iPhone

【全iPhone解説】“はい”“いいえ”で自分に合ったiPhoneが見つかる!選び方!【ドコモ, au, ソフトバンク】 [iPhone XS / XS Max / XR]


新型iPhone発売開始!自分に合ったiPhoneの選び方

ついに2018年新型iPhone、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRが発表されました!

それに伴い、旧モデルのiPhoneが値下がり、新型にこだわらなければ安くて高性能のiPhoneを選ぶこともできます!

 

新型は高い!でもiPhoneは欲しい!

 

そんな方たちに、自分に合ったiPhoneの選び方をお伝えします!

質問に「はい」か「いいえ」で答えていくだけです!

 

ドコモ、au、ソフトバンク、UQモバイル、Y!モバイル 対応です!!

 

自分にあったiPhoneを見つける「質問開始」!

ここから始まる質問に答えていくと、自分にあったiPhoneを見つけることができます!

とても簡単です!

 

質問の答え方は次の通りです。

  1. 質問には「はい」「いいえ」を選択
  2. 指示された番号に進んで(番号をクリックして)質問に答えていく

たったこれだけ!
それでは、

スターーーーーート!

 

Q2. 今までとは違う、最新デザイン、高性能のiPhoneがいい。

はい ⇒ Q3
いいえ ⇒ Q5

Q3. 大画面サイズのiPhoneがいい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone XS Max」です!
いいえ ⇒ Q4

Q4. 最新機種がいい。だけど、価格は抑えたい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone XR」です!
いいえ ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone XS」です!

Q5. 手のひらサイズのiPhoneがいい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone SE」です!
いいえ ⇒ Q6

Q6. 安く購入できれば古いモデルのiPhoneでもいい。

はい ⇒ あなたへのおすすめはあなたへのおすすめは「iPhone 6s」です!
いいえ ⇒ Q8

Q7. 画面サイズが大、中のうち、中(標準的な大きさ)のiPhoneがいい。

はい ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone 8」です!
いいえ ⇒ あなたへのおすすめは「iPhone 8 Plus」です!

 

ドコモ スマートフォン全機種紹介

直接、目的の機種を見たい場合は、次の一覧からクリックしてください!

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneシリーズ

言わずと知れた、Appleの大人気スマートフォンです!

日本国内ではAndroidも含めたすべてのスマホでアップルのiPhoneシリーズがトップシェアです!

 

何を選べばいいかわからなかったら、とにかくiPhoneで問題ないです
ただし基本的に価格は高めになります。

 

 

iPhone XS Max

ついに登場した2018年最新のiPhone!

その中でももっともハイスペックなのがiPhone XS Maxです!

 

ホームボタンがなくなり、全面ディスプレイとなって世界中を驚かせた前モデルiPhone Xのデザインを受け継ぎながら、画面サイズは6.5インチというスマホ史上最大サイズとなっています!

 

未来の続き」がここにあります!

【iPhone XS Max】6.5インチ 最大サイズのiPhone登場。次の未来へ。コチラから [ドコモ]

 

iPhone XS Max のスペック

項目 スペック
SoC A12 Bionic
ディスプレイ 6.5インチ(有機EL)
解像度 2,688×1,242(456ppi)
メモリ(RAM) 不明(4GB?)
ストレージ(ROM) 64GB、256GB、512GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素 デュアルカメラ
カメラ(イン) 700万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約157.5×77.4×7.7mm
重量 208g
防水 IP68
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

iPhone XS Maxはアップルの最新SoCであるA12 Bionicを搭載しており、最高の処理能力を持っています!

 

A12 Bionicチップは先進の技術を投入されて造られたプロセッサチップであり、現在最高性能といわれているQualcomm(クアルコム)社のSnapdragon 845は、10nmのプロセスルールで製造されています。

プロセスルールとは、回路の線幅を示し、細いほど高性能化させやすいのです。

 

そしてiPhone XS Maxに搭載されるA12 Bionicチップは、更に微細である7nmプロセスルールなのです!

