっています。

 

本体のフレームは医療機器グレードのステンレスとなっており、非常に美しい仕上げとなっています!

カラーは、ゴールド、シルバー、スペースグレイの3色で、ゴールドは過去にあったゴールドとはまた違う、高級感あふれる質感になっています!

【iPhone XS】新世代のiPhone登場。次の未来へ。コチラから [ドコモ]

 

iPhone XS の価格

内容 価格
機種代金(一括) 64GB:128,304円
  (3,564円/月×36回)
256GB: 147,744円
  (4,104円/月×36回)
512GB: 147,744円
  (4,104円/月×36回)
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
64G: 85,536円
  (3,564円/月×24回)
256GB: 98,496円
  (4,104円/月×24回)
512GB: 98,496円
  (4,104円/月×24回)

iPhone XSはハイスペックの新型iPhoneであり、価格も高めに設定されています。

しかし6.5インチのiPhone XS Maxよりは安くなっています。

 

今回から大容量の512GBモデルもラインナップされました!

iPhoneはストレージ容量をSDカードで増やすことができないので、動画をたくさん撮る人は容量の多いモデルを考えた方がよいです。

 

最も有名なスマホであるiPhoneの、最新最先端を選びたい人には、iPhone XSが最もおすすめです!

【iPhone XS】新世代のiPhone登場。次の未来へ。コチラから [ドコモ]

 

 

新型iPhoneの詳細なスペックや比較、価格の記事はこちら!↓

ついにキタ!!新型「iPhone XS / XS Max / XR」!!6.5型!スペック比較! iPhone X, iPhone 8 / 8 Plus, Galaxy Note9 / S9 / Plus, Xperia XZ2 Premium 2018ついに発表されました2018年新型iPhone!スマホ史上最大の6.5型画面、3機種すべてホームボタン廃止など、驚きのスマホとなっていま...

 

iPhone XR

ついに登場した2018年最新のiPhone!

その中でも最も安い価格で購入できるモデルiPhone XRです!

カラーリングも全6色と豊富なラインナップとなりました!

 

前モデルのiPhone 8/8Plusでは、iPhoneの象徴とも言えた丸いホームボタンがありましたが、今回はすべてのモデルでホームボタンが廃止されました!

ホームボタンがなくなり、全面ディスプレイとなって世界中を驚かせた前モデルiPhone XのデザインをiPhone XRも受け継いでいます。

 

iPhone XRは2018年新モデルの中ではもっとも低価格ですが、ディスプレイサイズは6.1インチと、新型3機種の真ん中になっています。

【iPhone XR】色鮮やかなiPhone登場。もっとも安く買える新型iPhone。コチラから [ドコモ]

 

iPhone XR のスペック

項目 スペック
SoC A12 Bionic
ディスプレイ 6.1インチ(液晶)
解像度 1,792×828(324ppi)
メモリ(RAM) 不明(3GB?)
ストレージ(ROM) 64GB、128GB、256GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素
カメラ(イン) 700万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約150×70.9×75.7mm
重量 194g
防水 IP67
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

iPhone XRは新型モデルの中では最も廉価ですが、チップはiPhone XS /XS Maxと同じ、アップルの最新SoCであるA12 Bionicを搭載しており、最高の処理能力を持っています!

 

 

A12 Bionicチップは先進の技術を投入されて造られたプロセッサチップであり、現在最高性能といわれているQualcomm(クアルコム)社のSnapdragon 845は、10nmのプロセスルールで製造されています。

プロセスルールとは、回路の線幅を示し、細いほど高性能化させやすいのです。

 

そしてiPhone XRに搭載されるA12 Bionicチップは、更に微細である7nmプロセスルールなのです!

これだけでもiPhone XRがいかに高い処理能力を持っているかがわかると思います!

当然3Dグラフィックを多様したゲームもスムーズにプレイすることができます。

 

画面は6.1インチので有機ELではなく液晶ディスプレイとなっています。

 

アウトカメラは1,200万画素のシングルカメラなのがiPhone XS / XS Maxとの大きな違いになっています。
インカメラは700万画素で、高画素ではないですが十分な画素数です。

カメラの内部処理が進化したようで、iPhone XRはシングルカメラにもかかわらず、高度な処理により背景ボケもかなりキレイに作れるようです!

 

シングルカメラにもかかわらず、内部処理の進化により、ここまでキレイな背景ボケが可能。

 

前モデルのiPhone Xで初めて搭載された顔認証(Face ID)は、サングラスやマスクを着けていると認証できないなど、欠点がありましたが、複数の顔を登録できるようになったので、サングラスやマスクを着けた顔を複数登録することで欠点を克服しました!

