/* バリューコマースおまかせ広告 */ /* バリューコマースLinkSwitch */ /*アドセンス自動広告*

デジアニゲー日記

デジタルガジェット、ゲーム、アニメ、マンガを中心に好きなことを書いていきたいと思います!


もう十分買い時!4Kテレビはかなり売れている!2月の出荷シェア40%、出荷金額70%!!

AV家電関連の出荷金額と前年比

電子情報技術産業協会(JEITA)は、2018年2月の民生用電子機器の国内出荷実績を発表しました!

 

民生用電子機器の2月国内出荷金額は1,085億円(前年比101.0%)とのことです。全体としてはほぼ横ばいですね。

有機ELテレビを含めると1,120億円となるので、有機ELテレビで35億円の出荷額となりますね!
有機ELもなかなかすごいんじゃないでしょうか。

 

民生用電子機器の内訳は次の通りです。

映像機器(テレビやレコーダーなど):498億円(前年比104.7%)
オーディオ関連機器(iPod、ウォークマンやアンプなど):58億円(前年比91.0%)
カーAVC機器(カーナビ、カーオーディオ、ETCなど):529億円(前年比98.8%)

 

ちょっと僕は知らなかったんですが、カーAVC関連市場って大きいんですね!!
映像機器より出荷金額多いなんて思いもしなかったです!!

 

しかし前年比でみると、映像機器のみが増加してます!
やっぱりテレビは売れてるんです!

f:id:sora-no-color:20180327185426j:plain

図:JEITA公式サイト(http://www.jeita.or.jp/japanese/stat/shipment/2018/02.htm)

海外ガジェットが安い!GearBest!

 

4Kテレビはもうすでに十分買い時!

薄型テレビに注目すると、36万5千台(前年比100.8%、有機ELテレビ含まず)となっています。

 

サイズ別での構成比は、29型以下が21.3%、30~36型が26.1%、37~49型が34.1%、50型以上が18.5%とのことで、50インチ以上でも18.5%っていうのは思っていたより多い気がしますね。

 

50インチ以上っていったら、2、3年前だとすっげー大きいテレビで、持ってると周りから驚かれましたけど、最近は価格もこなれてきてますから、その影響でしょうか。

 

そして注目の4Kテレビです!

14万2千台(前年比124.5%)で、薄型テレビに占める割合は38.8%です!!2月に出荷されたテレビのほぼ40%が4Kテレビですよ!?すごいです!

 

更に、出荷金額に直すと4Kテレビは241億円となり、薄型テレビ全体の349億円に占める割合は69.1%とのことです!!

なんと金額ベースでは、薄型テレビのほぼ70%が4Kテレビ!!
単純に売り上げの70%が4Kということですね!(単純すぎますが)

 

4Kはかなり売れてきてると思ってはいましたが、まさか70%になるとは思っていませんでした!

 

ここに有機ELテレビを含めると、有機ELテレビを含めた4Kテレビは、台数ベースで40.3%、出荷金額で71.9%になります!!

有機ELはまだまだニッチだと思っていましたが、予想以上に売れているようですね。

海外ガジェットが安い!GearBest!

 

他のジャンルは?

では、テレビ以外のジャンルはどうなのでしょうか?

 

BDレコーダ/プレーヤ

16万7千台(前年比103.4%)と2ヶ月連続でプラスとなった。

レコーダーはもう売れないと言われていましたが、2か月連続で増加してます!

ひょっとして、Ultra HD Blu-rayプレーヤーが売れてるとか、、、?

 

 

デジタルビデオカメラ

4万7千台(前年76.3%)とのことです。

この書き方だと、写真のデジカメではなく、動画用のビデオカメラでしょうか。

前年比でかなり落ち込んでますね。

 

ビデオではなかなか4Kというのは、データも大きく難しいのかもしれません。

PCで再生するのも高スペックが必要ですし。

 

スピーカシステム

5万1千台(前年比110.3%)と3ヶ月連続でプラスとなった。

 

これは大型テレビが売れているのと関係しているのかもしれません。

最近はスピーカーをたくさん置くのではなく、一体型でテレビの下に置くタイプのサラウンドシステムスピーカーが主流ですから、お手軽になってることが大きそうです!

 

ステレオヘッドホン

54万2千台(前年比89.6%)となったとのことです。

 

iPodウォークマンが主流だと思いますが、iPodはもはやiPhoneに一本化されています。

ウォークマンも苦戦しているのでしょうか。

 

音楽はスマホでも十分聴けるので、専用プレイヤーというのは厳しいのだと思います。

 

カーナビゲーションシステム

53万6千台(前年比101.0%)と2ヶ月連続でプラスとなった。

 

カーナビの出荷台数ってこんなに多いんですね。

今はスマホやタブレットでもナビができるので、専用カーナビは売れてないのかと思いましたが、やはりカーナビの場合は専用の方がいいようです!

 

カースピーカ

224万5千台(前年比102.9%)と3ヶ月連続でプラスとなった。

 

カースピーカーの出荷台数すごいな!!

そんなにカースピーカー購入する人多いのかなぁと思いましたが、これってスピーカー単体で買うというより、車に標準で搭載されているからかもしれません。

 

車のスピーカーを単体で買って交換するって、どっちかというとマニアですからね。

 

ということは、カーナビも同じことが言えそうです!

 

海外ガジェットが安い!GearBest!

 

もう十分買い時!4Kテレビはかなり売れている! まとめ

JEITAから、2018年2月の民生用電子機器の国内出荷実績が発表されました!

 

テレビ、特に4Kテレビに注目すると、なんと14万2千台(前年比124.5%)で、薄型テレビに占める割合は38.8%と約40%でした!!

 

更に、出荷金額に直すと4Kテレビは241億円となり、薄型テレビ全体の349億円に占める割合は69.1%で、薄型テレビの金額のほぼ70%が4Kテレビなのです!!

 

これは僕が思っていた以上に4Kテレビは売れているし、普及していると感じました!

 

最近はドン・キホーテの4Kテレビのような、格安(激安)4Kテレビも発売されるくらいですから、かなり価格がこなれてきています!

 

「まだ4Kは早い」なんていつまでも言っている状態ではなくなっているようです!

 

そして次には、有機ELテレビがじわじわと売れてきています、、、!

こういう統計結果を見ると、自分の想像だけでは分からなかった事実が見えて面白いです!

 

みなさんの参考になればと思います!!

 

 

 

海外ガジェットが安い!GearBest!