これだけでもiPhone XS Maxがいかに高い処理能力を持っているかがわかると思います!

当然3Dグラフィックを多様したゲームもスムーズにプレイすることができます。

 

そしてひときわ目立つその大きなディスプレイは、なんと6.5インチと、スマホ史上最大サイズです!

456ppiの高解像度の有機ELディスプレイで、美しい映像を映しだします!

 

アウトカメラは1,200万画素のデュアルカメラで、光学ズームにも対応しています。
インカメラは700万画素で、高画素ではないですが十分な画素数です。

カメラそのもののスペックはiPhone Xと変わらないですが、内部処理が進化したようで、これまでよりも美しく、背景ボケなども、より高度な処理で行われるようです!

 

↓内部処理の進化により、一眼レフのような背景ボケが、よりキレイに作り出せる。

 

前モデルのiPhone Xで初めて搭載された顔認証(Face ID)は、サングラスやマスクを着けていると認証できないなど、欠点がありましたが、複数の顔を登録できるようになったので、サングラスやマスクを着けた顔を複数登録することで欠点を克服しました!

 

iPhone XS Max のデザイン

iPhone XS Maxは、6.5インチというiPhone史上過去最大サイズです!

サムスンの最新スマホGalaxy Note9ですら6.4インチなので、スマホ史上最大サイズと言っていいかもしれません。

前モデルで最も大きかったiPhone Xと比較すると、iPhone XS Maxがいかに大きいかが分かります。 

 

前モデルiPhone Xと同じく、表側のほとんどを画面が占める「全面ディスプレイ」を最大の特徴としています!

 

また、画面上部には「ノッチ」(切り欠き)と呼ばれる部分があり、そこにインカメラやセンサーを搭載しています。
このノッチがiPhone Xから引き継いだ特徴的なデザインにもなっています。

 

本体のフレームは医療機器グレードのステンレスとなっており、非常に美しい仕上げとなっています!

カラーは、ゴールド、シルバー、スペースグレイの3色で、ゴールドは過去にあったゴールドとはまた違う、高級感あふれる質感になっています!

【iPhone XS Max】6.5インチ 最大サイズのiPhone登場。次の未来へ。コチラから [ドコモ]

 

iPhone XS Max の価格

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 141,912円
256GB: 160,056円
512GB: 184,680円
実質負担金 64G: 82,944円
256GB: 101,088円
512GB: 125,712円

iPhone XS Maxは新型iPhoneの中でも最高スペックだけあり、価格も高めに設定されています。

 

今回から大容量の512GBモデルもラインナップされました!

iPhoneはストレージ容量をSDカードで増やすことができないので、動画をたくさん撮る人は容量の多いモデルを考えた方がよいです。

 

最も有名なスマホであるiPhoneの、最新最先端、そして類を見ない大型ディスプレイのスマホを選びたい人には、iPhone XS Maxが最もおすすめです!

【iPhone XS Max】6.5インチ 最大サイズのiPhone登場。次の未来へ。コチラから [ドコモ]

 

 

新型iPhoneの詳細なスペックや比較、価格の記事はこちら!↓

ついにキタ!!新型「iPhone XS / XS Max / XR」!!6.5型!スペック比較! iPhone X, iPhone 8 / 8 Plus, Galaxy Note9 / S9 / Plus, Xperia XZ2 Premium 2018ついに発表されました2018年新型iPhone!スマホ史上最大の6.5型画面、3機種すべてホームボタン廃止など、驚きのスマホとなっていま...

 

iPhone XS

ついに登場した2018年最新のiPhone!

その中でもハイスペック前モデルの大きさを引き継いでいるのがiPhone XSです!