【iPhone XR】色鮮やかなiPhone登場。もっとも安く買える新型iPhone。コチラから [ドコモ]

 

iPhone XR のデザイン

iPhone XRは、前モデルiPhone Xと同じく、表側のほとんどを画面が占める「全面ディスプレイ」を最大の特徴としています!

iPhone 8 Plusと本体はほとんど同じ大きさながら、ディスプレイサイズは大きいことが分かります。

 

また、画面上部には「ノッチ」(切り欠き)と呼ばれる部分があり、そこにインカメラやセンサーを搭載しています。
このノッチがiPhone Xから引き継いだ特徴的なデザインにもなっています。

 

iPhone XRは6色の豊富なカラーリングがラインナップされました!

(PRODUCT)REDイエローホワイトコーラルブラックブルーの6色となります!

かつてのiPhone 5Cを思い出させます。iPhone 5Cではかなりポップなカラーリングでしたが、iPhone XRはポップすぎず、クールな仕上がりになっています。

【iPhone XR】色鮮やかなiPhone登場。もっとも安く買える新型iPhone。コチラから [ドコモ]

 

↓かつて豊富なカラーリングで話題になった「iPhone 5c」

 

 

iPhone XR の価格

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 93,312円
(2,592円/月×36回)
128GB: 99,144円
(2,754円/月×36回)
256GB: 110,808円
(3,078円/月×36回)
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
64G: 62,208円
(2,592円/月×24回)
128GB: 66,096円
(2,754円/月×24回)
256GB: 73,872円
(3,078円/月×24回)

iPhone XRは新型iPhone3機種の中では最も安価なモデルとなっています!

iPhone XS / XS Maxはかなり高価でしたが、iPhone XRでは64GBで実質負担金が62,208円とかなりお手軽な価格になっています!

 

今回から大容量の256GBモデルもラインナップされました!

iPhoneはストレージ容量をSDカードで増やすことができないので、動画をたくさん撮る人は容量の多いモデルを考えた方がよいです。

 

最も有名なスマホであるiPhoneの最新型低価格で欲しい人には、iPhone XRが最もおすすめです!

 

【iPhone XR】色鮮やかなiPhone登場。もっとも安く買える新型iPhone。コチラから [ドコモ]

 

 

新型iPhoneの詳細なスペックや比較、価格の記事はこちら!↓

ついにキタ!!新型「iPhone XS / XS Max / XR」!!6.5型!スペック比較! iPhone X, iPhone 8 / 8 Plus, Galaxy Note9 / S9 / Plus, Xperia XZ2 Premium 2018ついに発表されました2018年新型iPhone!スマホ史上最大の6.5型画面、3機種すべてホームボタン廃止など、驚きのスマホとなっていま...

 

 

ホームボタン搭載 iPhone

iPhoneは、2017年のiPhone Xから、象徴的であった丸いホームボタンをなくし、全面ディスプレイのデザインに変わりました!

 

それでも、今でもホームボタンの人気は根強く、これを求める人も多いです。

ホームボタン搭載のiPhoneは、2017年の「iPhone 8 / 8 Plus」が最後ですが、今でも十分すぎるほどのスペックを持っています!

 

価格も安くなっているので、狙い目のモデルでもあります!

 

ホームボタン搭載のモデルは、現在次のものが発売されています。

【ドコモ】お買い得なiPhoneをドコモでチェック!

iPhone 8 / 8 Plus

 

iPhone 8 / 8 Plusは、iPhone Xとほぼ同時に発売されましたが、iPhone Xが革新的な方向性を示したのに対し、iPhone 8 / 8 Plusは従来のiPhoneのスタイルを保ったまま、高機能化しました!

 

iPhone 8とiPhone 8 Plusの大きな違いは、ディスプレイの大きさ、つまり本体の大きさと、カメラが1つか2つ(デュアルカメラ)の違いです。

【iPhone 8 / 8 Plus】ガラスから生まれたiPhone。ホームボタンを持つ最後のiPhone。コチラから [ドコモ]

 

iPhone 8 / 8 Plusのスペック

項目 スペック
iPhone 8
スペック
iPhone 8 Plus
SoC A11 Biionic(2+4=6コア) A11 Bionic(2+4=6コア)
ディスプレイ 4.7インチ(液晶) 5.5インチ(液晶)
解像度 1,334×750(326ppi) 1,920×1,080(401ppi)
メモリ(RAM) 不明(2GB?) 不明(3GB?)
ストレージ(ROM) 64GB、256GB 64GB、256GB
OS iOS 12 iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素 1200万画素
デュアルカメラ
カメラ(イン) 700万画素 700万画素
生体認証 Touch ID(指紋認証) Touch ID(指紋認証)
サイズ 約138.4×67.3×7.3mm 約158.4×78.1×7.5mm
重量 148g 202g
防水機能 防水防塵 防水防塵
Apple Pay 対応 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi) 対応(Qi)

