デジアニゲー日記

デジタルガジェット、ゲーム、アニメ、マンガを中心に好きなことを書いていきたいと思います!

Amazonで高評価のiPad Pro 9.7 キーボードカバーを買ってみたので、レビュー!

iPad Pro 9.7キーボードカバー

 Inateck iPad Air 2/ iPad Pro 9.7インチ キーボードカバー という商品を買いました。

僕は通勤電車の中でiPad Pro 9.7インチを使って、ネットやマンガを見ているのですが、最近ブログ始めたので、時間節約のため電車の中でもブログ書きたいなーと思い、iPadのキーボードを探していました。

 

純正のキーボードカバーを当然ファーストチョイスとして調べたのですが、まあ結構値段するなーと。それになんだかタイピングやりにくそう。。。という感じでした。

軽いのは非常にメリットだったんですが。

 

そこで、実はたまたま帰りの電車に乗ってた時、iPadにキーボードを付けて作業をしているサラリーマンの方を見かけたのです。

ん、なんかあのキーボードカッコイイなと思い、すぐに目の前でスマホでググったら、Amazonで同じキーボードケースが出てきました!!

 

ほーー、これかー。と思い、レビュー数も多く(170件くいらいあった)、星も4つだった上に、価格も3,499円とコスパ高かったので購入しちゃいました!!

 

リーマンの方、ありがとう!!

 

では、レビューを書きます。

 

Inateck iPad Air 2/ iPad Pro 9.7インチ キーボードカバー

Amazonの商品ページの紹介は次のように書いてました。

 

・対応機種:iPad Air2iPad Pro 9.7インチ。【ご注意】iPad Air に対応できかねます。
・快適にタイピング: インテリジェント磁気スイッチのデザインにより、マグネット付きのカバーの操作で自由にスリープとウェイクアップを切り替えられます。
・全面的な保護:PUレザーの材料を採用したので、カバーとしては360度全面的に保護しながら、自由にタイピングできます。
・長期間使用可能: このキーボードを一度フル充電(約2~3時間必要)すれば、内蔵バッテリーにより、連続再生時間が90日
・パッケージ内容: Inateck Bluetooth ワイヤレスキーボード、USB充電ケーブル、日本語取扱説明書

 

うん、なかなかいいですね。

特に僕が注目した点は、

 

・キーボードを開けた状態のとき、キーボード部分の面積が狭い。

クラムシェルPCのように開くタイプは、キーボード側も面積が広くなるので、電車内で使うのにはジャマかなと思いました。

・キーボードが打ちやすそう

アイソレーションキーボード(キー同士が離れていて、ミスタイプしにくい)なので、いいのかなーと思いました。

・バッテリーが90日と長くもつ

ただでさえ、スマホにモバイルルーターになんやかんやと充電が必要な機器が多いので、これ以上充電する手間を増やしたくなかったので、90日もつというのはアドバンテージでした。

 

開封、装着!!

開封しました!

f:id:sora-no-color:20171015012720j:plain
f:id:sora-no-color:20171015012716j:plain
f:id:sora-no-color:20171015012804j:plain
f:id:sora-no-color:20171015012657j:plain

付属品は、充電用のUSBケーブルのみですね。ちなみにマイクロUSBタイプBです。

白い部分はプラスチックで、黒い部分はPUレザーとなっています。

厚みはそれなりにありますね。たたんだときにiPad二枚分くらいでしょうか。

で、装着してみました!

f:id:sora-no-color:20171015012818j:plain

こんな感じになります!

結構かっこよくないですか!?

キーボードの面積が狭くなるというのはこういうことです。

ノートPCでいうといころのタッチパッドの部分がないので!

この方が、電車で膝の上に置いたときはタイピングしやすいですね。

ただ、予想はしてましたが、iPadが重くなりました。。。

物理キーにバッテリー積んでて、ケースにもなるから、そりゃしょうがないですけどね。

iPad Pro 9.7装着時で、重さを量ったところ、877gでした。

まあ、ノートPCとすればかなり軽いほうなので、いいかなと。

商品を選ぶ際に、トータル重量が1kg以内になるようなキーボードを探しました。

1kg超えたら、もうノートPCでいいじゃんってなりそうなので、、、。

 

Bluetoothとの接続も、fnキーとCキーを押して認識状態にして、簡単にiPadとペアリングできます。

一度ペアリングしておけば、次からは、キーボードを開いて、マグネットでくっつけたときにBluetoothが接続されてすぐに打てるようになります。

Bluetoothでの接続はストレスフリーで問題ないです!!

 

iPadはどのように支えられているかというと、

f:id:sora-no-color:20171015012813j:plain
f:id:sora-no-color:20171015012808j:plain

この写真のように(よく見えない、、、)、PUレザーの部分が支えとなっており、iPadとキーボードはマグネットでくっついています。マグネットはそれなりに強力ですが、iPad側をもって、持ち上げると外れますね。

そして、上記写真のように、マグネットがくっつくのが左写真と右写真の2か所あるのですが、Amazonのページでは、気軽に角度を調整ってあるのですが、んー、特に角度が変わってる感じがしないんですよね~

もっと角度が変えられたらよかったですね。

 

あと、商品紹介にはなかったですけど、動画などをみるときのビューワーとする場合には、下の写真のように立てることができます!!

これ、なかなかいいです。

f:id:sora-no-color:20171015012800j:plain

 

キーボードの打ち具合

一番の目的のキーボードの打ち具合ですが、Amazonのレビューにも皆さん書かれてるように、結構いいです。

タイピング音も大きくないので、電車内でいけますし、アイソレーションのおかげで打ちやすいですね。キーピッチも特に狭いとは感じませんでした。

 

ただですね、、、

 

キー配置が、Windowsとは若干ことなるんですよね。僕はマックを使ってないので(正確には十数年以上使ってない)、コピペのショートカットとか、半角全角の切り替えとか、バックスペースはあるけど、デリートキーがよくわからないとか、そういうのがぶっちゃけ使いにくい!

でもこれってWindowsとマックの違いだから、このキーボードとは関係ないんですよねー。

Windowsと同じキー配列のiPad用キーボードってないのかなぁ。

 

まとめ

以上をまとめますと、

デザインがカッコイイ!

キーボードの面積が狭いので、電車内で使いやすい!

キーボードは打ちやすい!(ただし、マック配置です)

Bluetoothでの接続も問題なし!

価格が安い!

 

ただし、デメリットは、

iPadが重くなる!(総重量877g)

です。

 

ただ、純正のキーボードを除けば、ちゃんとタイプできるキーボードの中では重くはないほうです。

iPad Pro 9.7(およびiPad Air 2)をキーボードで使いたいという方は、是非候補に挙げてみてください。

なかなかのおすすめです!!