 

ホームボタンがなくなり、全面ディスプレイとなって世界中を驚かせた前モデルiPhone Xのデザインを受け継ぎ、画面サイズも5.8インチと同じサイズになっています。

【iPhone XS】新世代のiPhone登場。次の未来へ。コチラから [ドコモ]

 

iPhone XS のスペック

項目 スペック
SoC A12 Bionic
ディスプレイ 5.8インチ(有機EL)
解像度 2,436×1,125(458ppi)
メモリ(RAM) 不明(4GB?)
ストレージ(ROM) 64GB、256GB、512GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素 デュアルカメラ
カメラ(イン) 700万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約143.6×70.9×7.7mm
重量 177g
防水 IP68
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

iPhone XSはアップルの最新SoCであるA12 Bionicを搭載しており、最高の処理能力を持っています!

 

A12 Bionicチップは先進の技術を投入されて造られたプロセッサチップであり、現在最高性能といわれているQualcomm(クアルコム)社のSnapdragon 845は、10nmのプロセスルールで製造されています。

プロセスルールとは、回路の線幅を示し、細いほど高性能化しやすいのです。

 

そしてiPhone XSに搭載されるA12 Bionicチップは、更に微細である7nmプロセスルールなのです!

これだけでもiPhone Xsがいかに高い処理能力を持っているかがわかると思います!

当然3Dグラフィックを多様したゲームもスムーズにプレイすることができます。

 

画面は458ppiの高解像度の有機ELディスプレイで、美しい映像を映しだします!

 

アウトカメラは1,200万画素のデュアルカメラで、光学ズームにも対応しています。
インカメラは700万画素で、高画素ではないですが十分な画素数です。

カメラそのもののスペックはiPhone Xと変わらないですが、内部処理が進化したようで、これまでよりも美しく、背景ボケなども、より高度な処理で行われるようです!

 

↓内部処理の進化により、一眼レフのような背景ボケが、よりキレイに作り出せる。

 

前モデルのiPhone Xで初めて搭載された顔認証(Face ID)は、サングラスやマスクを着けていると認証できないなど、欠点がありましたが、複数の顔を登録できるようになったので、サングラスやマスクを着けた顔を複数登録することで欠点を克服しました!

【iPhone XS】新世代のiPhone登場。次の未来へ。コチラから [ドコモ]

 

iPhone XS のデザイン

iPhone XSは、前モデルiPhone Xと同じく、表側のほとんどを画面が占める「全面ディスプレイ」を最大の特徴としています!

iPhone 8と比べたとき、本体の大きさはそれほど変わらないのにもかかわらず、ディスプレイサイズがかなり大きくなっています。

 

また、画面上部には「ノッチ」(切り欠き)と呼ばれる部分があり、そこにインカメラやセンサーを搭載しています。
このノッチがiPhone Xから引き継いだ特徴的なデザインにもなっています。

 

本体のフレームは医療機器グレードのステンレスとなっており、非常に美しい仕上げとなっています!

カラーは、ゴールド、シルバー、スペースグレイの3色で、ゴールドは過去にあったゴールドとはまた違う、高級感あふれる質感になっています!

【iPhone XS】新世代のiPhone登場。次の未来へ。コチラから [ドコモ]

 

iPhone XS の価格

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 128,952円
256GB: 147,096円
512GB: 171,720円
実質負担金 64G: 69,984円
256GB: 88,128円
512GB: 112,752円

iPhone XSはハイスペックの新型iPhoneであり、価格も高めに設定されています。

しかし6.5インチのiPhone XS Maxよりは安くなっています。

 

今回から大容量の512GBモデルもラインナップされました!

iPhoneはストレージ容量をSDカードで増やすことができないので、動画をたくさん撮る人は容量の多いモデルを考えた方がよいです。

 

最も有名なスマホであるiPhoneの、最新最先端を選びたい人には、iPhone XSが最もおすすめです!

【iPhone XS】新世代のiPhone登場。次の未来へ。コチラから [ドコモ]

 

 

新型iPhoneの詳細なスペックや比較、価格の記事はこちら!↓

ついにキタ!!新型「iPhone XS / XS Max / XR」!!6.5型!スペック比較! iPhone X, iPhone 8 / 8 Plus, Galaxy Note9 / S9 / Plus, Xperia XZ2 Premium 2018ついに発表されました2018年新型iPhone!スマホ史上最大の6.5型画面、3機種すべてホームボタン廃止など、驚きのスマホとなっていま...

