/* バリューコマースおまかせ広告 */ /* バリューコマースLinkSwitch */ /*アドセンス自動広告*

デジアニゲー日記

デジタルガジェット、ゲーム、アニメ、マンガを中心に好きなことを書いていきたいと思います!


iPad Proより超高解像度(299ppi)で19,000円の10.1型 激安タブレット!「ONDA V18 Pro」レビュー!(更に約1,500円引きクーポン!!)Fire HD 10と比較した!まとめ!

高解像度で約19,000円の激安タブレット「ONDA V18 Pro」!

f:id:sora-no-color:20180504215215j:plain

ONDA V18 Pro, Image: GearBest(https://bit.ly/2riJWOa)

[※最後にこの記事限定の約1,500円オフクーポンあります!]

スマホは小さいから、家では大きめのタブレットでネットを使いたいって思ったりします。

 

かといって

・iPadは値段が高すぎる

・安いAndroidタブレットは性能もそれなり

・AmazonのFireタブレットは安いけど、公式にAndroidアプリが使えない

 

このへんのニーズを埋めるのに今回紹介するONDA「V18 Proはなかなか“うってつけ”です!

f:id:sora-no-color:20180504215605j:plain

f:id:sora-no-color:20180504215629j:plain

ONDA V18 Pro, Image: GearBest(https://bit.ly/2riJWOa)


ONDA V18 Proは、10.1インチで2560×1600ドット(299ppiと、iPad Pro 10.5インチ(264ppi)よりも超高解像度IPS液晶で、メモリも3GB搭載したなかなかのスペックのでありながら、約19,000円という激安タブレットです!!

[※最後にこの記事限定の約2,000円オフクーポンあります!]

 

ONDAは中国の有名モバイル機器メーカーで、スマートフォンやタブレットをたくさん開発しており、海外ガジェット好きにには有名です!

今回、ONDAの10.1型Androidタブレット「V18 Pro」をGearBest様からご提供していただいたのでレビューします!

最大70%オフ!デジタルガジェットなど2018セール!【GearBest】

【絶対わかる!】GearBestでの買い方、わかりやすくまとめた!!クーポンあります![デジアニゲー日記]

 

ONDA V18 ProのスペックとFire HD 10との比較

価格帯とスペックから、メジャーなタブレットで比較対象となるのはAmazonFire HD 10だと思います。

それぞれのスペックを表にして比較してみました!

 

FireHD 10も低価格で高解像度がウリですが、V18 Proは更にその上をいく299ppi超高解像度になっておいるのが、魅力的なところですね。

また、メモリもFireHD 10の2GBに対して3GBなのでアプリやブラウザのタブをたくさん開いたときに影響すると思われます!

f:id:sora-no-color:20180504221930p:plain

 

開封・レビュー!

それではONDA V18を開封していきます!

外箱はこんな感じです。かなりしっかりした紙でできています。

f:id:sora-no-color:20180504222138j:plain

f:id:sora-no-color:20180504222506j:plain

外箱にスペックが記載されています。


付属品は、アダプター(日本のコンセント仕様)、充電用USBケーブル、マニュアルなどの紙類となっています。

f:id:sora-no-color:20180504222153j:plain

 

本体の質感は悪くないです。

ただ、ベゼル部分で若干少し剛性が甘い感じがしました。

売りである液晶は、高解像度でIPSなので、やはり十分奇麗です!

f:id:sora-no-color:20180504223309j:plain

液晶は、さすが高解像度でキレイです

 

f:id:sora-no-color:20180504223305j:plain

本体裏は最初に貼ってあるフィルムを剥がしてないです。


ここで重大なことに気付きました!

USB充電ケーブルの先が、マイクロUSBやタイプCではないのです!
ACアダプターによくある丸い棒型の端子になっています!

