ガジェット

【2018年 最新】IIJmio(みおふぉん)を1年以上使って、おすすめする10の理由(特徴・メリット)。感想・比較!【格安SIM】

シェア1位!IIJmio(アイアイジェイミオ)

MVNO」といわれる、いわゆる「格安SIM」はみなさん知っていると思いますし、実際に使っている方も多いと思います。

 

僕も1年以上前に、15年くらい使っていたドコモを離れ、格安SIMへ移りました!

選んだのは「IIJmio(アイアイジェイミオ)」です!

f:id:sora-no-color:20180316193131j:plain

 

他のMVNOも使ったこともありますが、結局“IIJmio”が一番でした!

長期で使った感想やメリットなどを書きたいと思います!

 

IIJmioの特徴

MVNOシェア1位!

数年前に格安SIMブームが起きて、現在たくさんのMVNO通信業者があります。

その中で、トップシェアなのが“IIJmio”です!

やっぱりシェアが高いというのは、何かと安心感がありますね。

f:id:sora-no-color:20180316185110j:plain
Image: MM総研公式サイト(https://www.m2ri.jp/news/detail.html?id=277)

 

信頼性が高い!

IIJmioはネットでも評判がいいです。

IIJmioの母体である、IIJ(株式会社インターネットイニシアティブ)は、「(外資系を除き)日本で最初に商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダ(ISP)」なのです!

 

現在も信頼のおけるプロバイダとして続いていますので、IIJmioの信頼性が高いのもうなずけます。

 

IIJmioは、安定した通信速度通信障害の少なさで高い評価を得ています!

 

選ぶなら確かな品質。IIJmioの格安SIM [+3GB データ増量キャンペーン中!(5月8日まで)]

 

実測通信速度が比較的速く、通信障害に強い!

MVNOの弱点として、回線が細く、昼休みどきの12時ごろや、夜のゴールデンタイムの時間帯などに通信が遅くなるというのをよく聞きます。

 

しかし僕自身はあまりそのように感じたことがありませんでした。

実際ネットなどで情報を集めても、IIJmioはMVNOの中でも回線速度が遅くなりにくいと出てきます。

 

MVNOはドコモやauなどの回線を“借りている”のですが、その接続点(POI)は普通は1カ所です。しかしIIJmioでは、東京と大阪の2か所にあるのです!

 

これは実はかなり大きなメリットで、通信の安定性と信頼性に大きく貢献しています。

ちなみに、POIが2カ所あるMVNOはIIJmio(と、その系列)だけです!(2018年3月現在)

 

進化し続けるIIJmio、「フルMVNO」に対応!

IIJmioは、MVNO事業者で初めて「フルMVNO」に対応します!

、、、って「“フルMVNO”ってなに?」だと思います。

 

フルMVNOは、これまでドコモなどの「回線を貸す側」しかコントロールできなかった部分を、「借りる側」のMVNO事業者がコントロールできるようになることです。

身近なところでは、SIMカードがドコモのデザインからIIJmioのオリジナルにできたり、スマホの画面上の“docomo”と表示されている文字(ピクト)を“IIJ”に変更できたりします。

 

だからなんなんだ?って思うかもしれませんが、たしかに最初は個人ユーザーにはあまり関係ないかもしれません(法人向けに提供開始)。

しかし要は、MVNOでありながら、ドコモなどに近い回線制御ができるようになり、より信頼性が高まるということです!

それだけIIJmioは他のMVNO事業者よりも進んでいるのです!

 

[シェア1位!] IIJmio [+3GB データ増量キャンペーン中!(5月8日まで)]

 

IIJmioのメリット

バースト転送(機能)

ドコモなどの大手でもMVNOでも、スマートフォンは月あたりの通信容量が決まっています(この高速通信できる通信容量をIIJmioでは、“クーポン”と呼んでいます)。

例えば、7GB/月のプランでは、動画を見すぎて7GBの容量を超える(クーポンを使い切る)と、通信速度が非常に低速になり、その状態で月の残りを過ごさなければなりません!

 

バースト転送機能」とは、そのような低速状態でも通信の開始の一定量のみ高速で通信することで、低速状態でも快適に通信できる機能です!

この機能の存在はかなり大きく、ついつい使いすぎて通信制限がかかったときにとても助かります。

 

更に、次に解説する「高速/低速のオン・オフ機能」と併用することで、非常に効率的に手持ちの容量を使うことができるのです!

f:id:sora-no-color:20180316190800j:plain
Image: IIJmio公式サイト

 

高速通信・低速通信を手動で切り替えできる!

スマートフォンは月あたりの通信容量が決まっています。3GB/月のプランで契約すれば、動画やアプリのダウンロードで3GBの通信を超えれば(クーポンを使い切れば)、通信制限により非常に低速になってしまいます。

 

逆に言えば、低速通信であれば通信容量(クーポン残高)が減らないのです!(厳密には低速状態で何GBでも通信していいわけではありません)

 

そしてなんとIIJmioは、通信速度をあえて低速にすることができます!

しかもアプリでワンタッチですぐに切り替えできるのです!

 

つまり、LINEやTwitterなど、それほど通信速度が必要のない作業は低速モードで使用しておき、動画配信を見るときだけ高速通信をオンにするという使い方ができるのです!

 

しかも上記で紹介したように、「バースト転送機能」により低速通信のときでも通信開始の一定量は高速になるため、LINEやTwitterなどなら全く問題なく快適に通信できるのです!!

