/* バリューコマースおまかせ広告 */ /* バリューコマースLinkSwitch */ /*アドセンス自動広告*

デジアニゲー日記

デジタルガジェット、ゲーム、アニメ、マンガを中心に好きなことを書いていきたいと思います!


アニメ【ドラゴンボール超】最新126話 感想! フリーザ弱ぇ、、。ベジータ最強!![ネタバレ]

ドラゴンボール超 第126話「神をも超えろ! ベジータ捨て身の一撃!!」

画像:Amazon販売サイト

 

前回、第11宇宙のトッポと戦ったフリーザ17号

トッポは実は破壊神候補であり、その力を開放することで、破壊神と同等の力となった。

フリーザはトッポにあわや場外というとことに吹き飛ばされた。

そして、17号と破壊神トッポの戦いが再度始まる。

 

残る戦士は第7宇宙の悟空、ベジータ、17号、フリーザと第11宇宙のジレンとトッポの6人とである。

 

第125話はコチラ↓

 

 

トッポと対峙する17号

「やるだけやってみるさ」と17号。

 

17号のエネルギー弾とトッポの破壊エネルギー弾がぶつかり合う。

17号のエネルギー弾は破壊弾に吸収され、17号に当たりそうになるが、寸前でかわす17号。

 

「どうしたもんか」と17号

隠れた岩も破壊の力で穴が開いてしまう

そこに何かを見出す17号。

 

トッポの連続攻撃から逃げながら、また岩陰に身を隠す。

「破壊!」トッポは破壊弾を放ち、岩に大きなトンネルができる。

その向うに待ち構えていた17号。

そのもろくなった岩山をエネルギー弾で撃ちまくり、崩した岩をトッポに落とす。

トッポは大量のがれきに埋まってしまった。

 

[コメント]:17号も策士ですね!いつもクールな17号も結構好きです。

しかし今回の相手は、さすがに焦りが見えています。

 

破壊!」破壊弾でがれきを破壊して、出てくるトッポ。

連続エネルギー弾を17号に当てる。

耐える17号。しかし膝をついてしまう。

 

「これで終わりにしてやる」とトッポ。

「我が力受けるがいい」と大きなエネルギー弾を17号に放とうとする。

 

[コメント]:もはやトッポの顔が完全に悪人です、、、。怖すぎ。

 

そのエネルギー弾が放たれる前、に何かの攻撃が当たり、爆発が起こる。

爆風で吹き飛ばされる17号。

後ろを睨みつけるトッポ。そこにはフリーザがいた。

 

[コメント]:やはりしぶといですねフリーザ!今回は「口だけ」ではないことを祈ります。

 

「ほーーほっほっほ。先ほどはこの私にずいぶん好き勝手なマネをしてくれましたね。破壊神トッポさん。」とフリーザ。

「これはほんのお礼ですよ!はぁ!!」何かの攻撃をするフリーザ。

「ううぅ?」動けなくなるトッポ。

 

金縛りってやつです。どうです?動けないでしょう?」とフリーザ。

「さらにいいものを差し上げますよ。ほーっほっほっほ!」

念力で、まわりの岩粒をトッポに飛ばしてぶつけるフリーザ。

しかしトッポには効かない

 

17号と2人で総攻撃するもトッポには全く通じない

2人に歩みよるトッポ。

 

しかしそこに悟空とベジータ、ジレンの戦いの余波が介入してくる。

流れてきたジレンの技に巻き込まれるフリーザと17号。

 

[コメント]:結局フリーザは何をしたかったんだ!

やはり今回も「口だけフリーザ」でしたか、、、。

フリーザ弱すぎでしょ、、、。(トッポが強すぎでもありますが)

 

「お前の相手は私だ!」とトッポ。

トッポはベジータと戦うことになる。

トッポの攻撃に押されるベジータ。

 

[コメント]:ここで17号とフリーザは行方不明となり、ベジータとトッポの戦いになるんですね。

 

ファイナルフラッシュを出すベジータ。

それを破壊エネルギーで防ぐトッポ。

破壊エネルギーが上回る。

 

「パワーアップした力とはその程度か!」

「貴様は私に勝てん!絶対にな!」と眼力のトッポ。

 