 

iPhone XR

ついに登場した2018年最新のiPhone!

その中でも最も安い価格で購入できるモデルiPhone XRです!

カラーリングも全6色と豊富なラインナップとなりました!

 

前モデルのiPhone 8/8Plusでは、iPhoneの象徴とも言えた丸いホームボタンがありましたが、今回はすべてのモデルでホームボタンが廃止されました!

ホームボタンがなくなり、全面ディスプレイとなって世界中を驚かせた前モデルiPhone XのデザインをiPhone XRも受け継いでいます。

 

iPhone XRは2018年新モデルの中ではもっとも低価格ですが、ディスプレイサイズは6.1インチと、新型3機種の真ん中になっています。

【iPhone XR】色鮮やかなiPhone登場。もっとも安く買える新型iPhone。コチラから [ドコモ]

 

iPhone XR のスペック

項目 スペック
SoC A12 Bionic
ディスプレイ 6.1インチ(液晶)
解像度 1,792×828(324ppi)
メモリ(RAM) 不明(3GB?)
ストレージ(ROM) 64GB、128GB、256GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素
カメラ(イン) 700万画素
生体認証 Face ID(顔認証)
サイズ 約150×70.9×75.7mm
重量 194g
防水 IP67
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi)

iPhone XRは新型モデルの中では最も廉価ですが、チップはiPhone XS /XS Maxと同じ、アップルの最新SoCであるA12 Bionicを搭載しており、最高の処理能力を持っています!

 

 

A12 Bionicチップは先進の技術を投入されて造られたプロセッサチップであり、現在最高性能といわれているQualcomm(クアルコム)社のSnapdragon 845は、10nmのプロセスルールで製造されています。

プロセスルールとは、回路の線幅を示し、細いほど高性能化させやすいのです。

 

そしてiPhone XRに搭載されるA12 Bionicチップは、更に微細である7nmプロセスルールなのです!

これだけでもiPhone XRがいかに高い処理能力を持っているかがわかると思います!

当然3Dグラフィックを多様したゲームもスムーズにプレイすることができます。

 

画面は6.1インチので有機ELではなく液晶ディスプレイとなっています。

 

アウトカメラは1,200万画素のシングルカメラなのがiPhone XS / XS Maxとの大きな違いになっています。
インカメラは700万画素で、高画素ではないですが十分な画素数です。

カメラの内部処理が進化したようで、iPhone XRはシングルカメラにもかかわらず、高度な処理により背景ボケもかなりキレイに作れるようです!

 

シングルカメラにもかかわらず、内部処理の進化により、ここまでキレイな背景ボケが可能。

 

前モデルのiPhone Xで初めて搭載された顔認証(Face ID)は、サングラスやマスクを着けていると認証できないなど、欠点がありましたが、複数の顔を登録できるようになったので、サングラスやマスクを着けた顔を複数登録することで欠点を克服しました!

【iPhone XR】色鮮やかなiPhone登場。もっとも安く買える新型iPhone。コチラから [ドコモ]

 

iPhone XR のデザイン

iPhone XRは、前モデルiPhone Xと同じく、表側のほとんどを画面が占める「全面ディスプレイ」を最大の特徴としています!

iPhone 8 Plusと本体はほとんど同じ大きさながら、ディスプレイサイズは大きいことが分かります。

 

また、画面上部には「ノッチ」(切り欠き)と呼ばれる部分があり、そこにインカメラやセンサーを搭載しています。
このノッチがiPhone Xから引き継いだ特徴的なデザインにもなっています。

 

iPhone XRは6色の豊富なカラーリングがラインナップされました!

(PRODUCT)REDイエローホワイトコーラルブラックブルーの6色となります!