SoCは高性能なA11 Bionicを搭載しており、高い処理能力を持っています!
3Dグラフィックを多様したゲームもスムーズにプレイすることができます。

 

iPhone 8とiPhone 8 Plusとの一番の違いは、ディスプレイの大きさです。
iPhone8は4.7インチiPhone8 Plusは5.5インチとなっており、メモリも2GB3GBの違いがあります。

 

もう一点大きな違いは、カメラ性能で、iPhone 8 Plusはデュアルカメラであり、背景ボケや望遠機能など、高機能なカメラ機能を使うことができます!

 

↓iPhone 8 Plusはデュアルカメラにより、一眼レフカメラのような背景ボケのある写真が撮れる。

【iPhone 8 / 8 Plus】ガラスから生まれたiPhone。ホームボタンを持つ最後のiPhone。コチラから [ドコモ]

 

iPhone 8 / 8 Plusのデザイン

iPhone8 /8 Plusは、ディスプレイ下部に、丸いホームボタンを搭載する、これまでのiPhoneのデザインを踏襲しています。

また、背面もガラスで、非常に美しいボディに仕上がっています!これはiPhone 7 / 7 Plusとの最も大きなデザインの違いです。

 

カラーは、シルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色に加え、鮮烈な赤のPRODUCT REDがあります。

【iPhone 8 / 8 Plus】ガラスから生まれたiPhone。ホームボタンを持つ最後のiPhone。コチラから [ドコモ]

 

iPhone 8の価格(ドコモの場合)

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 79,704円
  (2,214 円×36回)
256GB: 販売終了
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
64G: 53,136円
  (2,214円×24回)
256GB:販売終了

iPhone 8 Plusの価格(ドコモの場合)

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 販売終了
256GB: 販売終了
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
64G: 販売終了
256GB: 販売終了

iPhone 8の64GBなら一括88,776円、月々サポートを受けた実質負担額が19,440円となるので、かなりお手頃になっています!

 

【注意!!】ドコモでは2019年9月現在、iPhone 8 Plusは販売終了しています!auやソフトバンクでは、まだ販売しているようです!

 

画面サイズが大きくデュアルカメラのiPhone 8 Plusでも64GBモデルなら、現在は実質負担額が31,752円と安くなっているので、高画質高機能カメラが欲しい人画面が大きい方がいい人はiPhone 8 Plusの選択がよいでしょう!

 

ストレージ容量は、動画を撮りまくる人には256GB必要ですが、通常の使用では64GBで問題ないと思います。

 

iPhone XS/XRのように大幅に変化したデザインに抵抗がある方や、慣れ親しんだ操作感がいい人には、iPhone XよりもiPhone 8 / 8 Plusをおすすめします!

【iPhone 8 / 8 Plus】ガラスから生まれたiPhone。ホームボタンを持つ最後のiPhone。コチラから [ドコモ]

 

iPhone 7

 

iPhone 7は2016年9月に発売されたiPhoneです(iPhone 7 Plusは販売終了)。

2016年とはいっても、iPhoneはもともとハイスペックなスマホなので、今でも十分快適に使うことができます!
また、OSのアップデートもアップルはかなり古いiPhoneまで対応してくれるので、安心です。

【iPhone 7】まだまだ十分なパフォーマンス。ホームボタンを持つiPhone。コチラから [ドコモ]

 

iPhone 7 のスペック

項目 スペック
SoC A10 Fusion(2+2=4コア)
ディスプレイ 4.7インチ(液晶)
解像度 1,334×750(326ppi)
メモリ(RAM) 不明(2GB?)
ストレージ(ROM) 32GB、128GB、256GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素
カメラ(イン) 700万画素
生体認証 Touch ID(指紋認証)
サイズ 138.3×67.1×7.1mm
重量 138g
防水機能 あり
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 なし

SoCはひとつ前のA10 Fusionですが、iPhoneはそのときの最高スペックのSoCを搭載しているので、今でも十分快適に使うことができます。

 

また、処理能力以外ではiPhone 8 / 8 Plusと比べて、ワイヤレス充電に対応していないということくらいです。
むしろiPhone 8に比べて重量は10g程度軽いです。

 

スペックに表れない、カメラの画質はiPhone 8 / 8 Plusの方がいいということですが、どこまで画質を必要とするかですね。

 

iPhone 7では、ステレオスピーカーになっており、音質、音量が向上しています。

【iPhone 7】まだまだ十分なパフォーマンス。ホームボタンを持つiPhone。コチラから [ドコモ]

