レビュー 評判

【2台同時接続】Bluetoothトランスミッター レシーバー TaoTrionicsレビュー

[PR] TaoTronics TT-BA09 / TT-BA09 Pro
Bluetoothトランスミッター レシーバー実機レビュー

Amazonでコスパの高いイヤホンやオーディオ機器を販売しているTaoTronics(タオトロニクス)の

Bluetoothトランスミッター レシーバー
TT-BA09 / TT-BA09 Proをレビューします!

TaoTronics様からのご提供です!

左:TT-BA09、右:TT-BA09 Pro

 

最近はAirPodsなど、Bluetooth接続によるイヤホン/ヘッドホンがかなり普及しています。

 

スマートフォンはBluetoothの送信機能があるのでBluetoothイヤホンを使えますが、テレビやオーディオ機器などの音も無線で聴きたいですよね。



また逆に、スマホの音楽をオーディオやカーオーディオのスピーカーから鳴らすなんてことも便利です。

 

このように、TT-BA09 / TT-BA09 ProはBluetoothを搭載しない機器でも無線化することができます!

機器への送信、Bluetooth機器からの受信の両方に使える製品です。

 

更に、動画や映画などの映像でセリフのズレが問題となる遅延を最小限にするaptX LLに対応してるのも大きな特徴です。

また、Bluetoothイヤホン/ヘッドホンを2台同時接続できるのも、映画などを二人で観るのに重要な機能ですね。

送受信の両方に使える

 

今回、TT-BA09上位モデルのTT-BA09 Proの両方をレビューします!

 

SORA
SORA
色んな機器をBluetooth無線化できる!!

どんな機器もBluetooth搭載に!!】TaoTronics TT-BA09 Proをチェック!!

 

TT-BA09 / TT-BA09 Pro のスペック

TT-BA09 / TT-BA09 Proのスペック違いは次の通りです。

 

項目 TT-BA09 TT-BA09 Pro
Bluetooth
バージョン
5.0 5.0
Bluetooth
プロファイル
A2DP、AVRCP A2DP、AVRCP
Bluetooth
コーデック
TX: aptX LL、aptX、SBC、Faststream
RX: SBC
TX: aptX LL、aptX、SBC
RX: SBC
最大使用時間 15時間 24時間
充電時間 2時間 2時間
バッテリー容量 350mAh 620mAh
距離 13m 13m
サイズ 60x60x19mm 60x60x19mm
重量 38.3g  44g 
付属品 3.5mmオーディオケーブル、
micro USB充電ケーブル、
3.5mm(メス)-RCA(オス)変換ケーブル、
光デジタルケーブル
3.5mmオーディオケーブル、
USB Type-C充電ケーブル、
3.5mm(メス)-RCA(オス)変換ケーブル、
光デジタルケーブル
その他 2台同時接続の場合、2台ともSBCになる(TXモード) ・aptX-LLで2台同時接続可能(TXモード)

・接続モード自動変換(TT-BA09はスイッチでAUX/SPDIFを切り替える)

・コーデックインジケーター付き

価格(税込) 3,999円 4,199円

 

TT-BA09 / TT-BA09 Proは外見が似ており、対応コーデックもほぼ同じです。

低遅延のFaststreamはProにはありませんが、現在販売しているBluetooth機器は、低遅延にaptX LLを使っており、Faststream対応機器はほとんどないので問題ないでしょう。

 

バッテリー容量がProの方が大容量となっており、TT-BA09の15時間稼働に対して、24時間稼働です。

 

また、Proは充電端子がUSB-Cなのは使いやすいですね。



他に便利な機能として、TT-BA09 Proは、現在接続しているコーデックを示すインジケーターが搭載されています。

実際にどのコーデックで接続されているか一目で分かるので、これはぜひ欲しい機能ですね。

Pro(画像左)には、接続中のコーデックインジケーターがあるので便利

 

また、両モデルとも入力には3.5mmオーディオ端子と、SPDIF(光デジタル端子)を装備していますが、TT-BA09はスイッチで手動切替が必要なのに対して、TT-BA09 Proは、接続された端子を自動的に認識します

どちらも3.5mm端子、光端子対応だが、Pro(写真右)は接続された端子に自動変更される(TT-BA09は手動切替え)

 

さらに、Bluetoothイヤホン/ヘッドホンを2台同時接続した時、2台ともTT-BA09は低音質で遅延のあるSBCコーデックになってしまいますが、TT-BA09 Proは2台とも高音質・低遅延のaptX LLで接続できます!

 

映画などを二人で観るときにはかなり重要ですね。

 

価格ですが、TT-BA09とTT-BA09 Proでかなりの性能差があるのに、その価格差はたったの200円なので驚きです!
(TT-BA09 3,999円、TT-BA09 Pro 4,199円)

 

セールなどで安くなってない限り、200円高くてもTT-BA09 Proを買った方が絶対にいいですね!

 

SORA
SORA

Proの方が高機能で使いやすそう!!