 

これは専用充電端子か、、、うーん、、、。
と思いつつ、本体にはmicroUSB端子もあるので、一応充電に使っているmicroUSBを刺してみました、、、。

 

すると、充電マークに変わり、充電できました!!
あー、よかったです。どうやら丸型のアダプター端子でもmicroUSB端子でもどちらでも充電できるようです!

f:id:sora-no-color:20180504222324j:plain

f:id:sora-no-color:20180504222328j:plain

付属の充電ケーブルは棒型端子だったが、microUSBでも充電できて、一安心。


本体の上下左右の端子類です。

f:id:sora-no-color:20180504222602j:plain

本体上:電源ボタン、音量ボタンがあります。

 

f:id:sora-no-color:20180504222651j:plain

本体下:iPad Proの“Smart Connector”のような端子がありますが、キーボードはオプションにはないようです。

 

f:id:sora-no-color:20180504222711j:plain

本体左:3.5mmイヤホン端子、microSDスロットがあります。

 

f:id:sora-no-color:20180504222730j:plain

本体右:microUSB、充電端子、マイクがあります。microUSBでも充電可能でした。

最大70%オフ!デジタルガジェットなど2018セール!【GearBest】

【絶対わかる!】GearBestでの買い方、わかりやすくまとめた!!クーポンあります![デジアニゲー日記]


Fire HD 10 (2017)iPad Pro 9.7インチと大きさや厚さを比較してみました!

Fire HDが最も細長かったです。

短辺の長さは、iPad Pro 9.7と同じくらいでした。

f:id:sora-no-color:20180504224838j:plain

左から、V18 Pro、Fire HD 10、iPad Pro 9.7

 

f:id:sora-no-color:20180504225135j:plain

縦向きで重ねると、FireHD 10が縦に長く、横はV18 ProとiPad Pro 9.7は同じくらいだと分かる。

 

厚さは、Fire HD 10が最も厚く、V18 ProとiPad Pro 9.7は同じくらいに見えます。

f:id:sora-no-color:20180504225043j:plain

上から、V18 Pro、FireHD 10、iPad Pro 9.7

 

重さを量ってみました。

スペック(576g)よりもかなり軽い実測値(548g)でした。Fire HDはほぼスペック通りの重さが量れているので、天秤がおかしいということはなさそうです。
Fire HD 10より40gほど重く、やはり持った感じも若干Fire HDが軽く感じます。

f:id:sora-no-color:20180504224248j:plain

V18 Proの重さ。スペック576gよりも実測値は軽かった。

 

f:id:sora-no-color:20180504224336j:plain

FireHD 10の重さ。スペック(500g)とほぼ同じだった。

  

液晶の明るさを最大にして比べてみました。

iPad Proが最も明るく見えました。V18 ProとFire HD 10に大きな差はないように思えます(壁紙が異なるので比較しにくかったです。すみません、、、。)

f:id:sora-no-color:20180504225510j:plain

液晶の明るさを最大にした。左から、V18 Pro、iPad Pro 9.7、Fire HD 10

 

同じサイト(ヤフー!ジャパン)を開いて、液晶の発色を比較してみました。

iPadが少し黄色っぽく、Fire HD 10が青みがかっており、V18 Proはその中間という感じでした。

f:id:sora-no-color:20180504224524j:plain

左から、V18 Pro、iPad Pro 9.7、Fire HD 10

  

同じアプリのアイコンを並べて比較しました。

写真では分かりにくいですが、V18 ProはFire HD 10よりも精細感がありました!

iPad Proは解像度はV18より劣りますが、液晶そのものがよいのか、やはり奇麗でした。

 

また、FireHD 10と同じ10.1インチですが、解像度の違いで、V18 Proの方がアイコンが少し小さくなっていました。

f:id:sora-no-color:20180504225820j:plain

左から、iPad Pro 9.7、V18 Pro、Fire HD 10

 
電子書籍(漫画)を見開き表示して、精細さを比較してみました!

Kindleアプリで同じ漫画の一コマをできるだけ同じ大きさで撮影し、拡大してみました。

 

やはり、V18 Proの方が高精細であることがわかります!

PCでご覧の方は、画像をクリックして原寸の画像で、左目や前髪を見比べるとわかりやすいと思います。

f:id:sora-no-color:20180504233241j:plain

ギフト± 1巻(日本文芸社)より;目や髪の毛の先などで、精細さの違いがわかります


スワイプによるホーム画面やウェブサイトの動きは、V18 Proでは若干の引っ掛かりがありました。

iPadは当然ながら、Fire HD 10も動きはなめらかで、このあたりのチューニングはさすがといったところでしょうか。

最大70%オフ!デジタルガジェットなど2018セール!【GearBest】

【絶対わかる!】GearBestでの買い方、わかりやすくまとめた!!クーポンあります![デジアニゲー日記]

 

ONDA V18 Proの特徴(いいところ)

超高解像度ディスプレイ

やはり一番のポイントは低価格タブレットでありながら、2560×1600ドット(299ppというFire HD 10(226ppi)はもちろん、iPad Proシリーズ(264ppi)を凌ぐ超高解像度液晶ディスプレイを搭載していることです!
液晶の種類は高品質のIPSなので、視野角も広いです!

