アニメ

“実写でしょ!?”3DCG女子高生「Saya」表情認識AIで更に進化!“不気味の谷”を超えた!!いったい未来はどうなる?

3DCG女子高生「Saya」とは?

女子高生「Saya(サヤ)」聞いたことのない方もおられると思います。

まずはとにかく、この画像を見て下さい!

f:id:sora-no-color:20180310214607j:plain
Image: TELYUKA公式サイト(https://www.telyuka.com/)

 

この女子高生、どう見ても実写ですよね!?ただの女の子の写真ですよね!?

しかし実はこれ、CGなんです!!

この女子高生は実在しないんです!!

 

2015年に、夫婦によるCG制作ユニット“TELYUKA(テルユカ)”によって発表され、日本中、いや、世界中を驚かせたCG画像、「Saya」です。

 

もう2枚どうぞ!足元のローファーも実写にしか見えないですね、、、。

f:id:sora-no-color:20180310184450j:plain f:id:sora-no-color:20180310200330j:plain
Image: TELYUKA公式サイト(https://www.telyuka.com/)

 

f:id:sora-no-color:20180310214842j:plain f:id:sora-no-color:20180310210731j:plain
Image: TELYUKA公式サイト(https://www.telyuka.com/)


「Saya」は進化して、動きだす!

確かに実写と見間違えるCG!

でも静止画だけじゃあ、、、?って思いますよね。

しかし、TELYUKAは、このCGの技術をどんどん進化させ、Sayaを動かすことにも成功しています!

 

しかも、すごいんです、、、、!

とにかくこの動画を見て下さい!


ミスiD 2018 saya 050-2 /132

 

どうでしょうか?

静止画だけでなく、動画でも実写と見間違えるクオリティ!!

すごすぎます、、、。

 

さすがに動画ではCGぽくなるかな?と思っていましたが、言われなければCGとは思えない映像です!

 

“Saya”は「不気味の谷」を超えた!?

Sayaはどうしてこんなにすごいと感じるのでしょう?

その一つは、「人間が、CGと認識できないほど自然である」というのがあります。

 

不気味の谷」という言葉があります。

人間を描いたCGなどの絵や動画、ロボットなどをどんどんリアルに、現実の人間に近づけていくと、ある所で急に違和感や嫌悪感、不気味さを感じるのです。

 

例えば、最近のゲームなどは人間の顔もすごくリアルで、動きもリアルになっています。しかし、何か不自然だと感じないでしょうか?

他にも、最近のロボットの発表会でも、人間の顔にリアルに似せたものがあったりしますが、妙な違和感というか気持ち悪さを感じます。

 

リアルになっているのに、不自然さを感じる、、、、。これが「不気味の谷」なのです!

 

外見的写実に主眼を置いて描写された人間の像(立体像、平面像、電影の像などで、動作も対象とする)を、実際の人間(ヒト)が目にする時に、写実の精度が高まってゆく先のかなり高度なある一点において、好感とは正反対の違和感・恐怖感・嫌悪感・薄気味悪さ (uncanny) といった負の要素が観察者の感情に強く唐突に現れるというもので、共感度の理論上の放物線が断崖のように急降下する一点を谷に喩えて不気味の谷 (uncanny valley) という。

f:id:sora-no-color:20180310212712j:plain

 

引用:Wikipedia

 

不気味の谷の例を紹介した動画があります。

最初に出てくる歯科医練習用ロボットなども、やはり違和感を感じますね。

[注意!]:不気味の谷は人によってはかなり不快に感じることもありますので、ご覧の際はご注意願います。


The Uncanny Valley

 

この不気味の谷を超えれば、人間は不快と感じず、好感的な感情になるといわれています。

しかし、不気味の谷を超えるのは相当に難しいと言われていました。

 

3DCG女子高生「Saya」のすごいところは、この「不気味の谷」を超えてしまったところなのです!!

しかも動画でも!!

 

表情認識AIで進化!

Sayaの進化はまだまだ止まりません!

2018年にアメリカで開催されるテクノロジーイベント「South By Southwest Trade Show」(米オースティン、3月11~14日)では、表情認識AI(人工知能)技術を組み合わせ、来場者の感情を推定してリアクションするとのことです!*

*ITmedia : “まるで実写”3DCG女子高生「Saya」、見つめると恥じらう 表情認識AIで進化 – ITmedia NEWS

 

まとめ:いったい未来はどうなってしまうのか!

実写にしか見えないCG、「Saya」を紹介しました!

不気味の谷”を超えたその画像、そして動き(動画)、本当にすごいです!

f:id:sora-no-color:20180310200326j:plain
Image: TELYUKA公式サイト(https://www.telyuka.com/)

 

静止画だけでなく、動きを付けても実写にみえる、、、。

そして今度は、「表情認識AI」を搭載し、見る側の表情に対してリアクションを行うまでになってしまうのです!

 

こうなってくると、いったい未来はどうなってしまうのでしょうか!?

極端な話、実写映画で人間の俳優が必要なくなるということもありえますよね。

アイドルにしても、CGならば完全な理想の女の子を作れるわけです!

 

例えば初音ミクはバーチャルアイドルとして有名ですが、未来は、完全に人間と区別のつかないバーチャルアイドルが現れても不思議ではありません!

というか、必ず登場するでしょう!!

 

そして、それらは決められた動き(ダンスなど)をするだけではなく、高度なAIによってコミュニケーションがとれる、、、、。

 

なんだか、すごく楽しみでもあり、怖くもありますね、、、!

この先の未来、どうなるのか楽しみです!!

 

 

 

 



Feedly