トッポの連続攻撃に押されるベジータ。

前とは比べ物にならない強さのトッポに驚くベジータ。

「正義正義と息巻いていたやつが、破壊か!ずいぶんな変わりようだな!」とベジータ。

「われらの宇宙を守れぬ正義ならば、不要!」とトッポ。

「何がサイヤ人同士の約束だ!笑わせるな!余計なものを背負う貴様では私に勝てん!」

勝つために正義もすべてを捨てたトッポ。

巨大なエネルギー弾を作るトッポ。

ベジータに向けて投げる。

 

「余計なものをすべて捨てただと、ふざけるな!」

ブルマ、トランクス、キャベとの約束、サイヤ人としての誇り。

捨ててたまるかーーー!

ベジータ気が高まり、パワーがみなぎる。

トッポに連続攻撃でダメージを与える。

 

トッポの破壊エネルギーを突き抜けて、ベジータのパンチがトッポに当たる。

吹き飛ばされるトッポ。

 

「己のプライド一つ守れん負け犬が!そんな貴様に俺が負けるか!!」

破壊エネルギー弾を撃ちまくるトッポ。

しかしベジータはそれをかわして、攻撃を与える。

 

「破壊しきれんほどのダメージをくらわせてやる」

力を放出し、光り輝くベジータ

「まさか、、!」何かに気付くピッコロ。

魔人ブウと戦ったとき、自爆する技を使ってブウを吹き飛ばした、捨て身技を使う気だと気づくピッコロ。

 

力を溜めるトッポ。

「うわーーーーー!」更に力を上げるベジータ。

黄金の光とがさらに強くなる。

破壊の紫のエネルギー弾をベジータにぶつける。

ベジータは紫の光に包まれてしまう。

しかし、黄金の光があふれだし、ベジータの自爆技が炸裂する。

武舞台は半分粉々になってしまう。

観客席の戻ったトッポ。脱落

 

[コメント]:生き残るために、自分の誇りである“正義”すら捨てたトッポに対して、大事なものを守ること、サイヤ人の誇りも“捨てない”ベジータとの対決でした!

やはり守るべきものがある方が強かった!

 

ベジータの姿が見えない。

「トッポを倒すために命をすてやがったのか!」とピッコロ。

 

「勝手に殺すな、、。」無事だったベジータ。

以前とは比べ物にならないほど強くなったため、自爆技にも体が絶えられた

しかし、完全に力を使い果たした。

 

17号も無事現れた。

第11宇宙はジレンのみ

 

「フン、無様だな。所詮この程度か。」とジレン。

「な!」驚くディスポとトッポ。

「おい!何言ってんだ!」と悟空。

しかしジレンに蹴り飛ばされる。

 

「すべて捨てずにこれほどの力を手に入れるとはな。よくトッポを倒した。褒めてやる。」とベジータに言うジレン。

その完全に上から目線の姿に、睨みつける悟空、ベジータ、17号。

 

[コメント]:ジレンって最初からこんな上から目線キャラでしたっけ、、、。なんかスゲー嫌な奴ですよね。

ほんとに正義の味方かよ、、、。

 

「ふん、いいものを見せてやろう」とジレン。

力を溜め始める。

秘めた力を開放するジレン。

 

[コメント]:来ましたね、秘めた力!!

ドラゴンボールといえば秘めた力。ナメック星編のときのフリーザのように、圧倒的な恐怖をジレンが見せてくれるのでしょうか!?

 

力の大会試合終了まで、残り時間4分

 

ドラゴンボール超 第126話 感想

まずは、

フリーザ、小者臭しすぎ!

フリーザって大会中もずっと何かを企んでましたが、こんなに弱くては何もできないんじゃあ、、、。

 

でも、17号は無事でしたが、フリーザが見つかっていないのが気になります。

絶対、ジレンを倒した最後に何かやらかしてくれそうですよね!!

それを僕は、すごく楽しみにしています!

 

そして、トッポ。

強くなりすぎ!!

すべてを捨てたトッポと、捨てないベジータとの対決はよかったです。

でも結局、ラスボス ジレンと戦うのは悟空一人なんでしょうか。

 

予告ではどうやら17号が最後のバリアで悟空達を守るような感じですね、、、。

 

さあ、ジレンとの戦いもですが、フリーザの今後の動きが気になります!!