 

FireHD 10も低価格で高解像度がウリですが、V18 Proは更にその上をいく299ppi超高解像度になっておいるのが、魅力的なところですね。

 

3GBメモリ搭載

また、メモリもFireHD 10の2GBに対して3GBなのも魅力的なところです。
2万円以下の低価格タブレットでは、1GBや2GBがほとんどなので、3GBというのはアドバンテージです。

 

Google Playに対応

Androidタブレットなのだから当たり前なのですが、Fire HD 10はAndroidをカスタマイズした“FireOS”であり、通常の使用方法ではAmazonのアプリストアのアプリしか使うことができません。

 

このアマゾンのアプリストアのラインナップが非常に悪く、欲しいアプリやゲームはほとんどないといってよいです。

 

自己責任でGoogle Playをインストールすれば通常のAndroidアプリも使うことができるようになりますが、Amazonの公式の方法ではありません。

その点、ONDA V18 Pro純粋なAndroidタブレットなので、当然ながらAndroidアプリを普通に使うことができます!

 

ONDA V18 Proの特徴(いまいちなところ)

モノラルスピーカー

これは非常に残念です。

高精細なディスプレイを搭載しているのだから、とりあえずスピーカーはステレオにして欲しかったですね。

もちろん、イヤホン端子でイヤフォンやスピーカーを繋げば、ステレオになります。

 

ONDA V18 Proの価格

現在(2018年5月)は海外製ガジェットのショッピングサイト「GearBest(ギアベスト)」で次のような価格となっています。

 

ストレージ32GB:約19,000円
ストレージ64GB:約21,000円

[※最後にこの記事限定の約1,500円オフクーポンあります!]

最大70%オフ!デジタルガジェットなど2018セール!【GearBest】

【絶対わかる!】GearBestでの買い方、わかりやすくまとめた!!クーポンあります![デジアニゲー日記]

 

超高解像度(2560×1600, 299ppi)で19,000円の10.1型 激安タブレット!「ONDA V18 Pro」レビュー! まとめ

f:id:sora-no-color:20180505000651j:plain

ONDA V18 Pro, Image: GearBest(https://bit.ly/2riJWOa)


iPad Proの解像度(264ppi)を凌ぐ超高解像度(2560×1600ドット、299ppの10.1インチAndroidタブレット「ONDA V18 Pro」をレビューしました!

 

価格・スペック的にも比較となるAmazonのFire HD 10と比較しましたが、解像度メモリー容量はV18 Proが勝っていました!

 

スピーカーはモノラルなのが残念ですが、Fire HDはそもそも純粋なAndroidではないため、デフォルトで最初からGoogle Playが普通に使えるV18 Proは魅力的だと思います!

 

【ここがイイ!ポイント】

・2万円を切る、低価格!

・iPad Pro(264ppi)を凌ぐ超高解像度(299ppi)のIPS液晶!

・低価格タブレットでは珍しい、メモリ3GB搭載!

 

 【ここがイマイチ!ポイント】

・スピーカーがモノラル

 

【こんな人にオススメ!】

低価格高解像度のタブレットが欲しい人
・デフォルトですぐにGoogle Playが使える方がいい人

 

「ONDA V18 Pro」は、2万円以下の低価格Androidタブレットには珍しい、超高解像度液晶と3GBメモリを搭載しています!

 

Fire HD 10とスペックや価格も近いですが、デフォルトでGooglePlayが使えるので、安くて高解像度なタブレットを探している人におすすめです!

 

特別クーポン!

このブログ限定で、ONDA V18 Proが、通常174.39ドル(約19,000円)から、更に約1,500円割引され、159.99ドルでご提供できるクーポンをいただきました!

10点限定!5月20日までです!!

 

このリンクから商品ページへ行き、支払い画面でクーポンコードを入力してください!

 クーポンコード「GBONDAJPV18」

 

GearBestでの買い物方法は、過去記事でわかりやすく解説しています!

最大70%オフ!デジタルガジェットなど2018セール!【GearBest】

【絶対わかる!】GearBestでの買い方、わかりやすくまとめた!!クーポンあります![デジアニゲー日記]