かつてのiPhone 5Cを思い出させます。iPhone 5Cではかなりポップなカラーリングでしたが、iPhone XRはポップすぎず、クールな仕上がりになっています。

【iPhone XR】色鮮やかなiPhone登場。もっとも安く買える新型iPhone。コチラから [ドコモ]

 

↓かつて豊富なカラーリングで話題になった「iPhone 5c」

 

 

iPhone XR の価格

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 98,496円
128GB: 104,976円
256GB: 116,640円
実質負担金 64G: 39,528円
128GB: 46,008円
256GB: 57,672円

iPhone XRは新型iPhone3機種の中では最も安価なモデルとなっています!

iPhone XS / XS Maxはかなり高価でしたが、iPhone XRでは64GBで実質負担金が3,9528円とかなりお手軽な価格になっています!

 

今回から大容量の256GBモデルもラインナップされました!

iPhoneはストレージ容量をSDカードで増やすことができないので、動画をたくさん撮る人は容量の多いモデルを考えた方がよいです。

 

最も有名なスマホであるiPhoneの最新型低価格で欲しい人には、iPhone XRが最もおすすめです!

※iPhone XRの予約開始日は、2018年10月19日(金曜)からです。

【iPhone XR】色鮮やかなiPhone登場。もっとも安く買える新型iPhone。コチラから [ドコモ]

 

 

新型iPhoneの詳細なスペックや比較、価格の記事はこちら!↓

ついにキタ!!新型「iPhone XS / XS Max / XR」!!6.5型!スペック比較! iPhone X, iPhone 8 / 8 Plus, Galaxy Note9 / S9 / Plus, Xperia XZ2 Premium 2018ついに発表されました2018年新型iPhone!スマホ史上最大の6.5型画面、3機種すべてホームボタン廃止など、驚きのスマホとなっていま...

 

iPhone 8 / 8 Plus

 

iPhone 8 / 8 Plusは、iPhone Xとほぼ同時に発売されましたが、iPhone Xが革新的な方向性を示したのに対し、iPhone 8 / 8 Plusは従来のiPhoneのスタイルを保ったまま、高機能化しました!

 

iPhone 8とiPhone 8 Plusの大きな違いは、ディスプレイの大きさ、つまり本体の大きさと、カメラが1つか2つ(デュアルカメラ)の違いです。

【iPhone 8 / 8 Plus】ガラスから生まれたiPhone。ホームボタンを持つ最後のiPhone。コチラから [ドコモ]

 

iPhone 8 / 8 Plusのスペック

項目 スペック
iPhone 8
スペック
iPhone 8 Plus
SoC A11 Biionic(2+4=6コア) A11 Bionic(2+4=6コア)
ディスプレイ 4.7インチ(液晶) 5.5インチ(液晶)
解像度 1,334×750(326ppi) 1,920×1,080(401ppi)
メモリ(RAM) 不明(2GB?) 不明(3GB?)
ストレージ(ROM) 64GB、256GB 64GB、256GB
OS iOS 12 iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素 1200万画素
デュアルカメラ
カメラ(イン) 700万画素 700万画素
生体認証 Touch ID(指紋認証) Touch ID(指紋認証)
サイズ 約138.4×67.3×7.3mm 約158.4×78.1×7.5mm
重量 148g 202g
防水機能 防水防塵 防水防塵
Apple Pay 対応 対応
ワイヤレス充電 対応(Qi) 対応(Qi)

SoCは高性能なA11 Bionicを搭載しており、高い処理能力を持っています!
3Dグラフィックを多様したゲームもスムーズにプレイすることができます。

 

iPhone 8とiPhone 8 Plusとの一番の違いは、ディスプレイの大きさです。
iPhone8は4.7インチiPhone8 Plusは5.5インチとなっており、メモリも2GB3GBの違いがあります。

 

もう一点大きな違いは、カメラ性能で、iPhone 8 Plusはデュアルカメラであり、背景ボケや望遠機能など、高機能なカメラ機能を使うことができます!

