/* バリューコマースおまかせ広告 */ /* バリューコマースLinkSwitch */ /*アドセンス自動広告*

デジアニゲー日記

デジタルガジェット、ゲーム、アニメ、マンガを中心に好きなことを書いていきたいと思います!


アニメ【ドラゴンボール超】最新124話 感想! フリーザいいとこなしじゃん![ネタバレ]

画像:Amazon販売サイト

ドラゴンボール超 第124話「疾風怒涛の猛襲! 悟飯背水の陣!!」

前回、ジレンのあまりに強さに一瞬心を折られた悟空とベジータ。

しかし、闘争心を立て直す2人。

ベジータは、己の限界を突破し、スーパーサイヤ人ブルーを超えた姿となった。

 

第123話はコチラ↓


ジレンに2人がかりで猛攻撃をしかける悟空とベジータ。

「悟空達押してるねー。すごいねー。プッシュプッシュ。」とよろこぶ全王2人。 

 

悟空の気功破とファイナルフラッシュで攻撃する2人。

しかしジレンには全く効いていなかった

 

今度はジレンが攻撃を仕掛ける。

 

一方、フリーザディスポ

ディスポの超速の攻撃をかわすフリーザ。

確かに攻撃は速いが、直線的だから予測は簡単だと言うフリーザ。

 

「俺の速さはこんなもんじゃないんだよ!」とディスポ。

更にスピードを上げる。

押されるフリーザ

 

そしてついに、ディスポの技サークルフラッシュ膝をつくフリーザ。

しかしトドメのパンチを尻尾でかわすフリーザ。

 

ディスポに取引を提案するフリーザ。

スーパードラゴンボールで自分を生き返らせてくれるのなら、第11宇宙に協力してもかまわないとの申し出だ。

 

驚くディスポ。

第7宇宙のみんなも驚くが、その真意はわからないと話す。

 

お断りだな。

「俺は悪とは交渉しない!」とディスポ。

「仕方ありませんね。残念です。」とフリーザ。

フリーザが金色に輝きだす。

そして、ゴールデンフリーザに変身するフリーザ。

 

 「全力で落とさせてもらいますよ。断ったことを後悔しても手遅れですのでありからず。」とフリーザ。

 

[コメント]:ディスポはあまり強いというイメージがなかったので、そんな敵にちまちまいい勝負をしているフリーザはちょっと残念ですね。

もっとこう、圧倒的な恐怖と強さを見せて欲しいです!

ゴールデンに変わってそうなるのでしょうか。

 

スピード勝負で戦う2人。

ディスポの速さを上回るゴールデンフリーザ。

ディスポから紫色の気が上がる。

それを感じるフリーザ。

「だからと言って、私の敵ではありませんよ!」

ディスポに突撃してパンチを放つゴールデンフリーザ。

 

しかしその腕を更に上回るスピードで払いのけるディスポ。

「わかってないのは、、、お前の方だぜ!!」

フリーザにパンチを打ち込むディスポ。

 

更にそこから超高速のパンチとキックの連続攻撃をフリーザに放っていく。

 

「うわーー!」飛ばされるフリーザ。

 

 

[コメント]:ゴールデンフリーザになって、優勢になったかと思った瞬間、すぐに上回られてるじゃないですか!

フリーザしっかりしてくれ!

 

「見えないー」と全王たち。

「そうだ、スロー再生。」と動画をスローで再生するがそれでも見えない。

「どうやら神Padの性能をはるかに超えているみたいですね。」と神官。

「じゃあこのまま見るね。このままでも楽しいよね。」と全王たち。

  

[コメント]:神Padってなんすか、、、。

神Phoneもあるんでしょうね。

 

武舞台の端に追い込まれていくフリーザ。

「フリーザー!」と叫ぶビルスの声に気付く悟飯。

トッポを17号にまかせ、フリーザのもとに向かう。

 

ディスポに蹴りをくらわし、フリーザを助けた悟飯。

「いいんですか、私なんか助けても、今度は本当に、、、裏切るかもしれませんよ?」と意味ありげに言うフリーザ。

 

「そのときは、僕が落とします!」とフリーザを睨みつける悟空。

「いいでしょう、共闘といきましょう。」とフリーザ。

 

悟空とフリーザ2人でディスポを攻撃する。

しかし、二人の攻撃はすべて交わされる。

何かに気付く悟飯

「やつの移動範囲を狭めましょう。」

移動範囲を狭めて、ディスポの動きを制限する作戦にでた。

 

フリーザは、ディスポと悟飯の周りに網目状に10本の光線を出し続ける。

光線に当たると、ダメージを食らうため、ディスポの動きが制限されるので、悟飯とディスポの真っ向勝負になる。

 

連続攻撃を与える悟飯。

自分が吹き飛ばされると当然悟飯も光線でダメージを受ける。

 

しかし力を振り絞りディスポにダメージを与え続ける。

しかし、フリーザの技は消耗が激しいため、早く勝負を付けなくてはならない。

 

ディスポを押し始める悟飯。

とどめのパンチを与える瞬間、フリーザの体力が尽き、光線を止めてしまう

私としたことが!」と片膝を着くフリーザ。

  

[コメント]:「私としたことが!」じゃないでしょう!

今日のフリーザはいいとこなしですね、、、。

 

動きが自由になったディスポ。

「しめた、これなら!」と反撃に移るディスポ。

しかし、悟飯はすばやくディスポの首を腕で絞め押さえ、ディスポの動きを封じる。

 

「フリーザーー!」と悟飯。

「なるほど。さすがはリーダー。これは素晴らしい作戦ですね。」とフリーザ。

悟飯は自分ごとディスポを吹き飛ばす作戦に出た。

 

「安心してください。すぐ楽にして差し上げますよ。」

悟飯もろともディスポに気弾で攻撃をして、場外に吹き飛ばすフリーザ。

 

[コメント]:他のキャラならちゅうちょするところですが、ここはさすがフリーザ。一切のちゅうちょがないどころか、楽しそうです。

 

「いい判断だったぞ悟飯。」とピッコロ。

 

残る戦士は6人。勝つのは第7宇宙か、第11宇宙か。

力の大会終了まで、残り時間あと6分

 

ドラゴンボール超 第124話 感想

今回はフリーザディスポの戦いがメインでした。

 

コメントにも書きましたが、ディスポはそんな強いキャラのイメージがないですし、フリーザはもっと圧倒的な力と恐怖でやっつけて欲しかったですね。

 

今回のフリーザは口ばっかりで、ぜんぜんいいところがありませんでした、、、。

 

最後も結局悟飯のおかげで勝っただけですしね。

ゴールデンフリーザの存在感も、変身シーンの割には、あっという間にやられてしまう程度でした、、、。

 

フリーザ、もっとがんばれ!

 

さあ、残すはジレンとトッポ!

トッポは17号が倒すことになるんでしょうか?

 

そしてどうやら、ドラゴンボール超は3月で終了とのニュースが話題になっています!

ずっと続くと思っていたので残念です、、、。

 

また時間をおいて、続きが始まって欲しいですね!!