価格差はたったの200円なので、買うならProだね!

どんな機器もBluetooth搭載に!!】TaoTronics TT-BA09 Proをチェック!!



TT-BA09 / TT-BA09 Pro レビュー

開封&外観

それでは開封です!

外箱は両方ともコンパクトですね。

左:TT-BA09、右:TT-BA09Pro

 

どちらも開けました。

梱包のされ方が違うのが面白いですね。

左:TT-BA09、右:TT-BA09Pro

 

TT-BA09の方が、クッション用のスポンジに入っていて、コストがかかっているように実出ますが、Proではコストが削減されたのかもですね。



本体の前に、付属品を見ていきましょう!

まずは、TT-BA09です。

説明書は中国メーカーによくある、多言語仕様です。

いろんな国の言葉で書かれており、もちろん日本語もあります。

 

付属品は、両端3.5mm(オス)のオーディオケーブルステレオRCA-3.5mmオーディオ(メス)変換ケーブル光デジタルケーブル充電用microUSBケーブル です。

 

かなり豊富なケーブルが付属しているのに驚きです!

Bluetoothトランスミッターを購入したこともありますが、光デジタルケーブルが付属しているのは珍しいですね。

これはありがたい!

 

同じく、TT-BA09 Proを見ていきましょう。

こちらも説明書は他言語仕様になっており、日本語ももちろんあります。

ただ、TT-BA09よりも結構厚みありますね。

 

付属品です。

両端3.5mm(オス)のオーディオケーブルステレオRCA-3.5mmオーディオ(メス)変換ケーブル光デジタルケーブル充電用microUSBケーブル で、基本的にはTT-BA09と同じですが、充電ケーブルがUSB Type-Cになっています。

 

こちらもケーブルが豊富に付属しているのはポイント高いですね。

低価格なのに、光デジタルまで付属しているのはすごいです。



TT-BA09 / TT-BA09 Pro 本体を見ていきましょう!

両社ともサイズはスペック数値も全く同じです。

重さがProの方が少しだけ重いですが、持った感じはほとんど分かりません。

左:TT-BA09、右:TT-BA09Pro

 

デザイン的に一番違うのは、TT-BA09は上面手前に電源ボタンがあるのに対して、TT-BA09 Proでは、Bluetoothコーデックなどを示すインジケーターがあることですね。

 

インジケーターの「A」「B」は、イヤホンやヘッドホンを2台接続したとき、Aが1台目、Bが2台目を示しています。

 

右側面は、TX(トランスミッター)とRX(レシーバー)の切り替えスイッチが両者にあり、TT-BA09では更にSPDIF(光デジタル端子)とAUX(アナログ入力)の切り替えスイッチがあります。

TT-BA09 Proでは電源ボタンがあります。

左:TT-BA09、右:TT-BA09Pro

 

TT-BA09 ProではSPDIFとAUXの切り替えは自動で行われるため、切り替えスイッチはありません。

 

左:TT-BA09、右:TT-BA09Pro

 

左側面は両社とも何もありません。

 

背面は両社とも3.5mm入力端子、SPDIF入力/出力端子、充電用USB端子があります。

TT-BA09の充電端子はmicroUSB、TT-BA09 ProはUSB Type-Cです。

左:TT-BA09、右:TT-BA09Pro

 

底面は両者とも少しの違はありますが似ており、Bluetoothのペアリング状態を示す青と赤に光るLEDがあります。

左:TT-BA09、右:TT-BA09Pro

 

SORA
SORA
両者とも大きさは同じだが、デザインやスイッチなどに細かな違いがある!

どんな機器もBluetooth搭載に!!】TaoTronics TT-BA09 Proをチェック!!



使用感

Bluetoothヘッドホンを1台接続

TT-BA09 / TT-BA09 Proを実際に使ってみました。

TXモード(トランスミッターモード)で、Bluetoothヘッドホンを接続してみました。

 

TT-BA09 / TT-BA09 Proのどちらも基本的な操作方法は同じです。

電源ボタンを約3秒間押すと電源が入り、底面のLEDが青と赤で交互に点滅するとペアリング待機状態です。ProではAのランプが速く点滅します。

底面のLEDが点滅したらペアリング待機中

 

TT-BA09Proの場合は上面のAのランプも速く点滅する

 

ペアリング待機状態で、接続したいBluetoothヘッドホンをペアリング待機状態にします。

何度か失敗しましたが、TT-BA09 / TT-BA09 Proをヘッドホンにくっつけるくらい近づけたら成功しました!

最初のペアリング時は、機器同士をかなり近づけた方がよさそうです。

(ペアリングが成功すれば次からは、多少離れていても接続されます)

青く点灯するとペアリング成功

 

今回使ったヘッドホンは、aptX対応です。

ただ、TT-BA09はどのコーデックで接続されているかを確認するすべがないので、SBCで接続されていても気づかないということがありえます。



一方、TT-BA09 Proは、どのコーデックかを示すインジケーターランプがあるので、ちゃんとaptXで接続されていることが確認できました!

