デジアニゲー日記

デジタルガジェット、ゲーム、アニメ、マンガを中心に好きなことを書いていきたいと思います!

アニメ Infini-T Force(インフィニティフォース) 第5話 感想!! [ネタバレ]

Infini-T Force(インフィニティフォース) 第5話(Invisible Future)

第3話の感想はこちら↓

www.so-ra-no-i-ro.com

 インフィニティフォース 第5話です。

今回は、東 鉄也(キャシャーン)と異形の姿をした敵であるラジャ・カーンとの物語でした。

ラジャ・カーンがエミの家を訪れるところから始まります。

ところでこのワンシーンを見てください、、、。

 

f:id:sora-no-color:20171030153840p:plain

©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

↑ピンポーン、、、。呼び鈴が響く、、、。

f:id:sora-no-color:20171030153853p:plain

©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

↑リビングでお茶するラジャ・カーン、、、。

 

シュールすぎるだろっww

 

なに違和感なく普通に家を訪問してんねんww

てか、あの巨体、玄関から入れるの??

などとツッコミ入れてしまいますが、話はシリアスに進んでいきます。

 

ラジャ・カーンは見かけによらず、もの静かな話し方。

元は人間の姿であり、悪と戦っていたが、劣勢に立たされた人間側は、敵と融合することでその力を奪うことを考える。

ラジャ・カーンがその責務を任され、怪物と融合することで敵に打ち勝ち、人間側の勝利となった。

しかし、その恐ろしい姿となったラジャ・カーンは、人間から差別や迫害を受けた生活を強いられていた。

そこで、その世界を一瞬で破壊したZにラジャ・カーンは、“理想の世界を造る”という目的に力を貸すことにした。

 

しかし、Zの本当の願いを聞いたラジャ・カーンは“Z”、すなわちエミの父親である界堂かずみち(漢字わかりません、、)を殺す必要があるので、ヒーローたちに手を貸して欲しいと頼むのであった。

Zが父親であることを聞き、動揺するエミ。

しかし「いいよ。さっさと殺して。あんな奴。」とあっさり答えるエミ。

鉄也がラジャ・カーンに願いを聞く。

「楽園。差別のない世界。」答えるラジャ・カーン。

健はエミに、父親は殺すが、エミにその場に立ち会うように伝える。最後に決めるのはエミなのだと。

 

夕暮れ。エミのもとに来るラジャ・カーン。

エミの親友マリアが消えたのもZのせいだと。

「親なんてロクなもんじゃない。結局は自分のことしか考えていない。俺をこんな姿にしたのは父親なんだ。」

エミに父親を殺すことに共感を求めさすラジャ・カーン。

 

舞台は異世界へ移動。

エミとヒーローたちがラジャ・カーンと会う。

「覚悟はいいか」とラジャ・カーン。

「言ったじゃん。さっさと殺してって。」とエミ。

「僕は本当の君の気持を聞いてる。」と鉄也

 「お前たちには分からないんだ。」とラジャ・カーン。

「君こそ分かってない。エミは心から父親を救いたいとねがっている!」と、鉄也の右手にはエミが“パパヲスクイタイ”と一度書かれて、破かれた紙が!

f:id:sora-no-color:20171030154303p:plain

©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

「そうか、、、残念だよエミ。」

とラジャ・カーンは突然鳥のガイコツのような怪物に変身する。

f:id:sora-no-color:20171030154512p:plain
f:id:sora-no-color:20171030154503p:plain
©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

毒ガスをまき散らし、鉄也以外のメンバーは倒れてしまう。

キャシャーンとの一騎打ちに持っていくためとはいえ、あっさりやられるヒーローたち!

 

ラジャ・カーンの差別のない世界とは、すべての者が醜くなることによる平等な世界だった。

同じバケモノだと言われる鉄也。しかし、

「でも僕は、、、心までは奪われてはいない!!

と叫ぶ鉄也。

f:id:sora-no-color:20171030154628p:plain

©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

しかし、ピンチに追い込まれる鉄也。

「よく聞けカーン!僕をこの姿にしたのは、、父親だぁ!!」

驚くラジャ・カーンとエミ。

父親や運命を呪うなという鉄也。しかしカーンは聞き入れない。

「君が本当に許せないのは、正義の心を失った自分だ!!」と叫ぶ鉄也!

飛び回るラジャ・カーンの背中に乗り、とどめの一撃(チョップ)を食らわせるキャシャーン!

f:id:sora-no-color:20171030154722p:plain

©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

縛られ身動きができなくなったラジャ・カーンに、また会いに来ると鉄也は言い残し、去る。

 

そして戦いの後、とある神社で話す健(ガッチャマン)とエミ。

「私わかんない、、、。これからどう生きていいのか。」と思い悩むエミ。

「守る。お前が一人であるけるようになるまで。」と健。

「あんたたち普通じゃないもんね!特別な力を持ってる!だからそんな簡単に守るなんて言える!」

と怒るエミ。

f:id:sora-no-color:20171030154842p:plain

©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

↑ 注)深い意味はないですが、エミの肩をつかんでるんですよ(汗

 

そこに突然、、、現れる怪物姿のダミアン!!

エミをかばい、背中を爪で刺される健!

「バードゴー!」と叫び変身をしようとする健。しかし変身できない!

f:id:sora-no-color:20171030155202p:plain
f:id:sora-no-color:20171030155213p:plain
©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

↑ 「バードゴー!」「・・・あ、あれ?」 

 

「私はあらゆるものを動かせます。夜空の星も、、あなたの力も

さあ守れるかな?彼女を。」

と健に攻撃を仕掛けようとするダミアン!

 

ここで第5話が終わります。

 

まとめ・感想

第5話、今回はキャシャーンとラジャ・カーンの話でした。

鉄也と健以外のヒーローは全く(セリフすら)出てこなかったですね。

父親に人間ではない怪物にさせられたという、同じ境遇をもつキャシャーンとラジャ・カーン。キャシャーンは人間を助ける心を。ラジャ・カーンは世界を憎む心を持ってしまったという、相いれない二人の対決でした。

 

今回はバトルシーンもあまり派手になく、ちょっと残念でしたね。

もっとキャシャーンの必殺技や、フレンダーの変身なんかが見たかったです。フレンダー全く戦いに参加せず、、、。

 

まあでも同じ境遇とはいえ、キャシャーンは人間の姿に戻れるし、シュッとしててカッコイイけど、ラジャ・カーンは人外のバケモノにされてますからねぇ。。。

そりゃ、世界恨んでしまうわ、、、。

 

今回の見どころは、本編が終わった最後になっちゃいますね!

なんかちょっと心入れ替えたんかなと思ってたダミアンが、いきなり襲ってきて、健が変身できないように力を奪う、、、!

さあ、どうやってダミアンと戦うんだ?エミを守れるのか?

 

第6話、楽しみです!!