 

↓iPhone 8 Plusはデュアルカメラにより、一眼レフカメラのような背景ボケのある写真が撮れる。

【iPhone 8 / 8 Plus】ガラスから生まれたiPhone。ホームボタンを持つ最後のiPhone。コチラから [ドコモ]

 

iPhone 8 / 8 Plusのデザイン

iPhone8 /8 Plusは、ディスプレイ下部に、丸いホームボタンを搭載する、これまでのiPhoneのデザインを踏襲しています。

また、背面もガラスで、非常に美しいボディに仕上がっています!これはiPhone 7 / 7 Plusとの最も大きなデザインの違いです。

 

カラーは、シルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色に加え、鮮烈な赤のPRODUCT REDがあります。

【iPhone 8 / 8 Plus】ガラスから生まれたiPhone。ホームボタンを持つ最後のiPhone。コチラから [ドコモ]

 

iPhone 8の価格

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 88,776円
256GB: 106,920円
実質負担金 64G: 19,440円
256GB: 38,232円

iPhone 8 Plusの価格

内容 価格
機種代金(一括) 64GB: 100,440円
256GB: 118,584円
実質負担金 64G: 31,752円
256GB: 49,896円

iPhone 8の64GBなら一括88,776円、月々サポートを受けた実質負担額が19,440円となるので、かなりお手頃になっています!

 

画面サイズが大きくデュアルカメラのiPhone 8 Plusでも64GBモデルなら、現在は実質負担額が31,752円と安くなっているので、高画質高機能カメラが欲しい人画面が大きい方がいい人はiPhone 8 Plusの選択がよいでしょう!

 

ストレージ容量は、動画を撮りまくる人には256GB必要ですが、通常の使用では64GBで問題ないと思います。

 

iPhone XS/XRのように大幅に変化したデザインに抵抗がある方や、慣れ親しんだ操作感がいい人には、iPhone XよりもiPhone 8 / 8 Plusをおすすめします!

【iPhone 8 / 8 Plus】ガラスから生まれたiPhone。ホームボタンを持つ最後のiPhone。コチラから [ドコモ]

 

 

iPhone 7

 

iPhone 7は2016年9月に発売されたiPhoneです(iPhone 7 Plusは販売終了)。

2016年とはいっても、iPhoneはもともとハイスペックなスマホなので、今でも十分快適に使うことができます!
また、OSのアップデートもアップルはかなり古いiPhoneまで対応してくれるので、安心です。

【iPhone 7】まだまだ十分なパフォーマンス。ホームボタンを持つiPhone。コチラから [ドコモ]

 

iPhone 7 のスペック

項目 スペック
SoC A10 Fusion(2+2=4コア)
ディスプレイ 4.7インチ(液晶)
解像度 1,334×750(326ppi)
メモリ(RAM) 不明(2GB?)
ストレージ(ROM) 32GB、128GB、256GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素
カメラ(イン) 700万画素
生体認証 Touch ID(指紋認証)
サイズ 138.3×67.1×7.1mm
重量 138g
防水機能 あり
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 なし

SoCはひとつ前のA10 Fusionですが、iPhoneはそのときの最高スペックのSoCを搭載しているので、今でも十分快適に使うことができます。

 

また、処理能力以外ではiPhone 8 / 8 Plusと比べて、ワイヤレス充電に対応していないということくらいです。
むしろiPhone 8に比べて重量は10g程度軽いです。

 

スペックに表れない、カメラの画質はiPhone 8 / 8 Plusの方がいいということですが、どこまで画質を必要とするかですね。

 

iPhone 7では、ステレオスピーカーになっており、音質、音量が向上しています。

【iPhone 7】まだまだ十分なパフォーマンス。ホームボタンを持つiPhone。コチラから [ドコモ]

 

iPhone 7 のデザイン

ボタンの配置など表側、側面はiPhone 8と全く同じといっていいくらいです。

 

ただし背面は、ワイヤレス充電に対応させるためにiPhone 8 / 8 Plusがガラス素材になっているのに対して、iPhone 7はこれまでのiPhoneと同じくアルミニウム素材となっているのが大きな違いです。