この機能があるというだけでも、TT-BA09 Proを選択する理由に十分なるでしょう!

TT-BA09Proは、aptXで接続されたことが確認できる

 

ウォークマンからの音を、TT-BA09/Proを介して、Bluetoothで聴くことができた。
(ウォークマンのBluetoothはオフにしている)

どんな機器もBluetooth搭載に!!】TaoTronics TT-BA09 Proをチェック!!

 

Bluetoothヘッドホンを2台接続

TT-BA09 / TT-BA09 Proの特徴の一つが、Bluetooth機器を2台同時に接続できるということです!

 

一番活躍しそうなのが、二人で映画などをBluetoothヘッドホンで観るときでしょうか。

同時に接続できる機器って、ありそうでなかなかないんですよね。

 

2台目の接続方法は、両者で少し違います。

TT-BA09では、1台目を接続してからヘッドホンの電源をオフにします。

そして、TT-BA09の電源ボタンを2回押すとペアリングモードになるので、2台目のヘッドホンをペアリングします。

再度、1台目のヘッドホンの電源をオンにして再接続すれば、2台のヘッドホンから音が聴こえるようになります。

2台のヘッドホンから同時に音が聴こえる!

 

TT-BA09Proはもっと簡単で、1台目が接続されている状態で電源ボタンを2度押すと、Bのランプが速く点滅して、2台目のペアリングモードになります。

2台目のヘッドホンとペアリングして接続すれば完了です。

TT-BA09 Proでは、両方ともaptXで接続されている

 

TT-BA09Proの場合、AとBのランプでどちらのヘッドホンが接続されているか一目瞭然なので、非常に分かりやすいです!



また、TT-BA09では2台同時に機器を接続した場合、コーデックは両方ともSBCでの接続になります!

 

TT-BA09Proなら、2台同時接続でも、どちらもaptXやaptX LLで接続できます!

しかもインジケーターランプで、どのコーデックで接続されているか分かるので非常に便利です。

 

やはり、たった200円の差額なら、TT-BA09Proを選んだ方が絶対にいいですね!

 

今回レビューしませんでしたが、RXモードにすればスマホに入っている音楽をBluetoothで飛ばしてオーディオアンプなどから鳴らすことができます!

 

SORA
SORA

やはりどう考えても、Proの方が使いやすくて高機能!

200円の差額ならProを選ぶべし!

どんな機器もBluetooth搭載に!!】TaoTronics TT-BA09 Proをチェック!!

 

【まとめ】Bluetoothトランスミッター レシーバー
TaTronics TT-BA09 / TT-BA09 Pro レビュー

 

TaoTronics (タオトロニクス) のBluetoothトランスミッター レシーバー

TT-BA09 / TT-BA09 Proをレビューしました!

 

【ここがイイ!ポイント】

  • Bluetoothを搭載していない機器を無線化できる
  • トランスミッターとレシーバーの両対応
  • バッテリー稼働できる
  • aptX、aptX LLに対応
  • 2台のヘッドホンなどを同時接続できる

 

【ここがイマイチ!ポイント】

  • TT-BA09は、接続しているコーデックを確認できない
    (TT-BA09 Proはインジケーターランプで確認可能)
  • TT-BA09は、2台接続したときはSBCコーデックになる
    (TT-BA09 Proは2台ともaptX/LLで接続可能)

 

【こんな人にオススメ!】

  • Bluetooth非対応のオーディオやプレイヤーの音を、Bluetoothヘッドホンなどで聴きたい人
  • スマホに入れた曲を、Bluetooth非対応のオーディオなどから鳴らしたい人
  • 映画などをBluetoothヘッドホンなどで、二人同時に楽しみたい人

 

Bluetooth機能のないオーディオやプレイヤーからの音声を、Bluetoothヘッドホン/イヤホンなどに出力できる「TXモード」と、スマホなどに入っている音楽をBluetoothで飛ばして、オーディオなどに出力する「RXモード」の両方が使えます!

 

しかも、ヘッドホン/イヤホンなどを2台同時接続可能なので、映画などを二人で見るのにも最適です。

 

上位モデルのTT-BA09 Proは、接続しているコーデックの種類が一目でわかるインジケーターや、2台同時接続でもaptX、aptX LL接続できるなど、機能性も優れています。



それでいて、下位モデルのTT-BA09との価格差はたったの200円!

絶対に上位モデルTT-BA09 Proがおすすめです!

 

付属品も充実していて、RCA変換ケーブルや、光デジタルケーブルまで付属しているのは驚きですね。

 

一つ持っていれば何かと便利なBluetoothトランスミッター レシーバー

TT-BA09/TT-BA09Pro」!

 

チェックしてみてください!

 

SORA
SORA

何かと便利なBluetoothトランスミッター レシーバー!

2台同時接続やaptX / LL対応で使いやすい!

どんな機器もBluetooth搭載に!!】TaoTronics TT-BA09 Proをチェック!!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です