デジアニゲー日記

デジタルガジェット、ゲーム、アニメ、マンガを中心に好きなことを書いていきたいと思います!

Windows10が1週間に1回の充電で動く!?Snapdragon(スナドラ)搭載 Windows10発表!!長時間駆動!!

f:id:sora-no-color:20171206192538p:plain

スマホ並みのバッテリー駆動時間のWindows10!!

HPとASUSから、スマートフォンで使われているARM系のSoC(PCのCPUのようなもの)を搭載したWindows10パソコンが発表されました!

f:id:sora-no-color:20171206192613j:plain

HP ENVY x2

 

f:id:sora-no-color:20171206192617j:plain

ASUS NovaGo

搭載するOSは、“Windows 10 S”というARM版Windowsと呼ばれるものです。

スマホに使われているARM系のSoCを使うことで、バッテリー駆動時間が飛躍的に長くなったのです!


動画再生状態でも22時間スタンバイモードなら30日間、普通に使用する程度なら1週間に1回の充電でよい、というのですから驚きです!!

 

しかも、ARM版Windows10でありながら、これまでのWindows用ソフト(x86系)を使えるというところがポイントです!!

 

これらの特徴のPCを「Always Connect PC」とマイクロソフトは呼ぶようです。

 

今回搭載されたプロセッサは、Qualcomm(クアルコム)社のSnapdragon 835、いわゆる“スナドラ”というものです。
ちなみにSnapdragon835を搭載したスマホとして、“サムスン Galaxy Note8”、“ソニー Xperia XZ Premium”などハイエンドモデルがあります!

 

何がすごいのか?簡単に解説

何がすごいの?
「WindowsだからWindowsのアプリが動いてあたりまえじゃない?」
という方のために、簡単に説明します。

 

実はこれまでもSnapdragonのようなARMアーキテクチャのWindowsは発売されていました。
詳しい人なら知っていると思いますが、かの有名な“Windows RT”がそうでした。
また、マイクロソフトのスマートフォン用OSである“Windows 10 Mobile”もそうでした。

f:id:sora-no-color:20171206193604j:plain

Windows RTを搭載したSurface RT

しかしこれらは、(特にWindows RTは)見かけ上はフルのWindowsなのにこれまでのアプリ(X86系)が動かなかったのです。
Windowsはx86系スマホはARM系という扱えるプログラムが異なるので仕方がなかったのです。

 

“Windowsアプリストア”にはARM対応アプリがありましたが、それらしか動かないので、当然、“Photoshop”はもちろん、その他これまでに自分が所有しているWindows用ソフトが使えませんでした。

 

ハッキリいってこれじゃあ、Windowsの意味がありませんよね。
ということで、当然これらの“Windowsモドキ”は消えていきました、、、、。


そんな歴史があったのです。

 

ところが今回、ASUSとHPが発表したノートPCは、


スマホ用のSoCを搭載しながら、これまでのWindows用ソフトも動く


ということから、その驚きが伝わるでしょうか!?

 

ARM版Windows10パソコンの特徴

長時間のバッテリー駆動

Snapdragon835をSoCに使うことで、これまでのインテルCPU搭載Windowsでは考えられなかったバッテリー駆動時間を可能としました。

 

動画を22時間連続再生、スタンバイモードで30日間という驚きのスペックです!

 

これまでのWindows用アプリが使える

上に書きましたように、過去に出たARM版Windowsは、これまでのアプリが動きませんでした。これでは意味がありませんでした。

 

今回のWindows10 Sの「Always Connected PC」ではx86エミュレーションにより、Snapdragon 835で通常のWindows10アプリを動作させています。

エミュレートというと動作が重くなるのでは?と考えますが、ネット上の記事ではARM SoCとは思えないほどの軽快な動作だったようです!

 

1GbpsまでのLTE通信が可能

Snapdragon 835に内蔵されたLTEモデムにより、1GbpsのLTEにも対応しました。
まさに「Always Connected PC」の通り、スマホのように常時ネットに繋がるWindowsとなったのです。

 

発表されたPCのスペック

ARM版Windows10 Sを搭載した「Always Connected PC」は2機種発表されました。

 

【HP ENVY x2】

f:id:sora-no-color:20171206192903j:plain

ディスプレイ:12.3インチ(フルHD)
RAM:最大8GB
ストレージ:最大256GB
通信:LTE
カメラ:リア1300万画素、フロント500万画素
ポート:USBタイプC×2
スロット:microSDカード
大きさ:厚さ6.9mm、重さ約700g
バッテリー:オフライン動画を20時間再生可能
タブレットモード:タブレット型PC。キーボードカバー搭載(Surface Proのようなタイプ)
スタイラスペン:対応
価格:未定
発売日:2018年春

 

【ASUS NovaGo】

f:id:sora-no-color:20171206192926j:plain

ディスプレイ:13.3インチ
RAM:最大8GB
ストレージ:最大256GB
通信:LTE
カメラ:リアなし、フロント100万画素
ポート:USB3.1×2、HDMI×1
スロット:microSDカード
大きさ:316×221.6×14.9mm、重さ1.39kg
バッテリー:1度の充電で22時間稼働
タブレットモード:モニターが180℃回転することによる。
スタイラスペン:対応
価格:4G/64GB 599ドルから
発売日:未定

 

長時間バッテリー稼働 ARM版Windows10 まとめ

ついに待ちわびた、通常のWindows(x86)のソフトウェアが使えるARM版Windowsが発表されました!!

 

とにかくWindows PCのバッテリー駆動時間の常識を覆すものとなっています!


動作も悪くなさそうなので、x86系のフルWindows10と比べて問題ないのであれば、非常に魅力的なPCになりそうです!

 

最近、世界最軽量のNECパソコンを買った僕としては、持ち歩けてバッテリーが長時間というのはいいですね。


すでに物欲がふつふつと湧いてきています!!