 

ワイヤレス充電が必要ないのであれば、カバーを付ける派の人は、背面が隠れるのでiPhone 7もiPhone 8も同じですね。

 

カラーはブラックシルバーゴールドローズゴールドの4色に加えて、美しい光沢のある黒のジェットブラックがあります。

【iPhone 7】まだまだ十分なパフォーマンス。ホームボタンを持つiPhone。コチラから [ドコモ]

 

iPhone 7の価格

内容 価格
機種代金(一括) 32GB: 82,296円
実質負担金 32G: 10,368円
 

iPhone 7は、月々サポートを受けた実質負担額が10,368円かなりの格安となります!

古いモデルでも問題ないという方には、iPhone 7はコストパフォーマンスも高くかなりおすすめです!

【iPhone 7】まだまだ十分なパフォーマンス。ホームボタンを持つiPhone。コチラから [ドコモ]

 

 

iPhone SE

 

2016年3月に発売されましたが、今だに人気で売れ続けているiPhoneです!

 

その人気の秘密は、スマホの画面サイズが5インチ以上の大型が当たり前となった今ではめずらしい、4インチという手のひらに収まるコンパクトな大きさです!

 

また、iPhoneにしては元々の価格が低く、2年たった現在では更に安くなっているので購入しやすいということもあります(16GBモデルが15,000円程度)。

【iPhone SE】唯一無二のコンパクトサイズなスマートフォン。コチラから [ドコモ]

 

iPhone SEのスペック

項目 スペック
SoC A9チップ、M9コプロセッサ
ディスプレイ 4インチ(液晶)
解像度 1,136×640(326ppi)
メモリ(RAM) 不明(2GB?)
ストレージ(ROM) 16GB、32GB、64GB、128GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素
カメラ(イン) 120万画素
生体認証 Touch ID(指紋認証)
サイズ 約123.8×58.6×7.6mm
重量 113g
防水 なし
Apple Pay 一部対応(電子マネーは利用不可)
ワイヤレス充電 なし

2年前の機種ですが、iPhone自体がハイスペックスマホなので、現在でもネットブラウジングやSNSを使うには十分なスペックです!
Androidスマホのミドルハイクラス(Snapdragon660くらい)の性能があるので、まだまだ現役でいけます!

 

アウトカメラは1200万画素で十分なスペックですが、インカメラ(自撮り用カメラ)が120万画素とかなり低スペックなので、ビデオ通話には使えても、写真の自撮りには全く向いてません!

【iPhone SE】唯一無二のコンパクトサイズなスマートフォン。コチラから [ドコモ]

 

iPhone SEのデザイン

画面サイズが4インチというのは、今では見かけない小ささで、コンパクトなスマホが欲しい人にはかなり貴重である一方、文字が小さくなりますので、狭く感じることもあります。

 

重量も113gと、これまた現在のスマホにはない軽さなので、やはり軽量コンパクトを求める人には唯一無二といってもいいですね。

【iPhone SE】唯一無二のコンパクトサイズなスマートフォン。コチラから [ドコモ]

 

iPhone SEの価格

内容 価格
機種代金(一括) 32GB: 15,552円
128GB: 25,920円
実質負担金 32GB: 15,552円
128GB: 25,920円

32GBなら一括15,552円格安スマホよりも安い価格ですが、月々サポートが設定されていないので、例えばiPhone 7(32GB)の実質価格10,368円の方が安くなります
もちろん、月額料金もiPhone7の方が安くなります。

 

単純にスペックを比較すれば、iPhone 7の方が新しく(2017年発売)、スペックも高いです。
この選択は結構重要なので、iPhone SEの軽量コンパクトサイズがどうしても欲しいという場合はiPhone SE一択ですが、もう少しだけ大きくてもいいというのであればiPhone 7にするべきですね!

 

iPhone SEの大きさは、今では他のスマホにはないので、このサイズがどうしてもいいという場合にのみおすすめします!