 

速度切り替え機能」と「バースト転送」により、通信容量を非常に効率的に、かしこく使うことができるのです!

f:id:sora-no-color:20180316192415j:plain
Image: IIJmio公式サイト

 

通話料金が安くなる方法がたくさんある!

IIJmioの音声通話機能付きSIM(みおふぉん)では、通話料金が安くなるいろいろな方法があります!

 

みおふぉんダイアル

専用アプリ「みおふぉんダイアルアプリ」を使って電話をかけると、通話料がなんと50%オフになります!!

これは非常にお得です!

 

ファミリー通話割引

ファミリーシェアプランで複数のSIMを使っている場合、それらのSIMを使っているスマートフォン同士の通話は20%引きになります!

 

みおふぉんダイアルと合わせることで、通話料が最大60%オフになるのです!!

これはすごいです!

f:id:sora-no-color:20180317001658p:plain

 

通話料金もお得な格安SIM/IIJmio [+3GB データ増量キャンペーン中!(5月8日まで)] 

 

2つのかけ放題オプション

IIJmioの通話SIM(みおふぉん)には、2種類のかけ放題プランがあるので、自分のスタイルに合ったものを選べます!

 

月額830円の“1回の通話が長い人向け”

f:id:sora-no-color:20180316194925j:plain
Image: IIJmio公式サイト

 

月額600円の“1回の通話が短い人向け”

f:id:sora-no-color:20180316194940j:plain
Image: IIJmio公式サイト

 

ファミリーシェアプランで最大10枚のSIMが持てる!

10GB(*4月から自動的に12GBに容量アップ!)の通信容量を複数枚のSIMでシェアできる(分け合える)“ファミリーシェアプラン”では標準で3枚のSIMカードが付いており、なんと最大10枚のSIMを持つことができます!

 

家族の人数分のSIMを使い、更にタブレットやモバイルルーターなどを使う場合でも、データ量をシェアできるので非常に経済的で、お得です!!

 

更に、あまったデータ容量(クーポン)を翌月に持ち越すことができるので、非常にムダがありません!

 

家族4人で音声通話機能付きSIMを使う場合の月額料】

[ファミリーシェアプラン 2,560円]+[みおふぉん 700円×4、追加SIM利用料 400円×1]=5,760円/月

 

家族4人で月額5,760円という非常に安い、お得な料金となります!!(端末代は別途)

 

SIMカード最大10枚まで使える。家族全員スマホユーザーに/IIJmio [+3GB データ増量キャンペーン中!(5月8日まで)]

 

ドコモ回線とau回線のプランでデータ量を分け合える!

IIJmioは、プランによってSIMカードを2枚~10枚まで持つことができますが、なんとドコモ回線のプラン(タイプD)とau回線のプラン(タイプA)との間でもデータ容量をシェアできるのです!!

これができるのは現在、IIJmioだけです!

 

 

20GB、30GBの大容量オプション!

もっと大容量が必要な人のために、20GB30GBという大容量のオプションもあります!

データ量を気にしたくない方や家族で使う容量が多い方などにも対応できます!

 

IIJmioの料金プラン・月額料金

IIJmioは、ドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAに対応していますので、ドコモとauから移ってくる方は、SIMフリーのスマホを新しく購入しなくても、所有しているスマートフォンがそのまま使えます!

 

それぞれの回線には、音声通話機能付きSIM(みおふぉん)と、データ通信専用SIM(SMS機能あり・なし)があります。

*SMS:ショートメッセージサービス。電話番号を使って70文字以内のショートメールを送ることができます。LINEなどのメッセージアプリを登録する時に必要となります。

 

au回線のタイプAのデータ専用SIMはSMS機能は標準で付いているので、ドコモ回線のタイプDのSMS機能付きSIMと比べて安くなるメリットがあります!

 

ファミリーシェアプランは、現在10GBですが、4月から自動的に12GBに容量アップします!

 

f:id:sora-no-color:20180317005445p:plain

ドコモ回線もau回線も、どちらも選べる格安SIM/IIJmio [+3GB データ増量キャンペーン中!(5月8日まで)]

 

“IIJmio”  まとめ!

15年使い続けたドコモからMVNOに乗り換え、最終的にIIJmioが最もおすすめだと分かりました!

f:id:sora-no-color:20180316193131j:plain

 

IIJmioはその母体のIIJ(株式会社インターネットイニシアティブ)が日本で最初に商用サービスを開始したプロバイダであり、非常に信頼のおける会社であることから、IIJmioも信頼のあるMVNOとして有名です!

 

MVNOではシェア1位であり、安定した通信速度通信障害の少なさで定評があります!

 

高速通信と低速通信をアプリで簡単に切り替えることができ、低速度のときでも「バースト転送」により快適に通信ができるので、月の通信容量を効率的にかしこく使うことができます!

 

通話料金を安くするサービスやオプションも充実しており、通話の多い方もお得に使うことができます!

 

ファミリーシェアプランでは、最大10枚のSIMを持つことができ、家族でIIJmioにすると月額料金をめちゃくちゃ安くすることができます!

例:家族4人で12GBをシェアする場合、月額5,760円!

 

ドコモ回線とau回線のマルチ回線MVNOなので、すでに持っているスマートフォンを有効に使うことができます!

 

IIJmio、おすすめできるMVNOです!

 

お客様満足度調査で総合1位に選ばれた格安SIM/IIJmio [+3GB データ増量キャンペーン中!(5月8日まで)]

 



Feedly