 

iPhone 7 のデザイン

ボタンの配置など表側、側面はiPhone 8と全く同じといっていいくらいです。

 

ただし背面は、ワイヤレス充電に対応させるためにiPhone 8 / 8 Plusがガラス素材になっているのに対して、iPhone 7はこれまでのiPhoneと同じくアルミニウム素材となっているのが大きな違いです。

 

ワイヤレス充電が必要ないのであれば、カバーを付ける派の人は、背面が隠れるのでiPhone 7もiPhone 8も同じですね。

 

カラーはブラックシルバーゴールドローズゴールドの4色に加えて、美しい光沢のある黒のジェットブラックがあります。

【iPhone 7】まだまだ十分なパフォーマンス。ホームボタンを持つiPhone。コチラから [ドコモ]

 

iPhone 7の価格(ドコモの場合)

内容 価格
機種代金(一括) 32GB: 39,600円
(1,650円/月 24回)
(1,100円/月 36回)
スマホおかえしプログラム
適用時の負担額
対応なし
 

iPhone 7は、月々サポートを受けた実質負担額が10,368円かなりの格安となります!

古いモデルでも問題ないという方には、iPhone 7はコストパフォーマンスも高くかなりおすすめです!

【iPhone 7】まだまだ十分なパフォーマンス。ホームボタンを持つiPhone。コチラから [ドコモ]

 

 

iPhone 6s(32GB)

Image: Y!モバイル公式サイト

 

iPhone 6s(32GB)は、2015年に発売されたiPhoneですが、ネットや動画閲覧など、普通に使うにはまだまだ十分です!

 

しかも、Y!モバイルなどでは、3万円台で購入できるので、安くiPhoneを使いたい人にはおすすめです!

 

 

iPhone 6s(32GB)のスペック

項目 スペック
SoC A9 デュアルコア
ディスプレイ 4.7インチ(液晶)
解像度 1,334×750(326ppi)
メモリ(RAM) 2GB
ストレージ(ROM) 32GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素 デュアルカメラ
カメラ(イン) 500万画素
生体認証 Touch ID(指紋認証)
サイズ 約138.3×67.1×7.1mm
重量 143g
防水 なし
Apple Pay 一部対応(電子マネーは利用不可)
ワイヤレス充電 なし

iPhone 6s(32GB)は、2015年に発売されたモデルですが、低価格の高コスパiPhoneとして、次のような特徴から、まだまだ現役で使えます!

  1. OSに最新のiOS12が使える。
  2. iPhone自体が、その当時のハイスペックスマホなので、現在でもミドルスペック並みの性能を持っている。
  3. iPhoneはハードとソフトの両方をAppleが開発しており、スペック以上になめらかで速い動きを実現している。
  4. 4.7インチと大型化の進む今のスマホよりもコンパクトで、片手操作など、むしろ使いやすい
  5. 4K動画の撮影など、ミドルスペックスマホと比較しても高性能なところがある。
  6. 価格が39,800円(税別)とお手頃な低価格でiPhoneを使うことができる。
    (毎月の1,500円引きを機種代金と考えるなら、実質3,600円と異常な格安iPhoneともいえる!)

 

docomo withの中でも4K動画の撮影ができるのはiPhone 6sだけです!

さすがはiPhoneといったとこですね。

【iPhone 6s】ついにiPhoneがdocomo with対象機種に!こちらへ!

 

iPhone 6s(32GB)のデザイン

iPhone 6sは、大型化し続けるスマホにおいて、4.7インチというコンパクトで使いやすい大きさとなっています!

【iPhone 6s】ついにiPhoneがdocomo with対象機種に!こちらへ!

 

iPhone 6s(32GB)価格

docomo with対象機種では、月々サポートはないものの、3年目以降もずっと毎月1,500円引きを受けられます。

内容 価格
機種代金(一括) 32GB: 42,768円
docomo withの税込み1,620円割引きを考慮した実質負担金 32GB: 3,888円

これを機種代金で考慮した場合、1,620円×24カ月=38,880円の割引となり、実質価格として実質3,880円の、異常な格安iPhoneとなります!

 

とにかくiPhoneを安い価格で使いたいという人には、docomo with対象機種である、iPhone 6s(32GB)がおすすめです!

【iPhone 6s】ついにiPhoneがdocomo with対象機種に!こちらへ!

 

 

 

ドコモの新作スマホのおすすめ&紹介はコチラ↓

【docomoおすすめスマホ】[2019-2020冬春]現行全モデル紹介!iPhone、Androidのドコモのスマホ全機種紹介&ランキング! 2019-2020冬春モデル登場! 質問に「はい」「いいえ」で...
Feedly

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です