デジアニゲー日記

デジタルガジェット、ゲーム、アニメ、マンガを中心に好きなことを書いていきたいと思います!

いぬやしき 第1話 感想!!

アニメ、“いぬやしき”の第1話をAmazonプライムビデオで観ました!

原作マンガを全く読んでない、というか、GANTZの奥 浩哉の作品だとも見る直前まで知りませんでした(汗)

f:id:sora-no-color:20171021003635p:plain

© 奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会

 

いぬやしき とは?

先に書きましたように、GANTZの原作者である奥 浩哉のマンガが原作のアニメです!

僕はGANTZが大好きで、コミックは全館読みました!ただ、アニメは観てません、、、。

 

[公式HPによるイントロダクション]

定年を間近に迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は
会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、
ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け自暴自棄になる。

その晩、突如飛来したUFOの墜落に巻き込まれ
機械の体に生まれ変わった彼は
人間を遥かに超越する力を手に入れることに。

一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓は、
手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。

自分の意に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、
獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。

人間の本質は善なのか、それとも悪なのか…?

強大な力を手に入れた2人が、いま、それぞれの想いで動き出す――。

 

ということで、1話の前半は主人公、犬屋敷 壱郎(いぬやしき いちろう)のバックグラウンドについてとなります。

主人公の苗字がタイトルだったんですね。

妖怪とか、お化け屋敷とか、そういうのが舞台の話かと思ってたので、全然違ってびっくりしました!!

 

登場人物

犬屋敷 壱郎(いぬやしき いちろう)

最初おじいちゃん?かと思ったら、実は58歳のようです。

老けすぎだろ!!

で、高校生くらいの長女と中学生の次男と妻を持っていますが、めちゃくちゃ気が弱いというか、声小さすぎて何言ってるかわからないくらいの、気弱なじいちゃん(もう、じいちゃんの方がしっくりきます(笑))です。

家族からは虐げられているようで、父としての威厳が全くない、観ていてかわいそすぎる設定です、、、。

 

獅子神 皓(ししがみ ひろ)

第1話では、途中で少し出ただけで、全くの謎でしたが、公式サイトの紹介で名前などが書かれてあったので、どうやら壱郎と対立するようになるようです。

イケメン野郎です!!

 

犬屋敷 麻理(いぬやしき まり)

壱郎の娘です。第1話では父の壱郎を尊敬してないってことはわかりました。

これからどう絡んでくるんでしょうか。奥 浩哉 得意のめっちゃかわいい女の子です!

 

感想

第1話は、前半が壱郎のバックグラウンドについてでした。壱郎が如何に気が弱く(気が弱いというより、自分のことをはっきりと言わない)人物で、情けない、かわいそうな大人かというのが描かれていました。

そしてこれでもかってくらい不幸です。

後半で物語が動き始め、イントロダクションにあるように強大な力を持つことになります!

だいたいの予想はしてましたが、急激な展開に驚きました!

 

これから獅子神と戦うことになるのでしょうが、どういう流れでそうなり、そして麻里や周りのキャラがどうなっていくのか、、、。

かなり楽しみです!!

アニメもめちゃくちゃキレイだし、OPもカッコイイ曲でした!

 

いぬやしき、おすすめです!!ぜひ観てください!!