 

【iPhone SE】唯一無二のコンパクトサイズなスマートフォン。コチラから [ドコモ]

 

 

iPhone 6s(32GB)(docomo with対象機種)

iPhone 6s(32GB)は、ドコモの突然の発表により、docomo with対象機種に追加されたiPhoneです!

 

docomo withは、対象端末であれば、2年間はもちろん、3年目以降もずっと月額料金が毎月1,500円割り引かれるサービスです!

すでに200万契約以上の人気サービスですが、iPhoneを対象機種に入れて欲しいという要望が多く、ついにそれが実現しました!

【iPhone 6s】ついにiPhoneがdocomo with対象機種に!こちらへ!

 

 

docomo withの詳しい記事はこちら↓

【docomo withに絶対しなきゃ損!】3つの条件をチェック!プランを解説【月額280円!!】ドコモを安くする 格安スマホ,SIM(MVNO)と比較! 新規, 乗り換え, 機種変更!!ドコモは高くないです!格安SIMより安くもなります!! そして最高の通信品質(速度、繋がりやすさ、安心感)を持っています! 3つの条件...

 

iPhone 6s(32GB)のスペック

項目 スペック
SoC A9 デュアルコア
ディスプレイ 4.7インチ(液晶)
解像度 1,334×750(326ppi)
メモリ(RAM) 2GB
ストレージ(ROM) 32GB
OS iOS 12
カメラ(アウト) 1200万画素 デュアルカメラ
カメラ(イン) 500万画素
生体認証 Touch ID(指紋認証)
サイズ 約138.3×67.1×7.1mm
重量 143g
防水 なし
Apple Pay 一部対応(電子マネーは利用不可)
ワイヤレス充電 なし

iPhone 6s(32GB)は、2015年に発売されたモデルですが、低価格の高コスパiPhoneとして、次のような特徴から、まだまだ現役で使えます!

  1. OSに最新のiOS12が使える。
  2. iPhone自体が、その当時のハイスペックスマホなので、現在でもミドルスペック並みの性能を持っている。
  3. iPhoneはハードとソフトの両方をAppleが開発しており、スペック以上になめらかで速い動きを実現している。
  4. 4.7インチと大型化の進む今のスマホよりもコンパクトで、片手操作など、むしろ使いやすい
  5. 4K動画の撮影など、ミドルスペックスマホと比較しても高性能なところがある。
  6. 価格が39,800円(税別)とお手頃な低価格でiPhoneを使うことができる。
    (毎月の1,500円引きを機種代金と考えるなら、実質3,600円と異常な格安iPhoneともいえる!)

 

docomo withの中でも4K動画の撮影ができるのはiPhone 6sだけです!

さすがはiPhoneといったとこですね。

【iPhone 6s】ついにiPhoneがdocomo with対象機種に!こちらへ!

 

iPhone 6s(32GB)のデザイン

iPhone 6sは、大型化し続けるスマホにおいて、4.7インチというコンパクトで使いやすい大きさとなっています!

 

コンパクトなiPhoneとしては、4インチのiPhone SEもありますが、iPhone 6sは4.7インチともう少し大きいので、4インチでは小さすぎるという人にもピッタリです。

【iPhone 6s】ついにiPhoneがdocomo with対象機種に!こちらへ!

 

iPhone 6s(32GB)価格

docomo with対象機種では、月々サポートはないものの、3年目以降もずっと毎月1,500円引きを受けられます。

内容 価格
機種代金(一括) 32GB: 42,768円
docomo withの税込み1,620円割引きを考慮した実質負担金 32GB: 3,888円

これを機種代金で考慮した場合、1,620円×24カ月=38,880円の割引となり、実質価格として実質3,880円の、異常な格安iPhoneとなります!

 

とにかくiPhoneを安い価格で使いたいという人には、docomo with対象機種である、iPhone 6s(32GB)がおすすめです!

【iPhone 6s】ついにiPhoneがdocomo with対象機種に!こちらへ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Feedly

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です